福田 遼河(福岡大)|ドラフト・レポート

福田 遼河(福岡大)

ここでは、「福田 遼河(福岡大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



福田 遼河(福岡大)

186cm88kg 右右 MAX143km 一塁・外野 50m6秒2 佐賀北高
強い打球を放つ右の強打者。4年春の九国大戦で1号ソロ。長身143㌔右腕としても注目されていた。

  最新記事

 ■ 福岡大・福田 Vへアーチ 遅咲きの大砲 全国行く!!(西日本スポーツ) 14/5/31

 打球の力強さ、速さともに群を抜く。昨年から使用する専用グラウンドでは練習で122メートルのバックスクリーンにたたきこんだこともある。「福田の打球は大学生レベルを超えている。足も速いし、西南大戦の鍵を握るのでは」と樋口監督は長打に期待を寄せた。佐賀北高では投手だった。1年春に143キロをマークするなどプロのスカウトにも注目された。だが、甲子園には届かず、野手兼任だった最後の夏も初戦で敗れた。大学では打撃力を生かすため、野手に転向。1年からベンチ入りしたが、代打や途中出場がほとんど勝負強さにやや欠け、3年秋までレギュラーに定着できなかった。「何で出られないのか…」と福田は自問自答を重ねた。昨秋のリーグ戦終了後に転機が訪れた。樋口監督に勧められて、トレーニングジムに通った。変わったのは体よりも気持ち。「野球に対する意識が高くなって、体のことにも気を使うようになった」と効果を実感。リーグ戦開幕前に右足首を捻挫した影響で出遅れたものの、今季初スタメンとなった九国大戦では一発を放った。これがリーグ戦初本塁打だった。福岡大は過去3年間で春秋計5回、全国大会に出場しているが、ベンチ入りできなかった。「今季は4年間の集大成。最後は全国の舞台に立ちたい」。リーグ戦で完全燃焼し、念願の大舞台を踏む。

 ■ 伝説次章へ 3 投手奮わす Vの記憶(asahi.com) 08/7/3

 先発をも脅かすのが4月に入部した福田遼河(1年)。「いつかは甲子園最速を記録してみたい」。身長185センチ、体重77キロの恵まれた体格から投げ下ろす直球は、既にチーム最速の142キロに達する。福田は中学3年だった昨夏、生まれて初めて甲子園を訪れる。そこで見たのは、大会史上5回目となる佐賀北―宇治山田商の延長引き分け試合だった。「すごい。自分が高校生になったら、絶対にここでプレーしてやる」。球児になって描いた夢が、より具体的になった一日だった。中学時代は主将で、エースで4番。豪快なプレーで県外強豪私学の目を引いた。だが、進学先に佐賀北を選ぶことに迷いはなかった。「野球もしたいし、大学にも進みたい。佐賀北は、進学校なのに、全国制覇まで成し遂げた」。福田はそこに理想の高校生活を見たのだった。福田は今夏の大会で、1年生ながらベンチ入りを果たした。佐賀北は出場メンバーを選手間投票で決める。軟球と硬球の違いに戸惑いつつも練習に必死でついてきた誠実な態度が、上級生に評価されたのだった。

  プロフィール

 佐賀県小城市出身。
 福田 遼河(ふくだ・りょうが)一塁手兼外野手。
 三日月小1年から軟式野球を始め、6年時に九州大会準優勝を経験。
 三日月中軟式野球部では4番・エースの大黒柱を務めた。
 進学時には県外強豪から誘いが掛かったが、同年全国Vの佐賀北に憧れ地元を選択する。

 佐賀北高では1年春の城北との練試で最速143㌔をマーク。
 1年夏の県大会2試合ともに抑えとして起用され、秋には選手による投票で背番号1に選出された。
 「10年に1人の逸材」として期待されたが、制球難に苦しみ投手としては低迷。
 強打のサードとしてプロ複数球団から注目され、3年春に県大会V、九州大会進出を達成している。
 3年夏は5番で4打数ノーヒットに終わり、龍谷に2対8で敗れ初戦敗退となった。
 県大会V、九州1回戦が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 福岡大進学後は打力を生かすため野手に専念。
 1年秋から一塁手兼外野手としてベンチ入りするも、3年秋までは目立った実績を残せずに終わる。
 4年春は開幕前の足首捻挫で出遅れ、第4週・九国大戦になって2試合に先発。
 2番、3番の上位打線で指名打者として起用され、1回戦でリーグ戦1号のソロ本塁打を記録した。

 186cm88kg、恵まれた体格の一塁手兼外野手。
 強い打球を放つ右の強打者。高校時代は打撃力でプロ複数球団から注目されていた。
 練習では122メートルの位置にあるバックスクリーンに叩き込んだ実績を持つ。
 ポジションは一塁手・外野手。現在は主に指名打者で起用されている。50m6秒2の脚力の持ち主。
 角度の付いた最速143㌔の直球と縦横2種類のスライダーを武器とする本格派右腕。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2014年05月31日(土)|退団・引退・進路不明など | 九州六大学 コメント(10) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
法政大ではなく、福岡大へ進学。
http://fukuoka-university-baseballclub.jp/member/4/1/
| 匿名 | 2011年03月21日(Mon) 08:49 | URL #- [ 編集]
法政大学に決まったんでしょうか?
| 太郎 | 2011年02月08日(Tue) 02:33 | URL #- [ 編集]
法政進学の噂がありますね
今後は野手専念でしょうか?
スラッガーになれる器だと思います。
上でも頑張ってほしいですね。
| 名無しさん | 2010年10月14日(Thu) 23:33 | URL #- [ 編集]
もう福田遼河は投手をするつもりはないようですよ。
残念ですが、打者に専念するようです。
イップス?は克服できなかったそうですね。
春の県大会も打者として出場していました。
| 匿名 | 2010年04月25日(Sun) 02:56 | URL #- [ 編集]
春の県大会から投手として復帰するらしいです
どんな経緯があったか分かりませんが、まずはいいピッチングを見せて欲しいです
| 匿名 | 2010年02月28日(Sun) 00:15 | URL #- [ 編集]
2年の春以降、公式戦では投げずに、野手として出場しているようです。故障なのか別に理由があるのか、心配ですが今年は是非復活して欲しいです。
| 匿名 | 2010年01月02日(Sat) 22:16 | URL #- [ 編集]
練習試合なんかでは強豪相手に好投しているようで有名になるのにも
そんなに時間はかからないかもしれないですね。
城北との練習試合では143キロをマークしたとの話もあり。順調に成長してくれれば。
| gogo126 | 2008年09月04日(Thu) 19:56 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
育成方針、見事に百崎監督のコメントとかぶってますよ(笑)
何でも先があるのでまずは足腰、下半身強化。
硬さがあるので毎日マタ割り、変化球を覚えるのは体が出来てから、なんだそうです。
ダルが好きな投手なんだそうで、将来近いレベルにまで育ってくれれば嬉しいですね。
| gogo126 | 2008年09月04日(Thu) 19:47 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
地味な感じの大型頭脳派は何処かで飛び出す玉では?
| 広鯉! | 2008年09月04日(Thu) 08:17 | URL #- [ 編集]
お久しぶりです、更新お疲れ様です。
これからも、頑張ってください。

にしても、でかいですね。この時期にしては。
こういった選手はなかなかいないんで楽しみですよね。
これからまだ伸びるでしょうし、幅も出てくるでしょう。
球速なんて自然と出てくるでしょうから、フォームを固めるためにも足腰を鍛えて欲しいですね。
角度を生かせるような投手になって欲しいかな。
| THEスタぁ~ | 2008年09月04日(Thu) 00:42 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 九州六大学 コメント(10) Page Top↑