上野 翔太郎(三菱日立パワーシステムズ)|ドラフト・レポート

上野 翔太郎(三菱日立パワーシステムズ)

ここでは、「上野 翔太郎(三菱日立パワーシステムズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



174cm76kg 右右 MAX149km ツーシーム・カット・チェンジ・カーブ 中京大中京→駒大 1年目
伸びのある直球と、2シーム、カット、チェンジ。内外に投げ分ける。入替戦で1安打完封勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16春: 1 0勝0敗   1.1  3  0  4  5 33.75二部
   16秋: 3 0勝0敗   2.1  5  2  4  3 11.57二部
   17春: 4 0勝0敗   8.2  9  3  2  2  2.08二部
   17秋:         登板無し           二部
   18春:         登板無し
   18秋: 3 0勝0敗   4.2  5  5  3  3  5.79
   19春: 3 0勝0敗   3.1  1  3  5  0  0.00
   19秋: 11 2勝2敗  31.1  25  25  22  12  3.45(10位)
   一部: 17 2勝2敗  39.1  31  33  30  15  3.43
          被安打率7.09 奪三振率7.55 四死球率6.86     
   二部: 8 0勝0敗  12.1  17  5  10  10  7.30
         被安打率12.41 奪三振率3.65 四死球率7.30

 ■ 甲子園成績

   15夏     回数 被安 奪三 四死 自責
   岐阜城北 先   9  6  10  0  0 144㌔ ○
   鹿児島実 先   9  7  5  3  2 143㌔ ○
   関東第一 先  8.1  5  5  3  1 143㌔ ●
          26.1  18  20  6  3 防1.03
       被安打率6.15 奪三振率6.84 四死球率2.05

 【 国際大会 】 
   18UW杯   回数 被安 奪三 四死 失点
   BRA 先   6  2  8  3  0 140㌔ ○
   KOR 先   7  3  10  1  0 141㌔ ○封
   USA     5  1  6  1  0 142㌔
          18  6  24  5  0 防0.00
      被安打率3.00 奪三振率12.00 四死球率2.50

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   16春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   東農大    1.1  3  0  4  5

   16秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   国士大    0.2  0  0  1  0
          1.1  4  1  2  3
   拓殖大    0.1  1  1  1  0
          2.1  5  2  4  3 防11.57
      被安打率19.29 奪三振率7.71 四死球率15.43

   17春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   東農大     1  0  0  0  0
          2.2  3  2  1  1 
   国士大    0.1  1  0  0  1
   青学大 先  4.2  5  1  1  0
          8.2  9  3  2  2 防2.08
       被安打率9.35 奪三振率3.12 四死球率2.08

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大     2  2  3  1  1 143㌔
   立正大    0.2  0  1  1  0 144㌔
           2  3  1  1  2 140㌔
          4.2  5  5  3  3 防5.79
       被安打率9.64 奪三振率9.64 四死球率5.79

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   亜 大     2  1  2  1  0 144㌔
           0  0  0  1  0 139㌔
   中央大    1.1  0  1  3  0 143㌔
          3.1  1  3  5  0 防0.00
      被安打率2.70 奪三振率8.10 四死球率13.50

 ■ 高校時代成績

   13秋          回数 被安 奪三 四死 自責
   東海2回戦:三重高校   2.1  3  2  2  1

   14春          回数 被安 奪三 四死 自責
   東海1回戦:日大三島 先  9  6  11  3  3

   14夏          回数 被安 奪三 四死 失点
   愛知2回戦:安城東高    2  1       0
     4回戦:至学館高 先  7  10  1  1  6
     準々決:高蔵寺高 先  9  7  10  2  2
     準決勝:栄徳高校   3.2  3       0
               21.2  21       8 防3.32(失点から算出)

   15夏          回数 被安 奪三 四死 失点
   愛知4回戦:西春高校    4  1  2  1  0
     5回戦:豊橋中央 先  8  7  15  1  2
     準々決:愛産三河    2  3  2  0  1
     準決勝:東邦高校 先  7  5  5  2  3
     決勝戦:愛工名電   7.2  2  9  1  0
               28.2  18  33  5  6 防1.88(失点から算出)
            被安打率5.65 奪三振率10.36 四死球率1.57

  最新記事

 ■ 元侍U18・上野、4回0封でリーグ戦初勝利!(SANSPO) 19/9/12

 駒大の右腕・上野翔太郎投手が国学院大戦の六回から登板し、4回3安打無失点でリーグ戦初勝利をマーク。だが、白星に気付かず「ウイニングボールを返してしまった。実感が湧かない」と苦笑いだった。六回2死満塁のピンチを切り抜けると、七回に投じた直球は149キロを計測。カットとスライダーを組み合わせ、打者を手玉に取った。大学入学後に右肩を負傷し「感覚がなかなか戻らなかった」と苦い月日を過ごしてきたが、復調を示した。卒業後は社会人野球でプレーを続ける意向だ。

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大     4  3  4  3  0 ○ 149㌔
          1.2  0  1  0  0
   中央大     3  1  2  0  0
          2.2  5  4  2  3
   東洋大    4.1  1  3  5  0 ●
          4.1  6  2  2  2
          2.1  0  3  2  0 ○
   亜 大     3  4  3  3  5 ●
           1  0  1  3  1
   立正大    2.2  2  1  2  1
          2.1  3  1  0  0
          31.1  25  25  22  12 防3.45
       被安打率7.18 奪三振率7.18 四死球率6.32

   19秋入替   回数 被安 奪三 四死 自責
   拓殖大 先   9  1  8  2  0 ○封146㌔

 ■ 駒大・上野 1回零封 元U18日本代表右腕(スポニチ) 18/11/19

 駒大の上野翔太郎投手(3年)が18日、富士大との練習試合に5番手で登板し、1回を無失点に抑えた。最速146キロを誇る右腕で、中京大中京時代は3年時にU18日本代表としてW杯に出場し、エース格として活躍した。大学では右肩痛などに苦しみ、今秋ようやく公式戦初登板を果たした。新チームでは副将に就任し、責任感も増した。リーグ戦未勝利だけに「今日は良くなかったが、球の質と切れを上げて勝負したい」と力を込めた。

 ■ 駒大・上野がリーグ戦初登板 中京大中京時代はU18選出(デイリースポーツ) 18/9/20

 駒大・上野翔太郎投手(3年)が東都デビューを果たした。六回から2番手でマウンドに上がると、2回1失点。ほろ苦い初登板となった。甲子園を沸かせるなど華々しい活躍から3年がたっての東都1部初登板に、「ちょっと遅いですね」と本音をもらした。「ピンチになったとき自信を持って上野と呼ばれるように」。再び輝きを放つため、「もっと投げていきます」と力を込めた。

過去記事

 ■ 五回途中から救援の駒大・上野、4回1/3無安打(SANSPO) 18/2/24

 2年生右腕の駒大・上野が23日、早大戦の五回二死一、二塁から救援し、4回1/3を無安打無失点で勝利に貢献した。中京大中京高時代は高校日本代表でエースを務めたが、大学での2年間はチームの力になっておらず、「ツーシームがうまく使えた」と安堵(の表情。しかし、大倉監督は「最速(143キロ)が140キロ台後半になればいいけど、まだまだ」と手厳しかった。

 ■ 5回0封の上野が涙 18回無失点も…(デイリースポーツ) 15/9/7

 勲章を手にしても、悔し涙があふれ出た。「日本開催だったし世界一になりたかった。悔しいです」。五回から救援した上野翔太郎投手が5回を1安打無失点と力投防御率0・00、計18イニング無失点で最優秀防御率を獲得したが、夢はかなわなかった。173センチの小柄な右腕。常時130キロ終盤の直球でも力でねじ伏せた印象だ。6奪三振。低めに決まるチェンジアップ、ツーシームが直球を際立たせた。最優秀防御率は「任されたマウンドは絶対点を取られないと思った結果」と言う。誇りを胸に次のステージは大学へ、夢は後輩へ託す。「キヨ(清宮)が3年になったこの大会で世界一になってくれると思います」と、最後は笑顔を見せた。
 18イニング無失点だった上野翔太郎は、早い段階で駒大に内定。(日刊ゲンダイ)

 ■ 最強日本 韓国も圧倒 上野3安打10K完封(西日本スポーツ) 15/9/5

 上野が甲子園でライバルを完封した。「負けたらダメ、と自分の中で決めていた。緊張した中でも、力は出せた」。18人の3年生のうち、17人が韓国プロ野球のドラフトで指名を受けたスター軍団を7イニング3安打10奪三振。一度も三塁を踏ませなかった。130キロ台の直球を内外角に投げ分け、スライダー、ツーシームなどを交えて打者のタイミングを外した。5点を先制した直後の3回は連打で無死一、二塁のピンチ。2番打者を139キロの直球で空振り三振に仕留めると、韓国プロ野球、NCから1次指名された投打二刀流の3番・朴俊泳を136キロの内角球で見逃し三振。「あれで気分も乗った」と上野。最終の7回は3者連続空振り三振で、決勝進出を決めた。開幕のブラジル戦に続いて、大事な試合を任せた西谷監督は「韓国はパワーの上に、スピードやきめ細かさがある。球の出し入れができて、クイックもできる上野なら試合をつくってくれると思った。社会人のベテラン投手のようだった」と絶賛した。選手選考の際、パワー型の投手ばかりが選ばれていく中で、西谷監督が「制球のいい投手が欲しい」と最後の1人に入れてもらったのが上野だった。指揮官が厚い信頼を寄せる右腕が2度目の大役を果たした。
 教員志望で、授業も野球も全力投球。愛知大会開幕直前、疲労性の腰痛が出た。愛知優勝も不安視された夏が、世界一に挑む夏になった。(日刊スポーツ)

 ■ 日本・上野が6回無失点好投「持ち味を出せた」(日刊スポーツ) 15/8/28

 日本の先発、上野翔太郎投手が6回を2安打無失点、8三振を奪う力投で、初戦快勝の立役者になった。序盤は制球に苦しんだが3回以降、本来の投球を取り戻した。3回から5回にかけては5者連続三振を奪うなどブラジル打線を圧倒した。「慎重に行きすぎました。3回から切り替えて、しっかり自分の持ち味を出せました。一番最初の一番大事な試合。そこで結果で応えなきゃと思っていました」と話した。
 西谷浩一監督は「上野のナイスピッチングに尽きると思います。(ブラジルに)右打者が多いのと変化球に弱いという情報がありました。気持ちが強く、一番安定感があるということで上野を第1戦の先発にしました」と話した。(日刊スポーツ)

 ■ 中京大中京・上野1球に泣く サヨナラ被弾(スポニチ) 15/8/17

 左翼席へ吸い込まれた打球をぼう然と見つめた。中京大中京の最速144キロ右腕、上野は1球に泣いた。両軍無得点で迎えた9回1死、長嶋へ投じた初球。「1球の重みを感じた」という127球目の直球を痛打された。あいさつへ向かった三塁アルプス席の前で涙が止まらなかった。「相手の校歌が流れて負けたんだな、と。なかなか負けを受け止めることができなかった」。5回まで被安打0内外角に散らす投球術と最速143キロを計測した直球で的を絞らせなかった。圧巻は強打者オコエを迎えた6回1死二塁の場面。7球連続直球で押した後にチェンジアップでタイミングを外し、空振り三振を奪った。「絶対抑えてやろうと気合が入った」。8回に遊撃内野安打を浴びた以外は捕邪飛、遊ゴロに封じた。

 ■ 夏の甲子園:自己評価辛口70点…中京大中京の主将・上野(毎日新聞) 15/8/12

 中京大中京の主将でエース右腕・上野は2試合連続完投にも「70点。球が高かった1回戦の反省を生かすつもりだったが、回が進むにつれて球が高くなった」と浮かぬ顔。それでも、要所を切り抜ける投球術は巧みで、1点差の七回2死一、三塁では3番・室屋を「自信がある」というツーシームで投ゴロに仕留めた。3回戦で戦う関東一の鈴木とは中学時代に愛知西シニアでバッテリーを組んでおり、次戦に向けて「打たれたくない」と早くも闘志を燃やしていた。
 初戦で直球主体の投球を見せた先発の上野翔太郎投手は「直球を狙いに来る相手の裏をかく」と、スライダーやチェンジアップを多投し、初戦18得点の強力打線を3点に抑えて完投した。(読売新聞)

 ■ 中京大中京が最多の初戦17連勝!(スポーツ報知) 15/8/7

 歴代最多7度Vの中京大中京は、144キロ右腕・上野翔太郎が岐阜城北に10奪三振で1失点完投。初戦の連勝を単独最多17に伸ばした。上野は自己最速を1キロ更新する144キロの直球で、最後の打者に空を切らせた。奪三振を2ケタの10に乗せ、6安打1失点(自責0)で無四球完投勝ちだ。「最後は狙ってました。一番いい球で終わらせたかった」。106球の完投劇。中京大中京に春夏通算132勝目をもたらした。伝統の力だ。これまで同校が記録した通算76勝と7度の優勝は、いずれも歴代最多。打線はプレーボール直後の5連打などで、初回にいきなり3点を先制した。この日の白星で、初戦は61年から17連勝。名門には珍しいエース兼主将は「歴代の先輩方はずっと初戦を勝ってきている。それに続けてよかった」と少しだけ表情を緩めた。

  プロフィール

 愛知県名古屋市出身。
 上野 翔太郎(うえの・しょうたろう)投手。
 弥富小学校1年時で野球を始め、萩山中では愛知西シニアに所属。
 小6時に中日ドラゴンズJr.チーム入りを経験した。

 中京大中京では1年生の夏から控えとしてベンチ入り。
 1年時秋、翌春と2季続けて東海大会に出場し、春1回戦・三島高戦で1-3完投の実績を残す。
 2年時夏の予選5戦中4試合に登板し、21回2/3を8失点に抑える粘投を披露。
 同年秋の大会からエースとしてチームを支え、3年時夏に2010年以来の県大会Vを達成した。
 5回戦・豊中央戦で8回15K9-2完投、準決・東邦戦で7回10-3完投をマーク。
 逆転勝ちを収めた決勝・愛工大名電戦で7.2回2安打9三振無失点の好救援を演じている。
 5年ぶり出場の本戦全3戦を1人で投げ、安定感のある投球で3回戦まで進出。
 初戦・岐阜城北戦で10K1失点デビューを飾り、最後の1球で自己最速の144㌔を計測した。
 鹿児島実業を相手に7安打5奪三振3失点で2試合連続の完投勝利を記録。
 続く関東一戦で5回0安打の好投を見せたが、9回1死からソロを浴びて0-1サヨナラで敗れた。
 この活躍によりU18代表に選ばれ、制球力、度胸を買われてW杯3試合に登板。
 開幕・ブラジル戦(6回0封、5連続含む8K)、2次・韓国戦(7回10K0封)で白星を収めている。
 決勝・米国戦で5回1安打6K0封の好救援を演じるも1対2で競り負け準優勝。
 計18回0封の好成績で防御率1位に輝いたが、プロ志望をせず駒澤大学への進学を選択した。
 同学年のチームメイトとして伊藤寛士(現JR東海)ら。

 駒澤大学では1年時春から2部リーグ戦に出場。
 4年間で合計25試合(1部17)、51.2回に登板し、通算2勝2敗、38K、防4.35の実績を残した。
 右肩の怪我、および不調を乗り越え、4年時秋になって規定回数到達を達成。
 4回0封救援を演じた開幕週・国学院大2回戦(最速149㌔を計測)で初勝利を収めている。
 13戦中11試合に救援する奮闘をみせるも接戦をモノに出来ず最下位に低迷。
 拓大との入替戦2回戦でシーズン初先発を果たし、1安打2-0完封の好投で1部残留を決めた。
 通算25試合(救援24)、2勝2敗、51.2回、防御率4.35。

 174cm76kg、安定感のある小柄な好右腕。
 ワインドアップからタメて重心を下げ、小さめのテイクバックを取り、球持ちに良さのある腕の振りから
 繰り出す最速149㌔、常時130㌔台前半から140㌔前後ほどのストレートと、
 120㌔前後のカット、130㌔前後のツーシーム、120㌔前後のチェンジアップ、100㌔台のカーブ。
 球速以上に伸びのある直球と、カット、2シーム、チェンジとのコンビネーション。
 内外角低めに丁寧に投げ分け、要所を凌ぐ投球を見せる。高校時代は主将としても活躍した。
 与四死球率6.97。遠投112m、50m走6秒4。

  スカウトコメント

ロッテ・諸積スカウト|15/9/24
 「三振が欲しい時に取れますし、躍動感があって投げっぷりが良いですね」
中日・中原スカウト|15/9/24
 「春先にケガをして満足な状態ではない中で、ずっと追い続けていましたが、愛知大会決勝から甲子園にかけての好投は、『彼にこんなところがあるのか!』と非常に驚かされました。大学進学予定ですが、仮にプロ志望届を出すなら評価を検討し直さなければいけないくらいのピッチングでした」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年12月11日(水)|2021年社会人投手 | 東都大学 コメント(5) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
たらればは禁物だけど、、、高校時代も肩痛めて、自信がなかったゆえの進学だったのでしょうが、またやってしまうとは・・・まだ秋があるぞ
| soke | 2019年06月27日(Thu) 09:32 | URL #- [ 編集]
当時の高校代表では実質エースのような活躍でしたね
ここからプロ入りまで頑張って欲しいです
応援してます
| 匿名 | 2018年09月23日(Sun) 15:30 | URL #qbzePolo [ 編集]
真っ直ぐのキレ凄すぎ
130kmに見えないですよ

進学ですか
| tomiG | 2015年09月08日(Tue) 06:32 | URL #IaNAQoQY [ 編集]
中京だから国学院かと思ってました
あそこなら教員免許強いんだけど・・・
駒澤大学にいっても頑張って
| ☥アスラン・ザラ☥ | 2015年09月07日(Mon) 22:58 | URL #- [ 編集]
足はえーな フィールディングやクイックや牽制も良さそうだし なぜこいつが進学なんだ
| 刃牙 | 2015年09月07日(Mon) 00:28 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年社会人投手 | 東都大学 コメント(5) Page Top↑