木村 聡司(常葉橘)|ドラフト・レポート

木村 聡司(常葉橘)

ここでは、「木村 聡司(常葉橘)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



木村 聡司(常葉橘)

180cm75kg 右右 MAX144km 投手兼遊撃手 スライダー・フォーク
鋭い打球を弾き返す右打者。積極的な打撃が持ち味。144㌔腕としても活躍した。投打でプロ注目。
2014年広島育成2位(支度金250万円、年俸250万円)

  動 画

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12夏: 1 .000  4  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000

  最新記事

 ■ 【広島】育成ドラ2木村「菊池選手を抜けるよう頑張る」(スポーツ報知) 14/11/14

 ドラフトで広島から育成2位指名を受けた木村聡司内野手(常葉橘高3年)が13日、静岡市内で契約を交わした。支度金250万、年俸250万円で背番号は123。契約を終え広島の一員となった常葉橘・木村は「これでプロ野球選手。身が引き締まる思いです」と心境を話した。この日決まった背番号は123。1年目から勝負をかけ、「1、2の3」で育成から支配下登録、そして1軍を目指す。「広島の顔の菊池選手を抜けるよう頑張る。広島と言えば木村、と言われるようになりたい」と目標を掲げた。ドラフト後に中学・高校の先輩にあたる庄司隼人内野手(23=09年広島4位入団)に連絡。「分からないことは何でも聞いてくれ」と激励された。だが、頼れる先輩もプロの世界では競争相手になる。「ライバルとして意識します」と闘志をあらわにした。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏予: 5 .381 21  8 3 0 0 2 2 1 4  .409  .524

   14夏予       回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:富学館     3  0  4  0  0
   3回戦:掛川工     9  6  8  3  2
   4回戦:榛 原 先   9  5  15  7  1 138㌔
   準々決:浜松工 先   8  9  7  2  3
   準決勝:静 岡 先   8  10  11  3  6
              37  30  45  15  12 防2.92(失点から計算)
         被安打率7.30 奪三振率10.95 四死球率3.65

 ■ 【広島】育成2位常葉橘・木村「一番下から」1軍へ下克上だ(スポーツ報知) 14/11/1

 プロ野球ドラフト会議で広島から育成2位指名された常葉橘・木村聡司投手(18)が31日、同校で松本スカウトらのあいさつを受けた。今回のドラフト9人中、最下位での指名に「一番下からのスタート。早く上の世界で勝負できるようになりたい」。“下克上”での1軍入りを目標に掲げた。投手を捨て、プロでは内野手1本で勝負。松本スカウトも「打てる大型ショートを目指してもらいたい」。5位指名された常葉菊川の桑原樹内野手(18)とも「タイプの違う2人で競わせたい」と、ライバル心をあおって成長を促す。セールスポイントは打撃だ。木村は「アベレージヒッターを目指す」。高校の先輩で憧れだった庄司だけでなく、将来的には1軍のレギュラー、梵、菊池と勝負していくことになる。「目標にしていたらダメ。超えるつもりでやっていきたい」と、言葉に力を込めた。今月中旬に契約を交わし、12月11日には入団発表が行われる。夏から体重3キロ増で75キロと、プロの体へと進化を続けてきた木村。弱肉強食の世界へと飛び込む準備はできつつある。

 ■ 涙で「ありがとう」常葉学園橘・木村/静岡(日刊スポーツ) 14/7/30

 常葉学園橘の木村聡司(3年)の夏が終わった。静岡との準決勝で先発し3回まで無安打に抑えたが、4回に3失点。0-4の7回に3点を返したが、その直後に2点を追加され敗れた。昨秋、今春と3位止まりで最後の大会も4強止まりに「秋、春と、この上に行けなくて、(相手を)抑えるつもりでいったが。結果を出せず悔しい」と涙をこぼした。一昨年は1年ながら1番遊撃で甲子園に出場した。木村は「グラウンドに立ったとき、ここでプレーするためにみんな頑張ってるんだと思える素晴らしい場所」と聖地の雰囲気を口にしていた。準決勝敗退で夢が途絶え「力不足だった」と肩を落とした。木村が投打に中心だったが最後の夏は少し心持ちが変わっていた。「春までは自分がやらないと、と思っていたけど、最後の大会は野手に支えられた。1人で背負わずにやれた。ありがとうと伝えたい」と仲間への感謝を忘れなかった。この日も含めてプロのスカウト視察も受けている。「今の実力ではどうなるか分からないけど、プロを目指す」と締めくくった。

過去記事

 ■ 木村、公式戦自己最多15Kで常葉橘8強(スポーツ報知) 14/7/27

 4回戦7試合が行われ、8強が決まった。第3シードの常葉橘はエース・木村聡司(3年)が毎回の15奪三振と快投を見せ、榛原に6―1で快勝。しゃく熱のマウンドで、常葉橘・木村が暑さを吹き飛ばす快投を見せた。この試合、MAX138キロの直球や、鋭い切れ味のスライダーに、相手のバットが空を切る。「低めの変化球を振らせることができた」。最後もスライダーで空振り三振と、公式戦自己最多15Kだ。初回1死から2連打で1失点。木村の“代名詞”的な立ち上がりの悪さを突かれたが、「自分のリズムですから」。快進撃を見せる榛原に先行されても動揺はない。4回まで毎回先頭を出して応援団をヤキモキさせたが、追加点は許さなかった。6回以降は別人の内容だ。5回までに108球を投げて6四死球。抜けてしまうボールが多かった。「フォームを縦にすることと、腕を振ることを意識した」。プロ注目投手らしく、試合中にしっかりと修正した。黒沢学監督(37)は「8、9回は腕が一番振れていたね」。尻上がりのエースに思わず苦笑した。

 ■ 秋季東海地区高校野球大会:県大会 ベスト4出そろう(毎日jp) 13/9/22

 第66回秋季東海地区高校野球県大会は21日、草薙球場と清水庵原球場で準々決勝4試合があり、中部地区勢が4強を独占した。常葉橘の主戦・木村投手は、磐田東・斎藤誠投手との「エースで4番」対決を制した。延長十一回裏、2死一、三塁のサヨナラのピンチを迎えたが、2ストライクと追い込んだ後は「『決めてくれる』『捕ってくれる』と互いに信頼しあえるようになった捕手のサイン通り」の一球入魂のフォークで三球三振に仕留めた。続く十二回表、1死一、三塁の好機に4番打者として右前へ決勝打となる適時打を放った。チームの期待を背負い今日もマウンドへ登る。

   13秋東海  回数 被安 奪三 四死 自責 
   豊 川 先   9  8  6  7  0

 ■ 常葉学園橘・木村が初の投球練習/甲子園(日刊スポーツ) 12/8/5

 大型ルーキーが高校初の投球練習を甲子園で迎えた。全国高校野球選手権(8日開幕)に出場する常葉学園橘(静岡)は4日、甲子園練習を行った。午前8時半からの30分間でノックとシート打撃をこなし、最後は投手陣がマウンドへ。大トリを務めたのは木村聡司遊撃手(1年)だった。マウンド横からの投球も含め20球。179センチ、68キロの体を躍動させ投げ込んだ付属中では3年時にエース。軟球で最速139キロを誇った右腕だが、高校では打撃センスを買われ野手で起用されていた。入学以降初の練習マウンドが聖地となり「うれしい。やっぱりマウンドはいいな」と喜びをかみしめた。

  プロフィール

 静岡県静岡市出身。
 木村 聡司(きむら・さとし)投手兼遊撃手。
 広見ベースボールクラブで軟式野球を始め、常葉学園橘中では軟式野球部でエース。
 当時から最速139㌔右腕として注目されていた。

 常葉橘では1年時から打撃センスを買われて遊撃手でレギュラー。
 夏予選で32打数11安打4打点の好成績を残し、不動の先頭打者として2年ぶりVを経験する。
 逆らわずに弾き返し決勝で中前安打2本(外高め直球、低め変化球)をマーク。
 甲子園では菅原秀の前に無安打と活躍できず、工大福井に2対4で敗れ初戦敗退となった。
 2年春からはピッチャーとしても起用され、同年秋に4番・エースとして県4強入り。
 齋藤誠哉擁する磐田東と準々決勝で当たり、延長12回1失点完投で投手戦を制している。
 12回1死1、3塁から直球に詰まりながらも、決勝打となる右前タイムリーを記録。
 3決・静清戦で5安打2失点完投勝利を挙げ、4年ぶり6度目の東海大会出場を勝ち取った。
 東海大会は7四死球に失策・暴投が絡み、9回8安打6失点完投で初戦敗退。
 4番打者としても田中空良に4三振を奪われ、5打数1安打0打点の不本意な結果に終わった。
 3年夏は打率.381本0盗4の活躍も及ばず、静岡高に3対6で敗れ県4強敗退。
 4回戦・榛原戦で7四死球と制球を乱しながらも、公式戦自己最多15奪三振を記録している。
 当時1学年上に高橋遥人投手(現亜細亜大)ら。

 180cm75kg、プロ注目のショート兼ピッチャー。
 振り切るスイングから鋭い打球を放つ右打者。打ち損じもあるが、積極性ある打撃が持ち味。
 1年夏の1番、2年夏の5番を経て、同年秋から4番・エースの大黒柱を務めた。
 グラブ捌きに不安定さを感じさせながらも、フットワークに良さのある好守の遊撃手(2年夏はサード)。
 スローイング精度にやや課題を残すが、最速144㌔を記録する地肩を備える。
 右打者で一塁到達タイム4.6秒前後と脚力はまずまず。

 セットポジションから繰り出す最速144㌔、常時130㌔台後半のストレートとスライダー、フォーク。
 真っすぐにスライダーを織り交ぜ、フォークで空振りを奪う。強気の投球も魅力。
 制球にはバラツキが残り、安定感・実戦力が課題。投打でプロから注目されたセンスの持ち主。
 プロ入り後は内野手一本で大成を目指す。

  スカウトコメント

広島・松本スカウト|14/11/1
 「打てる大型ショートを目指してもらいたい」
中日・中田宗男スカウト部長|14/6/18
 「最近見た中では、腕を前で大きく振れる鈴木博志くん(磐田東)、キレのある藤井聖くん(富士市立)、シャープな打撃と内野手としておもしろい木村聡司くん(常葉学園橘)の静岡県の3投手が印象にあります」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2015年01月08日(木)|2014年ドラフト指名選手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2014年ドラフト指名選手 | コメント(0) Page Top↑