小原 和己(JFE東日本)|ドラフト・レポート

小原 和己(JFE東日本)

ここでは、「小原 和己(JFE東日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm86kg 右左 MAX151km フォーク 花巻東→東海大北海道 4年目
長身から投げ下ろす威力ある直球とフォーク。制球力に課題が残る。関東選抜Lで149㌔記録。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 自責 防御率
   10秋: 6 1勝2敗  37  12  2.92(8位)
   11春: 8 3勝3敗 49.1  16  2.92(8位)
   通算: 14 4勝5敗 86.1  28  2.92

  プロフィール

 岩手県花巻市出身。
 小原 和己(おばら・かずき)投手。
 湯口中時代は軟式野球部に所属。

 花巻東高では3年夏に控え投手として甲子園を経験(初戦敗退で登板機会なし)。
 当時2学年下には菊池雄星投手(西武2009年1位)が在籍していた。

 東海大北海道進学後は3年秋、4年春に投手十傑入り。
 威力ある直球でプロスカウトから注目され、4年春には最速151㌔をマークしている。
 旭川校舎の閉鎖に伴って北海道学生リーグを脱退し、4年秋は札幌学生3部リーグに新規参入。
 3部リーグを全勝、入替戦を連勝で制し、2部リーグ昇格を果たして卒業となった。

 JFE東日本入社後は1年目から公式戦に出場。
 リリーフで3試合4回2/3の登板に留まり、都市対抗・日本選手権での登板機会は無し。
 関東選抜リーグ戦鷺宮製作所戦では、149㌔(ハマスタ)をはじめ、140㌔台後半を連発したが、
 無死から3連続四死球で満塁とすると、2死から押し出しで失点と安定感に課題を残した。
 2年目スポニチ大会Honda戦では、7回表1イニングで4安打2失点を許している。

 185cm86kg、恵まれた体格の本格派右腕。
 長身から投げ下ろす最速151㌔、常時140㌔台中盤から後半の角度ある直球とフォーク。
 制球力に不安が残り粗削りながらも、プロから注目される潜在能力の持ち主。
 威力ある直球を武器にリリーフで起用されている。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2013年03月17日(日)|退団・引退・進路不明など | 札幌学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 札幌学生 コメント(0) Page Top↑