平湯 蒼藍(三菱重工神戸・高砂)|ドラフト・レポート

平湯 蒼藍(三菱重工神戸・高砂)

ここでは、「平湯 蒼藍(三菱重工神戸・高砂)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm85kg 右左 外野手 遠投90m 50m6秒7 海星高→専大 1年目
腰の据わった構えから広角に長打を放つ左の強打者。中学日本代表の4番。4年時から主将を担う。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春: 12 .194  36  7 0 0 1 4 14 5 0  .293  .278
   16秋: 9 .333  30 10 1 0 0 4 10 2 0  .375  .367
   17春: 10 .300  30  9 1 0 0 3 12 1 0  .323  .333
   17秋: 14 .277  47 13 4 0 0 3 8 15 0  .452  .362二部
   18春: 12 .259  27  7 1 0 0 3 5 8 0  .429  .296二部
   18秋: 11 .321  28  9 3 1 1 6 4 10 0  .500  .607二部(7位)
   19春: 14 .205  44  9 1 0 2 7 8 8 0  .327  .364二部
   19秋: 12 .122  41  5 2 0 0 1 8 6 0  .234  .171二部
   一部: 31 .271  96 26 2 0 1 11 36 8 0  .327  .323
   二部: 63 .230 187 43 11 1 3 20 33 47 0  .385  .348
   

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 失 出塁率 長打率
   14夏: 1 .000  4  0 0 0 0 0 1 1 0 1  .200  .000(4番/三→一)
   通算: 1 .000  4  0 0 0 0 0 1 1 0 1  .200  .000

  最新記事

 ■ 専大2季連続2部優勝 平湯2発(スポニチ) 19/6/6

 専大打線が効果的に得点し、2季連続22度目の優勝を飾った。6番・平湯が2回に先制ソロ、同点の4回には右中間へ決勝2ランと爆発。4発を含む11安打の打線をけん引した。

    1号:大和田啓亮(日本大)  16/ 4/22  左ポール際2ラン
    2号:米村健一郎(東農大)  18/10/18  右越えソロ本塁打
    3号:多田 裕作(拓殖大)  19/ 6/ 6  右中間ソロ本塁打
    4号:多田 裕作(拓殖大)  19/ 6/ 6  右中間への2ラン
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    1号:釘宮 光希(立正大)  19/ 6/15  右翼席への3ラン(入替戦)
    2号:福山 優希(駒澤大)  19/ 6/19  右翼席への2ラン(入替戦)

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19春入替: 3 .500  8  4 2 0 1 3 0 2 0  .600 1.125

 ■ 江越の後輩、専大1年平湯が逆転代打弾(デイリースポーツ) 16/4/23

 1点を追う六回1死一塁。代打で登場した平湯が、初球を思い切りよく振り抜くと、打球は左翼ポール際にスタンドイン。流れを引き寄せる逆転2ランとなった。1、2回戦は7打数無安打。この日はスタメン落ちしたが、ひと振りで仕事をこなし「狙った球だけフルスイングしようと思っていた」と笑った。1回戦では同じ1年生の池間が3安打の活躍。「うれしいのと悔しいのがあった。今日は自分が行くぞと思っていた」と燃えていた。長崎海星では高校通算39発。同校OBの阪神・江越は「少しでも近づきたい」という目標だ。「自分の中では長打力が魅力だと思っている」。その証明となる逆方向への一発で、1年生スラッガーが勝ち点奪取に貢献した。

 ■ 専大、新戦力が活躍…1年生の平湯が先制二塁打(SANSPO) 16/4/6

 春季リーグ第1週第2日(6日、東洋大4-9専大)専大は新戦力が活躍し、東洋大に雪辱した。4年生の先発平間が六回途中まで2失点で投げて初勝利。5番に起用した1年生の平湯が一回に先制の2点打を放ち、勢い付けた。斎藤監督は「平間はうちにない球速が持ち味。荒れ球だし相手は絞りにくいだろう。平湯もいいでしょう」と話し「守りのミスもある若いチームで粘り強く戦う。あした(7日)も点の取り合い」と続けた。

過去記事

 ■ 海星・平湯 雪辱誓う夏(西日本スポーツ) 15/6/20

 甲子園での雪辱は、甲子園でしか晴らせない。2年生4番として注目されながら、昨夏は二松学舎大付との初戦で4打数無安打。5-7で惜敗した悔しさと、ふがいなさで号泣した海星の平湯にとって雪辱の夏が始まる。「チームに迷惑をかけた分、今年は大事な場面で打つ」と言い切った。元来の責任感の強さがスイングにも影響を及ぼしていた。選抜出場につながる昨秋の九州大会、初戦の九州学院戦でノーヒットに終わり、6-7で初戦敗退。その後、主将を外された。「平湯は背負いすぎていたから。チームも大事だが、もっと自分自身を磨いてほしかった」という加藤監督の配慮だった。冬場に取り組んだのが、長打狙いで大振りになっていたスイングの修正だった。コンパクトに振るには体幹強化が必要と感じ、昨年末に重さ5キロのメディシンボールを購入。全体練習とは別に、主に腹筋を鍛える4種類のメニューを課した。インパクトの瞬間、ボールをバットに乗せる意識も高まり、トレーニングとの相乗効果で飛距離もアップ。昨夏の甲子園前に19本だった通算本塁打は32本まで増えた。「(オリックスの)糸井さんのように長打も単打も打てて、打率も残したい」。昨季のパ・リーグ首位打者で球界を代表する左打者を理想に掲げる。昨夏の甲子園経験者が6人残るなど高い力を持ちながら、新チームを結成してから県内の公式戦を一度も制したことはない。夏前哨戦のNHK杯決勝では創成館に2-6で敗れた。それでも加藤監督は「主将が代わったことで他の選手の自覚も高まってきた」と手応えを感じている。「夏は1球で流れが変わる。どんな状況でも平常心で臨む」。平湯は完全燃焼のラストサマーを誓った。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏予: 5 .333 21  7 2 0 2 7 4 2 2  .391  .714
   15夏予: 5 .353 17  6 2 0 0 3 0 4 4  .476  .471
   通 算: 10 .342 38 13 4 0 2 10 4 6 6  .432  .605

 ■ 海星の2年生4番・平湯は無安打「ふがいない」と号泣(スポーツ報知) 14/8/15

 長崎大会で2本塁打した海星の2年生4番・平湯から快音は響かなかった。「チャンスで打てず、3年生に迷惑を掛けた。悔しいし、ふがいない」と号泣。3年生の控え選手が肩を抱いて慰めた。1回には三塁の守備で悪送球し、ピンチを招いて3失点につながった。「これが実力だと思う。自分がしっかりと引っ張り、勝てるチームになって戻ってきたい」と雪辱を誓った。

 ■ 海星・4番平湯サッシー以来の怪物/長崎(日刊スポーツ) 14/7/31

 長崎から甲子園のスター候補が現れた。海星が創成館に打ち勝ち、3年ぶり17度目の夏優勝を飾った。海星の2年生4番・平湯蒼藍(ひらゆ・そら)内野手が勝ち越し2点適時二塁打、ダメ押しソロ本塁打と2安打3打点の活躍。中学時代リトルシニアの日本代表で4番を打った左の長距離砲はこの日で高校通算19本塁打。その強打で甲子園でも暴れまくる。「最高です!」。4番平湯はマイクに向かって叫んだ。同点の5回、無死二、三塁から低めのスライダーを振り切り、右翼線へ勝ち越し2点適時打。「最終回の守りが苦しくなると思ったので、あと1点欲しかった」。9回にはカーブを右中間スタンドへソロ本塁打をたたき込んだ今大会、腰痛に悩まされ続けたが、2打席とも狙いを定め一発で仕留めて甲子園に導いた。家族の思いを胸に大舞台へ向かう。父隆之さん(40)は中堅手として90年夏に、兄翔太さん(20)は捕手として11年夏に同じく海星で甲子園に出場。いずれも初戦敗退し、3年前の兄の悔しい姿はアルプス席から目に焼き付けていた。左の長距離砲は海星中時代、リトルシニアの日本代表に選ばれ4番を打った実力で、横浜、智弁和歌山、大阪桐蔭などから声をかけられたが、海星を選んだ。「父も兄も勝てていないので、校歌を歌いたい。長打力を生かして出るからには甲子園でも優勝目指して頑張りたい」と意気込んだ。

  プロフィール

 長崎県長崎市生まれ。
 平湯 蒼藍(ひらゆ・そら)外野手。
 橘小1年から東長崎イーグルスで野球を始め、海星中時代は長崎海星リトルシニアに所属。
 中学1年からレギュラーとして活躍し、2年秋・3年夏に全国を経験した。
 日本代表の4番として出場した3年夏の世界大会(準V)で打率.564の好成績を残している。
 当時の代表メンバーに加藤雅樹星兼太ら。

 海星高では1年時から控えとしてベンチ入り。
 1年時秋の新チームで定位置を掴み、2年時6月にNHK杯連覇、同夏に3年ぶり予選Vをはたす。
 4番・一塁兼三塁レギュラーとして打率.333(計21打数7安打)本2点7をマーク。
 準々でソロ・2点二塁打を含む3安打を記録し、決勝で右中間弾など3打点の活躍を見せた。
 甲子園では4打数ノーヒットと活躍出来ず、二松学舎大付に5対7で初戦敗退。
 三塁守備でも3失点につながる悪送球を犯し、攻守両面でホロ苦い甲子園デビューとなった。
 同年秋の九州大会に長崎2位で臨むも九学に6-7(3の0)で敗れ初戦で敗退。
 翌3年夏の予選で打率.353の活躍を見せたが、創成館高に3-7で敗れ決勝戦敗退に終わった。
 高校通算39本塁打、同学年に高山凌遊撃手ら。

 専修大学では1年時春から1部リーグ戦ベンチ入り。
 1年生ながら主に5番DHとして先発で起用され、1割台の低打率ながらも規定数到達を果たす。
 第3週・日大3回戦で左翼ポール際にたたき込むリーグ戦1号ソロアーチをマーク。
 以降8季で合計94試合(2部戦63)に出場し、うち83試合(DH50、左33)でスタメンを務めた。
 主に主軸(5番30、4番25、6番22)を担い、打率.244(69安打)本4点31を記録。
 打率.321本1点6の好成績を残した3年時秋に2部7位での打撃ベスト10入りを果たしている。
 4年時春のリーグ戦から主将を務め、同最終戦で2打席連発の大活躍を披露。
 続く入替え戦2回戦で右越えの2ランを放ったが、駒澤大学に1勝2敗で敗れ1部昇格を逃した。
 通算94試合、打率.244、69安打、4本塁打、31打点。

 178cm85kg、ガッチリとした体格の外野手。
 腰の据わったフォームで長打力のある左の強打者。鋭く振り切るスイングから広角に長打を放つ。
 中学時代に日本代表の4番を経験。地元ホークスなどプロから注目されていた。
 海星高校時代はサード兼ファーストとしてプレー。最速145㌔に迫る直球を投げる強肩を備える。
 高3夏の県大会初戦で1試合3失策(サード)。

  スカウトコメント

ソフトバンク・永山勝スカウトチーフ|14/8/20
 「まだ2年生だが平湯蒼藍(海星)はホークスジュニア時代から注目している選手」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年12月07日(土)|2021年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑