難波 真史(日立製作所)|ドラフト・レポート

難波 真史(日立製作所)

ここでは、「難波 真史(日立製作所)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



172cm72kg 右左 二塁手 遠投110m 50m5秒8 中京大中京→法大 4年目
守備力に定評ある二塁手。俊足巧打の左打者。1年目公式戦打率.364、都市対抗初戦で3安打。

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率 
   12都: 1 .600  5  3 0 0 0 0 2 0  .600  .600
   12日: 1 .000  2  0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   通算: 2 .429  7  3 0 0 0 0 2 0  .429  .429 

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   08春: 1 .000  1  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000 
   08秋: 14 .185  54 10 1 1 0 3 8 3 3  .228  .241
   09春: 9 .095  21  2 1 0 0 2 4 4 0  .240  .143
   09秋: 11 .000  7  0 0 0 0 0 1 2 0  .222  .000
   10春: 10 .154  13  2 0 0 0 0 1 2 1  .267  .154
   10秋: 13 .242  33  8 0 0 0 3 4 9 7  .405  .242
   11春: 6 .286  21  6 0 0 0 0 3 1 3  .318  .286
   11秋: 11 .160  25  4 0 0 1 1 3 2 2  .222  .280
   通算: 75 .183 175 32 2 1 1 9 24 23 16  .278  .223

  最新記事

 ■ 第83回都市対抗野球/中 活躍光る3新人(毎日jp) 12/7/12

 昨年の都市対抗予選敗退で、日立製作所硬式野球部から7選手が去り、新たに8選手が入った。部員の約4分の1が入れ替わった計算だ。そのうち3選手がレギュラーを勝ち取り、守備の要であるセンターラインを形成。日立の野球に「変革」をもたらした。「1番・中堅」の中村将貴(22)、「3番・遊撃」の岡崎啓介(22)、「9番・二塁」の難波真史(22)だ。「守備では誰にも負けない自信がある」と話す難波は法政大で主将を務めた。「六大学を代表するセカンド」と見込まれ日立に入社。1次予選・県大会では7打数5安打2盗塁と走攻守でアピールした。新人のセンターラインが生んだ「変革」がたぐり寄せた2年ぶりのドーム出場。岡崎は「自分の魅力は打撃。結果を恐れず頑張っていきたい」と力を込め、中村は「(東京ドームには)甲子園や神宮とは違った雰囲気があるはず。思い切ったプレーを見せたい」と宣言。難波は「社会人は結果を残してなんぼ。自分の力を出すことだけ考えて、がむしゃらに戦いたい」と気合を入れる。

      打率 打 安 本 点 振 球 盗 
   13公: .364 77 28  0  6  9  7 10

  プロフィール

 愛知県名古屋市出身。
 難波 真史(なんば・まさし)二塁手。
 小学2年から野球を始め、千鳥丘中時代は緑クラブに所属。

 中京大中京高では1番ショートとして活躍。
 主将を務めた3年春に県大会優勝、東海大会準優勝を達成した。
 3年夏は優勝候補と目され決勝に進出したが、愛工大名電に5対7で敗れ惜しくも準優勝。
 当時のチームメイトに伊藤隼太(阪神11年1位)ら。甲子園出場実績は無し。

 法大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 同年秋には遊撃手レギュラーをつかみ、打率1割台ながらも規定打席到達を果たす。
 2年春以降は多木裕史の台頭に伴って出場機会を減らし、3年秋になって正二塁手の座を獲得。
 4年時は主将としてチームを牽引したが、怪我もあって目立った活躍はできずに終えた。
 早大1回戦で大野健介の高め直球を捉え、右越えのリーグ戦1号を放っている。
 リーグ通算75試合、打率.183、32安打、1本塁打、9打点、16盗塁。

 日立製作所入社後は1年目から二塁手でレギュラー。
 9番打者として二大大会に出場し(いずれも初戦敗退)、都市対抗で3安打をマークした。
 左腕のスライダーを中前打、外寄り低め直球を左前打、右腕の内寄り低めスライダーを中前打。
 1年目から公式戦打率.364を記録し、課題としていた打撃で好結果を残している。

 172cm72kg、俊足巧打堅守の小柄な二塁手。
 コンパクトなスイングでセンターから左方向中心に弾き返す左の巧打者。
 守備力に定評がある二塁手。動きが良くスローイングも安定。遠投110mの強肩を備える。
 50m5秒8、一塁到達タイム4.0秒台の俊足。大学時代は3年秋に最多7盗塁を記録した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2013年05月10日(金)|2015年社会人野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑