山口 瑠偉(東洋大)|ドラフト・レポート

山口 瑠偉(東洋大)

ここでは、「山口 瑠偉(東洋大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



山口 瑠偉(東洋大)

186cm86kg 右左 MAX144km スライダー・カーブ・フォーク 浦和学院
最速144㌔直球とスライダー、カーブ。甲子園に4季連続で出場、大阪桐蔭戦で5回0封を記録した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   14春:        登板無し
   14秋:        登板無し
   15春:        登板無し
   15秋:        登板無し
   16春:        登板無し
   16秋:        登板無し
   17春:        登板無し
   17秋:        登板無し           
   通算:        登板無し

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   12春: 1 先   5  3  1  0  0 142㌔ 大阪桐蔭
   12夏: 1 先   2  2  0  4  3 141㌔ 天  理
   13春: 2     3  1  3  0  0
            1  1  1  0  0 138㌔ 山形中央
            2  0  2  0  0 140㌔ 北  照
   13夏: 1     0  1  0  0  0 144㌔ 仙台育英
   通算: 5    10  7  4  4  3 防2.70 
       被安打率6.30 奪三振率3.60 
四死球率3.60

  最新記事

 ■ 小島号泣 浦和学院初戦サヨナラ負け(日刊スポーツ) 13/8/10

 史上8校目の春夏連覇を目指した浦和学院(埼玉)が初戦でサヨナラ負けした。1回に1点を先制も、その裏に仙台育英に6点を奪われた。だが3回に一挙8点を挙げ、逆転。その後仙台育英に6回に追いつかれて10-10で迎えた8回無死満塁では、エース小島和哉(2年)が3者連続三振で危機を脱する力投。だが小島は9回1死で左足をつらせ、2死から安打を打たれて無念の降板。代わった山口瑠偉投手(3年)がサヨナラ打を浴びた。試合後の小島は号泣。森士(おさむ)監督(49)は「ミスから投手を見殺しにしてしまった」と唇をかんだ。

   13春           回数 被安 奪三 四死 自責 
   埼玉2回戦:羽生一高 先   6  0  4  2  0
     3回戦:狭山ケ丘 先   6  3  4  0  0
     準々決:春日共栄 先  12  7  9  9  1
     決 勝:花咲徳栄 先   9  6  7  2  0封
   関東準々決:山梨学付 先   9  12  4  4  3
     決 勝:前橋育英 先   9  6  5  2  1
                 51  34  33  19  5 防0.88
             被安打率6.00 奪三振率5.82 四死球率3.35

  プロフィール

 埼玉県富士見市出身。
 山口 瑠偉(やまぐち・るい)投手。
 小4からみずほ台ヤンガースで野球を始め、富士見西中時代は富士見シニアに所属。

 浦和学院では1年夏から控え投手としてベンチ入り。
 同年秋の予選で主戦格を担い、25.2回8失点、防御率2.45の活躍で県V、関東Vを達成する。
 花咲徳栄戦で9回11対3完投勝利、東海大相模戦で3対1完投勝利を記録。
 翌2年春の選抜準々決勝の先発投手を務め、大阪桐蔭を相手に5回0封の好投を見せた。
 2年夏の甲子園でも先発登板(2回4四死球3失点KOで3回戦敗退)を経験。
 全国で140㌔台を出したが、その後不調に陥り、秋予選を先発1試合、0.2回4失点で終えた。
 3年春にエース・小島和哉の活躍で選抜初Vを達成(自身は計3回のみ登板)。
 続く春季大会(関東V)で6先発4完投1完封、計51回33三振5失点の好成績を残している。
 県大会決勝・花咲徳栄戦で9回6安打、7奪三振8対0初完封の好投を披露。
 春夏Vを懸けて同年夏の甲子園に臨んだが、仙台育英に競り負けて1回戦で敗退となった。
 左足を攣った小島和哉に代わって9回裏2死一塁から急遽2番手で救援登板。
 熊谷を相手に力投を見せたが、3-2から高め144㌔を弾き返され、10対11サヨナラ負けを喫した。
 チームメイトとして同期に竹村春樹、1学年下に小島和哉ら。

 186cm86kg、恵まれた体格の144㌔本格派右腕。
 セットから上体を傾けて早めに着地し、テイクバック小さめに、肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速144㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半の直球と、120㌔前後の縦スラ、
 曲がりの小さい120㌔前後のスライダー、120㌔前後のフォークボール、100㌔台の緩いカーブ。
 直球と変化球で緩急をつけて打たせて取る粘投が持ち味。決め球にはやや欠ける。
 高3春選抜後に精神面の弱さ、立ち上がりの悪さを克服。森監督からも成長を認められていた。 
 甘いボールもあるものの、まずまずの制球で投げ分ける。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2017年02月01日(水)|退団・引退・進路不明など | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 東都大学 コメント(0) Page Top↑