横江 大聖(東海大)|ドラフト・レポート

横江 大聖(東海大)

ここでは、「横江 大聖(東海大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



横江 大聖(東海大)

181cm80kg 右右 捕手 大垣日大
二塁到達1.9秒台の強い送球が売り物。捕手らしさでプロから注目されていた。パンチ力ある右打者。

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春:          出場無し
   16秋:          出場無し
   17春: 6 .250  8  2 0 0 0 1          .250
   17秋: 6 .200  15  3 0 0 0 1          .200
   通算: 12 .217  23  5 0 0 0 2          .217 

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13夏: 1 .333  3  1 0 0 0 0 1 0 0  .333  .333 

  最新記事

 ■ 甲子園出場の大垣日大の横江主将ら3人が優秀選手(asahi.com) 14/1/17

 今年度の日本学生野球協会優秀選手と県高校野球連盟優秀選手の表彰式が16日、岐阜市長良福光の長良川スポーツプラザであった。協会優秀選手には、昨夏、甲子園出場を果たした大垣日大前主将の横江大聖君(3年)、県高野連優秀選手には昨春の選抜大会8強の県岐阜商から前主将の東泰斗君(3年)と、昨年度全国大会2連覇を達成した中京軟式野球部の工藤涼介君(3年)が選ばれた。主将として強いリーダーシップを発揮し、チームをまとめたことが評価された横江君は「夏の県大会準決勝、決勝が一番印象に残っている。高校野球を終え、優秀選手に選ばれて自信になった」と話した。3人とも大学で野球を続けるといい、そこでの活躍を誓った。

 ■ 一戦ごとに成長、チーム支えた横江主将の統率力(毎日jp) 13/7/28

 激戦を繰り広げた第95回全国高校野球選手権記念岐阜大会は、県岐阜商の夏春夏3季連続甲子園出場を準決勝で阻んだ大垣日大が決勝で市岐阜商を倒し、6年ぶり2回目の甲子園切符をつかんだ。大垣日大のチームを支えたのが春から主将を務める横江大聖捕手(3年)の統率力だ。打線の主軸に2年生5人が入る中、学年の垣根を越えて仲間意識をまとめた。ピンチに立つと、横江主将は「ここを切り抜けたチームが甲子園に行ける。度胸を決めて投げてこい」と後輩投手を奮い立たせた。そんな主将のリードが一戦ごとにチームを成長させた。閉会式後、横江主将は「県内全チームの思いを背負い、全力で戦いたい」と新たな決意を語った。
 強肩強打の大型捕手。将来性◎ 評価(日刊スポーツによる全国ピカイチ打者49人)

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13夏予: 6 .200 15  3 1 0 1 3 1 6 1  .429  .467

  プロフィール

 滋賀県草津市出身。
 横江 大聖(よこえ・たいせい)捕手。
 松原中時代は大津瀬田レイカーズボーイズでプレー。

 大垣日大では2年秋になって正捕手の座を獲得。
 以降2季連続で東海大会(1回戦)出場を果たし、強肩強打の捕手としてプロの注目を集める。
 東海大会で常菊・堀田竜也(秋)、いな総・岡謙斗(春)から各2安打を記録。
 3年春の大会から主将としてチームを引っ張り、同年夏に8番・捕手で6年ぶり県Vを達成した。
 強肩と好リードで左右2枚看板を支え、6戦10失点の安定した戦いぶりを披露。
 3回戦・中津戦で左越えソロ本塁打を記録(全体には15打数3安打3打点と低迷)している。
 続く甲子園初戦で古川侑利から三塁強襲打を放つも4対5逆転負けで敗退。
 8回に1.95秒前後の二塁送球で補殺を記録し、全国舞台で持ち前の強肩ぶりをアピールした。
 1学年下のチームメイトとして滝野要(現大商大)ら。

 東海大では2年秋からリーグ戦に出場。
 途中出場で1試合(大東大1回戦)のみに留まり、翌3年春秋のリーグ戦を出場機会なく終えた。
 同学年のチームメイトに下石涼太山本瞬ら。

 181cm80kg、守備力の高い強肩捕手。
 キャッチング、観察眼に優れた好捕手。複数球団から注目された捕手らしさ、守備力が売り。
 地肩が強く二塁到達1.9秒台を計時する強いスローイングで補殺を記録する。
 2年生エースを精神面でも支えて高3夏甲子園に出場。主将として強い統率力を見せた。
 思い切りの良いスイングで強い打球を飛ばす右打者。確実性の低さが課題。
 脆さを残しながらもパンチ力を秘める。大垣日大高時代は主に下位打線で起用されていた。
 現時点で首都リーグ戦での実績は乏しい。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2017年01月24日(火)|退団・引退・進路不明など | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 首都大学 コメント(0) Page Top↑