三輪 昂平(明大)|ドラフト・レポート

三輪 昂平(明大)

ここでは、「三輪 昂平(明大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



三輪 昂平(明大)

177cm78kg 右右 MAX149km スライダー・カーブ 日大三高
威力ある直球と切れの良いスライダー。高2夏の甲子園で最速149㌔マーク。三輪隆氏を父に持つ。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15春:        登板無し
   15秋:        登板無し
   16春:        登板無し
   16秋:        登板無し
   17春: 5 0勝0敗   3  5  4  1  2  6.00
   17秋:        登板無し
   18春:        登板無し
   18秋:        登板無し            
   通算: 5 0勝0敗   3  5  4  1  2  6.00
        被安打率15.00 奪三振率12.00 四死球率3.00

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   13夏: 1   1  0  1  1  0 149㌔ 日大山形

投手成績詳細

   17春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大     1  1  1  0  0
   法大    0.1  0  0  0  0
         0.2  3  1  0  1 146㌔
   慶大    0.1  0  1  0  0 144㌔ 
   立大    0.2  1  1  1  1 148㌔
          3  5  4  1  2 防6.00
    被安打率15.00 奪三振率12.00 四死球率3.00

  最新記事

 ■ 明大・三輪が3回無失点 父はオリックス三輪コーチ(日刊スポーツ) 17/2/26

 オリックス三輪隆育成コーチを父に持つ明大・三輪昴平投手(2年=日大三)が26日、同大グラウンドで行われた東京国際大とのオープン戦に登板した。0-0の5回から2番手で登板。3回を投げ、2安打無失点に抑えた。日大三時代には最速149キロをマーク。昨年までリーグ戦での登板経験はなく、今春リーグ戦でのデビューを目指す。

 ■ 日大三まさか12失点 4連覇ならず小倉監督「これが夏の怖さ」 (スポニチ) 14/7/27

 日大三がまさかの大敗。投手陣が崩れて4連覇を逃した小倉全由(まさよし)監督は「これが夏の怖さ。釘宮が抑えてくれると思ったが」と目を赤くした。楽天・三輪隆バッテリーコーチを父に持つ昴平は9回に今夏初登板も制球が定まらず、打者1人に死球を与え降板大会直前に右肘を故障し「迷惑を掛けたので抑えようと思ったが力んだ」と号泣した。今後は大学に進学希望。「この悔しさをいつまでも持ち続けたい」と前を向いた。

   14夏予      回数 被安 奪三 四死 失点
   準決勝:東海菅生   0  0  0  1  1 141㌔

 ■ 日大三・三輪が西東京4連覇導く(デイリースポーツ) 14/6/22

 第96回全国高校野球選手権・東西東京大会組み合わせ抽選会が21日、都内で行われた。西東京では、最速149キロ右腕・三輪昂平投手ら厚い選手層を誇る日大三が、4連覇に挑む。三輪は、昨夏甲子園での投球を「緊張してほとんど覚えていない」と笑う。敗れた2回戦の日大山形戦で、自己最速の149キロを計測し、九回1イニングを無失点、1奪三振。そんな一度経験した聖地を「何があっても行きたいところ」と表現した。楽天・三輪隆バッテリーコーチを父に持つ右腕として注目された昨年は、勝負どころで力を出せなかった。夏の西東京大会は、先発して1/3回で降板した1試合のみ。背番号1で臨んだ秋の東京大会は、準決勝の二松学舎大付戦で満塁本塁打を被弾。センバツに届かなかった。苦い記憶を糧に、冬からは制球力を付けようと、体幹トレーニングなどで下半身強化に励んだ。今春東京大会4回戦・東海大菅生戦では、5回無安打投球でコールド勝ち。直球頼みだった昨年と違い、変化球でもストライクが取れるようになった。現在は、右打者の内角を突くボールに磨きをかけている。

   14春         回数 被安 奪三 四死 失点
   4回戦:東海菅生 先   5  0  6  1  0(ノーヒットノーラン達成)
   準々決:日  鶴     5  2  8  1  2
               10  2  14  2  2 防1.80(失点から計算)
          被安打率1.80 奪三振率12.60 四死球率1.80

過去記事

 ■ 二松学舎大付・秦が満塁弾/高校野球(日刊スポーツ) 13/11/9

 二松学舎大付が日大三に大勝し、決勝に進出した。来春センバツに大きく近付いた。1点を追う3回、4連打で2点を奪い逆転。無死満塁から5番秦匠太朗外野手(2年)が右翼スタンドに飛び込む満塁本塁打を放ち、6-1とした。日大三先発の三輪投手はこの日148キロを記録したが、ここで降板した。秦は184センチ、95キロのスラッガー。「打ったのは外角低めの真っすぐ。(三輪は)球が速いので、コンパクトに振ろうと思っていた。後ろにつなごうと思った」と振り返った。

   13秋             回数 被安 奪三 四死 自責
   ブロック2回戦:東村山西 先   7  3  8  1  0封
       代 決:専修大付     2  0  2  1  0
   東  京1回戦:総合工科 先   6  3  4  1  0封
       3回戦:昭  和 先   7  3  9  2  0封
       準決勝:二松学舎 先   2  6  3  2  6 148㌔
                   24  15  26  7  6 防2.25
               被安打率5.63 奪三振率9.75 四死球率2.63

 ■ 楽天コーチ長男 三輪が149キロ(東京中日スポーツ) 13/8/14

 三輪バッテリーコーチの長男で日大三の2年生右腕、昂平が甲子園デビューで自己最速の149キロをマークした。6点をリードされた9回に登板し、無安打無失点、1三振を奪った。「無我夢中で投げました。自己最速は自信になる。絶対にここへ帰ってこようと思った」。先輩の無念を胸に刻んで誓った。

   13夏予         回数 被安 奪三 四死 失点
   5回戦:昭和一学園 先  0.1  3  1  0  1

 ■ 日大三・三輪が最速148キロ/高校野球(日刊スポーツ) 13/5/18

 日大三の先発、三輪昂平投手(2年)が6回を3安打1失点、5奪三振と好投し、作新学院に勝利した。4回には直球の自己最速148キロをマーク、常時140キロ台中盤と非凡な力を見せた。父は楽天の三輪隆1軍バッテリーコーチだ。日大三・小倉全由監督が87年に関東一を率いて準優勝した時の捕手。そんな経緯もあって三輪は日大三に入った。中学2年までは父と同じ捕手だったが、ひざを痛めて投手となった。この冬に走り込みを徹底。最近まで145キロの直球は、「伸びてきた」と148キロになった。先発はこの日の朝に言われたという。「緊張しました」と振り返ったが、伸び伸びとした投球だった。背番号は18。強豪の日大三に、将来楽しみな投手が加わった。
 父も指導した小倉監督は「いい真っすぐを投げるし、楽しみ」と、好素材に期待を寄せた。(デイリースポーツ)

   13春関東   回数 被安 奪三 四死 自責
   作新学院 先   6  3  4  2  1 148㌔

  プロフィール

 大阪府和泉市出身。
 三輪 昂平(みわ・こうへい)投手。
 大阪の全泉州ボーイズで硬式野球を始め、光明台中では大阪和泉シールズに所属。
 中学2年時まで捕手を務め、膝痛により投手に転向した。

 日大三高では1年秋から控え投手としてベンチ入り。
 2年春の都初戦・成城学園戦でデビューを遂げ、2安打に抑える好投で5回完封勝利を収める。
 関東1回戦で自己最速148㌔を計測し、作新相手に6回1失点の好投を披露。
 同年夏の西東京大会で3連覇を果たしたが、自身は1/3回1失点の低調な成績に終わった。
 続く甲子園初戦に9回表から登板し、1回ノーヒット1K、1四球無失点をマーク。
 力みからコントロールにバラツキを見せながらも、全国舞台で自己最速149㌔を計測している。
 2年秋の1季のみ主戦を務め、24回で26K、5戦3完封、防2.25の好成績を記録。
 初戦から22イニング連続無失点を記録したが、準決で2.0回6失点KOを喫して敗退となった。
 翌3年春(背番号10)の都4回戦・菅生戦で5回1四球ノーヒットノーランを達成。
 続く準々決・日大鶴ヶ丘戦(3対4で惜敗)で5回2安打8K1四球2失点の力投を演じている。
 3年夏の予選は肘痛で振るわず東海大菅生に6対12逆転負けでベスト4敗退。
 わずか4球(1四球1失点)で最後の大会を終え、志望届を提出せず明大への進学を選択した。
 当時のチームメイトにエース・釘宮光希(現立正大)ら。

 明大進学後は3年春からリーグ戦に出場。
 すべて救援で5試合、計3回(3失点)に登板し、最終カード・立教大2回戦で148㌔を計測した。
 通算5試合、0勝0敗、3回、4奪三振、防御率6.00。

 177cm78kg、地肩の強さを感じさせる本格派右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げて早めに着地し、オーバースローから肘を使って力強く振り下ろす
 最速149㌔、常時140㌔前後から145㌔前後の直球と、130㌔前後のスライダー。
 威力のあるストレートにキレの良いスライダーを織り交ぜる。粗削りながらも馬力のある右腕。
 高2秋・3年春の7試合(先発5)34イニングで40奪三振(率10.59)を積み上げた。
 元プロ野球選手・三輪隆氏(オリックス93年2位)を父に持つ二世選手。制球にはバラツキが残る。
 高3夏前に右肘痛を発症した。遠投115m、50m6秒5。 
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2017年12月20日(水)|退団・引退・進路不明など | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑