太田 賢吾(川越工)|ドラフト・レポート

太田 賢吾(川越工)

ここでは、「太田 賢吾(川越工)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



太田 賢吾(川越工)

186cm72kg 右左 遊撃手 遠投110m 50m6秒1
ミート力の高い左打者。俊足強肩の大型ショート。高3夏に17年ぶり16強、打率.529の活躍を見せた。
2014年日本ハム8位(契約金1500万円、年俸470万円)

  動 画

  最新記事

 ■ ドラ8位で日ハム入り 川越工高・太田、三拍子揃った大型遊撃手(埼玉新聞) 14/12/14

 磨けば磨いただけ光るダイヤの原石が最高峰の舞台へ―。日本ハムにドラフト8位で入団する川越工高の太田賢吾遊撃手。全国的には無名の存在だが、走攻守の三拍子そろった186センチの大型ショートは「活躍してチームに必要とされる選手になりたい」と目をキラキラさせている。その卓越した野球センスはプレーを見れば一目瞭然。バットを握れば、優れたミート力で広角に打ち分け、走っても50メートル6秒1の俊足の持ち主。中でも太田自身が「一番自信がある」と言い、日本ハムのスカウトがほれ込んだのが守備だ。大柄な選手には珍しく柔らかなグラブさばきで捕球すると一発で握り替え、一塁へ矢のようなボール。遠投110メートルを誇る強肩はほれぼれする。担当スカウトは「守備はすでにプロでも通用するレベル」と絶賛していたという。だが全国的には全くの無名で、ドラフト指名はサプライズに近かった。スカウトの目に留まったのは今春からで夏も5回戦で敗れたことを考えれば、プロ入りは夢のような話。それでも大学進学をにらみつつも、「もし(プロに)行けるならトライしたい気持ちでした」と志望届を提出。「育成」と「スカウティング」に力を入れて強化を進める日本ハムから見事に8位指名を受けた。早くからその才能を見抜いていた恩師・熊沢光監督も破顔一笑。母校の川越工高に赴任し8年目で、後輩でもある教え子の快挙に「そりゃー、うれしいですよ。公立高校で野手で即プロは難しいと思ってましたから」。3年間、体育の授業を受け持ち「何をやらせても運動能力は断トツ。打てる選手になれば、活躍できる可能性はあると思います」と太鼓判を押す。太田は現役時代、全体練習が終わると、毎日のように最後まで残り、自主練で己を磨き続けた。そこには「絶対に強い私学を倒したい。うまい選手に勝ちたい」という揺るがない意志があった。その反骨心はプロの舞台に飛び込んでからも、しっかりと心に刻んで精進するつもりだ。「1位でも活躍できない人もいるし、ドラフト何位とかは気にしてないです。上がっていくだけなので」と真っすぐ前だけを見る。「一日でも早くプロのスピードに慣れて活躍したい。ゴールデングラブを取れるようなショートになりたいですね」。ルックスも文句なし。将来性とスター性を兼ね備える17歳が、北の大地で大暴れする。

 ■ 日本ハムが横浜高の浅間、川越工高の太田と合意(SANSPO) 14/11/8

 日本ハムがドラフト3位で指名した神奈川・横浜高の浅間大基外野手(18)=183センチ、75キロ、右投げ左打ち=の入団が8日、決まった。契約金4500万円、年俸540万円で合意した。同8位で指名した埼玉・川越工高の太田賢吾内野手(17)=186センチ、72キロ、右投げ左打ち=は契約金1500万円、年俸470万円で入団が決まった。(金額は推定)

 ■ 「夢の第一歩 勝負これから」  川越工・太田選手が抱負(東京新聞) 14/10/24

 日本ハムに8位指名された川越工高の太田選手は「夢の第一歩、本当の勝負はこれからだと思っています」と喜びを爆発させた。祖父や母と自宅でドラフト会議の結果をインターネットでチェックしていた太田選手は、親類宅でケーブルテレビ放送を見ていた父親の隆さん(43)から電話で吉報を受けた。「思わず『よっしゃー』って声出して、ガッツポーズをしちゃいました」と興奮気味に話した。「七巡目まで見てたんですけど、正直もう駄目かなと諦めてたところだったんで」と振り返った。憧れの選手については、同じく日ハムの稲葉篤紀選手を挙げ「走攻守の三拍子そろった選手になりたい」と抱負を語った。同校の熊沢光監督(56)は、太田選手について「太田選手との巡り合わせに感謝している。足と肩が素晴らしく、一軍に定着して頑張ってほしい」とエールを送った。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率
   14夏予: 4 .529 17  9 2 1 0 6  .765

  プロフィール

 埼玉県川越市出身。
 太田 賢吾(おおた・けんご)遊撃手。
 小学校2年の時から軟式野球を始め、川越東中では所沢中央シニアに所属。

 川越工では1年時からベンチ入り。
 旧チームから3番・ショートとしてチームを引っ張り、2年春に23年ぶりの県ベスト8入りを経験する。
 3回戦でライトスタンドへの3ランを放ち、シード校である聖望学園に6対2で勝利。
 二遊間への内野安打、ピッチャー返しの中前打と、敗れた準々決勝でも2安打をマークした。
 2年夏秋はともに早い段階での敗退となり、3年春に2年連続の8強進出を達成。
 3回戦・越谷南戦で右越え満塁一掃3塁打、準々決で上條将希から先制打を放っている。
 3年夏には17年ぶり5回戦進出を果たし、打率.529(17打数9安打)点6を記録。
 4回戦・埼玉栄戦で先制右中間2点三塁打など、5打数3安打、2長打3打点の活躍を見せた。
 県大会8強が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 186cm72kg、バランス型の大型遊撃手。
 大型ながらミート力を持ち味とする左打者。冬場の打撃強化によりスイングスピードを増した。
 3年夏の県大会4試合17打数で9安打(二塁打2、三塁打1)を記録。
 グラブ捌きが柔らかく堅実なショート守備も持ち味の一つ。安定した送球でアウトに仕留める。
 50m6秒1の脚力、遠投110mの強肩の持ち主。投手起用も経験した。

  スカウトコメント

日本ハムスカウト|14/10/23
 「走攻守バランスのとれた大型遊撃手。ミートの上手い打撃と柔軟なグラブさばき、安定した送球は高いレベルにある。身体能力が高く、将来は三拍子揃った遊撃手になれる逸材」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2014年12月15日(月)|2014年ドラフト指名選手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
個人的には今ドラフト1番の隠し玉でした。いまのファイターズの2軍内野手は右打の選手ばかりなので、左打の太田選手には期待したいですね!
| 北風 | 2014年10月26日(Sun) 04:27 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2014年ドラフト指名選手 | コメント(1) Page Top↑