松本 哲幣(同大)|ドラフト・レポート

松本 哲幣(同大)

ここでは、「松本 哲幣(同大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



松本 哲幣(同大)

178cm77kg 右右 外野手 遠投95m 50m6秒4 敦賀気比
勝負強さが魅力の右打者。選抜準決で2打席連続の満塁弾、決勝で勝ち越し2ラン。強肩を備える。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春:           出場無し 
   16秋:           出場無し
   17春: 5 .250  12  3 0 0 0 0 2 0 0  .250  .250
   17秋: 5 .294  17  5 0 0 0 0 2 0 0  .294  .294
   18春: 13 .292  24  7 2 0 0 1 3 1 0  .320  .375
   18秋: 6 .182  11  2 0 0 0 0 3 2 0  .308  .182
   19春: 11 .286  35 10 2 0 1 5 11 6 0  .390  .429
   通算: 40 .273  99 27 4 0 1 6 21 9 0  .333  .343

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春: 5 .500 14  7 1 1 3 10 2 1 0  .533 1.357(6番・左右)
   15夏: 2 .429  7  3 0 0 0 1 2 2 0  .556  .429(6番・右翼)
   通算: 7 .476 21 10 1 1 3 11 4 3 0  .542 1.048

  最新記事

 ■ 同大が近大にリベンジ”満弾男”松本公式戦初アーチ(日刊スポーツ) 19/4/6

 同大が昨季第1節で敗れた近大にリベンジし、白星で開幕をスタートした。3回裏、同大は1死から2番杉内洸貴内野手(4年)が左超え二塁打で出塁、3番片岡遼内野手(3年)の中前適時打で1点を先制。続く4番松本哲幣外野手(4年)が左翼へ2ランを放ち、3連打でこの回3点を先取した。

 ■ 敦賀気比“満塁弾男”松本が強肩魅せた(デイリースポーツ) 15/8/13

 敦賀気比・松本哲幣外野手が、夏は背番号7に昇格して登場。「6番・右翼」で先発し、一回に強肩を見せつけた1死満塁のピンチで相手の5番・佐々木の右翼へのフライをつかむと、タッチアップを狙った三走をワンバウンドで本塁でアウトに。併殺で相手のチャンスの芽を摘んだ。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15夏予: 4 .214 14  3 0 0 0 4 2 0 0  .214  .214

 ■ 敦賀気比・松本 3安打&5打席出塁「甲子園はボールが見やすい」(スポニチ) 15/8/8

 今春の選抜大会で大活躍だった敦賀気比の松本が、再び甲子園で躍動した。8回の同点適時打を含む3安打を放ち、5打席すべてで出塁サヨナラのホームも踏み「長くて暑い試合だった。やっと終わってホッとした」と笑顔を見せた。地方大会では打率2割台と苦しんだが、甲子園は「ボールが見やすい。全然違う」と復調に目を細める。

過去記事

 ■ 阪神 センバツ満弾連発、敦賀気比・松本をドラフトへ徹底マーク(スポニチ) 15/4/7

 阪神が今秋ドラフト候補として、今春の選抜大会で2打席連続満塁アーチを放つなど3本塁打し優勝の原動力となった敦賀気比の松本哲幣外野手を、新たにリストアップしたことが6日、分かった。 大会通算3本塁打、10打点。一気に注目を集めることになった松本に、猛虎も熱視線を送っていくことになった。球団関係者が「(選抜での)本塁打を見た感じでは、内角のさばきが面白いですね。うまく打てていました。今後も見て行くことになると思います」と評価し、マークする方針を示した。選抜1大会3本塁打はPL学園の清原和博や星稜・松井秀喜ら、そうそうたるアーチストと並ぶ最多記録で史上10人目の快挙だった。松本の今大会の背番号は17。敦賀気比には投手として入学しており、昨春に野手に転向したばかり。加えて、昨秋は県大会直前に右肩周辺の肉離れを発症し、メンバー外。昨秋まではほとんど試合に出ておらず、高校通算も0本塁打だった。一躍、「甲子園のスター」になったシンデレラボーイ。U―18ワールドカップの日本代表1次候補にも選出された。

 ■ 東海大四エース大沢、痛恨の1球悔やむ(デイリースポーツ) 15/4/2

 東海大四は北海道勢として63年・北海以来、52年ぶり2度目の決勝進出を果たしたが、悲願の初優勝には届かなかった。1-1の八回裏、1死二塁から大沢志意也投手(3年)が敦賀気比の6番・松本哲幣外野手(3年)に左越え決勝2ランを浴びた。八回の被弾は1ボールからの2球目、真ん中に入った113キロのスライダーだった。

 ■ 100年で初! 敦賀気比・松本哲幣が2打席連続満弾(日刊スポーツ) 15/4/1

 高校野球100年の歴史の中で、史上初の2打席連続満塁本塁打が飛び出した。敦賀気比(福井)松本哲幣外野手が、球界のレジェンドたちを超える快挙を達成し、大阪桐蔭を下し、北陸勢初優勝に王手をかけた。2打席連続本塁打は07年の大阪桐蔭・中田翔以来11人目。1試合8打点も大会新で、星稜(石川)松井秀喜、PL学園(大阪)桑田真澄らの7打点を上回った。2回2死満塁。「自然とバットを振り抜けた」と直球をとらえた打球は、左翼ポール際で弾んだ。初回の2死満塁では、狙い澄ましたスイングで左翼席に運んだ。「前の球が内角高めだったので、次は変化球だと思って狙っていた」。フォークボールを思い切り振り抜いた。この満塁弾が自身高校通算3本目、公式戦では初のアーチだった。東哲平監督は「本来は力がある子で勝負強い左投手対策もあって、スタメンに起用したが甲子園が打たせてくれた。何か見えない力が彼を後押しした」と驚きっ放しだった。

  プロフィール

 京都府京都市出身。
 松本 哲幣(まつもと・てっぺい)外野手。
 御所南小学校1年時から軟式野球を始め、京都御池中では京都嵐山ボーイズに所属。

 敦賀気比では2年春に投手から野手に転向。
 同秋の県大会前に負った右肩怪我を克服し、続く北信越大会から17番でベンチ入りを果たす。
 8番・レフトスタメンを任された神宮大会1回戦・英明戦で2安打1打点をマーク。
 翌3年春の選抜で打率.500本3点10を記録し、全国初Vの原動力として一躍注目を集めた。
 中安、右線三、右中間二(いずれも外直球)と、初戦・奈良大付属戦で3安打。
 甘く入ったフォークをレフト、内寄り直球を左線と、準決・大阪桐蔭戦で2本塁打を放っている。
 史上初の2打席連続満塁弾で1試合個人最多打点記録(7点)を8点に更新。
 続く決勝戦8回裏1死から甘いスライダーを捉え、決勝の左線2ラン(3-1で勝利)をマークした。
 3年時夏の甲子園では1回戦で5出塁(3安打・2四球)&サヨナラ生還を記録。
 守備でも2回戦初回1死満塁からの右飛で三走をホーム補殺する見事な送球を披露している。
 同学年のチームメイトに平沼翔太、山本晧大ら。

 同志社大では2年時春からリーグ戦に出場。
 最終学年春になって4番・ライトの座を獲得し、打率.286本1点5の活躍で規定到達を果たした。
 開幕戦・近大1回戦で左翼スタンドに叩き込むリーグ戦1号2ランアーチをマーク。
 4季で計28戦(4番11、5番9、6番6)に先発し、リーグ通算27安打、打率.273本1点6を記録した。
 通算40試合、打率.273、27安打、1本塁打、6打点。

 178cm77kg、打力をプロから注目される右翼手。
 高校通算6発、思い切り良く振り切るスイングが持ち味の右打者。逆方向にも長打を飛ばす。
 失投を逃さない勝負強さが売り。高校時代チーム屈指とされた飛距離を誇る。
 選抜では内寄り直球を腕を畳んで捌く巧さを見せた。打撃が売り物。守っては強肩を備える。
 右打者で一塁到達4.65秒(選抜2回戦の第2打席)。

  スカウトコメント

阪神・球団関係者|15/4/7
 「(選抜での)本塁打を見た感じでは、内角のさばきが面白いですね。うまく打てていました。今後も見て行くことになると思います」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年06月09日(日)|2019年大学生野手 | 関西学生 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
阪神よ 肩弱い奴はいらんで 肩強い奴とれよ 
| ぱぽ | 2015年08月18日(Tue) 04:04 | URL #JalddpaA [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生野手 | 関西学生 コメント(1) Page Top↑