岸田 康太(日大)|ドラフト・レポート

岸田 康太(日大)

ここでは、「岸田 康太(日大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



岸田 康太(日大)

181cm80kg 右右 MAX147km スライダー 二松学舎大付
バラツキあるが147㌔直球魅力。高2夏に1/3回4失点のホロ苦甲子園デビュー。144㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   16春:        登板無し
   16秋:        登板無し
   17春: 3 0勝1敗   5  4  4  2  1  1.80
   17秋:        登板無し
   18春: 2 0勝0敗  0.1  2  1  1  0  0.00二部
   18秋: 7 1勝0敗  14  6  14  4  0  0.00二部
   19春:        登板無し           二部
   一部: 3 0勝1敗   5  4  4  2  1  1.80
         被安打率7.20 奪三振率7.20 四死球率3.60
   二部: 9 1勝0敗 14.1  8  15  5  0  0.00
         被安打率5.02 奪三振率9.42 四死球率3.14

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   14夏: 1 先  0.1  2  0  1  2 144㌔ 沖縄尚学
   通算: 1    0.1  2  0  1  2 防54.00
       被安打率54.00 奪三振率0.00 四死球率27.00

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   17春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   中央大     1  1  1  0  0 143㌔
   国学大    2.1  1  2  1  0 144㌔
          1.2  2  1  1  1 143㌔ ●
            5  4  4  2  1 防1.80
       被安打率7.20 奪三振率7.20 四死球率3.60

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   国士大    0.1  1  1  0  0
           0  1  0  1  0
          0.1  2  1  1  0 防0.00
     被安打率54.00 奪三振率27.00 四死球率27.00

 ■ 高校時代成績

   15夏予       回数 被安 奪三 四死 失点
   4回戦:堀越高 先  2.1  4       1

  最新記事

 ■ 東東京大会展望 二松学舎大付 投手力で優位(スポーツ報知) 15/6/21

 3季連続の甲子園出場がかかる二松学舎大付が投手力で優位。143キロ左腕・大江、今村の2年生バッテリーが柱で147キロ右腕・岸田も控える。春の都大会4強の関東第一はプロ注目の1番・オコエが、昨夏準Vの帝京は高校通算30発超の4番・中道が打線を引っ張る。

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   青学大    1.2  0  1  1  0
          0.2  0  1  0  0
   国士大    0.2  2  0  0  0
          4.2  2  5  0  0 ○
   拓殖大     2  0  2  0  0
   東農大    2.2  1  2  3  0
          1.2  1  3  0  0
           14  6  14  4  0 防0.00
       被安打率3.86 奪三振率9.00 四死球率2.57

  プロフィール

 神奈川県横浜市出身。
 岸田 康太(きしだ・こうた)投手。
 初音が丘小時代に軟式野球を始め、橘中では横浜泉中央ボーイズに所属。

 二松学舎大付では1年秋からベンチ入り。
 背番号17で都大会5戦中2戦に救援登板し、11.1回で6安打、10四死球3失点の実績を残す。
 決勝・関東第一戦(6対7サヨナラ負け)で7.2回7四死球3失点リリーフを披露。
 翌2年夏の予選で創部57年目初Vを果たし、続く甲子園3回戦で全国のマウンドを経験した。
 大舞台で自己最速144㌔をマークしたが、バラツキが多く1/3回4失点で降板。
 同年秋・1次代決で7回3安打完封勝ち、3年春・創価戦で6回12-2完投勝ちを収めている。
 3年夏の予選(背番号11)は堀越高校に4対5サヨナラで競り負け4回戦敗退。
 先発を務めるも2.1回4安打1失点で降板となり、リリーフ投手が後半4失点で逆転負けとなった。
 同期のチームメイトとして主将・北本一樹三塁手ら。

 日大では2年春からリーグ戦に出場。
 3年間でリリーフ12試合(1部3、2部9)に登板し、3年秋の2部・国士3回戦で初勝ち星を挙げた。
 通算12試合、1勝1敗、19.1回、防御率0.47。

 181cm80kg、最速147㌔直球を持つ本格派右腕。
 セットから上げた足を軸足に寄せ、早めに着地し、開き早めに、肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速147㌔、140㌔前後から140㌔台前半の直球と、120㌔前後のスライダー。
 直球・変化球のいずれも決まった時の球に良さがある一方で安定感が課題。主にリリーフを務める。
 市原監督から大江竜聖以上と評された能力の持ち主。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2018年12月10日(月)|2019年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑