中川 圭太(東洋大)|ドラフト・レポート

中川 圭太(東洋大)

ここでは、「中川 圭太(東洋大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



中川 圭太(東洋大)

180cm75kg 右右 二塁手 遠投100m 50m6秒2 PL学園
通算109安打9発、強い打球を放つ右の強打者。大型セカンド。国際大会で4割超の打率を残した。
2018年オリックス7位(契約金2500万円、年俸700万円)

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春: 11 .262  42 11 0 1 0 2 3 2 1  .295  .310二部
   15秋: 14 .340  50 17 4 0 0 7 4 7 0  .421  .420二部(3位)
   16春: 12 .267  45 12 2 0 1 4 8 5 1  .340  .378
   16秋: 13 .260  50 13 2 2 1 11 10 2 0  .288  .440
   17春: 10 .353  34 12 0 1 3 8 4 11 0  .511  .676(10位)
   17秋: 14 .291  55 16 4 0 1 12 10 8 3  .381  .418
   18春: 14 .291  55 16 3 1 2 9 6 6 1  .361  .491
   18秋: 13 .235  51 12 2 0 1 6 5 3 1  .278  .333 
   一部: 76 .279 290 81 13 4 9 50 43 35 6  .357  .445
   二部: 25 .304  92 28 4 1 0 9 7 9 1  .366  .370

    ※ 16秋:ベストナイン(DH) 17春秋18春:ベストナイン(二塁)

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17選: 1 .000  4  0 0 0 0 0 1 1 0  .200  .000
   17神: 2 .333  3  1 0 0 0 0 0 0 0  .333  .333
   18選: 1 .000  3  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   通算: 4 .100 10  1 0 0 0 0 1 1 0  .182  .100

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17日米: 5 .316 19  6 3 0 0 3 4 3 0  .409  .474
   17ユニバ: 7 .500 22 11 1 2 1 13 1 6 1  .607  .864 ※首位打者、打点王
   通 算: 12 .415 41 17 4 2 1 16 5 9 1  .520  .683

  最新記事

 ■ オリックス “最後のPL戦士”中川が仮契約「縁を感じた」(スポニチ) 18/11/21

 オリックスから7位指名された東洋大・中川圭太内野手が21日、ホテルメトロポリタンエドモントで仮契約を結んだ。契約金2500万円で年俸は700万円背番号は「67」に決まった。リーグ通算9本塁打を誇るスラッガーは開幕1軍を力強く誓い「まずは1年間勝負できるケガしない身体作りを。入団までに3キロ増やしたい」。また、牧田担当スカウトに「PLの先輩の今岡さんのように打つ方でチームをけん引する選手になってほしい」と期待を寄せられると「首位打者や打点王を獲った今岡さんのような勝負強いバッターになりたい」と期待に応える活躍を誓った。京セラドームは地元が大阪だったこともあり試合観戦もしていたが、試合でも訪れており、「中学2年の時、レフトへホームランを打ったことがあった。オリックスにドラフト指名されたときにそれが頭に浮かんできた。縁を感じた」と話した。

    1号:村川 翔太(中央大)  16/ 4/13  右越えランニング弾
    2号:高橋  礼(専修大)  16/ 9/28  左越えの決勝ソロ弾
    3号:嘉陽宗一郎(亜 大)  17/ 4/19  左越えのソロ本塁打
    4号:金城 乃亜(専修大)  17/ 5/ 1  左越え2ランアーチ
    5号:宮内 崇匡(国学大)  17/ 5/ 9  勝ち越し左越えソロ
    6号:釘宮 光希(立正大)  17/ 9/29  左越えの満塁本塁打
    7号:辻本 宙夢(駒澤大)  18/ 5/ 1  左越えのソロ本塁打
    8号:多崎 蒼司(駒澤大)  18/ 5/ 2  先制の左越え2ラン
    9号:森  翔平(国学大)  18/10/18  左越え2ランアーチ

 ■ 「最後のPL戦士」東洋大・中川 ロッテ、DeNAなど熱視線(スポニチ) 18/10/25

 東洋大・中川圭太内野手はPL学園出身で、パンチ力とミート力を兼ね備えたスラッガー。16年夏を最後に休部した超名門からプロ入りする「最後のPL戦士」とも呼ばれるが、中川は「自分が最後だとは思っていない。PL野球部には復活してほしい。プロ野球選手を引退したらPLで監督をやりたい」と語る。上位候補としてロッテDeNAなどがリストアップ。まずは「プロ野球選手」の夢をかなえる。

 ■ 栗山監督が東洋大・上茶谷、甲斐野ら電撃視察!(スポーツ報知) 18/10/17

 日本ハム・栗山英樹監督が、東都大学野球の国学院大―東洋大2回戦を、ネット裏から電撃視察した。都内でのスカウト会議終了後、一人で神宮を訪れた。試合後の指揮官は「スカウトからの報告で、中川くん(圭太二塁手)も含めて、いい選手というのは聞いている。自分の目でも、見ておきたいと思っているし、きょうは見られるタイミングだった。いいものを見せてもらった」と話した。

過去記事

 ■ プロ表明の東洋大・中川圭太「秋こそ日本一になる」(日刊スポーツ) 18/8/31

 東洋大が8月31日、同大グラウンドで最終調整を行った。ドラフト候補で主将の中川圭太内野手はプロ一本を表明。今夏の大学日本代表には選ばれなかったが「その分、グラウンドで練習ができて良かったと思う。春は日本一になる目標を達成できなかった。秋こそ日本一になるため、リーグ戦の優勝を狙います」と言い切った。

   18年6月 試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   選考合宿: 3 .000  5  0 0 0 0 0 1 3 0  .375  .000

 ■ プロ注目の東洋大・中川が2試合連発「状態上がってきた」(デイリースポーツ) 18/5/2

 プロ注目の東洋大・中川圭太内野手が2試合連発となる今季2号本塁打を左翼席へ突き刺した。初回2死一塁で「うまく体が反応した」と直球を捉えた。アンダースローの駒大・多崎から先制2ラン。三回には右方向に適時三塁打と2安打3打点。「状態は上がってきましたね」と顔つきもりりしくなってきた。復調のきっかけは同期からのアドバイスだ。川口達朗学生コーチ(4年)の「ボールに対して向かいに行き過ぎている」という指摘を受けて修正。結果が出始め、手応えをつかんでいる。
 中日正津スカウトは「打率も残せ1発も打てる。(元阪神の)今岡のようなタイプの選手」と評価した。(日刊スポーツ)

 ■ プロ注目の東洋大・中川が今季1号 7試合目で待望一発に笑顔(デイリースポーツ) 18/5/1

 東洋大が終盤に逆転し、先勝した。プロ注目の中川圭太内野手が六回に今季1号となるソロ本塁打。4番が反撃ののろしを上げ、チームを勢いづけた。「4番が打つと流れが変わる」と待っていたスライダーを振り抜くと、打球は左翼へ。今季7試合目にして待望の一発に「うまく打てました」と笑みがこぼれた。四回にも逆らわずに中前へ運んでおり、マルチ安打と調子は上向いている。阪神・吉野スカウトは「(ホームランの打席では)最後、腕を使って押し込んでいた」と技術の高さを評価。チームの勝利に右の大砲は「粘り強く戦えた」と主将の顔をのぞかせた。

 ■ 今秋ドラフト目玉は東洋大3人衆(スポニチ) 18/1/25

 東洋大は3人が今秋ドラフトの上位候補。甲斐野央投手、中川圭太内野手は実績十分で、梅津晃大投手は才能開花に期待がかかる。俊足巧打の二塁手・中川は「高橋監督には今岡さんを超えろと言われた」。東洋大を46年間指揮して昨季限りで勇退し、2月から総監督となる高橋昭雄氏は「今岡を十分目指せる。天才。ヒットゾーンが広い」と評価する。

 ■ 東洋大、あと1球で完封負けから2者連続弾で劇的逆転星!(デイリースポーツ) 17/5/9

 東洋大が劇的な逆転勝利を飾り、優勝戦線に踏みとどまった。0-1で完封負け目前の九回2死、カウント2-2から、3番・田中将也内野手変化球を捉える左越えへの同点ソロ。続く4番・中川圭太内野手(3年)が直球を左翼席に運ぶ勝ち越しソロを放った。決勝弾の中川は「田中さんは変化球を打ったので、真っすぐを待って打席に入った結果。よかったです」と、4番の仕事を果たした充実感をにじませた。高橋昭雄監督も「野球は終わってみないとわかんないな。最後で頑張れてよかった。0-1で負けていて、ホームラン、ホームラン。40何年、1000試合近く監督をやっているけど、こんなのは初めてかな」と、感嘆していた。

 ■ 東洋大、中川の決勝ソロで開幕4連勝!(スポーツ報知) 16/9/29

 東洋大は、専大に先勝し、11年春以来の開幕4連勝を飾った。3番・中川圭太内野手(2年=PL学園)が、6回に決勝ソロを放った。1―1の6回1死、左翼席に勝ち越しの一発を放った。1部昇格した今春にランニング本塁打を放ったが、神宮でサク越えでの一発は人生初。「気持ちよかったですね。1打席目、2打席目は甘い球に反応できなかったので、甘い球に負けないで打ちました」。この日まで打率は1割6分7里と不調だった。高橋照雄監督(68)は「よく打ちましたね。ドンピシャだった。打てるようになってきた」とたたえた。

 ■ 東洋大・中川がまた打った!今岡以来のルーキー開幕4番の最右翼(SANSPO) 15/3/5

 東都大学野球リーグ、東洋大のスーパールーキー、中川圭太内野手(大阪・PL学園出身)が猛打を見せ続けている。4日はオープン戦6戦目の立大戦(東洋大グラウンド)に「4番・DH」で出場し、2打数2安打で9-3のチームの勝利に貢献した。これで6試合22打数12安打で打率・545。9打点、3本塁打と当たりまくっている。高橋昭雄監督は「新人で、打ち続けるんだから本物でしょう。1年生の初戦でホームランを打った今岡(元阪神など)以来の驚き。(中川は)新人でも開幕4番の候補1番手だ。環境が変わって大変だと思うけど、“ここで”というときに打つ。あと2試合オープン戦が続くけど、やってくれると思うよ」と目を細めた。

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15秋入替: 3 .462  13  6 2 0 0 3 0 0 0  .462  .615

 ■ 東洋大、今岡以来のスーパールーキー誕生か…4番候補に中川(SANSPO) 15/2/25

 東都大学野球リーグの東洋大でスーパールーキー、中川圭太内野手が大暴れを見せた。25日、東洋大グラウンドで行われた今季オープン戦初戦の山梨学院大戦で「4番・DH」で出場し、5打数4安打2打点と8-2の勝利に貢献した。ここ4季2部に低迷中の東洋大。新人の中川とともに「2番・左翼」で先発出場し、5打数1安打の竹原祐太外野手(東京・二松学舎大付高出身)らの台頭で、今季の展望が大きく開けた感じになってきた。右投げ右打ちの中川は「前日(24日)のシート打撃で4番を打たせてもらっていたので、きょう4番を伝えられて“やってやろう”と思っていたし、緊張もしなかった。最初はカットボール、次はスライダー、三塁打は真っすぐ、4本目はスライダーでした」と全安打を振り返った。「目標は高校、大学と先輩になる今岡さん(元阪神など)です」ときっぱり言い切った。頼もしいルーキーに高橋昭雄監督は「新人がやってくれた。いきなり4番で4安打は四十何年監督をやっていて初めて。印象度でいえば、新人の初戦でホームランを打った今岡以来だろうね。新人の開幕4番? あり得るだろうね。こういう選手が出てきたときのウチは、違うよ。2部で(野球を)続けていくわけにはいかない」と手応えを感じていた。

 ■ PL猛打爆発!4発13点で4回戦進出(デイリースポーツ) 14/7/22

 大阪では、PL学園が4本塁打の猛攻で堺東に七回コールド勝ち。プロ注目で主将の中川圭太内野手(3年)を中心に13得点で4回戦へと駒を進めた。PL学園の猛打が爆発した。14安打13得点で堺東を圧倒。初戦に続くコールド勝ちを飾った。初回に安打と四死球で2点を先取すると、毎回安打で終わってみれば13得点。中川圭、難波、改田、中山ら4人が放った合計4本の柵越えが、猛攻の象徴だ。火付け役になったのは主将で「4番・二塁」の中川圭。「取りあえず狙い球を絞っていきました。しっかり振り切った結果だと思います」。三回無死、高校通算28号の豪快な一発を左翼席にたたき込んだ。視察に訪れた日本ハム・芝草スカウトは「(中川圭は)体も大きいですし、力強さも感じますね。楽しみな選手です」と言いながらも、「この試合はPL打線でしょ」と強力打線に感服した。昨年、部員の不祥事によって前監督が退任正井一真校長(66)が代理で監督を務めている。「最後の夏なんで、悔いのない試合ができるようにやっていきます」と中川圭。事実上監督不在が続いているが、主将を中心に強力打線でこの壁を乗り越えていくつもりだ。これで今夏2勝目。2009年から遠ざかっている聖地へ、全員野球で突っ走る。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率 
   12秋大阪: 5 .833 12 10 1 1 4 14 2.083
   13秋大阪: 7 .346 26  9 1 0 2 10  .615
   13秋近畿: 1 .333  3  1 0 0 0 0  .333
   14春大阪: 8 .417 24 10 4 2 0 10  .750 
   14夏大阪: 2 .571  7  4 1 0 1 2 1.143
   通  算: 23 .472 72 34 7 3 7 36  .944

 ■ PLコールド発進“校長監督”夏初星(デイリースポーツ) 14/7/17

 PL学園が五回コールドで初戦を突破した。プロ注目で主将の中川圭太内野手(3年)が2安打3盗塁と活躍。主将として三回の逆転劇を先導し、暫定的に監督を務める校長の正井一真監督(66)に、夏初勝利をプレゼントした。事実上の監督不在が続いているPL学園が、得意の逆転劇で初戦をコールド発進した。2点ビハインドで迎えた三回1死の場面で中川が中前打で出塁。そこから3本の長短打、3四死球で5点を奪い逆転。終わってみれば13‐2の快勝だった。

  プロフィール

 大阪府阪南市生まれ。
 中川 圭太(なかがわ・けいた)二塁手。
 尾崎小1年から尾崎ボーイズで野球を始め、尾崎中時代は泉佐野リトルシニアに所属。
 AA代表で中3夏のU-16世界選手権(3位)に出場した。

 PL学園では1年秋から背番号3でベンチ入り。
 5番・一塁手として予選全5戦に先発で出場し、計12打数で10安打、本4点14の好成績を残す。
 藤井寺戦で満塁弾含む3安打7打点、港戦で1試合3本塁打6打点の大暴れ。
 部員不祥事で翌2年春夏の出場を辞退し、同年秋に主将・4番・二塁で府準Vを達成した。
 半年間に渡るブランクを乗り越え、7試合打率.346、2発10打点の活躍を披露。
 6回コールド16対0の大勝を収めた日新戦で、1イニング2発(6回表)、5打点を記録している。
 3年夏の大阪大会は大阪桐蔭に1対9(4打数1安打)の大敗を喫して準優勝。
 3回戦・堺東戦で左越え28号ソロアーチを放ち、視察に訪れた日ハムスカウトから評価をされた。
 大阪準V、近畿1回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 東洋大では1年春からDH(主に3・6番)でレギュラー。
 同年秋の2部リーグ戦に主に4番DHとして臨み、打率.340(3位)の好成績で4季ぶりVを果たす。
 続く駒大との入替戦(3番・一塁)で、13打数6安打、3戦3打点の活躍を披露。
 左中間を破る2塁打、左線2塁打を放つなど、今永昇太から2戦7打数で4安打をマークした。
 4年8季で計101試合(1部76)に出場し、東都通算109安打、本9点59を記録。
 2年春の中央大2回戦でライト前にはじき返すリーグ戦1号ランニングソロ本塁打を放っている。
 3番DHを経て3年春から4番二塁を担い、4シーズン連続でベストナインを獲得。
 3年春の国学1回戦で9回2死決勝ソロを放ち、同年秋の立正2回戦で左満塁弾を記録した。
 全国大会には3、4年春の大学選手権、及び3年秋の神宮大会(4強)に出場。
 右太もも痛により代打を担った3年秋の神宮大会準決で中安(外低めスラ)をマークしている。
 国際大会には3年夏の日米およびユニバに3番・セカンド兼ファーストとして出場。
 2大会全12試合にスタメンで起用され、17安打7長打、打率.415本1点16の好結果を残した。
 チーム打率.190と苦しんだ日米大学野球(2勝3敗)で打率.316の奮闘を披露。
 全勝Vを飾ったユニバ(チーム打率.355)で、首位打者(5割)、打点王(13打点)を獲得している。
 通算101試合、打率.285、109安打、9本塁打、59打点、7盗塁。

 180cm75kg、強打が魅力のプロ注目大型セカンド。
 力強いスイングから強い打球をはじき返す右の強打者。リーグ通算9本塁打のパンチ力を秘める。
 ミート力でスカウトからの評価を獲得。4年間で計109安打31長打を記録した。
 右方向への打球も持ち味の一つ。高3夏の練試で右中間への満塁弾三塁打を放っている。
 3番・指名打者を経て3年春から4番・セカンドでプレー。4年春から主将を担う。
 前監督・高橋昭雄氏からOB・今岡真訪(阪神96年1位)を超え得る存在として期待されていた。
 3年春以降4季で11失策。高校通算29発、公式戦23戦7発。

  スカウトコメント

オリックススカウト|18/10/25
 「大学日本代表のクリーンアップを任されるなど、高いポテンシャルを誇る。リストの強さはアマチュアトップクラス。崩されてもヒットにできる巧打に加え、スタンドに放り込むパワーも兼ね備えている。1年目から活躍が期待される選手」
中日・正津スカウト|18/5/3
 「打率も残せ1発も打てる。(元阪神の)今岡のようなタイプの選手」
阪神・吉野スカウト|18/5/1
 「(ホームランの打席では)最後、腕を使って押し込んでいた」
プロスカウト|17/11/2
 「球をとらえる技術が高い」
ソフトバンク・宮田善久スカウト|17/8/23
 「右打者で長距離を打てるのは魅力。タイミングの取り方も良いし、スイングもコンパクトです」
日本ハム・芝草スカウト|14/7/22
 「(中川圭は)体も大きいですし、力強さも感じますね。楽しみな選手です」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2018年11月22日(木)|2018年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(7) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
去年まで松井稼頭央(PL出身)がいて
他にも平石ヘッドコーチ(PL出身)がいて
今江(PL出身)もいる

どれもPLで特別扱いされてた人たちだけど
| MM | 2018年06月07日(Thu) 15:26 | URL #- [ 編集]
ファーストとして考えるくらいでよさそう
横尾みたいな感じかも
| 。・。 | 2018年04月05日(Thu) 22:19 | URL #- [ 編集]
PLってのがやっぱり・・・OBが・・・ねえ
さすがに現役選手にいろんな先輩が口出ししてくるようなことは無いか?野球部も休部中だし
| hou | 2017年12月05日(Tue) 02:27 | URL #- [ 編集]
優勝決定戦で観ましたが能力だけなら来年の上位候補の一人でしょうね。去年までは好素材でしたが、今年のGWに観てから数字や実績も付いてきたなと思いました。
リストが強く、強振しなくても打球が飛んでいくのは天性。間を持ててるからコンタクト率も高い気がします。
セカンドを守れるのも大きいですが、まだ上体でボールをハンドリングしようとしてるのでプロでは下半身主導でボールを掴まえるように指導されると思われる。

左方向への打球比率の高さといい、山田哲人を彷彿とさせます(擦っても力で逆方向に運ぶ浅村タイプではない)。まだ山田並のスケールは感じませんが貴重な右打ちのスラッガーとしてラストイヤーの活躍に期待してます。
| タラバ | 2017年11月04日(Sat) 22:17 | URL #K47MgfVQ [ 編集]
NPBや各球団が清原などの怪しい人物が多く出ているPLを遠ざけたいのなら指名はないだろう

彼さえ来なければ現役PL出身選手はあと数年で全滅するのだから

とりあえずは社会人に行ってお茶を濁すかもしれない
| 。・。 | 2017年11月01日(Wed) 02:16 | URL #- [ 編集]
4年後が楽しみですね。上本の後継者として阪神タイガースをお勧めですね。是非逆指名をお願いします。
| 浜田山のトラファン | 2015年02月26日(Thu) 19:55 | URL #jcDkCMtU [ 編集]
オリックスに欲しい人材。ポスト平野恵に!
| 匿名 | 2014年09月18日(Thu) 07:09 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年ドラフト指名選手 | 東都大学 コメント(7) Page Top↑