小孫 竜二(鷺宮製作所)|ドラフト・レポート

小孫 竜二(鷺宮製作所)

ここでは、「小孫 竜二(鷺宮製作所)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm85kg 右右 MAX152km スライダー・ツーシーム・フォーク・カーブ 遊学館→創価大 1年目
ガッチリした体格から威力ある直球と縦のスライダー。3年秋58.2回で67Kを奪取、最多5勝を記録した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16春: 3  2勝1敗   19  22  13  6  9  4.26
   16秋: 5  1勝1敗   19  12  8  10  7  3.32
   17春: 5  3勝2敗  34.1  29  19  14  7  1.83(5位)
   17秋: 5  2勝2敗   37  30  28  21  8  1.95(4位)
   18春: 5  1勝2敗   32  34  15  12  13  3.66
   18秋: 8  5勝3敗  58.2  37  67  33  9  1.38(4位)
   19春: 3  2勝0敗  18.1  15  17  9  3  1.47
   19秋: 4  1勝1敗   9.1  9  9  7  3  2.89
   通算: 38 17勝12敗 227.2 188 176 112  59  2.33
          被安打率7.43 奪三振率6.96 四死球率4.43
    ※ 18秋:最多勝

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   17神: 1   4  2  2  2  0 149㌔(神宮) 関西大
   18神: 1   1  0  1  2  0 143㌔(神宮) 関国大
   通算: 2   5  2  3  4  0 防0.00
     被安打率3.60 奪三振率5.40 四死球率7.20

 ■ 甲子園成績

   15夏     回数 被安 奪三 四死 自責
   九州学院 先   9  5  4  2  2 144㌔ ○
   東海相模 先  3.2  8  4  1  5 146㌔ ●
          12.2  13  8  3  7 防4.97
       被安打率9.24 奪三振率5.68 四死球率2.13

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   16春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責 
   共栄大 先  6.1  9  4  5  6 ●
   高千穂 先  5.2  7  5  1  2 ○
   流経大 先   7  6  4  0  1 ○
           19  22  13  6  9 防4.26
      被安打率10.42 奪三振率6.16 四死球率2.84

   16秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責 
   高千穂     1  0  1  0  0
   国際大 先   9  4  1  2  1 ●…10回TBサヨナラ負け
   杏林大     3  2  1  0  0 ○
   流経大     3  2  3  4  2
   共栄大 先   3  4  2  4  4
           19  12  8  10  7 防3.32
       被安打率5.68 奪三振率3.79 四死球率4.74

   17春(3完2封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   杏林大 先   7  7  1  6  1 ○
   流経大 先   9  5  5  1  0 ○封142㌔
   国際大 先  8.1  7  4  5  2 ●
   駿河台 先   7  3  7  1  0 ○封
   共栄大 先   3  6  2  1  4 ●
          34.1  29  19  14  7 防1.83
       被安打率7.60 奪三振率4.98 四死球率3.67

   17秋(2完2封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   駿河台 先   7  4  2  5  0 ○封
   国際大 先   3  6  2  2  4
   流経大 先   9  7  8  4  4 ●
   杏林大 先   9  8  7  3  0 ○封
   共栄大 先   9  5  9  7  3
           37  30  28  21  11 防1.95
       被安打率7.30 奪三振率6.81 四死球率5.11

   17秋代決   回数 被安 奪三 四死 失点
   上武大    7.1  6  2  2  0 ○ 145㌔

   18春(1完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   杏林大 先   8  8  2  4  1 ○
   国際大 先  6.2  12  3  1  7 ●
       先   9  5  3  3  3 ●
   駿河台 先   4  3  2  1  1
   共栄大 先  4.1  6  5  3  3
           32  34  15  12  15 防3.66
       被安打率9.56 奪三振率4.22 四死球率3.38

   18秋(4完1封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   駿河台 先   7  3  13  3  1 ○
   国際大 先   10  8  10  2  5 ●
          2.2  4  3  5  2 ●
   流経大 先   9  4  11  3  0 ○封
       先   9  6  12  3  1 ○
   杏林大 先   9  5  4  4  1 ○
   共栄大 先   5  4  4  7  2 ●
       先   7  3  10  6  2 ○
          58.2  37  67  33  14 防1.38
      被安打率5.68 奪三振率10.28 四死球率5.06

   18秋代決   回数 被安 奪三 四死 失点
   桐蔭大    1.2  2  2  4  2
   国武大 先   7  7  2  3  2 ○
   筑波大 先  3.2  1  4  6  1
          12.1  10  8  13  5 防3.65
       被安打率7.30 奪三振率5.84 四死球率9.49

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   学芸大 先  6.2  3  9  1  3 ○
   共栄大 先   7  5  5  5  0 ○
   流経大 先  4.2  7  3  3  2
          18.1  15  17  9  5 防1.47 
       被安打率7.36 奪三振率8.35 四死球率4.42

 ■ 高校時代成績

   14夏予           回数 被安 奪三 四死 自責
   石 川2回戦:金 沢 西 先   6  6  3  0  1
      準々決:七尾東雲    1.2  0  1  1  0
      準決勝:小松大谷 先  6.2  5  6  5  2
                 14.1  11  10  6  3 防1.88
              被安打率6.91 奪三振率6.28 四死球率3.77

   15春予           回数 被安 奪三 四死 自責
   石 川1回戦:翠  星 先   3  0  4  0  0 144㌔
      2回戦:七  尾 先   9  5  9  1  0封
      3回戦:金沢商業 先  5.1  7  6  4  3
      準々決:石川県工 先  6.1  5  11  1  0
      準決勝:小松商業 先   9  6  10  7  2
   北信越準々決:松本第一     4  4  2  1  2
                 36.2  27  42  14  7 防1.72
             被安打率6.63 奪三振率10.31 四死球率3.44

   15夏予           回数 被安 奪三 四死 失点
   石 川2回戦:穴水高校 先   5  3  8  0  2
      3回戦:七尾高校 先   8  3  12  1  0封
      準々決:鵬学園高 先   9  7  10  1  1…自ら左越え場外弾
      準決勝:津幡高校    3.2  0  3  1  0…2戦連続左越え弾
     決 勝勝:金沢高校 先   9  7  7  0  0
                 34.2  20  40  3  3 防0.52
             被安打率5.19 奪三振率10.38 四死球率0.78

  最新記事

 ■ 小孫竜二(創価大) 最速152キロの本格派右腕(中日新聞) 19/10/14

 最速152キロを誇る本格派右腕。身長一七九センチ、体重八四キロのどっしりとした体から投げ込む常時140キロ中盤以上の直球、横に鋭く曲がるスライダーに加え、フィールディング、けん制の技術にも自信を持つ。高卒でプロを志した四年前は指名がなかった。その悔しさを糧に大学では練習に励み、ピンチで動じない心も磨いてきた。プロからの調査書は、六球団から届いているという。

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点
   杏林大 先   5  3  3  2  1 ○ 148㌔
   共栄大    2.1  5  2  2  3 ●
   学芸大     1  0  3  2  0
   流経大     1  1  1  1  0
          9.1  9  9  7  4 防2.89
       被安打率8.68 奪三振率8.68 四死球率6.75

 ■ 創価大4人がプロ志望届提出、小孫が開幕白星発進(スポーツ報知) 19/9/4

 創価大の最速152キロ右腕・小孫竜二が、開幕戦で5回3安打2四球1失点3奪三振。2回先頭に左前安打を許したが、投前バントで二塁封殺。さらに、けん制で一塁走者を刺した。フィールディングを含め、「自分の持ち味。狙えるところは狙っていった」。プロ10球団のスカウトが視察。ヤクルト・伊東編成部長は「オーソドックスでまとまった投手」、中日・八木スカウトは「マウンドさばきがいい球に力はあるので、もっと制球できれば、見栄えが変わって楽しみ」と語った。1年春から先発した右腕だが、今春はリーグ戦後に右足甲を痛め、全日本大学選手権で登板なし。杉山、望月の好投を「ベンチで見ていて、悔しい気持ちはあった」。夏のオープン戦で自己最速を2キロ更新。開幕前日の3日に、杉山、望月、4番・山形堅心一塁手と4人プロ志望届を提出した。

 ■ 創価大 “右腕トリオ”そろい踏みもプロ相手に敗戦(デイリースポーツ) 19/3/10

 「DeNA2軍14-5創価大」創価大の杉山晃基、小孫竜二、望月大希がそろって登板した。いずれも3回を投げ小孫は6失点阪神など6球団のスカウトが視察する中、アピールとはならなかった。

過去記事

 ■ 創価大“来秋ドラフト候補リレー”実らず 初戦で敗退(デイリースポーツ) 18/11/11

 杉山晃基投手が6回4失点。七回に小孫竜二投手、八回に望月大希投手へと継投したが、逆転を呼ぶことはできなかった。第4試合にもかかわらず8球団が視察するなど注目度は高い。阪神・畑山チーフスカウトは「(杉山は)真っすぐがいい。(小孫、望月を含め)3人とも楽しみ」と評価。

 ■ 来秋ドラフトでも150キロトリオ誕生?創価大に有望株ズラリ(スポニチ) 18/11/8

 杉山晃基、小孫龍二、望月大希の3投手は、すでにプロスカウトが視察に訪れる注目株。小孫は来年のエース候補。直球の威力に加えて、鋭く変化する縦のスライダーも持ち、現時点でスカウトからの評価は最も高い。やや制球に苦しむ場面もあるが、大崩れはしない安定感も売りだ。

 ■ 創価大が3年ぶり神宮大会へ、小孫7回1/3無失点救援(デイリースポーツ) 17/11/1

 創価大が逆転勝ちで決勝に進出し、3年ぶりの明治神宮大会出場を決めた。この日は、2回戦で1失点完投勝利を挙げた杉山晃基投手(2年)が志願の連投で先発したが、序盤で3点を失う。ここでリリーフしたのが、同級生の小孫。流れを変える快投に「あいつのためにも、絶対に抑えてやろうと思った。初回からいつでもいける準備はしていた」と胸を張った。ともに最速150キロ台を誇る2年生右腕コンビ。切磋琢磨する姿は、正義、池田の二枚看板をほうふつとさせる。

 ■ 創価大・小孫が初完封(東京中日スポーツ) 17/4/24

 創価大が5-0で流通経大に快勝し、勝ち点を2とした。小孫竜二投手が最速142キロの直球とスライダーで5安打1四球と抑え初完封。田中、池田の抜けた後の先発ローテに入った右腕は「先輩たちはオーラがあった。自分はまだまだですが追いつけるように頑張りたい。四球が課題でしたが、きょうは少なかったのが収穫」と喜んだ。

 ■ 創価大・小孫9回1失点もタイブレークで敗れる(日刊スポーツ) 16/9/26

 創価大は小孫竜二投手(1年=遊学館)が9回3安打1失点の好投も、延長10回タイブレークで敗れた。0-1の6回に犠飛で追いついたが、延長10回タイブレークの1死満塁で併殺。無得点に終わり、その裏にサヨナラ打を許した。岸雅司監督(61)は「小孫は素晴らしかった。リードすれば(田中の投入も)有り得たけど、任せるしかない投球だった」と1年生右腕をたたえた。

 ■ 創価大ルーキー杉山、2回無失点デビュー 自己最速149キロ出た(スポニチ) 16/5/21

 21日の流通経大戦。8回から2番手でリーグ戦初登板のマウンドに上がった杉山晃基投手(1年、盛岡大付)は、2回を無安打無失点。デビュー戦でいきなり自己最速を2キロ更新する149キロを計測し「ほとんどストレートだったけど抑えられて自信になりました」と笑顔で振り返った。この日先発し、7回1失点でリーグ戦2勝目を挙げた小孫竜二投手(1年、遊学館)も同じ1年生。岸雅司監督は「1年生がたくさん経験を積めて収穫のあるリーグ戦になった。経験は教えられない。正義なしでも勝てるチームを作る。それで正義が帰ってくればもっと強い創価大野球部になる」と秋のリーグ戦を見据えた。

 ■ 遊学館・小孫、まさかの指名漏れ…創価大から4年後ドラ1誓う(スポーツ報知) 15/10/24

 遊学館の146キロ右腕・小孫竜二(3年)は、創価大への進学が決まった。22日のドラフトを前に、4球団から調査書が届いていたが、まさかの指名漏れとなった。大学への進学も希望していたため、育成ドラフトでの指名は断っていた。「悔しいですが、次は大学で活躍したい。4年後はドラフト1位で指名されることを目指して頑張りたいです」と小孫。無念の表情を見せていたが、力強く前を向いた。

 ■ 146キロ右腕の遊学館・小孫、カレー食べてドラフト待つ(スポーツ報知) 15/10/17

 富山、石川両県の高校生では、今夏の甲子園で16強入りした遊学館のエース・小孫竜二投手が唯一、プロ志望届を提出。複数球団から調査書も届いた。今夏の甲子園では3回戦で優勝した東海大相模に敗れた。先発した小孫は先頭打者に死球を与えるなど、初回に4点を失った。悔しさを味わった甲子園後は、持ち球の縦、横に加え、新たに「第3のスライダー」を習得した。「スライダーは握りを変えたりして、(3種類目は)ストレートに近い感じのものを練習しています。もし、一つ(のスライダー)が調子悪くても、その次のスライダーを使えばという感じです。下半身をもっともっと強くしていきたい。走りは増やしています。将来的に直球で150キロは投げたいです」。以前から広島の大瀬良大地投手を目標にしてきた。気持ちを全面に出す投球が持ち味の右腕が、己を磨きながら吉報を待つ。

 ■ 遊学館、エース小孫6失点KOも意地の反攻!(スポーツ報知) 15/8/16

 石川県代表の遊学館は、優勝候補の東海大相模に2―11で敗れ、2002年以来、2度目の8強入りはならなかった。初回にエース・小孫竜二が、先頭打者に死球を与えると、その後も連打を食らうなど4失点。課題だった立ち上がりで大量点を許した。「気持ちが出過ぎた」。元々、闘志あふれる投球が持ち味の背番号1だが、気合が裏目となった。14日の練習後には、山本雅弘監督と本定史好投手の3人で温泉施設に行くと、サウナで指揮官から「インコースに攻めないといけない」とアドバイスを受けた。しかし、なかなか実践できず「(勝負所では)気持ちがまだ弱いのかなと思います」と自分を責めた。2、3回と無失点に抑えたが、4回に再び相手打線に捕まった。2点を失うと、3回2/36失点で降板。「プロを目指していますが、(志望届けは)未定です。悔しいですが、もう1回、ここに来て東海大相模とやって、リベンジしてほしい」と小孫。藤原も「来年必ず来たい」と雪辱を宣言。この借りは絶対に返す。

 ■ 【春季石川大会】小孫、3回ピシャリ!遊学館コールド発進(スポーツ報知) 15/4/19

 遊学館は翠星に12―0で5回コールド勝ち。プロ2球団のスカウトが熱視線を送る中、MAX146キロ右腕のエース・小孫竜二が先発し、3回を無安打無失点で好アピールした。計4奪三振で四死球はゼロ巨人・井上真二スカウトが「真っすぐは力強い」と評価したように外野に打球が飛ぶことはなかった。同スカウトのスピードガンではこの日の最速は144キロ。オリックス・由田慎太郎スカウトも「夏にはスピードも(さらに)上がってくるのでは」と期待した。昨秋大会では3回戦で金沢に敗戦。背番号1を背負って先発した小孫は3回2/3を投げ、5失点。今大会のシード権も獲得できなかった。雪辱へ同大会後、投球フォーム改造に着手。それまでは常にセットポジションで投げていたが「リズムが一定になってしまう」と試行錯誤。ワインドアップなども試したが、12月上旬にノーワインドアップに落ち着いた。その間、体幹トレーニングで肉体も成長。3月には自己最速が3キロアップし、146キロをマークした。

  プロフィール

 石川県金沢市出身。
 小孫 竜二(こまご・りゅうじ)投手。
 兄の影響で5歳から野球を始め、犀生中では金沢ボーイズに所属。
 投手兼外野手として中日本選抜に選出された。

 遊学館では1年時秋から外野手としてベンチ入り。
 翌2年春の県大会全4試合に救援として出場し、同夏の予選で2試合の先発登板を経験する。
 金沢西と対戦した初戦2回戦で、6.0回6安打、0四球3K2失点の粘投を披露。
 準決・大谷戦で5回1安打の力投をみせたが、7回途中3失点、2対3で競り負け敗退となった。
 2年時秋の予選でエースの座を掴むも、金沢高に5-11で敗れ県3回戦で敗退。
 翌3年春に5戦36.2回42K、防1.72の好成績で、県大会V、北信越8強進出を果たしている。
 初戦・翠星高戦で144㌔を計測し、オリックス、巨人スカウトからの評価を獲得。
 同年夏の予選で34.2回49K3失点、5試合2発を記録し、3年ぶり6度目の優勝を成し遂げた。
 甲子園全2戦の先発を務め、初戦・九学戦で17ゴロ、3失点完投勝利をマーク。
 続く相模戦に中2日で登板したが、3.2回6失点と打ちこまれ、V校相手に2対11の大敗を喫した。
 チームメイトに本定史好投手、廣橋敬大三塁手ら。

 創価大では1年時春からベンチ入り。
 1年生ながら先発2番手として3試合に起用され、計19回で13K、2勝1敗、防4.26の結果を残す。
 先発2番手定着をとげた2年時春に、防御率1.83(5位)で初の投手十傑入り。
 以降、主に杉山に次ぐ先発としてチームを牽引し、8季で通算17勝、防2.33の実績を残した。
 2年時秋の関東大会準決・上武戦で、逆転を呼ぶ7.1回0封の好救援を披露。
 主戦を務めた3年時秋に計58.2回67K14失点の粘投で最多5勝(4完1封)をマークしている。
 全国大会には2年時秋及び3年時秋の明治神宮大会(ともにベスト8)に出場。
 いずれも救援で各大会1試合ずつに登板し、2年時秋初戦・関大戦で4回0封の好投をみせた。
 通算38試合、17勝(10完投5完封)12敗、227.2回、防御率2.33。

 180cm85kg、ガッチリした体格の本格派右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げて早めに着地し、インステップ気味に右肘を使った腕の振りから
 投げ込む最速152㌔、常時130㌔台後半から140㌔台中盤(リリーフ)の直球と、
 110㌔台から120㌔台のスライダー、130㌔前後のツーシーム。その他にフォークボール、カーブ。
 甲子園初戦で17個のゴロを量産。まずまずの制球力で低めに投げ込んで行く。
 威力のあるストレートで押し、縦のスライダーで空振りを奪取。立ち上がりの投球に不安が残る。
 2年秋の明治神宮大会で最速149㌔を計測した。

  スカウトコメント

ヤクルト・伊東編成部長|19/9/4
 「オーソドックスでまとまった投手」
中日・八木スカウト|19/9/4
 「マウンドさばきがいい。球に力はあるので、もっと制球できれば、見栄えが変わって楽しみ」
阪神・畑山チーフスカウト|18/11/11
 「(杉山は)真っすぐがいい。(小孫、望月を含め)3人とも楽しみ」
巨人・井上真二スカウト|15/4/19
 「真っすぐは力強い」
オリックス・由田慎太郎スカウト|15/4/19
 「夏にはスピードも(さらに)上がってくるのでは」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年01月13日(月)|2021年社会人投手 | 東京新大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
現状うまくまとまっている、それが取り柄の投手ではあります
が、長い目で見てあげることが出来れば、面白い変わり方をするかもしれません
この手の投手は評価は不変でも、各球団の出方次第で順位が大きく変動する一面もあるので、上から下まで幅が有る分量り辛い所はありますね
| nyal | 2015年10月10日(Sat) 14:27 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年社会人投手 | 東京新大学 コメント(1) Page Top↑