入江 達也(伯和ビクトリーズ)|ドラフト・レポート

入江 達也(伯和ビクトリーズ)

ここでは、「入江 達也(伯和ビクトリーズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



183cm73kg 右右 MAX146km ツーシーム・スライダー・カーブ・ナックル・チェンジ 大体大 3年目
130㌔台後半の直球とツーシーム。バットの芯を外す投球が持ち味。都市対抗で7.1回無失点の好投。

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   13都: 1 先  7.1  2  4  1  0 138㌔ TDK

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   09春:         登板無し
   09秋: 5 2勝1敗  20.1  28  14  12  10  4.43
   10春: 1 0勝1敗    3  5  1  2  3  9.00
   10秋:         登板無し
   11春: 1 0勝0敗    2  4  1  1  2  9.00
   11秋: 1 0勝1敗    1  2  1  2  2 18.00
   12春: 1 0勝1敗    3  3  2  2  2  6.00
   12秋: 1 0勝1敗    2  2  3  0  1  4.50
   通算: 10 2勝5敗  31.2  44  22  19  20  5.68
         被安打率12.51 奪三振率6.25 四死球率5.40

投手成績詳細

   09秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   帝塚大 先   7  7  4  6  2 ○
   大産大    1.1  0  0  1  0
   天理大     8  12  8  2  2 ○
   関国大    1.2  1  0  1  0
       先  2.2  8  2  2  5 ●
         20.1  28  14  12  10 防4.43
      被安打率12.39 奪三振率6.20 四死球率5.31

   10春    回数 被安 奪三 四死 自責
   帝塚大 先   3  5  1  2  3 ●

   11春    回数 被安 奪三 四死 自責
   大産大     2  4  1  1  2 

   11秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   関国大     1  2  1  2  2

   12春    回数 被安 奪三 四死 自責
   天理大     3  3  2  2  2

   12秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   天理大     2  2  1  0  1

  最新記事

 ■ 伯和・入江“魔球”武器に7回1/3零封も無念(スポニチ) 13/7/18

 伯和ビクトリーズはタイブレークで敗れたが、ルーキーの入江が7回1/3を2安打無失点に抑えた。1メートル82の長身からツーシームを駆使。「自分でもどっちに落ちるか分からない」と、TDK打線を幻惑した。大体大時代は同学年に松葉(オリックス)、宮川(楽天)がいたため、無名の存在だった。「大事な試合は投げていない。陰に隠れていました」と苦笑いしたが、東京ドームで潜在能力の高さを見せた。
 チームは今季8人の新人が加わった。大阪体育大卒の入江達也投手(22)は最速146キロの右本格派。スライダーやツーシームなど切れのある変化球も武器だ。(毎日jp)

   14年交流戦  回数 被安 奪三 四死 自責
   広島カープ  4.1  1  1  2  0

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率 
   13公: 16  73  52  56  30  23  2.84  6.41  6.90  3.70

 都市対抗では安定感、コントロール重視だったのか、走者なしでもセットポジションからの投球でしたが、
 カープ戦では振りかぶって投げたようですね。中元勇作投手も復調しているようです。

  プロフィール

 大阪府阪南市出身。
 入江 達也(いりえ・たつや)投手。
 阪南市立鳥取東中では軟式野球部に所属。

 久米田高時代3年夏は上宮に2対6で敗れ南大阪大会2回戦敗退。
 大阪2回戦が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 大阪体育大進学後は1年秋からリーグ戦に出場。
 開幕週・帝塚大2回戦で初登板初先発を果たし、7安打6四死球2失点の粘投で初勝利を収める。
 8回12安打3失点のロングリリーフを見せた天理大2回戦で2勝目をマーク。
 4年間を松葉貴大宮川将の控えとして過ごし、2年春以降は目立った実績を残せずに終わった。
 リーグ通算10試合、2勝(0完投0完封)5敗、31回2/3、22奪三振、防御率5.68。

 伯和ビクトリーズ入社後は1年目春から公式戦に出場。
 先発2番手として岡山大会準Vに大きく貢献し、15.1回3失点で敢闘賞・最優秀投手賞に輝く。
 2戦目・JR北海道戦で5回までノーヒット、10回途中1安打9K1失点の好投を披露。
 都市対抗2次予選ではチーム最多14.1回に登板し、12安打2失点の粘投で大会MVPを受賞した。
 代表決定戦・三菱自動車倉敷オーシャンズ戦で6回2安打無失点の好リリーフ。
 本大会では1回戦・TDK戦の先発に抜擢され、7.1回2安打1四球無失点の好結果を残している。
 この活躍で秋の新人研修会に招集され、シーズン後は地区最優秀新人賞を獲得。
 2年目3月には社会人オール広島に選出され、広島カープ戦で4.1回1安打無失点リリーフを見せた。
 続く岡山大会・JR東海戦では抑えとして延長11回タイブレーク1対0での勝利に貢献。
 阪神、ロッテなど複数球団の前で140㌔を計測し、2.1回ノーヒット無失点の好リリーフを演じている。

 183cm73kg、長身細身のスリークォーター右腕。
 ワインドアップから重心を下げてインステップ気味に着地し、開き早めに肘を柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速146㌔、常時130㌔台中盤から後半(東京ドーム)のストレートと
 120㌔台から130㌔前後で落ちるツーシーム、120㌔台のスライダーを始めとする多彩な変化球。
 まずまずの制球力で低めに投げ込む。真っすぐとツーシームとのコンビネーション。 
 社会人入り後の投げ込みの成果で与四死球率が改善された(大学時代5.40→社会人3.70)。
 ボールを動かしバットの芯を外す投球で試合を作る。マイペースな性格も持ち味。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2014年04月20日(日)|退団・引退・進路不明など | 阪神大学野球 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 阪神大学野球 コメント(0) Page Top↑