田中 寛大(拓大)|ドラフト・レポート

田中 寛大(拓大)

ここでは、「田中 寛大(拓大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



田中 寛大(拓大)

176cm83kg 左左 MAX141km スライダー・カーブ・ツーシーム・チェンジ 英明高
最速141㌔直球とスライダー、ツーシーム。右足を高く上げてタメを作る独特のフォームから投げ込む。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16春:        登板無し           二部
   16秋:        登板無し           二部
   17春: 1 0勝0敗   3  6  2  2  3  9.00二部
   17秋:        登板無し           二部
   18春: 3 0勝0敗  5.1  3  2  0  0  0.00二部
   18秋:        登板無し           二部
   二部: 4 0勝0敗  8.1  9  4  2  3  3.24
         被安打率9.72 奪三振率4.32 四死球率2.16

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   15春: 1 先   8  10  12  1  3 137㌔ 大曲工 ●
   通算: 1     8  10  12  1  3 防3.38
      被安打率11.25 奪三振率13.50 四死球率1.13

投手成績詳細

   17春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   東農大 先   3  6  2  2  3

   18春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   日本大    1.2  1  0  0  0
   国士大 先   3  2  1  0  0
   専修大    0.2  0  1  0  0
          5.1  3  2  0  0 防0.00
      被安打率5.06 奪三振率3.38 四死球率0.00

  最新記事

 ■ 英明が春夏へ貫禄突破!田中5回1失点(デイリースポーツ) 15/7/14

 昨秋と今春の四国王者・英明が7-1で高松西を下し、初戦を飾った。先発のMAX141キロ左腕エース・田中寛大投手は、5回5安打1失点(自責0)の貫禄の投球。チームはこれで四国内の公式戦13戦無敗となり、春夏連続聖地へ好スタートを切った。やはり夏の初戦は難しい。英明のエース・田中は初回、いきなり大ピンチを迎えた。先頭打者から2安打と死球を与え、まさかの無死満塁。しかし、経験豊富な左腕は慌てなかった。「点をやるつもりはなかった。いい意味で開き直って腕を振れました」。4番・岡を空振り三振に仕留めると、続く2人の打者も打ち取りピンチを脱出。貫禄の投球で先制点を許さなかった。五回に失策絡みで1点を失ったが、5回を投げ、5安打で自責点0。右足を高く上げる“ライアン投法”から、この日は最速140キロをマークした。宝刀ツーシームも切れ味抜群。香川智彦監督は「落ち着いていたね」とエースをたたえた。

   15夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:高松西高 先   5  5  4  1  1 140㌔
   3回戦:大手前高 先   5  6  2  0  1
   準決勝:寒  川 先   5  3       1
               15  14       3 防1.80(失点から計算)

 ■ 英明が明徳を破り準決勝進出 四国大会(デイリースポーツ) 15/5/2

 今春センバツ出場の英明(香川)が、13安打9得点で明徳義塾(高知)を下し、準決勝に進出した。先発のエース・田中寛大投手(3年)が8安打3失点で完投。130キロ台中盤の速球を主体に粘り強く投げ抜いた左腕は「まだまだ力不足。野手が打ってくれたおかげで勝てた」と控えめに話した。

   15春四国       回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:明徳義塾 先   9  8  3  1  3
   準決勝:今治西高     4  2  3  1  0
   決 勝:新  田 先   8  8  3  0  0
               21  18  9  2  3 防1.29
           被安打率7.71 奪三振率3.86 四死球率0.86

 ■ “讃岐のライアン”田中12K力投及ばず(デイリースポーツ) 15/3/25

 1回戦3試合が行われ、英明は大曲工との初出場対決に敗れた。“讃岐のライアン”ことMAX141キロのエース左腕・田中寛大投手は、8回10安打で4失点(自責3)12三振を奪う力投も報われず、初戦で姿を消した。英明のエース・田中は「なんぼ三振を取っても負けたら一緒。三振はいらない」と唇をかんだ。立ち上がりは甲子園の重圧を楽しんでいた。強気に内角を攻め、三回までパーフェクト投球。しかし「球が思うように行かなくなった」という六回に暗転した。同点に追いつかれ、なお2死一、二塁から大曲工の4番・武田に中前へ勝ち越し打を浴びた。七回も3安打で2失点。威力が落ちた直球を狙われた。右足を高々と上げる“ライアン投法”から最速141キロの快速球を投げ込む左腕。しかし、その投球動作が昨秋の四国大会、明治神宮大会で2段モーションと指摘された。冬場に修正を試みたが「フォームをいじって悩んでいた」と女房役の山上和伸捕手(3年)は明かす。右足を上げる高さを変えたり、着地までのテンポを変えたり…。細かい試行錯誤を続けたが、完成形にたどりつけないまま聖地のマウンドを迎えてしまった。力不足を痛感した114球。夏には違う姿を見せる。「もっと体力をつけて、全国レベルの球威、コントロール、変化球を身につけたい」。“讃岐のライアン”は成長を誓った。
 英明は、エース田中寛大が12Kを奪ったが、終盤に乱れた。プロ注目左腕は「後半に粘れなかったのは実力不足。夏までに体力をつけて戻ってきたい」と前を向いた。(スポーツ報知)

過去記事

 ■ フォーム改造で飛躍 田中寛大(かんた)投手(毎日新聞) 15/2/11

 右足を高く上げてためを作り、ゆったりと投げ込む。独特のフォームから繰り出す最速141キロの直球と切れの良いスライダーを武器に、四国大会は3試合に登板し、自責点はわずかに1。初のセンバツ切符をつかんだ。中学時代は軟式で全国大会にも出場したが、1年夏にベンチ入りしたのは同学年の良きライバル、同じ左腕の中西。「自分なりに頑張ってみたけれど、最初は何をやっても、なかなかうまくいかなくて……」。そんな中、昨夏の香川大会前に香川監督から「足を上げてみないか」とアドバイスされた。「足を上げると、ためができる。これで体全体を使って投げられるようになった」。フォームの改造で制球が安定し、球速もアップ。新チームでは背番号1を自分のものにした。昨秋の四国大会で、審判員から「2段モーション」と指摘されたが既に改善ずみ。「球速を上げてセンバツでは145キロを出したい」と、体の軸がぶれないよう体幹トレーニングに力を注ぎ、背筋や腹筋などを鍛えている。

   14秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   香川1回戦:寒川高校 先   9  6  4  2  0封141㌔
     3回戦:高松西高 先   9  6  5  0  1
     準々決:三本松高 先  11  15  14  3  7
     決 勝:観音寺中 先   6  3  3  1  1
   四国準々決:鳴門高校 先   6  4  4  1  0 141㌔
     準決勝:高知高校 先   8  6  8  2  0封
     決 勝:今治西高     2  1  1  0  1
   神宮1回戦:敦賀気比 先  5.2  11  2  1  6 137㌔
                56.2  52  41  10  16 防2.22
             被安打率8.26 奪三振率6.51 四死球率1.59

 ■ 英明・田中 マウンド度胸◎ 変化球磨く!!(デイリースポーツ) 14/11/19

 四国大会を制した英明の左腕エース・田中寛大投手は、足を高く上げる“ライアン投法”から最速141キロの直球を投げ込む。身長175センチと大柄ではないが、ツーシームなど変化球も鋭くマウンド度胸がいい。明治神宮大会は初戦で敦賀気比に敗れたものの、全国レベルを知る貴重な経験になった。「変化球の精度を上げ、ここ一番で踏ん張れる力をつけたい」と冬場のスケールアップに期待だ。

 ■ 英明エース田中 プロ注目も「力不足」(デイリースポーツ) 14/11/19

 英明(四国地区)の打線は五回、敦賀気比(北信越地区)の好投手・平沼から図子が同点2ラン、六回にも連打で平沼を攻略した。しかし直後、プロ注目の先発・田中が集中打を浴び、再逆転を許した。左ふくらはぎがつったこともあり、この回途中降板となった田中は「ここぞ、の精神力がない。力不足です」と悔しさをあらわにした。

 ■ “讃岐のライアン”英明・田中6回0封(デイリースポーツ) 14/10/27

 四国大会は準々決勝4試合が行われ、英明(香川)が鳴門(徳島)にコールド勝ちし、初の準決勝進出を決めた。“讃岐のライアン”が快投を演じた。英明の左腕・田中が6回を投げ4安打無失点。直球は自己最速タイの141キロをマークした。チームを初の4強に導き「しっかり投げられた。内角の球がよかった」と笑顔で胸を張った。今夏の香川大会前、香川智彦監督(57)の勧めで、フォームを右足を高く上げる「ライアン投法」に改造した。「しっかり軸足に体重が乗るようになった」ことで球速が5キロ以上もアップ。140キロ超の快速球を手に入れたという。

  プロフィール

 香川県高松市出身。
 田中 寛大(たなか・かんた)投手。
 古高松小1年時から軟式野球を始め、古高松中時代は軟式野球部に所属。

 英明高では1年秋から控え投手としてベンチ入り。
 翌2年秋の新チームで主戦投手の座を掴み、計51回10失点の活躍で県V、四国初Vを果たす。
 県1回戦で自己最速の141㌔を計測し、寒川相手に6安打完封勝利をマーク。
 準決・高知戦で8回8K0封勝利を収めるなど、四国大会で3戦16回1失点の好投を見せた。
 神宮大会では実力を見せる事が出来ず、チームも5対7逆転負けで初戦敗退。
 敦賀気比に11安打6失点(自責5)と打たれ、左ふくらはぎのケガもあって5.2回でKOとなった。
 翌3年春の選抜で12K(空振11)を奪うも、大曲工業に1対4で敗れ1回戦敗退。
 神宮で二段モーションと指摘された影響が残り、後半8安打4失点と打たれて逆転で敗れた。
 続く春季四国大会(秋春連覇)初戦・明徳戦で8安打9対3完投勝利を記録。
 3年夏の予選は3戦15回3失点の活躍及ばず、寒川高校に3対4逆転負けでベスト4に留まった。
 同学年のチームメイトとして139㌔左腕・中西幸汰ら。

 176cm83kg、マウンド度胸の良い好左腕。
 セットポジションから右足を高く上げてタメを作り、重心を下げてインステップ気味に踏み出し、
 肘を使った腕の振りから繰り出す最速141㌔、130㌔台前半から後半の直球と、
 110㌔台のスライダー、120㌔前後から120㌔台で外に沈むツーシーム、100㌔台のカーブ。
 真っすぐにスライダー、ツーシームを織り交ぜ、まずまずの制球で丁寧に投げ込む。
 高3春選抜で毎回の12K(真っ直ぐ6、スライダー3、ツーシーム2、スリーバント1)を記録した。
 股割りを楽にこなすなど身体の柔軟性が高い。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2018年12月11日(火)|2019年大学生投手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
英明からの高卒プロ入りってなると2011年の巨人ドラフト1位の松本竜以来ですね。
大学や社会人へ行く可能性もあるのでしょうが、田中君もライアン投法なんですね。
管理人さん、貴重な情報をまとめて頂きありがとうございます(^-^)
| ブルーディスティニー04 | 2015年03月24日(Tue) 01:49 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 東都大学 コメント(1) Page Top↑