林 昂平(日立製作所)|ドラフト・レポート

林 昂平(日立製作所)

ここでは、「林 昂平(日立製作所)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm88kg 右左 一塁手 遠投95m 50m6秒7 金沢高→東海大 2年目
鋭いスイングから強い打球を放つ強打者。選手権で杉上諒から2安打。高2夏ライト上段への3ラン。

  動画

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率
   10春:       出場無し
   10秋:       出場無し
   11春: 4 .000  7  0 0 0 0 0  .000
   11秋: 1 1.000  1  1 0 0 0 1 1.000
   12春: 4 .182 11  2 0 0 0 2  .182
   12秋: 4 .333  9  3 0 1 0 3  .556
   13春: 7 .182 22  4 0 0 0 4  .182(3試合不明)
   13秋: 9 .294 17  5 0 0 0 3  .294
   通算: 29 .224 67 15 0 1 0 13  .254(3試合不明)

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12選: 2 .333  6  2 0 0 0 0 1 1 0  .429  .333

 ■ 甲子園成績

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   08夏:  2 .100 10 1 1 0 0 1 4 0 0  .100  .200

  最新記事

 ■ 金沢、林猛打3ラン…石川大会(スポーツ報知) 08/7/25

 ヤンキース・松井と同じ浜小、根上中出身の2年生4番・林昴平が、6回2死一、二塁に右越え3ランを放つなど3安打3打点。昨年12月に同校OBのロッテ・大松からもらった木製バットで振り込んだ成果が出た。延長10回のサヨナラで歓喜の切符をつかみ、林は「本当にうれしいの一言。自分の打球を打とうと思っていた」と目を真っ赤にして喜んだ。

 ■ 林 昂平 一塁手(読売新聞) 08/7/25

 初めてやってきた決勝のグラウンド。足を踏み入れた瞬間、緊張していることが分かった。大きく深呼吸。4打席目の六回二死一、二塁。初球のカーブを豪快に振り抜くと、白球は軌跡を描いてライトスタンド上段に飛び込んだ。米大リーグ・ヤンキースの松井秀喜選手と同じ能美市の浜小、根上中出身。金沢高野球部だった9歳年上の兄の後を追い、甲子園を目指した。昨夏、1年生で四番に座った初戦でいきなりの本塁打デビュー。体格にも恵まれ、周囲の期待は高まった。しかし、その後の成績は振るわず、本塁打は高校通算でまだ7本。「失敗を引きずるタイプ」で、打てなければ打てないほど「本当に自分が四番でいいんだろうか」と悩み、伝統校の四番の重みに苦しんできた。この日は4打数3安打3打点の活躍。8本目の本塁打も加え、チームを優勝に導いた。チームメートと抱き合い歓喜の涙。最高の舞台で四番の仕事を果たした。「これで金沢の四番として、胸を張って甲子園に行けます」。次は甲子園での本塁打デビューだ。

 横浜高校・筒香同様、強豪校の1年生4番として期待されながら壁にぶつかり苦しんでいた様で。
 ここまで8本塁打。 豪快なスイング、決勝での本塁打を見てしまうと魅力は十分ですね。

  プロフィール

 石川県小松市出身。
 林 昂平(はやし・こうへい)一塁手。
 能美市立浜小3年から根上少年野球クラブで軟式野球を始める。
 根上中時代は小松加賀リトルシニアで投手兼一塁手。
 陸上競技種目・やり投げでも活躍を見せ、3年時にジュニアオリンピックを経験した。

 金沢高では1年春にレギュラーをつかみ、同年夏から4番打者を務める。
 2年春には北信越1回戦で甲斐拓哉から右越え2ラン、準決勝・富山第一高戦で3安打をマーク。
 4番一塁手として出場した夏の甲子園は、2試合1安打4三振と不発に終わった。
 県大会決勝・遊学館戦で初球カーブを捉え、ライト上段まで飛ばす3ランを記録している。
 3年夏は主将・3番一塁手としてチームを牽引したが、小松商に2対5で敗れ県2回戦(初戦)敗退。
 松井秀喜と同じ小中学校出身であったことから、ゴジラ2世として活躍が期待されていた。

 東海大進学後は2年春からリーグ戦に出場。
 4年間を通じてレギュラー獲得には至らず、主にDH・一塁手として出場32試合に留まった。
 4年春にいずれも4番・指名打者として、自身最多となるスタメン6試合を経験。
 全国大会には3年春の大学選手権に出場し、5番・指名打者として8強入りに貢献した。
 外寄り高め142㌔を遊撃強襲安打、外角141㌔を左前打と、杉上諒から2安打をマークしている。
 当時の同期に加納嵩久六埜雅司(ともにトヨタ)、渡辺圭(日通)、猿川拓朗(日立)ら。
 リーグ通算29試合、打率.224、15安打、0本塁打、13打点(3試合不明)。

 180cm88kg、ガッチリした体格の一塁手。
 打ち損じもやや多いが、鋭いスイングから強い打球を放つ左の強打者。
 高校通算本塁打数は多くないが、捉えた時には右翼席上段まで飛ばす長打力を備える。
 打球速度が速く、左方向にも鋭い当たりを放つ。守備走塁に目立つものはなく打力が売り物。
 大学では主に指名打者で起用された。高校時代のポジションは一塁手。遠投95m。
 50m6秒7、一塁到達タイム4.6秒前後と脚力はプロ水準を下回る。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2014年01月30日(木)|退団・引退・進路不明など | 首都大学 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
松井2世?松井選手に失礼ですよ。
ランニングが嫌いな選手は一流にはなれない。
インコースの速い球についていけないでは、
ホームランも量産できないでしょ。
| 匿名 | 2011年09月14日(Wed) 09:24 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 首都大学 コメント(1) Page Top↑