藤井 健平(NTT西日本)|ドラフト・レポート

藤井 健平(NTT西日本)

ここでは、「藤井 健平(NTT西日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm72kg 左左 MAX143km 外野手 遠投125m 50m5秒9 大阪桐蔭→東海大 1年目
強い打球を放つ左打者。思い切りの良さが持ち味。中堅右に叩き込むパンチ力を秘める。強肩ライト。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春: 9 .125  24  3 0 0 0 3 4 4 3  .250  .125
   16秋: 1 1.000  1  1 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 
   17春: 5 .167  12  2 0 0 0 0 3 1 0  .231  .167
   17秋: 6 .200  15  3 0 0 0 2 4 1 1  .250  .200
   18春: 7 .276  29  8 0 1 1 5 3 2 0  .323  .448
   18秋: 10 .243  37  9 0 1 2 7 8 5 1  .333  .459
   19春: 8 .071  28  2 0 0 0 1          .071
   19秋: 10 .323  31 10 2 0 0 4          .387(3位)
   通算: 56 .215 177 38 2 2 3 22          .299
    ※ 18春:MVP 19秋:ベストナイン(指名打者)

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   18選: 1 .250  4  1 0 0 0 1 0 0 0  .250  .250(5番/右)
   19選: 4 .333  12  4 1 0 0 2 1 1 0  .385  .417(5番/右)
   19神: 1 .200  5  1 1 0 0 0 2 0 0  .200  .400(5番/右)
   通算: 6 .286  21  6 2 0 0 3 3 1 0  .318  .381

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏: 1 .250  4  1 0 0 0 0 1 0 0  .250  .250( 7番/右)
   15春: 4 .182 11  2 0 1 0 2 2 6 0  .471  .364(3・5番/右)
   通算: 5 .200 15  3 0 1 0 2 3 6 0  .429  .333

  最新記事

 ■ 宮崎産業経営大8強逃す、2日で276球の杉尾は涙(日刊スポーツ) 19/6/12

 宮崎産業経営大が延長11回タイブレークでサヨナラ負けした。前日も完投したエース杉尾剛史投手が149球目を痛打された。杉尾は左中間方向を見つめたまま、マウンドに立ちつくした。11回1死二、三塁。打者藤井に初球の直球をとらえられた

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19秋代決: 3 .545  11  6 2 1 0 3          .909(5番/右)

   【一塁到達タイム】19選2回戦:3回4秒18(二ゴ)
            19神1回戦:2回4秒32(一ゴ)、9回4秒18(二失)
   【二塁到達タイム】19神1回戦:5回7秒63…センター前二塁打(好走塁)

 ■ 東海大・藤井の強肩にファンどよめき(スポニチ) 19/2/17

 東海大が17日、立大との今季初オープン戦を行い、2―1で白星スタートを切った。「5番・右翼」で先発した藤井健平外野手が遠投125メートルを誇る強肩を披露し、詰めかけたファンをどよめかせた。9回2死二、三塁。右前適時打で1点を返されたが、右翼からストライク送球で2点目を阻止。大阪桐蔭時代には投手として最速143キロを記録したこともあるという。高校の後輩で、この日は立大の4番として出場した三井健右外野手は「高校の時からすごい肩だった。野獣です。フェンス際からホームまでノーバウンド送球とかしていた」と証言した。最終学年を迎え「まずは3割打ちたい。春に結果を出せば、(プロの)進路もついてくると思う」と力をみなぎらせていた。

 ■ 東海大、藤井健サヨナラ弾で70度目V(SANSPO) 18/5/7

 東海大が武蔵大に延長十回の末、3-0でサヨナラ勝ちし、5季ぶり70度目の優勝を飾った。東海大は0-0の延長十回二死二、三塁で5番・藤井健が右越えにサヨナラ3ランを放った。「無心。(打ったのは)内寄りのスライダー。(外野を)越えたとは思ったけど…」と信じられない様子。就任3季目の安藤監督は涙を流し、「目標は日本一、強い東海大を復活させたい」と決意を示した。

過去記事

 ■ 大阪桐蔭7回コールドで5回戦進出 高山完封!藤井がチーム1号(スポニチ) 15/7/24

 史上初の大会4連覇を目指す大阪桐蔭は24日、豊中ローズ球場で4回戦・信太戦に臨み、7―0で7回コールド勝ちした。初回2死満塁、6番浜田が「チャンスだったし、甘いボールをしっかり振ろうと思った」と左中間へ先制の3点適時二塁打を放って勢いをつけると、3―0の3回1死では3番藤井が今夏チーム1号のアーチを右翼へ放り込むなど着実に得点を重ねた。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率
   15夏予: 5 .333 18  6 1 0 1 6  .556

 ■ 大阪桐蔭、履正社に圧勝(デイリースポーツ) 15/5/9

 大阪桐蔭が好投手の溝田、永谷擁する履正社を17安打10得点で圧倒した。初回に5安打を集中させて4点を奪うと、2点差に迫られて迎えた七回には2死満塁からドラフト候補の藤井が走者一掃の中越え3点二塁打を放って突き放した。 西谷監督は「1回にうまく点を取ることができた。藤井は力んでポップフライが上がるケースが多かったが、これまでの反省を生かしてくれた」と評価したが、チームの仕上がり具合については「まだまだ足りない部分が多い」と言う。「8月と3月に練習試合が少なかったので」と下級生に経験を積ませることができなかった。それでも今大会は2年生左腕の高山がしっかりとゲームを作り、野手陣では主将・福田を右手首の故障で欠く影響を感じさせない。これで激戦区・大阪では一昨年の秋に履正社にコールド負けして以降、負け無しの29連勝。センバツこそ4強で敗れたが、史上6校目の夏連覇へ。昨夏の王者は着実に、力を増している。

 ■ 大阪桐蔭 藤井“覚醒”2打席連発(デイリースポーツ) 15/5/3

 高校野球の大阪府春季大会4回戦が3日、近大生駒グラウンドなどで行われ、センバツ4強の大阪桐蔭はドラフト候補・藤井健平外野手(3年)が2打席連続アーチを含む3安打5打点の活躍により、11-4で交野を7回コールドで下した。「今は力を抜いて、インパクトの瞬間に力を込めるように意識している」と明かした藤井。四回の第3打席で弾丸ライナーで中堅の頭上を越える適時二塁打を放つと、六回先頭で迎えた第4打席は内角直球を右翼席へ放り込んだ。さらに七回、2死一、二塁からコールド勝ちを決める3ランを再び右翼へたたき込んだ藤井。春季大会の2回戦からこれで3試合連続の計4発とアーチを量産しており「今はしっかりとたたけている。アッパーじゃなく、きょうもしっかりたたいての本塁打だったので」と手応えを口にする。センバツ後に打撃フォームを改造した。脱力を意識したことでスムーズにバットが出てくるようになった。これまで肩の強さや体の強さ、足の速さなど身体能力をプロのスカウトから評価されていた藤井。そのスイングは間違いなく、“覚醒”しつつある。

 ■ 大阪桐蔭・藤井特大弾でコールド呼んだ(デイリースポーツ) 14/9/22

 大阪桐蔭は4点リードの三回2死無走者で、藤井が中堅右へ特大本塁打。ここから一気に大量得点で五回コールド勝ちへ持っていった。藤井は「公式戦では初めて」と笑顔。全国制覇した今夏には2回戦・明徳義塾戦に出場、岸から1安打しており「自信になってます。先輩がいないので、引っ張っていきたい」と新チームでの府大会制覇に照準を合わせた。
 出場32校がすべて出そろった。スカウト陣からは逸材が少ないといった感想が占めた。大阪桐蔭・藤井は強肩と体の強さを買われて評価が急上昇。(デイリースポーツ15/3/27)

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14秋: 9 .452 31 14 3 0 1 8 4 2 1  .485  .645

  プロフィール

 兵庫県加東市出身。
 藤井 健平(ふじい・けんぺい)外野手。
 滝野南小時代に軟式野球を始め、滝野中では兵庫北播シニアに所属。
 中2夏に吉田凌を擁して全国4強を経験した。

 大阪桐蔭では2年時夏に控えとして全国Vを経験。
 2回戦・明徳戦で全国デビュー(7番ライト)をとげ、8回1死から詰まった中前打(内直球)を放つ。
 同年秋の大阪大会4回戦・東高校戦でセンター右に放り込む特大ソロを記録。
 5番・ライトとして計31打数14安打、本1点8の活躍を演じ、大阪V、近畿8強進出に貢献した。
 翌選抜全4戦で3・5番・ライトを担い、勝俣相手の初戦で2安打2打点をマーク。
 1回に中堅左への先制打(浮いた外スラ)、3回に左越え適時3塁打(高めスラ)を放っている。
 身体能力の高さでプロからも注目され、続く春季大阪大会で4本塁打を量産。
 4回に中適二、6回に右ソロ、7回に右3ランと、4回戦・交野戦で3安打5打点の打棒をみせた。
 3年時夏の予選は打率.333点6の活躍も及ばず偕星に2-3で敗れ8強で敗退。
 全5試合に3番・右翼手として出場し、4回戦で右2ラン、5回戦で右フェン直2点二塁打を放った。
 同学年のチームメイトとして福田光輝青柳昴樹ら。

 東海大では1年時春から6試合にスタメン出場。
 3年時春のリーグ戦途中で5番RFの座を掴み、最終戦でV決定の11回サヨナラ弾(MVP)を放つ。
 3年時秋、4年時秋の2度規定数をこなし、4年生の秋にDHベストナインを受賞。
 8季で計50戦(5番20、1番10、9番8)に先発し、通算38安打、打率.215本3点22をマークした。
 全国大会には3・4年時春の大学選手権、および4年時秋の神宮大会に出場。
 全9戦中6試合で5番・右翼スタメンを務め、21打数で6安打、打率.286点3の結果を残した。
 4年時春の選手権2回戦・宮産戦(11回2-1)でサヨナラの中前打(外高直球)。
 同準決勝・佛教大戦で詰まった当たりのレフト線タイムリー2塁打(内139㌔直球)を放っている。
 通算56試合、打率.215、38安打、3本塁打、22打点。

 176cm72kg、強肩強打の外野手。
 力強く振り切るスイングから強い打球をはじき返す左の強打者。思い切り良い打撃が持ち味。
 高3春の大会9試合で4本塁打(3試合連発)を放った長打力を秘める。
 萩谷総合公園野球場(中堅122m、両翼98m)でセンター右への特大ソロを記録した。
 守っては打球への反応が良い右翼手。遠投125mの強い地肩が武器。
 選抜2回戦でファールゾーンフェンス際へのフライをスライディングキャッチする好守を見せている。
 50m5秒9、一塁到達タイム4.1秒台。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年12月10日(火)|2021年社会人野手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年社会人野手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑