元氏 玲仁(立命大)|ドラフト・レポート

元氏 玲仁(立命大)

ここでは、「元氏 玲仁(立命大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



元氏 玲仁(立命大)

182cm85kg 左左 MAX147km スライダー・カーブ・スプリット 龍谷大平安
柔らかい腕の振りから繰り出す最速147㌔の直球とスライダー、スプリット。高2秋は腰痛に悩まされた。

  投手・打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春:          出場無し
   16秋:          出場無し
   17春: 3 .286  7  2 0 0 0 0 2 1 0  .375  .286
   17秋: 3 .000  7  0 0 0 0 0 4 0 0  .000  .000
   18春:          出場無し
   18秋: 3 .000  3  0 0 0 0 0 2 0 0  .000  .000
   19春: 4 .167  6  1 1 0 0 0 2 1 0  .286  .333
   通算: 13 .130  23  3 1 0 0 0 10 2 0  .200  .174

 ■ 甲子園成績

     試合    回数 被安 奪三 四死 自責
   14春; 3    14.2  15  9  10  1
        先  4.1  6  2  5  1 135㌔ 大 島
        先   5  6  4  2  0 135㌔ 桐生一
           5.1  3  3  3  0 135㌔ 履正社 ○
   14夏: 1 先  0.1  5  0  1  3 134㌔ 春共栄 ●
   通算: 4     15  20  9  11  4 防2.40
       被安打率12.00 奪三振率5.40 四死球率6.60

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   14夏予選       回数 被安 奪三 四死 失点
   準々決:綾部高校 先   7  3  6  1  0封
   決勝戦:京すばる 先   8  4  7  0  0
               15  7  13  1  0 防0.00
           被安打率4.20 奪三振率7.80 四死球率0.60

   15春近畿       回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:北大津高 先  0.2  5  1  2  6

   15夏予選       回数 被安 奪三 四死 失点
   4回戦:京都翔英    5.2  7       4

  最新記事

 ■ 立命大・元氏「いける」イップス克服で大学初登板(日刊スポーツ) 19/10/18

 立命大・元氏玲仁外野手がサプライズの大学初登板を果たした。8回2死から登場すると、内角140キロ見逃し、外角147キロ空振り、高め140キロ空振りと3球で右打者を片付けた。147キロはなんと自己最速だ。龍谷大平安2年時にヤクルト高橋との2枚看板でセンバツ優勝。直後に悪夢が待っていた。本人の回想によると、絶好調だった2年春の近畿大会で一塁に悪送球したことをきっかけに「イップスになりました」。フォームが崩れ、修正できないままズルズルと時が過ぎていった。大学には投手として入ったが、まともに投げられず実戦登板のないまま1年秋に野手転向を受け入れた。外野手として一時はレギュラーもつかんだ。「奇跡」が起きたのはこの夏だ。外野から遠投を続けるうちに、いつしかイップスは治っていた。今年8月の京都トーナメントで後藤昇監督の指示で大学初登板。ほぼ練習なしで145キロを出した。卒業後に野球を続けることもためらっていたが、奇跡の復活により軟式の企業チームでのプレー続行が決まった。「投手」として評価された。とっくにあきらめていたプロ野球への気持ちも「軟式だけど続けていたらないこともないので」と再び頭をもたげてきた。

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   同 大    0.1  0  1  0  0 147㌔

 ■ 龍谷大平安、7点差逆転も延長10回力尽く(日刊スポーツ) 15/7/24

 龍谷大平安が延長戦で敗れ、4季連続甲子園出場はならなかった。今秋ドラフト候補のエース高橋奎二が今大会初登板も、4回に3ランを打たれるなど5回途中7失点降板。4回終了時で0-7と一方的な展開になったが、1-7の6回に城島大輝外野手の適時打などで5点を返し8回に2点を挙げて勝ち越し。だが9回2死から元氏玲仁が同点打を打たれ、延長10回に決定的な3点を失った

 ■ 龍谷大平安、屈辱のコールド負け/春季近畿大会(SANSPO) 15/5/24

 近畿大会第2日(24日)龍谷大平安は初戦で敗退した選抜大会終了後に主将を交代。下級生を積極的に先発起用して京都大会を制したが、この日は先発の3年生、元氏が二つのアウトしか取れず6失点。エース高橋に続く2番手投手として期待を受けるものの「甘い球ばかりになった」と試合を壊してしまった。屈辱のコールドゲームによる敗戦に、原田監督は「夏は複数投手が必要。いつも同じ失敗ばかりしている」と眉間にしわを寄せていた。

過去記事

 ■ 練習再開、雪辱を期す−−元氏玲仁投手(2年)(毎日新聞) 15/2/28

 最速143キロの左腕として、昨年のセンバツは3試合に登板し優勝に貢献した。新チーム結成後に腰を痛め、12月まで投球練習ができなかったが、年明けから本格的な投げ込みを再開した。「まだベストの7割」と納得していないが、吉村捕手は「カーブやフォークの制球が安定し、球威も戻ってきた」と復調を実感する。
 西の方の球団のスカウトの手帳をこっそり、のぞかせてもらうと――。昨年のセンバツを制した龍谷大平安(京都)はエースでなく、2番手投手の左腕・元氏玲仁(181センチ、82キロ)に印が付いていた。 (ゲンダイ)

  プロフィール

 京都府京都市出身。
 元氏 玲仁(もとうじ・れいじ)投手。
 梅津小時代に軟式チームで野球を始め、梅津中では西京ビッグスターズに所属。
 中3春夏の全国大会で連覇を経験した。

 龍谷大平安では1年春からベンチ入り。
 同年秋の府大会優勝に控え投手として貢献し、3試合12回で11K、9安打5失点の実績を残す。
 決勝・福知山成美戦で7.2回7安打5失点(5回に一挙5失点)の粘投を披露。
 翌2年春の選抜に高橋奎との二枚看板で挑み、3戦14.2回6失点の粘投で初Vを達成した。
 1回戦・大島戦で4.1回6安打1失点、準々・桐一戦で5回6安打4失点を記録。
 3回1死1、3塁から起用された決勝・履正社で、5.1回3四死球1失点の好救援を演じている。
 同年夏の甲子園で1回戦の先発を担うも1/3回5失点と打たれて1対5で敗戦。
 腰痛により2年秋の大会を登板できずに終え、3年春の近畿大会で0.2回6失点KOを喫した。
 3年夏の予選は京都翔英に10回8-11再逆転負け(4回で0-7)で4回戦敗退。
 救援で試合を立て直し、8回時点で8対7としたが、9回に同点とされ、10回に勝ち越しを許した。
 同学年のチームメイトに高橋奎二投手ら。

 立命大では2年春から外野手としてリーグ戦に出場。
 3年間で9試合(レフト先発5)に起用されたが、計17打数で2安打、打率.118と不発に終わった。
 リーグ通算9試合、打率.118、2安打、0本塁打、8打点。

 182cm85kg、ガッチリした体格のスリークォーター左腕。
 ノーワインドアップから重心を下げ、深めのテイクバックを取り、ヒジを柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速147㌔、常時130㌔前後から135㌔前後の威力ある真っすぐと、
 110㌔台から120㌔台のスライダー、120㌔台の空振りを誘うスプリット、110㌔前後のカーブ。
 龍谷大平安・原田監督からチームナンバーワンと評された潜在能力が魅力。
 遅れて出てくる腕の振りも持ち味のひとつ。制球にはバラツキが残る。高2春に143㌔を投げた。
 2年春選抜で右中間ソロ弾を放った長打力の持ち主。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年10月19日(土)|2019年大学生投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑