杉山 賢佑(東海大)|ドラフト・レポート

杉山 賢佑(東海大)

ここでは、「杉山 賢佑(東海大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



杉山 賢佑(東海大)

193cm72kg 右右 MAX144km スライダー・カット 東海大静岡翔洋
柔らかい腕の振りから角度のある最速144㌔直球と縦のスライダー。手足の長い長身細身の右腕。

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16春:        登板無し
   16秋:        登板無し
   17春:        登板無し
   17秋:        登板無し
   18春:        登板無し             
   通算:        登板無し

  プロフィール

 静岡県静岡市生まれ。
 杉山 賢佑(すぎやま・けんすけ)投手。
 不二見小3年時から不二見イーグルスで軟式野球を始める。
 清水第四中時代に投手に転向した。

 東海大静岡翔洋では1年夏から控え投手としてベンチ入り。
 準決勝・常葉菊川戦に3番手で救援起用され、1/3回1安打2四球1失点デビューを経験する。
 その後は制球難、怪我で活躍できず、2年夏予選(8強)での登板機会も無し。
 2年秋になって背番号19の控えで復帰を遂げ、中部地区予選2試合に先発として登板した。
 地区決勝・静岡戦(東海大会V校)で5回コールド負けながら初完投をマーク。
 強力打線に14安打10失点と打ち込まれる中、最速142㌔直球に資質の片鱗を見せている。
 3年春に県2位で出場した東海大会は、左足にケガを負った影響でメンバー外。
 夏の県大会初戦・飛龍戦で復帰するも、2回6安打2失点、8回コールド0対10で敗退となった。
 3年春の県大会準優勝が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 190cm72kg、手足の長い長身細身のスリークォーター右腕。
 ワインドアップから左膝を高く引き上げ、重心を下げてインステップし、肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速144㌔の角度の付いた真っすぐと、縦のスライダー、カットボール。
 腕をしならせて投げ込む直球が武器。制球の課題に加えてケガもあり、公式戦での実績は乏しい。
 体に巻き付くような腕の振り、全体的なバランスの良さが魅力。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2015年09月03日(木)|退団・引退・進路不明など | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 首都大学 コメント(0) Page Top↑