国光 瑛人(福井工業大)|ドラフト・レポート

国光 瑛人(福井工業大)

ここでは、「国光 瑛人(福井工業大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



177cm82kg 右右 MAX146km カット・カーブ・スライダー・フォーク 明徳義塾
威力ある直球を武器とする本格派。2年春の選手権で全国デビュー。高2春時点で145㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   17春:         登板無し
   17秋: 1  0勝0敗   1  0  1  0  0  0.00
   18春: 1  1勝0敗   2  0  3  1  0  0.00
   18秋:         登板無し
   19春: 6  2勝0敗   8  7  6  1  2  2.25
   通算: 8  3勝0敗   11  7  10  2  2  1.64
          被安打率5.73 奪三振率8.18 四死球率1.64

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 
   18選: 1  3.2  2  2  2  0 137㌔(東ド) 宮産経
   19選: 1  0.1  0  0  1  1 139㌔(神宮) 明治大
   通算: 2   4  2  2  3  1 防2.25
     被安打率4.50 奪三振率4.50 四死球率6.75

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   17秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   高法大     1  0  1  0  0

   18春    回数 被安 奪三 四死 自責
   星稜大     2  0  3  1  0 ○

  最新記事

 ■ 明徳義塾の壁 挑む高知(asahi.com) 15/7/5

 6連覇を目指す明徳義塾が軸になりそう。4年連続で決勝で敗れた高知など、ほかのシード3校が追う。明徳義塾は堅守が持ち味だ。失策が少なく、ピンチを併殺で切り抜ける。エース国光は140キロ超の直球を投げるが、右ひじを疲労骨折し、リハビリ中。高知大会までに復帰できるか注目される。

   19春    回数 被安 奪三 四死 自責
   高法大     2  0  1  0  0 ○
   星稜大     1  1  0  1  0
           2  1  2  0  0 ○
   富山大     1  0  1  0  0
   北陸大     1  3  1  0  1
   金院大     1  2  1  0  1
           8  7  6  1  2 防2.25
      被安打率7.88 奪三振率6.75 四死球率1.13

 ■ 明徳義塾“141キロスーパー1年生”国光が聖地でベール脱ぐ!(スポーツ報知) 14/8/6

 第96回全国高校野球選手権大会の甲子園練習(3日目)が5日に行われ、明徳義塾など17校がグラウンドの感触を確かめた。同校の馬淵史郎監督は、県大会で登板がなかった最速141キロ右腕・国光瑛人投手(1年)を秘密兵器に指名した。6日は、組み合わせ抽選が行われる。期待の表れだ。馬淵監督は、一塁側ファウルゾーンで国光の投球練習をじっと見つめていた。県大会4試合では投げさせなかったが、「勝って連戦になるようなら、登板は100%ある」。12年ぶり2度目のVを狙う名将は隠し玉として期待した。4番でエースを務める岸潤一郎投手(3年)の再来だ。中学3年時で最速141キロをマークし、約15の強豪校から勧誘された。フォームを修正中で球速は伸び悩んでいるが、岸から教えてもらったカットボールをマスターした。「(甲子園のマウンドは)気持ちよかった」と笑みを浮かべた。岸も1年時は県大会では投げずに甲子園のマウンドに立った。「将来は野球で飯が食えるぐらいの素材ですよ」と馬淵監督が絶賛するスーパー1年生。聖地でベールを脱ぐ。

  プロフィール

 兵庫県姫路市生まれ。
 国光 瑛人(くにみつ・えいと)投手。
 小学校1年時から軟式野球を始め、高丘中時代は龍野ボーイズに所属。
 中2春の全国大会で8強入りを経験した。

 明徳義塾では1年時から控えとしてベンチ入り。
 背番号16で臨んだ同夏の甲子園を登板なく終え、1年秋に10番で県V、四国4強入りを果たす。
 四国準決・今治西戦で6回4安打3K4失点(4回ノーヒット0封)の力投を披露。
 翌2年春の県大会でエースナンバーを獲得し、右ヒジ痛で出遅れながらも145㌔をマークした。
 決勝戦・高知中央戦になって救援(3-6の6回ウラ一死1、3塁)で大会初登板。
 犠飛による1点でピンチを凌いだが、同点の7回ウラに2失点し、7対9で惜しくも敗戦投手となった。
 同学年のチームメイトに古賀優大、平石好伸ら。

 福井工業大では1年秋からリーグ戦に出場。
 翌2年春の星稜2回戦で2度目の登板を果たし、2回3K0封救援でリーグ戦初勝ち星を収めた。
 全国大会には2、3年春の全日本選手権(両大会ともに2回戦で敗退)に出場。
 各大会1試合ずつ、計4回に救援で起用され、2年春2回戦・宮産経戦で3.2回0封を記録した。
 通算8試合、3勝(0完投)0敗、11回、防御率1.64。

 177cm82kg、ガッチリとした最速146㌔右腕。
 セットポジションから軽く重心を下げてインステップし、開き早めにヒジを使った腕の振りから投げ込む
 最速146㌔、常時135㌔前後(3年春の大学選手権)の威力ある真っ直ぐと、
 120㌔前後の縦スライダー、岸潤一郎直伝の130㌔強のカット、100㌔台のカーブ、フォーク。
 ストレートで押す投球が持ち味の本格派。やや角度をつけて投げ込んでいく。
 高1秋に右脇腹、高2春に肘痛を発症。右肘疲労骨折により、高2夏以降をベンチ外で過ごした。
 被安打率5.73、奪三振率8.18、四死球率1.64。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年06月29日(土)|2020年大学生投手 | 北陸大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 北陸大学 コメント(0) Page Top↑