望月 大貴(東海大)|ドラフト・レポート

望月 大貴(東海大)

ここでは、「望月 大貴(東海大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



望月 大貴(東海大)

179cm80kg 右左 外野手 50m5秒9 東海大甲府
左右に長打を放つ左の好打者。三拍子バランス良く揃う。関東大会で田嶋大樹から広角に3安打。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春:          出場無し
   15秋:          出場無し             
   通算:          出場無し

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏: 1 .000  3  0 0 0 0 0 0 1 0  .250  .000

  最新記事

 ■ 東海大甲府・望月、絶好調!“怪物・岡本超え”6発だ!(スポーツ報知) 14/8/9

 第96回全国高校野球選手権大会は9日、開幕する。8日午前9時から行われたリハーサルに参加したナインは、午後は近大グラウンドで打撃練習を中心に2時間の練習。主将の望月大貴中堅手(3年)は同会場で直前に練習していた智弁学園の主砲・岡本和真(3年)の2本を上回る6本のサク越えを披露。同じく“3本塁打”の4番・平井練右翼手(2年)と共に好調をアピールした。大きな弧を描いたボールは、軽々とサクを越え120メートルの距離にあるスコアボードに当たった。約50分ほど続いた打撃投手を使っての練習で、左打席から右方向を中心に6本のサク超え。「今日は調子がよかったですね」と望月は笑顔を見せた。続いて打席に入った平井も快音を連発。3本のサク越えを記録した。「自分たちはほとんど越えないです」と、観客席で見学していた近大付の野球部員からも驚きの声が漏れた。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏予: 5 .632 19 12 2 0 0 6 0 2 3  .667  .737

 ■ 東海大甲府 “プロ注”望月、昨年ドラ1先輩に負けん!(スポニチ) 14/6/25

 東海大甲府はプロ注目の望月主将が、4強に進出した12年以来の夏の甲子園出場へチームをけん引する。優勝候補の山梨学院大付とは反対のブロックに入り「対戦相手は特に気にしていなかったけれど、山梨学院と決勝で当たれたらいい」とライバル校に闘志を燃やした。1メートル79、80キロの恵まれた体格から広角に長打が打てることに加え、50メートル5秒9の俊足中堅の守備範囲の広さプロから高い評価を受けている。1年秋から外野のレギュラーを務めてきた実績を買われ、昨秋ドラフトで日本ハムに1位指名された渡辺諒から主将の座を受け継いだ。「自分がしっかり引っ張って、一試合一試合やっていきたい」と部員131人の思いも率いていく。

 ■ 秋季関東地区高校野球大会:出場校紹介(毎日jp) 13/10/25

 昨夏の甲子園で4強入りしたが、今夏の山梨大会は準決勝敗退。悔しさを胸に臨んだ秋季大会で関東地区大会出場を決めた。打撃は3割5分を超える選手がスタメンに4人。どこからでも点が取れ、中でも4番・望月大貴主将(2年)が打率4割と好調だ。バントプレーなど基礎的な部分に課題も残る。県大会1位通過を逃しただけに、望月主将は「緊張感のある練習を続け、試合に臨みたい」と気を引き締めた。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 長打率 
   13夏予: 4 .444 18  8 2 1 1 3  .833

  プロフィール

 山梨県・南部中出身。
 望月 大貴(もちづき・だいき)外野手。

 東海大甲府高では1年秋から外野手レギュラー。
 2番打者として関東大会(初戦敗退)を経験し、2年夏に1番で打率.444本1点3の実績を残す。
 右越え場外ソロ本塁打、左中間への三塁打など、4試合8安打4長打を記録。
 主将・4番・センターの柱として起用された秋に、打率4割の好調な打撃で県準Vを達成した。
 関東大会は3安打2盗塁の健闘及ばず、佐野日大に1対3で敗れ1回戦敗退。
 右前(二盗)・左前(二盗)・中前と打ち分け、打撃センスでプロスカウトの評価を高めている。
 3年夏に5試合19打数12安打、打率.632点6の活躍で2年ぶりに県大会制覇。
 3回戦(7回コールド勝ち)での4安打2盗塁など、4試合でマルチ安打を放つ活躍を披露した。
 甲子園ではノーヒット1四球と目立てず、チームも佐久長聖に1対3で初戦敗退。
 3拍子揃った外野手としてプロから注目されたが、志望届は提出せず東海大への進学を選んだ。
 当時1学年上に渡邉諒遊撃手(日本ハム2013年1位)。

 179cm80kg、三拍子バランス良く揃った外野手。
 柔らかいリストで広角に打ち分ける左の好打者。積極的な打撃が持ち味。
 高2秋の大会では田嶋大樹から3安打をマークし、プロスカウトに左対左を苦にしない打撃を見せた。
 ライト場外まで飛ばす長打力を秘め、3年春には逆方向への一発もマーク。
 50m5秒9のスピードを備え、2年夏は1番として活躍した。4番(2年秋)を経て現在は3番を務める。
 守っては脚力を生かし左中間・右中間方向への守備範囲が広い中堅手。
 渡邉諒からも資質を認められていた。肩も強い部類。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2015年01月02日(金)|退団・引退・進路不明など | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 首都大学 コメント(0) Page Top↑