久保 和馬(中部学院大)|ドラフト・レポート

久保 和馬(中部学院大)

ここでは、「久保 和馬(中部学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm84kg 右右 捕手 遠投110m超 紀央館
遠投110m超のプロ注目強肩捕手。高1春から正捕手。高校通算30発超の長打力を兼ね備える。

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春:          出場無し
   16秋:          出場無し
   17春:          出場無し
   17秋:          出場無し
   18春:          出場無し
   18秋:          出場無し              
   通算:          出場無し

  最新記事

 ■ 夏の高校野球 紀央館が初戦突破(日高新報) 15/7/15

 第2試合の紀央館は高野山に快勝し、3年連続の初戦突破を果たした。紀央館は3回1死から1年生で遊撃の先発に抜てきされた徳永が中前打で出塁。暴投、四球、バントで2死二、三塁と好機を広げると、久保が痛烈に中前へはじき返し、2者を迎え入れた。7回はまず川口の左前適時打で1点を追加。走塁死で2死三塁となったあと、先制2点適時打の久保が初球を強振、左越えに会心の2点本塁打(大会第5号)をたたき込み、突き放した。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率
   14夏予: 4 .118 17  2 0 0 1 3  .294
   15夏予: 3 .417 12  5 1 0 1 6  .750
   通 算: 7 .241 29  7 1 0 2 9  .483

 ■ 和歌山大会 紀央館が好機逃さず(MSN産経) 14/7/22

 好機に点を重ねた紀央館が、星林を破った。紀央館は二回、広野の中前打や三井田の四球などで1死二、三塁とし、山崎の適時打と村中のスクイズで2点を先制。五回には嶋津が左中間を破る二塁打を放ち、相台の犠打と森の左前適時打で1点を追加。九回には久保が左越えに豪快な2点本塁打を放ち、試合を決めた。星林は五回に大倉の右前適時打で1点を返すも、打線がつながらなかった。

  プロフィール

 和歌山県日高町出身。
 久保 和馬(くぼ・かずま)捕手。
 日高町立日高中時代は硬式野球チーム・和歌山御坊ボーイズでプレー。
 同学年に富山凌雅(オリックス18年4位)ら。

 紀央館では1年春に背番号2を獲得。
 1年生ながら中軸5番として夏の予選に起用され、12打数で2安打、3試合3打点の実績を残す。
 翌2年夏の予選に4番打者として臨み、31年ぶり4強(打率.118に低迷)を達成。
 初戦・神鳥戦(11回5-4)で先制打を記録し、3回戦・星林戦で豪快な左越え2ランを放った。
 同年秋から主将としてチームを牽引し、3年春・夏と2季続けて県8強まで進出。
 通算30本塁打超の強打と強肩で勝利に導き、15年ドラフト候補としてプロからも注目された。
 3年夏の県大会は吉中擁する和商に0-2(4打数0安打3K)完封負けで敗退。
 先制の中前2点適時打、左越え2ラン本塁打と、初戦(2回戦)で3安打4打点の活躍を見せた。
 県4強が最高成績。甲子園経験は無し。

 176cm84kg、強肩強打のプロ注目キャッチャー。
 振り切るスイングから強い打球を弾き返す右の強打者。高校時代は1年時から主軸を務めた。
 思い切りの良い打撃が持ち味。高校3年間で通算30発超を記録している。
 捕手としては遠投110メートル超を投げる強肩が武器。高1春から正捕手として経験を積んだ。
 強肩強打にはプロも注目。大学での実績は乏しい。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年01月26日(土)|2019年大学生野手 | 東海地区大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生野手 | 東海地区大学 コメント(0) Page Top↑