高橋 礼(専大)|ドラフト・レポート

高橋 礼(専大)

ここでは、「高橋 礼(専大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



高橋 礼(専大)

187cm80kg 右右 MAX141km スライダー・カーブ・シンカー 専大松戸高
最速141㌔直球を持つ長身アンダースロー。浮き上がる直球と変化球で翻弄する。光州ユニバ代表。
2017年ソフトバンク2位(契約金7000万円、年俸1200万円)

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春:         登板無し
   14秋: 5 2勝0敗  32.2  31  22  11  4  1.10(1位)二部
   15春: 7 2勝0敗  13.1  13  10  6  4  2.70
   15秋: 9 4勝2敗  47.1  40  34  21  12  2.28(4位)
   16春: 10 2勝3敗  44.1  41  26  26  20  4.06(9位)
   16秋: 7 0勝4敗  29.1  37  16  17  19  5.83
   17春: 6 0勝2敗   19  26  7  12  16  7.58
   17秋: 10 5勝3敗  60.1  46  53  16  18  2.69(9位)二部
   一部: 39 8勝11敗 153.1 157  93  82  71  4.17
          被安打率9.22 奪三振率5.46 四死球率4.81
   二部: 15 7勝3敗   93  77  75  27  22  2.13
          被安打率7.45 奪三振率7.26 四死球率2.61

 【 全国大会 】
   15選  回数 被安 奪三 四死 自責 
   京学大   5  1  6  3  0 139㌔(東ド) ○
   早 大   1  1  0  1  1 137㌔(神宮)
         6  2  6  4  1 防1.50
    被安打率3.00 奪三振率9.00 四死球率6.00

 【 国際大会 】
       試合 回数 被安 奪三 四死 自責 
   15年ユニバ: 2   2  0  3  1  0

投手成績詳細

   14秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大     4  6  3  4  1
           5  7  5  2  1
   国士大    5.2  7  1  1  1
       先   9  4  6  3  0 ○
   東農大 先   9  7  7  1  1 ○
         32.2  31  22  11  4 防1.10
      被安打率8.54 奪三振率6.06 四死球率3.03

   14秋入替戦 回数 被安 奪三 四死 自責
   青学大 先  5.1  5  1  3  4
       先   4  8  1  1  3
          9.1  13  2  4  7 防6.75
      被安打率12.54 奪三振率1.93 四死球率3.86

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   中央大    4.2  4  2  1  0 ○139㌔
   亜 大    4.1  6  3  2  2 ○
          0.1  0  0  0  0
   駒澤大    1.1  2  1  1  2
   国学大    0.1  1  1  2  0
   拓殖大     1  0  1  0  0
          1.1  0  2  0  0
         13.1  13  10  6  4 防2.70
      被安打率8.78 奪三振率6.75 四死球率4.05

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   亜 大 先  6.2  7  3  3  3 ●
       先  2.2  4  0  4  2
   駒沢大     8  1  7  5  0 ○
   日本大     6  4  4  1  1 ○
          4.1  8  6  1  4 ●
   国学大 先   8  7  3  2  1
   中央大 先   6  4  5  1  0 ○
          1.2  1  3  1  0
           4  4  3  3  1 ○
         47.1  40  34  21  12 防2.28
      被安打率7.61 奪三振率6.46 四死球率3.99

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大 先  3.2  4  3  4  6 ●
          3.1  1  1  1  0
          3.2  1  4  6  0
   日本大 先  6.1  6  1  2  0 ○
       先   9  9  2  0  2 ○
   国学大 先  6.2  6  3  3  5  141㌔
       先  3.2  5  3  6  2 ●
   亜 大     1  1  2  0  0
           2  0  2  2  0
   中央大 先   5  8  5  2  5 ●
         44.1  41  26  26  20  4.06
      被安打率8.32 奪三振率5.28 四死球率5.28

   16秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   亜 大     2  3  3  3  3 ●
           2  6  2  1  4
   東洋大 先   7  5  5  4  1 ●
   日本大 先  5.2  9  2  3  8 ●
          2.2  3  1  3  0
   中央大 先   8  10  2  3  3 ●
           2  1  1  0  0
         29.1  37  16  17  19 防5.83
      被安打率11.35 奪三振率4.91 四死球率5.22

   16秋入替  回数 被安 奪三 四死 自責
   国士大 先   7  2  3  5  0 ○ 137㌔

   17春    回数 被安 奪三 四死 自責
   亜 大 先  6.1  7  5  7  5 ●
   国学大 先   4  5  0  1  2
   日本大     2  7  1  1  6
       先   3  6  0  2  3 ●
   中央大     2  0  1  0  0  138㌔
          1.2  1  0  1  0  134㌔
          19  26  7  12  16 防7.58
      被安打率12.32 奪三振率3.32 四死球率5.68

   17春入替  回数 被安 奪三 四死 自責
   立正大 先  6.1  4  2  5  5 ●137㌔…7回1死までノーヒット
           2  2  1  1  0
       先  4.1  7  1  2  5
         12.2  13  4  8  10 防7.11
      被安打率9.24 奪三振率2.84 四死球率5.68

  最新記事

 ■ ソフトバンク2位サブマリン専大・高橋礼が契約合意(日刊スポーツ) 17/11/19

 ソフトバンクからドラフト2位指名された専大・高橋礼投手が19日、東京都内のホテルで契約合意した。契約金7000万円、年俸1200万円。即戦力として期待されるアンダースロー右腕は、ドラフト当日に188センチであることを告白。ソフトバンクの球団資料などは187センチだが、さらに1センチ成長していたようだ。この長身を大きく沈み込ませ、地面スレスレから最速141キロの直球とカーブ、スライダー、シュート、シンカーを操る。「(契約の)金額が、見たことがない大きな金額だった。それに満足することなく越えられる選手になりたい。来年は自分も日本一連覇に貢献したい」と、力強く話した。契約金の一部で、母校専大の練習場のブルペンを現在の柔らかい土から、神宮と同じ土に替えるプランを明かした。

   17秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   東農大    2.1  0  2  0  0 ○
       先   9  5  8  4  1 ○
   駒沢大     3  2  6  4  2
           5  6  4  0  0
          4.2  6  2  2  2 ● 
   国士大 先  5.2  9  2  0  4 ●
       先  8.1  5  8  3  3 ○
   青学大 先   9  5  10  1  1 ○137㌔
       先  7.1  4  6  2  5 ●
   拓殖大 先   6  4  5  0  0 ○
         60.1  46  53  16  18 防2.69
      被安打率6.86 奪三振率7.91 四死球率2.39

 ■ ソフトB2位高橋礼、日本Sにくぎ付け 来年はお任せください(西日本スポーツ) 17/10/31

 福岡ソフトバンクドラフト2位で指名された専大の高橋礼投手が30日、神奈川県伊勢原市の同大体育寮で宮田アマスカウトチーフ補佐らの指名あいさつを受けた。担当の荒金スカウトが「希少価値が高い」と評価する188センチのアンダースロー右腕は今、日本シリーズにくぎ付け。「日本一の投手陣に割り込めるか不安もあるけど、投げてみたい」と自らが大舞台で躍動する姿を思い描いた。「流れ」がものをいう短期決戦。今シリーズも細やかな継投が目立つ。ベンチにアンダースローがいれば重宝されるはず。頂上決戦での快投もイメージしながら、高橋礼は唯一無二の居場所をプロで築きあげるつもりだ。

 ■ 阪神もドラフトで指名検討 専大・高橋礼、6回無失点でアピール(デイリースポーツ) 17/10/25

 阪神が26日のドラフトで指名を検討する専大の最速141キロサブマリン右腕・高橋礼投手が拓大戦に先発し、6回4安打無失点で今季5勝目を挙げた。改良したシュートとカーブを有効に使い、無四球で5奪三振。三塁を踏ませず「手応えはあった」とほほえんだ。今夏から新フォームに変更。2カ月間ほぼ毎日ブルペンに入り、軸足にためるスタイルをなじませてきた阪神など4球団のスカウトの前で、最後のアピールに成功。日本ハム・今成スカウトは「打者はタイミングが取れず、ストライクゾーンで勝負できる。希少価値がある」と話した。11球団から調査書が届く188センチの大型アンダースロー。「必要とされる球団で頑張りたい」と晴れ晴れとした表情をみせた。

過去記事

 ■ 日本ハム、下手右腕専大・高橋礼に注目「いい投手」(日刊スポーツ) 17/10/16

 日本ハムが今秋ドラフトで専大の高橋礼投手(4年=専大松戸)をリストアップしている。西武牧田をほうふつとさせるアンダースローの変則右腕で、直球は最速140キロ台前半をマークする。チームではマイケル中村や建山、昨季は宮西と変則投手が優勝に貢献してきた。既に栗山監督らが視察し、球団幹部は「いい投手」と評している上位候補ではないようだが、今後もチェックを続けていく。

 ■ 阪神、“青柳2世”専大のサブマリン高橋をリストアップ(SANSPO) 17/10/14

 阪神が今秋のドラフト会議に向け、専大のサブマリン、高橋礼投手をリストアップしていることが13日、明らかになった。高橋が1失点完投勝ちした秋季リーグ戦の青学大1回戦には佐野スカウト統括、永吉アマスカウトディレクター、吉野スカウトの3人が視察した。専大・斎藤監督も「特に阪神のスカウトが熱心に見てくれている」と話した。高橋は、最速は141キロでスライダー、シンカーを巧みに使い、2年時には大学日本代表入り。数少ない下手投げ右腕ということもあり、国内10球団が調査に入っている。高橋は大学1年時に大学日本代表の一員としてU-18高校日本代表と甲子園で対戦。「一番投げやすかったのは甲子園」と話している。

 ■ 栗山監督 東都大学1、2部リーグ戦視察 ドラフト候補に熱視線(スポニチ) 17/10/13

 日本ハム栗山監督と木田優夫GM補佐が神宮球場で併用で行われた東都大学1、2部リーグ戦を視察した。プロ志望届を提出している東洋大の飯田、国学院大の山崎と諸見里匠、専大・高橋のプレーをチェック。2試合目の2部、専大―青学大の試合終了直前まで熱視線を送った。

 ■ 燕ドラフト候補に専大の“サブマリン”高橋が浮上!2部で1失点完投(SANSPO) 17/10/11

 専大の下手投げ右腕・高橋礼投手が10日、秋季2部リーグの青学大1回戦に1失点完投で、5-1での勝利に貢献した。プロ8球団に視察され、26日のドラフト会議に向けて評価が高まってきた。高橋が5安打1失点、10三振を奪って完投勝ち。「かなり“ため”ができて、球もいく(走る)ようになってきた。カーブもスッと投げるんじゃなくて、最後に『切る』感じでやっている」と手応えをにじませた。春は1部最下位。2部1位の立正大との入れ替え戦に敗れた後、フォーム修正に取り組んだ。突っ込む癖をなくし、右半身を軸にするイメージに変えた。球速は2年時に出た最速141キロ近くまで戻り、この日も最速137キロを計測した。10球団が調査書記入を依頼済み。視察したヤクルト・橿渕スカウト部デスクは「ウチは宮本(賢治)、高津(臣吾)と東都出身で活躍したアンダースローがいる調子が戻ってきたし、楽しみ」と評価した。力士のように股割りをすれば、あごが床につく柔軟性を持つサブマリン。今秋のドラフトで注目の存在になりそうだ。

 ■ 専大・高橋礼、1失点完投「冷静にいけたのが良かった」(SANSPO) 17/10/6

 東都大学野球秋季リーグ第5週第3日2部の2回戦1試合が行われ、専大が東農大に5-1で勝利しプロ注目の高橋礼投手が1失点完投した。すでにプロ野球志望届を提出している下手投げ右腕の高橋礼が135球を投げて1失点完投勝利。「調子が上がっている。冷静にいけたのが良かった」と端正なマスクをほころばせた。今春のリーグ戦では自身の不調もあり、チームは今季から2部に降格。入れ替え戦進出に向けて「これからが正念場」と言い切った。

 ■ 専大・高橋礼七回崩れる…1部残留崖っぷち(デイリースポーツ) 17/6/13

 専大は1部残留へ後がなくなった。ドラフト候補のサブマリン右腕・高橋礼投手が七回に崩れた。際どいコースのボール判定に「気持ちが動揺してしまった」。4安打を集中されて5点を失い、この回途中で降板した。阪神・吉野スカウトは「バットが届くコースで勝負はできていたあとは体力の部分」と、成長を期待した。

 ■ 専大、残留へ立て直し=東都大学野球(時事ドットコム) 17/5/11

 専大は完封負けを喫し、1カードを残して入れ替え戦出場が決まった。昨年の選抜大会を制した智弁学園出身で、東洋大1年の村上相手に三塁を踏めず、神宮初白星を献上した。今季はエース高橋礼の調子が上がらず、打撃陣の不振も深刻。斎藤監督は「ここでしょぼくれても仕方ない。これからいろいろ練って頑張ります」。1部残留へ立て直しを誓った。

 ■ 専大、“サブマリン”高橋で昨春以来V奪回だ「エースとして優勝したい」(SANSPO) 16/12/18

 今年の活動納めで、プロ注目の下手投げ右腕の専大・高橋が17日、「来春はエースとして優勝したい」と昨春以来の東都大学リーグ1部Vを誓った。今秋は最下位に終わり、入れ替え戦を制して残留。斎藤監督は「日米野球に出場した昨年以上の投球が見たい」と期待した。

 ■ 専大が1部残留へ王手!森山がダメ押し2ラン(スポーツ報知) 16/11/6

 専大(1部6位)が、国士舘大(2部1位)に先勝して、1部残留に王手をかけた。主将の森山恵佑左翼手は、3点リードの7回無死二塁からダメ押しの右越え2ラン。「打った瞬間、入ったと思った。初戦を取ろうという話をずっとしてきたので、うれしい気持ちはある。でも、もう1勝しないことには。気を抜けない」と表情を引き締めた。来秋ドラフト候補のサブマリン右腕・高橋礼(3年)は、先発して5四死球を与えながら7回を2安打1失点の粘投で踏ん張った。打線は7回以降に12得点と終盤に畳み掛けて、斎藤正直監督は「大将(森山)が打つと、ああやって盛り上がる。高橋礼も秋は絶不調だったが、今日は気合が入っていてよかった。こんなに投打がかみ合ったのは春から初めて」と、何度もうなずいた。

 ■ 専大、日大にサヨナラで勝ち点1 高橋礼は完投で今季2勝目(SANSPO) 16/4/28

 東都大学野球リーグ第3週第3日は22日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、専大が日大に5-4で九回サヨナラ勝ちして2勝1敗で勝ち点1とした。専大は同点の九回1死満塁で森山が決勝の中犠飛を放った。高橋礼は完投で今季2勝目を挙げた。

 ■ 専大・高橋、8回7K0封「覚えたスライダーもよかった」(SANSPO) 15/9/17

 東都大学野球秋季リーグ第3週第2日(16日、駒大1-2専大、神宮)一回に1点を先制されたが、二回から登板した右下手投げの高橋が7三振を奪うなど、8回を1安打無失点。「左打者の外角へ直球で三振が取れ、覚えたスライダーもよかった」と胸を張った。駒大に連勝して早くも勝ち点2と、2連覇に好発進。斎藤監督は「実質的には高橋が完封したようなもの」と笑みを浮かべた。
 今夏に選ばれたユニバーシアードの大学日本代表で、スライダーに磨きをかけ、直球で押すこれまでの投球に新たな武器が加わり、緩急をつけた配球ができるようになった。(毎日新聞)

 ■ サブマリン高橋 5回から好救援(西日本スポーツ) 15/6/11

 専大は投手戦を制し、前回出場の1989年以来26年ぶりの白星を挙げた。5回から登板した最速140キロサブマリン右腕・高橋が5回1安打無失点、6奪三振の好救援。「初回から準備はしていた。直球を内と外にうまく決められた」と全国舞台でも頼もしい働きを見せた守護神に、斎藤監督も「最初から最後まで力んでいたけど、よく頑張りましたね」と目を細めた。

 ■ 専大が1部復帰即優勝「辛く長い日々」52季ぶり(日刊スポーツ) 15/5/20

 今春1部復帰した専大が、89年春以来、52季ぶり32度目の優勝を飾った。1部に昇格したシーズンの優勝は、69年春の日大以来46年ぶり2校目。専大は、1回2死三塁から、4番浜田竜之祐内野手(4年=鹿児島実)の左翼線への適時二塁打で先制。1回に挙げた1点を、先発の堀田竜也投手(2年)、大野亨輔投手(4年)、高橋礼投手(2年)とつなぎ、無失点リレーで逃げ切った。

 ■ 黒田の母校・専大が開幕連勝!サブマリン高橋、男気0封(スポーツ報知) 15/4/11

 広島・黒田の母校で4季ぶりに1部復帰した専大が、中大を下し、98年秋以来33季ぶりの開幕2連勝を果たし、25季ぶりの勝ち点を挙げた。サブマリン右腕の高橋礼(2年)が、5回途中から無失点救援で締めてリーグ戦初白星。拓大は1年生で3番の岸潤一郎投手が先制三塁打を放ち、昨秋日本一の駒大から勝ち点を奪取した。4点リードの5回1死一塁から2番手で登板。「先発でも中継ぎでも抑えでも、試合の重要な場面で投げるだけ」。長身186センチの右下手から、自己最速を2キロ更新する139キロの直球で押しまくった。4回2/3を4安打無失点。リーグ戦初登板初白星で、02年秋以来の勝ち点をもぎ取った。雲の上の存在が力になった。今季広島に復帰した黒田を「あれだけ偉大な方。明確な目標ができて、刺激になりました。レジェンドなんで」と崇拝。大学日本代表候補の2年生右腕は、「(昨秋の)入れ替え戦の方が緊張した」と1部初マウンドで強心臓を発揮した。今季からユニホームのデザインを一新し、98年秋以来の開幕2連勝。「勝ち点を取ることで今後の専大野球部につながる」。大型サブマリンが東都最多31度Vの古豪を浮上させる。

 ■ 専大松戸・高橋が完封 185cmサブマリン(デイリースポーツ) 13/7/25

 専大松戸が185センチの長身アンダースロー、高橋礼投手(3年)の好投で2年連続の4強入りを決めた。1‐0のしびれる展開で4安打完封。「五回までに点を取ってくれると思っていた。ヤバイかなと思った」と冗談めかしつつ「投手戦に持ち込めば勝てると思った」と自信をにじませた。伸び悩んでいた中3の春、チームのコーチに勧められ、上手投げから転向した。大きな体を折りたたみ、地面スレスレから“投げ上げる”。お手本は西武・牧田だ。試合前の移動のバスでは、いつも動画を見てフォームの参考にしている。この日も、130キロ前後の直球に、カーブ、スライダーで緩急をつけて相手をほんろう。クイック投法に加え、六回2死二塁の場面では、逆にゆったりしたフォームで遅いスライダーを投じて空振り三振。完全にタイミングを狂わせてみせた。これで今大会は登板4試合で20イニング連続無失点。持丸修一監督(65)も「高めにさえいかなきゃ大丈夫」と信頼する。

   13夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:船橋二和 先   4  1  2  0  0
   4回戦:市  原 先  6.1  1  8  0  0
   5回戦:市  柏    0.2  0  0  1  0
   準々決:拓大紅陵 先   9  4  5  1  0封
   準決勝:木更津総 先 12.1  10  11  12  3 217球
              32.1  16  26  14  3 防0.84(失点から計算)
           被安打率4.45 奪三振率7.24 四死球率3.90

  プロフィール

 千葉県松戸市出身。
 高橋 礼(たかはし・れい)投手。
 八ケ崎第二小時代に硬式野球を始め、松戸第三中では流山ボーイズに所属。
 中学3年春から下手投げの練習を始めた。

 専大松戸では1年時から控えとしてベンチ入り。
 3年春の県大会(準V)で背番号1の座を掴み、関東大会で13.2回14安打4失点の実績を残す。
 打たせて取る丁寧な投球で佐野日大相手に7安打2K1失点完投勝ちを記録。
 3年夏の予選5試合(先発4)32.1回に登板し、4戦連続0封の好投で県4強まで勝ち進んだ。
 準々決で拓大紅陵相手に4安打1四死球、114球5奪三振完封勝ちをマーク。
 続く木総戦でも12.1回4失点の粘投を見せたが、最後は押し出しの四球でサヨナラ負けとなった。
 県大会V、関東4強が最高成績。甲子園経験は無し。

 専修大進学後は1年秋から2部リーグ戦に出場。
 救援、および角田に次ぐ先発として起用され、2勝(2完投)、防1.10(1位)で十傑入りを果たす。
 3試合続けてロング救援で結果を残し、シーズン後半2カードに先発として登板。
 4安打2対1完投で国士大から勝ち点を奪い、優勝を決めた東農大2回戦で2勝目を挙げた。
 青学大との入れ替え戦を2勝1敗で制し、1年生で大学代表候補メンバー入り。
 守護神を務めた翌2年春のリーグ戦で、52シーズンぶり、1部リーグ昇格即Vを成し遂げている。
 続く2年秋のリーグ戦で4勝(2位)を挙げ、3年春の国学院大戦で141㌔を計時。
 順調にキャリアを重ねていったが、その後調子を崩し、3年秋、4年春を0勝、最下位で終えた。
 4年春の入れ替え戦を1勝2敗で落とし、2014年秋以来となる2部落ちが決定。
 第1戦をノーヒット一転、6.1回5失点KOで落とし、第3戦で4.1回5失点、6対7サヨナラを喫した。
 全国大会には2年春選手権に出場し、救援2試合で6回2安打0失点をマーク。
 2対1の5回表から5回1安打6K完封の好救援を演じた初戦・京学大戦で白星を収めている。
 国際大会には2年7月の光州・ユニバーシアード(台湾と両チーム優勝)に出場。
 壮行試合・NPB選抜戦で1回0封の結果を残し、本大会で2試合2回3三振無失点を記録した。
 東都通算54試合、15勝(5完投)14敗、246.1回、防御率3.40。

 187cm80kg、141㌔直球で押す長身サブマリン右腕。
 ワインドアップから上体を倒して沈み込み、インステップし、肘を柔らかく使った下手投げから繰り出す
 最速141㌔、常時130㌔台の伸びのあるストレートと、シンカー、スライダー、カーブ。
 低い位置から浮き上がる真っ直ぐと変化球で打者を翻弄。先発・リリーフの両面で起用されている。
 与四死球率3.98。2年生で大学日本代表に選出された。

  スカウトコメント

ソフトバンク・荒金スカウト|17/10/31
 「希少価値が高い」
ソフトバンク・荒金スカウト|17/10/26
 「最速141キロのストレートが魅力の大型サブマリン。まだ伸びしろも大きく将来性豊かな投手」
日本ハム・今成スカウト|17/10/25
 「打者はタイミングが取れず、ストライクゾーンで勝負できる。希少価値がある」
ヤクルト・橿渕スカウト部デスク|17/10/11
 「ウチは宮本(賢治)、高津(臣吾)と東都出身で活躍したアンダースローがいる。調子が戻ってきたし、楽しみ」
阪神・吉野スカウト|17/6/13
 「バットが届くコースで勝負はできていた。あとは体力の部分」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2017年11月20日(月)|2017年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(7) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
球界に少なくなったアンダースローから140㌔を超える直球を投げ込む。
日本シリーズでも登板した。
2年目は先発に挑みプロ初勝利含む2桁勝利が目標。
| ゆうと | 2019年06月29日(Sat) 15:30 | URL #- [ 編集]
西武牧田等のアンダースロー投手の投球術などを熱心に研究しているそうで。
何か掴んだのか秋で成績が良くなってきましたね。
これなら指名漏れはないと思います。
中位指名もあるかもしれません。
| 平峰 | 2017年10月25日(Wed) 23:17 | URL #- [ 編集]
西武は興座に切り替えた
| 名無し | 2017年08月28日(Mon) 19:44 | URL #- [ 編集]
アンダーってだけで候補になってる謎の投手。投げ方や利き手なんて関係ない
| 宇宙人たけし | 2017年06月19日(Mon) 12:42 | URL #foglHflk [ 編集]
ロッテOBの里崎がアンダースロー攻略法を得意気に話してたな
そんな声に負けないように活躍してほしい
| 通りすがり | 2017年02月12日(Sun) 22:03 | URL #CX5fjf.c [ 編集]
希少なサブマリンだけにドラフトで指名がかかることはまちがいない。ただ一年目から即戦力として期待されることが予想されるため現状の成績では物足りな過ぎる。何とかプロの世界でも輝ける武器を見つけてドラフトを迎えて欲しい。ドラフトでは希少性や日本代表という経歴から2位か3位できえると思われる。
| 賀前酉黒才 | 2017年01月20日(Fri) 07:55 | URL #- [ 編集]
是非、中日へ!
| 中日好き | 2016年10月20日(Thu) 14:02 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(7) Page Top↑