倉内 凱之(日大)|ドラフト・レポート

倉内 凱之(日大)

ここでは、「倉内 凱之(日大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



倉内 凱之(日大)

189cm89kg 右右 MAX144km スライダー・カーブ 札幌日大
長身から投げ下ろす最速144㌔直球が武器。全道大会・駒苫戦で8回途中1失点の力投を見せた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   17春:        登板無し
   17秋:        登板無し
   18春:        登板無し           二部
   18秋: 2 0勝0敗    1  3  2  3  3 27.00二部
   19春: 6 2勝0敗   11  9  11  12  2  1.64二部
   二部: 8 2勝0敗   12  12  13  15  5  3.75 
         被安打率9.00 奪三振率9.75 四死球率11.25

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   国士大     1  2  1  2  3
   東農大     0  1  1  1  0
           1  3  2  3  3 防27.00
      被安打率27.00 奪三振率18.00 四死球率27.00

 ■ 高校時代成績

   15春全道       回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:函館工業 先   8  6  3  2  1
   準々決:北照高校     1  1  2  0  0
               9  7  5  2  1 防1.00
           被安打率7.00 奪三振率5.00 四死球率2.00

   15秋全道       回数 被安 奪三 四死 自責
   2回戦:旭川東高 先   6  7  4  1  2
   準々決:駒  苫 先  7.1  6  6  1  1
              13.1  13  10  2  3 防2.03
           被安打率8.78 奪三振率6.75 四死球率1.35

   16夏南大会      回数 被安 奪三 四死 失点
   準決勝:札幌第一    1.1  1  1  1  0
   決 勝:北海高校    0.2  2  1  0  2
               2  3  2  1  2 防9.00
          被安打率13.50 奪三振率9.00 四死球率4.50

  最新記事

 ■ 札幌日大・倉内0封救援 創部夏初切符へ(日刊スポーツ) 16/7/22

 創部30年目で夏は初の甲子園切符を狙う札幌日大は、今春のセンバツに出場した札幌第一の猛追を継投でかわして、6-4で4年ぶり2度目の決勝進出。快勝ムードが一転、昨秋王者の猛追に遭った8回、ついに札幌日大の背番号1が、今大会初めてマウンドへ上がった。最大5点あったリードは、いつの間にか3点差に。2死満塁で先発の大嶋を救援したエース倉内は「心の準備は出来ていた」。押し出し死球で1点を失ったが、続く打者を二ゴロに仕留め最大のピンチを脱した。1回1/3を投げ、1安打無失点最速144キロ右腕は「監督が『後は俺が責任を取るから、腹をくくってやり切って来い』と送り出してくれたので、自分の直球を信じた」と25球オール直球勝負で仁王立ちした。

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   専修大    1.1  0  1  3  0 ○
   拓殖大     1  0  3  0  0
           3  2  2  3  0
   青学大    3.2  3  3  3  1 ○
           1  3  1  1  1
   国士大     1  1  1  2  0
           11  9  11  12  2 防1.64
       被安打率7.36 奪三振率9.00 四死球率9.82

  プロフィール

 北海道遠軽町出身。
 倉内 凱之(くらうち・よしゆき)投手。
 遠軽町立丸瀬布中時代は軟式野球部でプレー。

 札幌日大では2年春から公式戦に出場。
 控え投手ながら全道1回戦の先発に抜擢され、8回6安打、3K1失点の好投で勝ち星を収める。
 エースナンバーを掴んだ2年秋に全6試合先発で全道大会ベスト8進出を達成。
 旭川スタルヒン球場で最速141㌔直球を披露し、大会ナンバーワン投手として注目を集めた。
 支部予選で3完投勝ち(2完封)を収め、全道初戦を6回2失点の粘投で突破。
 敗れた準々決・駒苫戦(延長10回1対2)でも、8回途中6安打6K1失点の力投を演じている。
 不調により3年春を18番として過ごし、同年夏に南北海道大会準優勝を経験。
 背番号1として大会にのぞんだが、救援2戦と登板数が少なく、計2回で3安打2失点に終わった。
 全道大会8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 日本大学では2年秋から2部リーグ戦に出場。
 以降2季で8試合(リリーフ8)、計12回に登板し、通算2勝0敗、15四死球、防3.75をマークした。
 2部通算8試合、2勝0敗、12回、防御率3.75。

 189cm89kg、恵まれた体格のスリークォーター右腕。
 セットから始動して軽く溜めてから早めに着地し、右肘を柔らかく使った腕の振りから投げ下ろす
 最速144㌔(高3夏時点)の威力ある直球と、スライダー、カーブなどの変化球。
 長身から投げ込む真っ直ぐを武器とする本格派右腕。縦のスライダー、カーブなどを織り交ぜる。
 潜在能力が魅力。奪三振率9.75、四死球率11.25。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年06月05日(水)|2020年大学生投手 | 東都大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
やはり真っ直ぐとスライダーの投手というのがネックになりかねない。
もう一つ二つあってもいいと思う。
今のままの注目度だと、育成枠の当落線といったところ。
全国行ったら、未来変わるで。
| フラワー | 2016年05月14日(Sat) 11:16 | URL #- [ 編集]
札幌日大高10-0千歳 (6回コールド)
倉内 6回0失点 ◯
22打数 3安打 四死球0

この大きな体に、技術という葉をつけ、経験をという水を与えたら凄い投手になりそうなポテンシャルを感じる。この投手が全国の舞台に立ったとしたら、間違いなく「育ててみたい」と思うスカウトはいるはず。もっとレベルの高い対戦相手との試合を見てみたいと思わせる。

フォーム
テイクバックで打者の視界から腕を隠そうとしながらも、腕が背中側へ入らない。ヒップファーストもクリア。コックアップからリリースまで運動連鎖もよどみなく行われ、全身を連動させてボールに力を伝えられている。故障につながりそうな目立った問題点は見られない。

制球力
直球、変化球ともに高めに大きく外れて無駄にカウントを悪くすることがしばしば。まだ春なので修正する時間があることもあり、安定してストライクを取っていければ一段上に行けるのでは。

クイック
1.25〜1.35秒

フィールディング
各塁への送球には動作ロスが多い。手足が長い分、突き詰めて改善する必要がある。
| フラワー | 2016年05月14日(Sat) 10:38 | URL #SFo5/nok [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 東都大学 コメント(2) Page Top↑