大城 龍生(中大)|ドラフト・レポート

大城 龍生(中大)

ここでは、「大城 龍生(中大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



大城 龍生(中大)

183cm84kg 左左 MAX140km 投手兼外野手 遠投90m 50m6秒1 糸満高
俊足好打のプロ注目中堅手。高2秋10試合で打率.632盗6を記録した。左腕としても可能性秘める。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春: 4 1.000  1  1 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000
   16秋:          出場無し
   17春:          出場無し
   17秋:          出場無し
   18春:          出場無し
   18秋:          出場無し              
   通算: 4 1.000  1  1 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   15春: 1 .000  3  0 0 0 0 0 1 1 0  .250  .000(3番・CF)
   通算: 1 .000  3  0 0 0 0 0 1 1 0  .250  .000

  最新記事

 ■ 糸満・大城龍3の0(日刊スポーツ) 15/3/26

 強豪天理に投打で圧倒され初戦敗退した。昨秋の公式戦成績で、出場選手中1位の打率6割3分2厘を誇った3番大城龍も3打数無安打だった。「調子は上がってきていたんですが。狙い球を絞らせてもらえなかった」と反省しきり。夏へ向けて「体力はあるので、技術面を上げていきたい」とリベンジを誓った。
 九州・沖縄勢の初戦敗退について、福岡ソフトバンクの小川編成・育成部長兼スカウト室長は「現時点で昨年の小野(福岡・西日本短大付)のような高校からすぐプロに、と思わせる選手がいない」と指摘した。その上で「身体能力の高い選手は多い。今後の成長を見たい」と期待した。(西日本スポーツ)

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14秋沖縄: 6 .696 23 16 3 2 0 8 1 1 6  .708 1.000
   14秋九州: 4 .533 15  8 3 0 0 5 0 1 0  .563  .733
   15春九州: 3 .385 13  5 1 0 0 2 0 1 1  .429  .462
   通  算: 13 .569 51 29 7 2 0 15 1 3 7  .593  .784

 ■ 糸満の“怪物”大城、浜風切り裂いた(デイリースポーツ) 15/3/18

 出場校による甲子園練習2日目が17日行われ、糸満のプロ注目スラッガー、大城龍生外野手はシート打撃で浜風を切り裂く3発の右越え弾を放った。ドラフト候補の糸満・大城が、甲子園練習で行ったシート打撃で3発の特大アーチを放った。イチローの振り子打法をほうふつとさせるスラッガーは「甲子園の主役を狙っていきたい」と宣言した。右翼から左翼へ浜風が吹く中、大城の打球が面白いように飛んでいった。左投手7スイング中、右翼フェンスを越えたのが3本、さらにフェンス直撃が1本230キロの重りを担いでスクワットができる下半身から生み出されるスイングの強さは、高校生のレベルを超えている。昨秋の公式戦では打率・632をマーク。これは出場全選手の中でトップに位置しており「甲子園でホームランを打ってみたい。きょうの感触を忘れないようにしていきたい」と力を込めた。

  プロフィール

 沖縄県八重瀬町出身。
 大城 龍生(おおしろ・りゅうき)外野手。
 白川小2年から白川ヒリューズで野球を始め、東風平中時代は豊見城ボーイズに所属。
 中学3年夏に全国大会出場を達成した。

 糸満では1年春から投手としてベンチ入り。
 フォームのバランスを崩すなどケガで調子を落とし、野手専念となった2年秋から3番・CFを務める。
 10試合13打点の勝負強い打撃を見せ、沖縄大会準V、九州大会準Vに貢献。
 計38打数で24安打8長打(二6、三2)を放ち、選抜出場選手中1位の打率.632をマークした。
 中部商業・前田敬太と対戦した県決勝(2対3)で投手強襲打(二盗)を記録。
 九州大会準々決・明豊戦11回1死1・2塁から、勝ち越しの右中間2点二塁打を放っている。
 3年春の選抜は強豪校・天理に2-7(3打数ノーヒット1死球)で敗れ初戦敗退。
 同年夏の県決勝・興南戦(2対4)で4番を担い、比屋根から中前への2塁打(好走塁)を放った。
 当時のチームメイトとして池間誉人遊撃手ら。

 183cm84kg、俊足好打のプロ注目中堅手。
 バットコントロールが良くミート力のある左打者。高2秋10試合で三振1個。広角に打ち分ける。
 甲子園練習では右翼スタンドに3本塁打を放り込む力強さを見せた。
 パンチ力を秘めた3番打者。恵まれた体格に50m6秒1、一塁到達4.1秒台のスピードを備える。
 ミスを引きずらないポジティブな性格も持ち味。

 140㌔台の直球を持つ大型左腕。
 恵まれた体格から投げ込む真っ直ぐを持ち味とする本格派。カーブとの緩急でタイミングを外す。
 怪我もあって高2秋は野手に専念した。高校3年間で体重20kgアップを達成。
 宮国椋丞(巨人2010年ドラフト2位)に匹敵する資質の持ち主として投手としての評価も高い。
 遠投90メートル、スクワット230キロ。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年01月29日(火)|2019年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑