岸本 朋也(明治安田生命)|ドラフト・レポート

岸本 朋也(明治安田生命)

ここでは、「岸本 朋也(明治安田生命)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



173cm82kg 右右 捕手 遠投90m 50m6秒5 関大北陽→早大 1年目
二塁送球1.9秒台、ガッチリした強肩捕手。パンチ力を秘めた右打者。4年秋にベストナインを受賞した。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春:          出場無し
   15秋:          出場無し
   16春:          出場無し
   16秋: 6 .167  6  1 1 0 0 1 2 0 0  .167  .334
   17春: 12 .258  31  8 2 0 0 6 5 10 0  .439  .323
   17秋: 10 .167  24  4 1 0 0 3 3 3 0  .259  .208
   18春: 12 .375  40 15 1 0 1 5 4 3 0  .419  .475(4位)
   18秋: 14 .365  52 19 4 1 0 7 7 6 0  .431  .481(4位)
   通算: 54 .307 153 47 9 1 1 22 21 22 0  .394  .399
    ※ 18秋:ベストナイン

  最新記事

 ■ 早大 代打・岸本口火打で逆転勝ち 初安打初打点(スポニチ) 16/9/27

 早大は3―2で立大を下して1勝1敗のタイとした。1―2の7回、代打・岸本朋也捕手(2年)が同点の右中間二塁打リーグ戦初安打初打点で劣勢をはね返し、逆転勝ちにつなげた。1点を追う7回2死二塁、「狙っていた」直球を強振し、同点二塁打。今季は2試合に代打出場も、いずれも凡退。それだけに「感触は良かったので、越えてくれと思いながら走った。安打になってうれしかった」と声を弾ませた。今夏に股関節周りを強化したことで下半身が安定。「これからも結果を出してチームの戦力になれるように頑張りたい」と力強かった。

    1号:菅野 秀哉(法政大)  18/ 5/19  左ポール際ソロ

    二塁送球タイム:3年秋の東大1回戦3回裏1秒97(左打者外角ストレート)

 ■ 大阪大会 PL学園が関大北陽の粘り退ける(産経ニュース) 14/7/30

 PL学園は初回に先制。関大北陽に中盤追いつかれたが、八回に得点を重ね引き離した。一方、関大北陽は五回、岸本の左前適時打で1点、六回、安達と井口の適時打で2点を加点し同点にしたが、続かなかった。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏予: 7 .375 24  9 1 0 1 7 1 6 0  .500  .542

 ■ 関大北陽が打ち勝ち4強/高校野球(日刊スポーツ) 13/10/6

 関大北陽が大商大堺に競り勝ち、準決勝進出を決めた。初回に保市慎平外野手(2年)の中堅バックスクリーンへの3ランなどで5点を先制。だが13-4で迎えた7回に大商大堺の反撃にあい、5点を失った。9回も1点を返されたが、4番手の安達陸投手(1年)が踏ん張った。3ランで投手陣を援護した岸本朋也捕手(2年)は「夏に負けたあと、しっかり練習してきた。1戦1戦全力で戦う」と語った。

  プロフィール

 大阪府大阪市出身。
 岸本 朋也(きしもと・ともや)捕手。
 城東小学校2年時に軟式野球を始め、城東中では東大阪北ボーイズに所属。

 関大北陽では1年時から背番号17でベンチ入り。
 同年夏の予選全4戦に4番・レフトとして出場し、1年秋の新チームから4番・キャッチャーを務める。
 2年春夏と2季続けて府8強まで進出し、主将となった同年秋に近畿大会出場。
 中堅左への3ラン(舞洲)、二塁けん制捕殺と、府準々決勝で攻守にわたる活躍を披露した。
 続く近畿大会1回戦・報徳戦(6対8)で、中前2点タイムリーなど3安打をマーク。
 翌3年春の府準々決勝・大阪桐蔭戦(7回6対15)で舞洲BS左翼席への3ランを放っている。
 3年夏の府大会は打率.375本1点7の活躍およばずPLに3対7で敗れ4強敗退。
 強肩強打で巨人などスカウトから注目されたが、プロ志望をせず早稲田大学への進学を選んだ。
 大阪3位、近畿1回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 早大進学後は2年秋からリーグ戦に出場。
 翌3年春のリーグ戦になって正捕手の座を掴み、打率.258(前半8安打)本0点6の実績を残す。
 以降4季で44試合(5番21)に先発し、通算47安打、打率.307本1点22を記録。
 チームとしては3シーズン連続でBクラスと苦しみ、最終季4年秋にAクラス2位浮上を達成した。
 4年春に打率.375本1(法大1回戦で左線ソロ)のキャリアハイで初の十傑入り。
 同年秋に打率.365(リーグ2位の19安打)点7の好成績でベストナインのタイトルを獲得している。
 通算54試合、打率.307、47安打、1本塁打、22打点。

 173cm82kg、ガッチリした体格の強肩強打の捕手。
 力強く振り切るスイングから強い打球を放つ右の強打者。パンチ力を秘めた打撃で5番を担った。
 広い舞洲球場(C122m、RL100m)で、中堅左3ラン、左3ランを放った実績を持つ。
 早大では3年春に正捕手の座を獲得。以降4季で44試合(5番21、7番9)の先発を経験した。
 捕手としては低い軌道の送球がセールスポイント。二塁到達1.9秒台を計測する。
 一方でキャッチング、動きの硬さを課題に残し、高校2年12月から四股踏みを練習に取り入れた。
 握力左右とも67キロ。遠投90メートル、50m走6秒5。

  スカウトコメント

巨人・渡辺政仁スカウト|14/6/18
 「私の母校の選手だし、注目して見ています。まず目に付くのは、地肩の強さとボールを遠くに飛ばすパワー。バットを振る力は相当なものです。中学時代から注目され、北陽でも1年秋からレギュラーで4番を任されているのは、持って生まれたセンスによるもの。魅力満点。キャッチングなど細かい課題はいろいろありますが、今の段階では当然。大学進学を希望しているようですが、次の舞台で直していけばいい。大きな可能性を持った選手だと思います」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2018年12月09日(日)|2020年社会人野手 | 東京六大学 コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
明治安田生命に進むそうですね
| 匿名 | 2018年11月17日(Sat) 09:46 | URL #- [ 編集]
今年の早慶戦を見て初めて岸本くんを知りました。
キャッチャーとしての動き、肩、リードはかなり目を見張るものでした。
素人の私が言うのもなんですが、巨人の小林選手以上の可能性を秘めていそうです。
ぜひプロの世界へ乗り込んで欲しいですね。
願わくば巨人へ!!
| ジャイアンツ愛 | 2017年08月26日(Sat) 09:31 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年社会人野手 | 東京六大学 コメント(2) Page Top↑