池間 誉人(専大)|ドラフト・レポート

池間 誉人(専大)

ここでは、「池間 誉人(専大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



池間 誉人(専大)

177cm80kg 右左 二塁手・遊撃手 遠投105m 50m6秒2 糸満高
三拍子揃ったプロ注目セカンド兼ショート。9番・二塁手を担った4年春の2部リーグ戦で4発を記録した。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春: 13 .310  42 13 3 1 1 8 4 0 0  .310  .500
   16秋: 12 .244  41 10 2 0 0 2 7 5 0  .326  .293
   17春: 8 .143  21  3 2 0 0 0 9 6 1  .333  .238
   17秋: 13 .182  44  8 0 1 0 4 6 6 0  .280  .227二部
   18春: 12 .091  22  2 1 0 0 0 10 4 0  .231  .136二部
   18秋: 12 .273  44 12 3 0 1 7 6 7 2  .373  .409二部
   19春: 14 .256  39 10 0 0 4 9 7 4 0  .326  .564二部
   一部: 33 .250 104 26 7 1 1 10 20 11 1  .322  .365
   二部: 51 .215 149 32 4 1 5 20 29 21 2  .312  .356

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   15春: 1 .250  4  1 1 0 0 0 1 0 0  .250  .500(1番・遊)
   通算: 1 .250  4  1 1 0 0 0 1 0 0  .250  .500

  最新記事

 ■ 専大、新人池間が初の先発起用に応え3安打に好守!(SANSPO) 16/4/20

 東都大学野球春季リーグ第3週第1日(日大1-6専大)専大の新人遊撃手、池間が初の先発起用に応えた。1番打者としての3安打も光ったが、八回1死満塁の守りでも中堅に抜けようかという打球を飛び込んで好捕し、併殺を完成。4点差があったとはいえ、大ピンチになるところだった。過去3試合は途中出場だった池間は「みんなから気楽にいけといわれた。守備には自信がある」とうれしそう。斎藤監督は「これぐらいはやってくれると思っていた打と守両方に期待している」と満足そうだった。

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19春入替: 3 .200  10  2 1 0 1 1 3 1 0  .273  .600

    【ポジション変遷】 16春秋:遊撃、17春:DH、17秋18春秋:一塁、19春:二塁

 ■ 糸満、天理打線に舌巻く 池間主将「力負けした」(産経ニュース) 15/3/25

 昨秋の九州大会準優勝の糸満は計6イニングで得点圏に走者を進めたが2得点にとどまった。池間主将は「打力、筋力が足りなかった。力負けした」と下位でも力強く振る天理打線の迫力に舌を巻いた。中部商を率いた2度を含め、甲子園大会で4戦全敗の上原監督は「どうしたら勝てるんでしょうか」と報道陣に問いかけた。九州勢4校が初戦敗退したことに「ほとんど大差で負けている。他地区に比べ、劣っていると言わざるを得ない」と硬い表情で話した。
 九州・沖縄勢の初戦敗退について、福岡ソフトバンクの小川編成・育成部長兼スカウト室長は「現時点で昨年の小野(福岡・西日本短大付)のような高校からすぐプロに、と思わせる選手がいない」と指摘した。その上で「身体能力の高い選手は多い。今後の成長を見たい」と期待した。(西日本スポーツ)

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   14秋公式: 10 .326 43 14 4 1 0 4 4 3 5  .370  .465
   15春九州: 3 .250 12  3 0 0 0 1 1 2 1  .357  .250
   通  算: 13 .309 55 17 4 1 0 5 5 5 6  .367  .418 

 ■ センバツ21日開幕 九州4チームの要を紹介(西日本スポーツ) 15/3/11

 糸満の上原監督は池間の能力をこう表現した。「あいつはね、3方向を同時に見られるんですよ」。池間の守りに対する信頼は絶大だ。昨秋の九州大会準決勝の神村学園戦。初回1死二塁、ゴロを捕った池間は、三塁へ送球してアウトを取った。結果、2死一塁となり、初回の失点を未然に防いだ。「二塁走者が見えたので間に合うと思った」。抜群の身体能力と判断力はプロのスカウトの間でも評価が高い。「甲子園で見てほしいのは自分の守備」と池間も自慢の守備力をアピール。一方、攻撃でも1番として切り込み隊長の役割を求められる。「自分が出れば勢いづく。四球でも安打でも、塁に出ることにこだわっている」と出塁を最優先。攻守でチームを引っ張り、初出場初勝利をつかみにいく。

  プロフィール

 沖縄県豊見城市出身。
 池間 誉人(いけま・たかと)セカンド兼ショート。
 上田小時代に上田クラブで野球を始め、豊見城中では豊見城ボーイズに所属。

 糸満高では1年時からベンチ入り。
 翌2年春の九州大会に3番ショートとして出場し、初戦2回戦で一時勝ち越しの右ソロ弾を放つ。
 豊見城南高校戦で4安打を打つなど、同年夏の予選で打率.429点4をマーク。
 決勝では左前打1本(外変化球)と目立てず、チームも山城大智の前に1対6で敗戦となった。
 続く秋の大会に主将・1番SSとして臨み、率.326盗5の活躍で九州準Vを達成。
 不振で成績を落とした一方、積極走塁、判断のいい守りを見せ、プロ注目の存在に浮上した。
 九州大会(4試合17打数で5安打)準々決から3試合続けて三塁盗塁を記録。
 延長11回を制した準々決勝・明豊高戦で勝ち越し打につながる左中間2塁打を放っている。
 翌3年春の選抜で全国デビューを果たすも、天理高に2対7で敗れ初戦で敗退。
 第3打席までをノーヒット1併殺1三振で終え、8回に中フェン直の二塁打(高め直球)を放った。
 3年夏の予選は比屋根雅也を擁する興南に2-4(4打数ノーヒット)で敗れ準V。
 身体能力の高さでスカウトからも注目されたが、プロ志望届を提出せず専大への進学を選んだ。
 同学年のチームメイトとして大城龍生外野手ら。

 専修大学では1年春からベンチ入り。
 1年生ながら9試合に1番・遊撃として起用され、打率.310の好成績で規定打席到達を果たす。
 SS、DH、1Bを経て4年春から2Bを担い、7季で70戦(一28、遊18、二13)に先発。
 主に上位打線(3番26、1番23、9番14)を打ち、通算58安打、打率.229本6点30をマークした。
 清水昇(ヤクルト18年1位)が相手の1年春の国学1回戦で1号右2ランを記録。
 9番・2Bを担った4年春のシーズン17試合で2打席連発を含む右越え5発(入替1)を放っている。
 通算84試合、打率.229、58安打、6本塁打、30打点。

 177cm80kg、3拍子揃ったセカンド兼ショート。
 振り切るスイングで広角に打ち分ける左打者。高校時代チームNo1と評された長打力を秘める。
 高2夏の県決勝で内角球をライトポール際に飛ばす大飛球(ファール)を記録。
 50m6秒2のまずまずの俊足の持ち主。左打者で一塁駆け抜けタイム4.2秒前後を計時する。
 九州大会で3試合連続三盗を決めるなど高2秋10試合で5盗塁をマークした。
 打球への反応、グラブ捌き、状況判断がよい好守の遊撃手。遠投105メートルの強肩を備える。
 身体能力、判断力でスカウトからの評価が高い。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年07月05日(金)|2019年大学生野手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生野手 | コメント(0) Page Top↑