龍野 瞳依(専大)|ドラフト・レポート

龍野 瞳依(専大)

ここでは、「龍野 瞳依(専大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



龍野 瞳依(専大)

185cm85kg 右左 MAX145km 遠投120m 50m6秒5 佐賀商
体格を生かして長打を放つ強打者。投手として145㌔を計測。高2秋県準決で代打2ランを記録した。

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17春:          出場無し
   17秋:          出場無し             二部
   18春: 6 .400  15  6 0 1 0 1 1 1 0  .438  .533二部
   18秋: 2 .333  3  1 0 0 0 0 1 0 0  .333  .333二部
   二部: 8 .389  18  7 0 1 0 1 2 1 0  .421  .500

  最新記事

 ■ 佐賀商6年ぶり決勝へ 主軸が覚醒、序盤で流れ(佐賀新聞) 16/7/25

 佐賀商打線が伊万里の主戦川原を攻略し、接戦を制した。佐賀商の悩める主軸がついに目を覚ました。初回、1点を先行し、なおも2死二塁の場面。5番龍野瞳依が、甘く入った直球をはじき返すと打球はあっという間に右中間を転がった。三塁に勢いよく滑り込み、一塁側のベンチを振り返る龍野の目には、「よし、これでいける」と盛り上がるナインの姿が映り込んだ。4番野中翔太とともに中軸を担う龍野。だが、今大会は4試合を戦い9打数1安打と低迷していた。龍野は無安打に終わった佐賀北との準々決勝後、500球以上のティーバッティングに没頭した。練習後には、ベンチ入りがかなわなかった仲間に相談もした。その時、「おまえなら絶対やれる」と背中を押された。「あれで吹っ切れた」この日、龍野は鋭いスイングを連発し4打数3安打。勝利の原動力になった。
 昨秋、今春と県の頂点に立った時、原動力となった佐賀商の主戦は龍野瞳依だった。しかし、けがの影響もあり、龍野は左翼へ。この夏は継投策をとりながら「ごまかし、ごまかしで来た」(森田監督)。“エース不在”を、投手陣の協力で補おうとした。(佐賀新聞)

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春九州: 1 .250  4  1 0 0 0 1 0 1 1  .400  .250(5番・中)
   15夏佐賀: 3 .556  9  5 1 0 0 1          .667(5番・中) 
   15秋九州: 1 .500  4  2 1 0 0 3 1 0 0  .500  .750(5番・一)
   16春九州: 2 .375  8  3 2 0 0 4 1 0 0  .375  .625(5番・一)
   16夏佐賀: 5 .353 17  6 2 1 0 1 2 2 1  .421  .588(5番・左)
   通  算: 12 .405 42 17 6 1 0 10          .595

  プロフィール

 佐賀県佐賀市出身。
 龍野 瞳依(たつの・とうい)外野手。
 循誘小学校3年時から軟式野球を始め、城東中では佐賀フィールドナインで投手。

 佐賀商業では1年秋からベンチ入り。
 翌2年春の県大会Vに5番センターとして貢献し、九州初戦1回表の好機で先制の右安を放つ。
 同年夏の予選4戦中3戦で5番を務め、9打数で5安打、打率.556点1をマーク。
 2年秋の新チームからエースナンバーを背負い、以降2シーズン続けて佐賀大会Vを達成した。
 右足を痛めた影響により2年秋の大会には先発で1試合(県2回戦)のみ登板。
 代打出場した県準決勝・鹿島実戦(延長12回3対2)で右翼席への同点2ランを放っている。
 続く九州大会初戦・樟南戦(8-11)で、左犠飛、中越えの2点二塁打を記録。
 翌3年春の県大会全5戦(完0)に先発で登板し、決勝で中適安、右越え2塁打をマークした。
 3年夏の県大会は打率.353の活躍も及ばず唐津商業に5対16で敗れ準優勝。
 ケガにより5番・レフトで起用され、準決で2・3塁打を含む3安打、決勝で右前安打2本を放った。
 同学年のチームメイトとして野中翔太ら。

 専修大では2年春から2部リーグ戦に出場。
 以降2季で計8試合(DHスタメン5)に起用され、計18打数で7安打、打率.389点1をマークした。
 通算8試合、打率.389、7安打、0本塁打、1打点。

 185cm85kg、強肩強打の大型外野手。
 恵まれた体格を生かして長打を弾き返す左の強打者。勝負強く内角さばきに自信を持つ。
 高校時代は野中翔太の後を打つ5番として活躍。高2秋から主戦を担った。
 セットポジションから投げ下ろす最速145㌔のストレートと、スライダー、カーブ、チェンジアップ。
 低めに伸びる直球を監督から評価されていた。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年01月31日(木)|2020年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑