坂口 大誠(佐藤薬品工業)|ドラフト・レポート

坂口 大誠(佐藤薬品工業)

ここでは、「坂口 大誠(佐藤薬品工業)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm83kg 右左 MAX143km スライダー・チェンジ・カーブ・フォーク 奈良大附→近大
最速143㌔の切れの良い直球とスライダー、チェンジアップ。2年春の新人戦で優秀選手賞を受賞した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   16春:        登板無し
   16秋: 2 0勝0敗   1  2  0  2  1  9.00
   17春:        登板無し
   17秋:        登板無し
   18春: 2 0勝0敗   2  1  1  0  0  0.00
   18秋: 1 0勝0敗   1  0  0  0  0  0.00
   19春:        登板無し
   19秋: 2 1勝0敗  3.2  3  0  1  1  2.45
   通算: 7 1勝0敗  7.2  6  1  3  2  2.35
         被安打率7.04 奪三振率1.17 四死球率3.52

 【 全国大会 】
     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   18神: 1    1  1  0  0  0 140㌔(神宮) IPU
   通算: 1    1  1  0  0  0 防0.00
      被安打率9.00 奪三振率0.00 四死球率0.00

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   15春: 1 先  6.2  8  0  2  3 135㌔ 敦賀気比 ●
   通算: 1    6.2  8  0  2  3 防4.05 
       被安打率10.80 奪三振率0.00 四死球率2.70

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   16秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   同 大     1  1  0  0  0 
   関 大     0  1  0  2  1
           1  2  0  2  1 防9.00
      被安打率18.00 奪三振率0.00 四死球率18.00

   17春新人戦 回数 被安 奪三 四死 自責
   立命大     8  3  4  1  0 ※ 優秀選手賞

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   関西大     1  1  1  0  0
   立命大     1  0  0  0  0
           2  1  1  0  0 防0.00
       被安打率4.50 奪三振率4.50 四死球率0.00

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   関学大     1  0  0  0  0

 ■ 高校時代成績

   13秋           回数 被安 奪三 四死 自責
   近畿1回戦:近江兄弟 先   9  4  2  1  0封
     準々決:智弁和歌 先  3.2  8  3  5  8
                12.2  12  5  6  8 防5.68
             被安打率8.53 奪三振率3.55 四死球率4.26

   14秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   奈良2回戦:奈良高専 先   5          0
     3回戦:磯城野高 先  6.1          1
     準々決:御所実業 先   9  5  10  2  1
     準決勝:奈良北高 先   7  8  3  1  1
     決 勝:天理高校     3  3       1
   近畿1回戦:鳥羽高校 先   9  2  7  1  0封
     準々決:箕島高校 先   9  7  3  2  2
     準決勝:立命宇治 先   5  7  0  2  3
                53.1  36  38  9  9 防1.35
             被安打率6.08 奪三振率6.41 四死球率1.52

   15夏           回数 被安 奪三 四死 失点
   奈良2回戦:西の京高 先   6  6       1
     3回戦:高田商業 先  8.1  3       3…8回表まで1安打無失点
                14.1  9       4 防2.51(失点から算出)

  最新記事

 ■ 奈良大付、春夏連続出場ならず(日刊スポーツ) 15/7/23

 今春センバツで初の甲子園出場を果たした奈良大付が敗れ、春夏連続出場を逃した。エース坂口大誠が8回まで、春の県王者の打線を1安打に抑え込んだ。だがともに無得点で迎えた9回1死二、三塁で、相手5番打者の有迫拓央外野手にポール際に決勝3ランを打たれた。試合後、涙にくれるナインのかたわらで、エースは「悔しいけど力を出し切れた。楽しい3年間でした」と笑顔も見せ、田中一訓監督も「最高の投球をしてくれました」と、学校の歴史を塗り替えたエースをねぎらった。

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   同 大     3  1  0  0  0 ○
   京都大    0.2  2  0  1  1
          3.2  3  0  1  1 防2.45
       被安打率7.36 奪三振率0.00 四死球率2.45

 ■ 選抜高校野球:ふっと抜いた球…奈良大付の坂口大誠投手(毎日新聞) 15/3/23

 胸につきそうなほど左足を高く上げるダイナミックなフォームから、ふっと抜いた球が来る。球速90キロ台。そんな緩いチェンジアップを、昨夏の甲子園で猛打を振るった敦賀気比の篠原、平沼にも初球から平然と使う。奈良大付の坂口大誠(たいせい)投手(3年)は「怖くはない。自信のある球だから」。強心臓の右腕「甲子園の雰囲気にのまれた」。序盤、制球がままならない。二回はボールが先行し「ストライクを置きに行って」痛打された。「流れを変えたかった」。昨秋から体のバランスを良くするために使っていたマウスピースを、試合中初めて外してみた。すると肩の力が抜けたように調子が上がってきた。七回途中3失点で降板したが、二回以外は連打を許さず「粘りの投球はできた」。ただし、相手エースの平沼には「全てで負けている」と思った。初の甲子園は初戦で去る。「いろいろやり残したことがある」。淡々とした口ぶりにも夏への強い思いがにじんだ。
 10個の空振り三振を奪った平沼とは対照的に、奪三振はゼロ。奪った空振りすら、全116球のうち3球しかなかった。(スポニチ)
 巨人・山下部長「奈良大付属のエース坂口もまとまっていて高校生らしい投手だが、潜在能力の高さを感じさせるのは中山」(報知高校野球)

 ■ 【秋季大会】奈良大付、サヨナラ勝ちで春夏通じ初の甲子園確実(スポーツ報知) 14/10/27

 近畿大会の準々決勝で、奈良大付(奈良2位)のプロ注目右腕・坂口大誠(2年)が箕島(和歌山1位)相手に2失点完投。9回サヨナラ勝ちを呼び、春夏通じて初の甲子園出場を確実にした。2―2の9回2死一塁から、前田勇大(2年)が左越え二塁打。サヨナラ勝ちをベンチ前で確認した坂口は「何が起こったか分からなかった。最高です」と声を張り上げた。最速140キロのキレのある直球とスライダーが武器で、早くも来年のドラフト候補に挙がる。初戦(対鳥羽)の2安打完封に続き、この日は中日広島などのスカウトが見守る前で9回を7安打2失点に抑えた。これまで同校は、秋の近畿大会で準々決勝敗退3度、夏の県大会決勝で4度敗れるなど、甲子園まであと一歩のところで涙をのんできた。「あのマウンドは野球を始めた頃からの夢」という聖地で、坂口は大暴れするつもりだ。

過去記事

 ■ 奈良大付・坂口「大舞台は大好き」2安打1四球で完封(SANSPO) 14/10/18

 秋季近畿大会1回戦(18日、鳥羽0-2奈良大付、わかさスタジアム京都)奈良大付が投打の主役の活躍で初戦を突破した。エース右腕の坂口は左足を高く上げるフォームから力のある速球と変化球を投げ込み、2安打1四球で完封。「大舞台は大好き。小さい時からコントロールに困ったことがない」と自信満々に振り返った。九回に均衡を破る2ランを中堅に放った池田は「県大会で打てずに迷惑をかけた。最低1本出したかった」。主将も務める3番打者は「一回も甲子園に出ていないチームを選んで入学したから、自分たちで初出場したい」と力を込めた。

 ■ 奈良大付1年生右腕、坂口が4安打完封(デイリースポーツ) 13/10/21

 奈良大付(奈良2位)が近江兄弟社(滋賀1位)を下し、ベスト8に進出した。1年生右腕・坂口大誠投手が4安打完封。「ストレートが走っていた」と振り返った。2奪三振ながら、相手打線に20個のフライを打ち上げさせた

  プロフィール

 奈良県高市郡生まれ。
 坂口 大誠(さかぐち・たいせい)投手。
 たかむち小2年時から軟式野球を始め、高取中時代は五條ドラゴンズに所属。

 奈良大付では1年時夏から控え投手としてベンチ入り。
 1年生エースとして同秋の近畿大会に出場し、初戦・兄弟社戦で4安打1-0完封勝利を収める。
 同準々で準V・和智弁と当たり、3.2回8安打8失点、5回0対10の大敗で敗退。
 2年時春夏の大会を県敗退(初戦、8強)で終え、同年秋に県準V、近畿4強入りを達成した。
 全8試合(先発7)合計53.1回をこなし、四死球率1.52の安定した投球を披露。
 8回まで0対0の接戦となった近畿1回戦・鳥羽戦で2安打1四球2対0完封勝ちを挙げている。
 中日・広島などプロが訪れた準々決・簑島戦で3対2サヨナラ完投勝利を記録。
 続く準決・宇治高戦で4回0封投球をみせたが、5回に5安打3失点を喫し1-4で敗戦となった。
 翌3年春の選抜1回戦・気比戦で全国デビューを果たすも6.2回3失点で敗戦。
 空振りを取れず8安打6長打と痛打されながらも、4・5・6回を0点に抑える粘投を見せている。
 同年夏の県大会は高田商(春季近畿大会V校)に0対3で敗れ3回戦で敗退。
 8回表まで1安打0封と好投したが、9回1死から3ランを浴び、7安打8残塁無得点で敗戦となった。
 同期のチームメイトとして最速148㌔右腕・中山怜央ら。

 近畿大では2年時春からリーグ戦に出場。
 4年間で7試合(全て救援)、計7.2回に登板し、4年時秋の同大2回戦で唯一の白星を挙げた。
 全国大会には3年秋の第49回明治神宮大会(12年ぶりベスト4進出)に出場。
 準決・環太平洋大戦に4番手として救援登板し、全国舞台を1イニング(1失点)のみ経験した。
 通算7試合、1勝0敗、7.2回、防御率2.35。

 181cm83kg、長身細身の本格派右腕。
 ノーワインドから膝を高く上げて溜め、前傾して重心を下げ、クロスして球持ちの良い腕の振りから
 投げ込む最速143㌔、常時135㌔前後(救援登板時)のキレの良い真っ直ぐと、
 120㌔台のスライダー、120㌔台のチェンジアップ、100㌔台のカーブ、110㌔台のフォークボール。
 130㌔台ながらスピードガン表示以上のキレが魅力。コントロールに自信を持つ。
 高2秋8戦53.1回で9四死球(率1.52)。130㌔に届かなかった球速を高校で大幅に引き上げた。
 中日などプロからも注目されている。遠投100m。

  スカウトコメント

中日・米村スカウト|14/12/3
 「1球1球に意図がみえる。どこに投げようとしているのかが分かる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年01月16日(木)|準硬式・軟式野球 | 関西学生 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
佐藤薬品工業
| do | 2020年01月15日(Wed) 18:28 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:準硬式・軟式野球 | 関西学生 コメント(1) Page Top↑