浦野 峻汰(拓大)|ドラフト・レポート

浦野 峻汰(拓大)

ここでは、「浦野 峻汰(拓大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



浦野 峻汰(拓大)

171cm75kg 左左 MAX140km スライダー・カーブ・チェンジ 上田西
切れの良い直球と縦横のスライダー。高3春の北信越大会・敦賀気比戦で12回14三振を記録した。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   14春:        登板無し
   14秋:        登板無し
   15春:        登板無し
   15秋: 1 0勝0敗  2.2  3  4  1  0  0.00二部
   16春:        登板無し          二部
   16秋: 3 0勝0敗  2.2  1  3  3  0  0.00二部
   17春:        登板無し          二部
   17秋:        登板無し          二部
   通算: 4 0勝0敗  5.1  4  7  4  0  0.00
        被安打率6.75 奪三振率11.81 四死球率6.75

 ■ 甲子園成績

   13夏     回数 被安 奪三 四死 自責
   木更津総 先  4.1  5  5  2  6 138㌔

  最新記事

 ■ 上田西、あと一歩及ばず「信州っ子軍団」後輩に夢託す(スポーツ報知) 13/8/11

 創部53年目で初出場の上田西が1回戦で、2年連続出場の木更津総合に5―7で逆転負けを喫した。初回から無安打と好投していたエース左腕・浦野峻汰(3年)が2点リードの5回、連続四球から味方の拙守も絡み一挙7失点でKO。選手全員が県内出身の「信州っ子軍団」の甲子園1勝は、新チームに託された。勝利を予感させるには、十分な内容だった。最速140キロ左腕・浦野が、鋭く曲がるスライダーと抜群の制球で立ち上がりから安打を許さない。完ぺきなエースの投球に応えるように、4回に相手失策、5回には8番・大塚雅也(3年)の左前適時打で2点を先取した。この勢いなら、きっと勝てる―。誰もが抱いた予感が暗転したのは、その裏だった。たった一つの四球がチームの運命を変えた。5回1死。フルカウントからのスライダーがわずかに外れた。「四球を2つ出して焦ってしまった。弱気になって、腕が振れなくなった」と続く打者も四球。すると、エースの硬さが伝染したかのようにミスが連発した。送球エラーに挟殺プレーでのカバー遅れ、あり得ないプレーが続いた。結局、5安打を浴びて浦野がKOされ、この回一挙7失点で流れを失った。原公彦監督(42)は「大量失点したり、失策したりする子たちじゃない。あの回だけが平常心じゃなかった」と悔やんだ。それでも、5点を追う最終回には大塚の適時打、武田の1試合個人最多タイ記録となる3本目の二塁打で2点差まで迫るなど、上田西の底力を確かに示した。
 2種類のスライダーで先発抑え対応可能 評価(日刊スポーツによる全国ピカイチ投手49人)

   13夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:松本第一     4  0  4     0
   4回戦:上伊那農 先   6  5  8     1
   準決勝:地球環境 先   7  3  9  2  0
   決 勝:佐久長聖     2  1  0  0  0 
               19  9  21  6  1 防0.47
           被安打率4.26 奪三振率9.95 四死球率2.84

  プロフィール

 長野県長野市出身。
 浦野 峻汰(うらの・しゅんた)投手。
 長野市立篠ノ井西中学校を経て上田西高に進学した。

 上田西では1年時から控え投手としてベンチ入り。
 2年夏の大会からエースとしてチームを牽引し、2年秋、3年春と2季続けて北信越進出を果たす。
 秋の北信越全4試合の先発をこなし、16回4失点の力投でベスト4入りに貢献。
 翌3年春の初戦2回戦・敦賀気比高戦(延長14回2対3)で12回14K2失点の力投を見せた。
 3年夏に柳澤和希との2枚看板で創部53年目にして初の甲子園出場を達成。
 スライダーを武器に4試合(先発2、救援2))19回9安打21三振1失点の好成績を残している。
 続く甲子園1回戦・木総戦は、4回ノーヒット0封、4.1回5安打7失点KOで敗戦。
 5回に大きく崩れて惜しくも逆転負けとなったが、スカウトから大学経由で期待する声が挙がった。
 当時のチームメイトとして柳澤和希(現専修大)ら。

 171cm75kg、ガッチリした体格の小柄な左腕。
 ノーワインドアップから重心を下げ、インステップ気味に着地し、肘を使った腕の振りから繰り出す
 最速140㌔、常時130㌔台中盤から後半ほどながら切れの良いストレートと、
 110㌔台から120㌔台の2種類のスライダー、右打者の外角への120㌔台のチェンジアップ。
 思い切りの良い腕の振りから投げ込む切れの良いスライダーで空振りを奪う。
 コントロールはまずまず。バラツキを見せる場面もあるものの、テンポ良く低めに投げ込んで行く。
 2部リーグ通算5.1イニングで7奪三振、4四死球。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2017年01月11日(水)|退団・引退・進路不明など | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 東都大学 コメント(0) Page Top↑