大堀 雄平(四国銀行)|ドラフト・レポート

大堀 雄平(四国銀行)

ここでは、「大堀 雄平(四国銀行)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm81kg 右左 遊撃手 遠投115m 50m6秒2 川島高→日大 1年目
プロ注目の大型遊撃手。旧チームから3番に座る。高2秋の県大会で打率.545点12の活躍を見せた。

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春:          出場無し
   16秋:          出場無し
   17春:          出場無し
   17秋:          出場無し
   18春:          出場無し             二部
   18秋:          出場無し             二部
   19春:          出場無し             二部
   19秋:          出場無し              二部
   通算:          出場無し

  プロフィール

 徳島県吉野川市出身。
 大堀 雄平(おおほり・ゆうへい)遊撃手。
 小学校1年時から野球を始め、川島中では軟式野球部に所属。

 川島高校では旧チームから3番・ショートでレギュラー。
 2年時秋の県大会で打率.545の大暴れを演じ、徳島2位での3年ぶり四国出場(8強)を果たす。
 県大会5試合22打数で12安打を放ち、勝負強い打撃で合計12打点を記録。
 準決・鳴門戦(夏V3)で2安打1打点をマークし、敗れた城南戦でも3安打2打点と奮闘した。
 続く四国1回戦・高知商戦で4打数2安打の活躍を披露(準々決は無安打)。
 11月の県高野連研修会で遠投115mを計測し、強肩で関係者からの高い評価を獲得した。
 3年時夏の県大会は城東高に6対7(5打数1二塁打)でせり負け初戦で敗退。
 5回表を終えた時点で1対7と先発が攻略され、中盤以降の追撃も後一歩届かず敗戦となった。
 徳島準V、四国8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 182cm81kg、プロ注目の大型遊撃手。
 県高野連研修会で遠投115.15m(1位)をマークした強肩が武器。中学時代は投手も務めた。
 深い位置から安定したスローイングでアウトに仕留める。50m6秒2。
 勝負強いバッティングで3番打者を担う左の好打者。高2秋7試合で打率.467点12を記録した。
 プロからも注目された資質の持ち主。実績は少ない。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年01月08日(水)|2021年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑