石川 柊太(創価大)|ドラフト・レポート

石川 柊太(創価大)

ここでは、「石川 柊太(創価大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



石川 柊太(創価大)

183cm80kg 右右 MAX149km カーブ・フォーク・スライダー 総合工科
長身から149㌔直球と落差あるカーブ、フォーク。4年春の大学選手権で四国学院大を5安打初完封。
2013年ソフトバンク育成1位(支度金300万円、年俸400万円)

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   13春: 5  3勝0敗  25.1  16  22  14  3  1.07
   13秋: 6  4勝0敗   38  26  27  12  4  0.95(2位)
   通算: 11  7勝0敗  63.1  41  49  26  7  0.99(3年秋除く)
          被安打率5.83 奪三振率6.96 四死球率3.69

 【 全国大会 】 
   13選     回数 被安 奪三 四死 自責
   四国学院 先   9  5  8  3  0 142㌔(東ド)

投手成績詳細

   13春    回数 被安 奪三 四死 自責
   杏林大     2  0  2  1  0
          4.1  4  4  1  0 ○
   流経大     1  4  2  1  2
   共栄大 先   9  6  7  5  0 ○
   東国際 先   9  2  7  6  1 ○
         25.1  16  22  14  3 防1.07
      被安打率5.68 奪三振率7.82 四死球率4.97

  最新記事

 ■ 石川(創価大)「いずれは侍入り」 指名あいさつで抱負(西日本スポーツ) 13/10/30

 福岡ソフトバンクから育成ドラフト1位で指名を受けた石川柊太投手(21)=創価大=が、将来の目標に「小久保ジャパン」入りを掲げた。日本代表の小久保監督と1992年のバルセロナ五輪でチームメートだった同大の佐藤康弘コーチから薫陶を受けた右腕は「いずれは日本を代表する投手の仲間入りをしたい」と決意を示した。大学では3年秋からリーグ戦に登板。遅咲きながら、最速149キロの直球を磨いた。ヤクルトで1年目から16勝を挙げて最多勝に輝いた小川は1学年上の先輩。永山スカウト部長は「投球のうち、何球かは小川よりいいボールを投げるその確率を上げれば楽しみな存在」と期待を寄せる。入学後に佐藤コーチを通じ、同じく代表だった伊藤智仁氏(ヤクルト投手コーチ)が武器にしたスライダーの握りを学んだ。「カーブのような軌道で横滑りさせ、打たせて取る投球ができるようになった」。投球の幅を広げ、プロへの道を切り開いた。育成での入団という立場でも強い気持ちは変わらない。「育成でもやるべきことは同じ。結果を出せるようにしっかり取り組みたい」。将来性あふれる右腕は無限の可能性を秘めている。
 ソフトバンクは23日までに育成ドラフトで指名した4選手と入団に合意した。1位で創価大の石川柊太投手(21)=183センチ、80キロ、右投右打=と、4位で仏教大の張本優大捕手(23)=181センチ、84キロ、右投右打=とはいずれも支度金300万円、年俸400万円で合意。2位で島根・浜田商高の東方伸友投手(18)=191センチ、81キロ、右投右打=と、3位で京都国際高の曽根海成内野手(18)=175センチ、70キロ、右投左打=とは支度金300万円、年俸270万円で合意した。(金額は推定)(スポーツ報知)

   13秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   共栄大 先   6  7  4  2  1 ○
   杏林大 先   9  5  5  1  0 ○封
   流経大 先   6  5  4  3  1 ○
   学芸大 先   7  2  9  1  1 ○
   東国際 先  10  7  5  5  1
          38  26  27  12  4 防0.95
      被安打率6.16 奪三振率6.39 四死球率2.84

 ■ 抜群のキレを誇る発展途上の大型右腕 石川柊太(週刊ベースボール) 13/10/9

 「コーチに就任してから、そして私が現役時代にともにプレーしてきた選手の中でも素材は一番です」。そう太鼓判を押す佐藤コーチは、社会人野球のプリンスホテルで活躍し、92年のバルセロナ五輪に選出。伊藤智仁、小久保裕紀らとともに、銅メダル獲得に貢献した。その佐藤が「杉浦(正則)ほどの完成度はありません。でも石川の良いときだけを見れば、杉浦や伊藤よりも上です」と評している。最大の魅力は「腕の振り」にある。「あれだけ腕が振れて、スピンがかかった球を投げられる投手はいませんね」(佐藤コーチ)。普通の投手であれば、中指の真ん中あたりにマメができる。これが石川の場合、中指の外側にあるのだ。球が指にかかり過ぎることで爪も真っ黒に変色。ストレートの最速は149キロから、今年に入って145キロ前後を推移している。現在も「投げる際に痛みはあるが、そうは言ってられない」(石川)という状態で、春はリーグの開幕にも間に合わず、秋は2回戦の先発として開幕を迎えている。「10球中1球か2球は小川よりすごい球を投げる。下半身をしっかり使える小川といまの石川を足して2で割れば、20勝投手だよ」と、岸監督は笑いながら成長を見届けてきた。まだまだ粗削りな大型右腕は、ドラフト下位、もしくは育成ドラフトでの指名が有力だ。

 ■ 創価大・石川が公式戦初完封/大学野球(日刊スポーツ) 13/6/11

 創価大・石川柊太投手(4年=総合工科)が公式戦初完封で初戦を突破した。同大で1学年上の先輩だったヤクルト小川と同じく左足を高く上げ、トルネード気味のフォームが特徴の右腕は9回を投げ5安打8奪三振無失点。「フォームは大学1年生から試行錯誤してたどり着きました。今日は4回からペースがつかめました。(完封は)率直にうれしいです」と勝利に笑顔を見せた。

  プロフィール

 東京都品川区出身。
 石川 柊太(いしかわ・しゅうた)投手。
 小学2年から野球を始め、中学時代は水神ファイターズに所属。

 総合工科高時代は3年時にエースとして春夏連続8強進出を経験。
 夏の東東京大会4回戦・高輪戦で5安打完封勝利を記録した。甲子園出場実績は無し。

 創価大進学後は3年秋からリーグ戦に出場。
 3年春までのシーズンを体作りに充て(体重10kg増)、149㌔を記録するまでに成長を遂げる。
 小川泰弘が抜けた4年春に登板を増やし、3勝(2完投)無敗の活躍で優勝に貢献。
 先発・抑えとして5試合25.1回に起用され、開幕週・杏林大2回戦でリーグ戦初勝利を挙げた。
 第4週・共栄大3回戦で初先発を務め、打線の援護を受けて5失点完投勝利をマーク。
 最終週・東京国際大戦では1回戦の先発を任され、ソロによる1失点のみで完投勝利を収めている。
 球速の出にくい大田スタジアムで145㌔を計測し、2安打7K6四球2併殺の力投を披露。
 大学選手権では最速142㌔にとどまりながらも、四国学院大相手に5安打初完封勝利を記録した。
 4年秋には3カードで1回戦の先発を務め、無傷の4勝(1完投1完封)で完全Vを達成。
 横浜市長杯では146㌔をマークし、6回(東海大1.1回、桐蔭大4.2回)無失点リリーフを見せたが、
 準決・桐蔭横浜大戦を0対3で落とし、あと一歩のところで明治神宮大会出場を逃した。
 リーグ通算11試合、7勝(3完投1完封)0敗、63回1/3、49奪三振、防御率0.99(3年秋除く)。

 183cm80kg、長身細身の本格派右腕。
 セットポジションから上体をトルネード気味に捻り、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速149㌔、常時130㌔台前半から140㌔前後(東京ドーム)の角度の付いたストレートと
 100㌔台から110㌔台の落差あるカーブ、120㌔台のフォーク、120㌔前後のスライダー。
 コントロールにバラツキを見せながらも、真っすぐで押し、カーブを織り交ぜる。フォークも持ち味。
 リーグ通算7勝と実績は少ないが、資質はプロスカウトからも注目されている。

  スカウトコメント

ソフトバンク・永山スカウト部長|13/10/30
 「投球のうち、何球かは小川よりいいボールを投げる。その確率を上げれば楽しみな存在」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2013年12月01日(日)|2013年ドラフト指名選手 | 東京新大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2013年ドラフト指名選手 | 東京新大学 コメント(0) Page Top↑