高島 祥平(帝京)|ドラフト・レポート

高島 祥平(帝京)

ここでは、「高島 祥平(帝京)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



高島 祥平(帝京)

175cm80kg 右右 MAX152km スライダー・カット・フォーク・チェンジ
最速152㌔の直球と鋭いスライダー。高3春日向学院戦で11連続奪三振記録。実戦力に課題。
08年中日4位

  投球成績

 【 甲子園成績 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 
   06夏: 1  1.1  3  0  1  3 智弁和歌
   07春: 1   0  0  0  2  2 大垣日大
   07夏: 2  11  7  13  7  4
          9  4  11  4  2 神村学園
          2  3  2  3  2 佐 賀 北 
        12.1  10  13  10  9 防6.57
     被安打率7.30 奪三振率9.49 四死球率7.30

  最新記事

 ■ 帝京高島温存裏目V3夢砕く/東東京大会(日刊スポーツ) 08/7/19

 高島にはわずか49球の短い夏になってしまった。1年生投手の鈴木昇太を見つけると「これからは、お前が(チームを)引っ張って行け」とあとを託した。自らの今後は両親らと相談してからだ。「プロでやりたいです」。その思いをポツリもらして、神宮をあとにした。

 ■ “東の横綱”帝京敗れる 東東京大会(デイリースポーツ) 08/7/18 

 関東一を上回る毎回の16安打を放ちながら、あと1本が出ない。2年生の下手投げ右腕・押久保を最後まで打ち崩せず、ゲームセットを迎えた。「三回が大きかった」と前田監督は振り返った。二死一、二塁。3番・広瀬の右翼へのファウルフライを高島が落球。結局、広瀬は四球で出塁し、続く江川のゴロを遊撃・杉谷が二塁封殺を迷った末に一塁に送球し、内野安打となった。「こういうことが重なると、大量得点になる」と指揮官。スコアには表れないミスがピンチを招き、5番・玉井の右越え二塁打で逆転された。高島は、米持が逆転を許した直後の三回二死二塁から登板。しかし四回と五回にそれぞれ1点を加点され傷口を広げた。右翼に下がって再び八回二死三塁から登板し、計2回2/3を2失点。「帝京の背番号1なのに、抑えられないのは情けない」と高島は顔を真っ赤にした。スピードガンは148キロを計測したが、前田監督は「球速は出せても試合は作れない」と手厳しかった。3年連続夏切符を逃した。指揮官は「気の緩みはなかったんだろうけど…力不足。負けるときというのは、こんなもんです」と悔しさを押し殺した。

 ■ 3連覇狙う帝京カギ握る152キロ右腕高島(日刊スポーツ) 08/7/4

 3連覇を狙う帝京(東東京)のカギを握るのは、最速152キロ右腕、高島祥平投手(3年)。期待の右腕が最後の夏にかける。春夏4度目の甲子園を目指すエース高島は、最速記録を目標に掲げた。「狙えるチャンスはあるはず。夏の甲子園で(高校)最速を出したい」と宣言した。野球を始めたのは中学1年からだ。小学時代にはアイスホッケーに夢中で、強靱な下半身の基礎をつくりあげた。高校入学時から継続している筋トレや走り込みの成果で、175センチ、81キロとさほど上背はないが、握力75キロ、背筋力210キロを誇る。今春の慶応(神奈川)との練習試合では自己最速の152キロを記録し、2年夏の149キロから3キロもスピードアップした。5月の日向学院(宮崎)との練習試合では、速球を武器に11連続奪三振の快投を見せた。それでも前田三夫監督(59)は「トーナメントを勝つ高い意識を持ってくれないと」と話す。高島は「安定した140キロ台の直球と変化球を使うのも大事。勝ちにこだわる投球で都大会を制する」と、まずは甲子園切符を勝ちとる構えだ。

  プロフィール

 埼玉県朝霞市出身。
 高島 祥平(たかしま しょうへい)投手。
 小学校時代はアイスホッケーをプレー。
 6年時に東京選抜で全国3位の実績を持つ。
 朝霞二中に入学後軟式野球部で野球を始める。
 強肩を買われ2年秋から投手。
 埼玉県選抜として出場した3年春のKボール全国大会で優勝。
 準決勝で延長8回ノーヒットノーラン達成、決勝で1安打完封勝利。
 アジア選手権にも出場し準優勝に輝いた。

 帝京高では1年夏から3季連続で甲子園に出場。
 1年夏は準々決勝智弁和歌山戦で先発抜擢されたが2回途中3失点でノックアウト。
 2年春は準決勝大垣日大戦で先発し140㌔台後半の直球を披露したものの連続四球で
 一死も取れずわずか9球で再びKOとなった。
 夏の甲子園では2回戦神村学園戦で好投、
 初回2失点以降は調子を上げ4安打11奪三振2失点で完投勝利を挙げている。動画
 準々決勝は佐賀北高に立ち上がりをとらえられ2回2失点で降板。
 2年秋は都大会準々決勝で敗退、3年春はリリーフ中心に起用され関東大会では
 東海大相模に一挙5失点を喫し2対10で7回コールド負け。
 5月に行われた宮崎招待試合日向学院戦では6回途中からマウンドに上がると
 圧巻の11連続奪三振を記録し力を見せている。
 3年夏は東東京大会4回戦で関東一高に5対9で敗れ敗退。
 リリーフで1試合2.2回(2失点)のみの登板に終わった。

 175cm80kg、ガッチリした体格のスリークォーター右腕。
 ワインドアップから最速152㌔、常時140㌔台後半の直球と120㌔台の鋭いスライダー。
 その他フォーク、チェンジアップ、カットボール。
 開きが早く打者から見やすいフォームでコントロールはアバウト。
 立ち上がり、制球力、メンタルなど不安要素が多く実戦面に課題を残す。
 上背はさほどながらアイスホッケーで培った強靭な下半身、
 握力75キロ、背筋力210キロ、遠投115m、50m6秒0の高い身体能力を備える。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2008年07月24日(木)|2008年ドラフト指名選手 | コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
高島投手 中日でも球速をもっと上げて160キロ目指してください
| 今川敬典 | 2009年05月13日(Wed) 20:06 | URL #- [ 編集]
先発にしてもリリーフにしてもせっかくの能力の高さを活かすために
まずはメンタル・投球術強化でしょうかね。
| gogo126 | 2008年10月21日(Tue) 23:08 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
関東最速右腕には期待大!上背はなく制球も良くないが将来性も高く、地力も強い
球団にもよりますが先発よりリリーフ向き(?)
プロの世界では伸び悩まず力で抑える投手になってほしいです
| 鴎 | 2008年10月21日(Tue) 14:40 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2008年ドラフト指名選手 | コメント(3) Page Top↑