若月 健矢(花咲徳栄)|ドラフト・レポート

若月 健矢(花咲徳栄)

ここでは、「若月 健矢(花咲徳栄)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



179cm85kg 右右 捕手 遠投120m 50m6秒2
鋭い打球を放つ強打者。二塁送球1.9秒台、頑強な体格の捕手。松井裕樹からフェンス直撃二塁打。
2013年オリックス3位(契約金5000万円、年俸600万円)

  動 画

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13春: 1 .250  4  1 0 0 1 1 0 0 0  .250 1.000

 【 国際大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18U: 4 .429  7  3 0 0 0 3 0 0 0  .429  .429

  最新記事

 ■ オリックスが若月(花咲徳栄)に指名あいさつ「正捕手取れる素材」(埼玉新聞) 13/11/6

 10月24日のドラフト会議でオリックスから3位指名された花咲徳栄高の若月健矢捕手が5日、同校でオリックスの球団関係者から指名あいさつを受けた。出席したのは、若月のほか花咲徳栄の小林清木校長、岩井隆監督、オリックスの長村裕之球団本部副本部長兼編成部長、牧田勝吾スカウト、早川大輔スカウト。あいさつは約15分間行われ、オリックス側が指名した経緯などを説明。その中で若月担当の牧田スカウトは「体の強さ、セカンドスローは大学、社会人に混じってもトップレベルだと編成会議で熱く語らせてもらった。捕手としてなかなかの逸材」と思いを述べた。その後、取材に応じた長村球団本部副本部長兼編成部長は「キャッチャーらしい精悍(せいかん)な顔つき。体格もいいし、グラウンドで見ていたイメージ通り」と印象を語り、「打撃も非凡なものがあり、大型捕手。1軍でレギュラーを取れる素材」と大きな期待を寄せた。またオリックスの森脇浩司監督が直筆で「感謝」と書いたサインが若月に渡された。「まだ会ってないけど"初対面"という感じ。自分がこのスタートラインに立てたことに感謝、という意味なのかな」と指揮官の意図をくみ取っていた。この日、若月の心に一番響いたのが牧田スカウトの「練習試合でも抜かずに、ワンプレーを必死にやっていた姿が脳裏に焼き付いている」との、真面目でひたむきな18歳を象徴する言葉。若月は「練習してきたところをちゃんと見ていただけてうれしい」と喜んでいた。
 プロ野球オリックス・バファローズにドラフト3位で指名された花咲徳栄高の若月健矢捕手(18)が21日、さいたま市大宮区の大宮パレスホテルで球団と仮契約を結んだ。背番号は37番。「捕手らしい番号。感謝してやっていきたい」と話した。オリックスの長村裕之編成部長は「キャッチャーとして一番重要な肩を評価した。覚えることがたくさんあると思うが、プロの投手の球をたくさん受けて1日もはやく一人前になってほしい」と期待を込めた。契約金5千万円、年俸600万円(金額は推定)。若月選手は来月14日に大阪市内のホテルで、新人全員での入団発表に臨む。(asahi.com)

 ■ 花咲徳栄・若月がプロ志望届(日刊スポーツ) 13/9/24

 今秋ドラフト上位候補の花咲徳栄・若月健矢捕手(3年)がプロ志望届を日本高野連に提出したことが23日、分かった。捕球から二塁への送球が1・7秒台の強肩と高校通算30本塁打を超える強打が持ち味。若月は「12球団どこでも指名されたらうれしい」と話した。

 ■ 花咲徳栄・若月無念…最後の打者に(デイリースポーツ) 13/7/24

 花咲徳栄は所沢商に競り負け、2季連続の甲子園出場はならず。今秋ドラフト上位候補捕手の若月は、七回に1点差に追い上げる中前適時打を放ったが、九回は左飛で最後の打者に。「みんながつないでくれたのに申し訳ない」と肩を落とした。この日も、阪神を含む6球団のスカウトが視察。進路については「(プロに)行きたい気持ちはあるが、今は何も考えられない」と話した。

     試合 打率 打 安 本 点
   13夏: 4 .357 14  5  0  2

 強肩強打でプロから注目される捕手ですが、右方向への打撃など対応力の課題を指摘する声もあり、
 今日から始まる18U世界野球選手権では、木製バットへの適応力にも注目ですね。

過去記事

 ■ 若月に10球団スカウト熱視線 花咲徳栄コールド発進(中日スポーツ) 13/7/13

 花咲徳栄は、狭山工に5回コールドで圧勝。今秋ドラフト1位候補と高い評価の若月健矢捕手(3年)はノーヒットに終わったものの、10球団のスカウトが集結し、熱視線を送った。快音はなかったが、花咲徳栄・若月は、存在感をしっかり示した。1回1死二、三塁では冷静に四球を選び大量点につなげ、敵失で出た4回は盗塁も決め、コールドを決める10点目のホームを踏んだ。上位打線ではただ一人ノーヒットだったが、「大事なところで打つのが僕の役割。勝ちにつながるバッティングをする」と力を込めた。この日は10球団のスカウトが“若月詣で”。ソフトバンク広島、巨人などは部長が足を運ぶ注目ぶり。快打こそ見られなかったものの、巨人の山下スカウト部長は「将来的にリーダーになる素材捕手が欲しいところは1位もある」と、最大級の評価はもう不動だ。打撃だけではない。阪神の中尾スカウトは「身のこなしがいい。スローイングも力任せでなくなって、良くなっている」と、捕手としての能力にも二重丸。ポスト谷繁が欲しい中日にとっても目が離せない存在。即戦力なら大学生捕手だが、正津スカウトは「肩も強いし、体も頑丈。大型捕手に育つような選手」と高く評価した。前日まで、チームは一週間の強化合宿。若月もベースランニング、ダッシュなどのメニューで毎日1時間近く走り込み、体を追い込んだ。その状態で、チームは8安打10得点で快勝。これから体も軽くなる。初戦は遅い球に合わず結果が出なかった若月も「これから上げていけばいいと思う」と余裕があった。センバツは浦和学院とともに出場したが、夏は1校だけ。2年ぶりの夏の甲子園へ、センバツ王者から1枚限りのキップを奪い取る。
 「配球は良かった」と守備の要としては納得の表情を浮かべた若月。巨人・山下スカウト部長も「強肩の大型捕手。打撃もいいものを持っている」と、大阪桐蔭・森友哉捕手(3年)に並ぶ高卒捕手の有力候補に初戦から目を光らせていた。(スポーツ報知)

 ■ 神主30発 強肩若月(日刊スポーツ) 13/7/5

 花咲徳栄・若月健矢捕手は強肩強打のドラフト候補だ。捕球から二塁送球はプロでも1・8~1・9秒台で強肩と言われるが、若月はスカウトの計測で1・7秒台だったことがある。打撃では、現役時代の落合博満氏の「神主打法」(バットを体の正面で持ちゆらゆらと構える姿)をほうふつとさせるフォームで、高校通算30本塁打を記録している。今年5月の関東大会2回戦では桐光学園・松井裕樹投手から2安打した。特に2安打目は松井のスライダーを左翼フェンス直撃の二塁打。「やっぱり松井の変化球はすごいですよね」と謙遜するが、負けてはいない。6月以降はトス打撃の球を低めにして、1日1000スイングを打ち込む。上体を崩された状態でも変化球に対応するためだ。「全国にはすごい投手がたくさんいる。成長しないと勝てない」埼玉から全国へ若月の名をとどろかせる。

 ■ 花咲徳栄・若月 浦学倒して全国制覇(日刊スポーツ) 13/6/19

 第95回全国高校野球選手権の埼玉大会の組み合わせ抽選会が18日、さいたま市内で行われた。Aシードの花咲徳栄は初戦の2回戦、12日に狭山工と対戦する。今秋ドラフト上位候補の若月健矢捕手(3年)が見据える先は、センバツ優勝校の浦和学院を倒しての全国制覇しかない。浦和学院とは決勝まで当たらない。だが、若月は今からライバルを強烈に意識している。「どこがこようと負けません。負けられないです。浦和学院に勝たないと意味がないので」。浦和学院には昨秋の関東大会決勝で2-3と惜敗。今春の県大会決勝では0-8と惨敗した。何としても倒さなければいけない相手だ。センバツ大会で快進撃をするライバルの報道を目にするたびに「何で俺らじゃないのか、悔しさだけがこみ上げてきました」。同じくプロに注目される浦和学院の高田涼太内野手(3年)は、センバツで3試合連続の本塁打を放った。チームとしても、そして個人としても浦和学院への意識は高まった。チームメートの楠本泰史内野手(3年)が言う。「あいついつも高田の話ばかりしてますよ」。高田のスイング、変化球に対応し、広角に打ちわける技術。自分に足りないものが高田にはあると感じていたようだ。ただ近くに最高のライバル校があり、刺激を受ける好打者がいる。浦和学院、高田への思いを糧に、決勝まで絶対に負けられない戦いが始まる。

 ■ 虎注目!花咲徳栄・若月2安打2打点(デイリースポーツ) 13/5/3

 今春センバツに出場した花咲徳栄が快勝で4強入り。今秋ドラフト候補の若月健矢捕手(3年)は、先制打を含む2安打2打点と活躍した。初回1死二塁から左中間に先制適時二塁打を放つと、四回は左前打で好機を拡大。六回にも右翼へダメ押し犠飛。“神主打法”から広角に打ち分ける持ち味を発揮し「やっと自分のタイミングで打てるようになった」と笑顔を見せた。 試合前々日には岩井隆監督(43)から約1時間半、一対一でリード面の指導を受けた。この日は打者の間合いにならないように、投球の間を意識して修正。指揮官も「よくやってくれた」とたたえた。阪神、巨人楽天のスカウト陣が視察。阪神・中尾スカウトは「打撃はいいし、スローイングも速いよ」とうなずいた。

 ■ 花咲徳栄、初戦突破も若月1安打に反省(デイリースポーツ) 13/4/27

 センバツに出場した花咲徳栄が、県大会初戦で七回コールド勝ちした。プロ注目の若月健矢捕手(3年)は、6球団のスカウトが視察する前で4打数1安打。守っても3投手をリードして2安打完封を演出した。六回1死一、二塁からの第4打席で左前打。それでも「全然ダメです。うまく合わせられなかった」と、タイミングの取り方に苦心した第3打席までの内容を反省した。初戦敗退したセンバツでは、同じ埼玉の浦和学院が初優勝した。「浦学に勝たないと夏の甲子園に行けない。近くにいい目標がある。チームの勝ちを一番に考えてやっていきたい」。ライバルの躍進にも刺激を受けて、夏への意気込みを新たにしていた。

 ■ 花咲徳栄・若月 意地の聖地初弾及ばず(デイリースポーツ) 13/3/28

 全国の厳しさに少しの手応えが入り交じった。プロ注目のスラッガー・花咲徳栄の若月健矢捕手(3年)が、初の甲子園で名刺代わりの一発を放った。4点を追う四回の先頭で、外角高めの直球を強振。高校通算22号を高々と左中間へ運んだ。「思い切り行こうと思っていた。自信になります」。三振が目立った1年夏、確率を上げるためにノーステップ打法を導入。改良を重ねて落合博満(元ロッテ)の“神主打法”に近い特徴的なフォームをつくり上げた。この冬は1・2キロのバットを振り込んで臨んだ聖地。結果を残し「甲子園で通用した。この打法が一番だと思っています」と、確信は深まった。だが、扇の要としては反省ばかりだった。エース・関口が直球を痛打されて、四回までに5失点。守備の乱れも出る完敗につながり「すぐ変化球に切り替えられなかった。一発勝負の怖さをあらためて思い知らされた」と、顔をこわばらせた。スカウト陣の評価は高い。「打撃もスローイングも軸がある。体の力もある」と阪神・中尾スカウト。夏へ、その先へ、若月は「勝てるキャッチャーになって帰ってきたい」と成長を誓った。

 ■ 花咲徳栄4強!センバツ当確/秋季関東大会(SANSPO) 12/10/31

 秋季高校野球・関東大会準々決勝4試合が行われ、花咲徳栄、浦和学院(ともに埼玉)、常総学院(茨城)、宇都宮商(栃木)が4強入りを決めた。花咲徳栄は、プロ注目の4番・若月健矢捕手(2年)が1本塁打を含む2安打3打点と活躍するなど、習志野(千葉)に12-0で六回コールド勝ちした。 2点リードで迎えた三回二死無走者。若月は習志野・松山のストレートをジャストミート。左翼席後方ネットにぶつける120メートル級の高校通算14号ソロを放ち、チームを乗せた。「インコースをついて来ると思ったので、絶対に引き下がらないで向かっていこうと振りました」。2試合連続本塁打に、満足げな表情を見せた。横浜隼人(神奈川)との初戦に続く連弾を見たDeNA・武居スカウトは「初戦はスライダー、きょうは真っすぐ。捕手として肩もいい。現時点で、間違いなく来年の捕手のドラフト候補」と絶賛だ。チームは六回までに12得点でコールド勝ち。センバツ当確を引き寄せても、若月は「優勝を目標にやってきたので、まだまだです」と気を引き締める。1メートル78、80キロ。右の強打者は、しっかりと関東王者を見据えている。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12秋公式: 11 .553 38 21 5 0 2 13 1 2 3  .575  .842
   12秋関東: 4 .571 14  8 1 0 2 6 1 2 1  .625 1.071

 ■ 花咲徳栄・4番若月が先制弾(日刊スポーツ) 12/10/29

 花咲徳栄(埼玉)が横浜隼人(神奈川)を7-5で破り、ベスト8入りした。チームに勢いを付けたのは4番若月健矢捕手(2年)だ。1回2死三塁の好機で左翼席へ豪快な先制2ラン。3安打2打点の活躍で勝利に貢献した。1年秋から岩井隆監督の勧めでノーステップ打法に。「低めの変化球についていけるようになった」という成果を大事な一戦で披露した。通算本塁打は「13本か14本」と話し「優勝しに来ました。どこが相手でも自分たちの野球をやりたいです」と次戦の習志野戦へ意気込んでいた。

     試合 打率 打 安 本 点
   12夏: 5 .316 19  6  0  5

  プロフィール

 埼玉県加須市出身。
 若月 健矢(わかつき・けんや)捕手。
 小学1年から野球を始め、加須平成中時代は加須シニアに所属。
 3年夏に6番捕手として全国大会8強進出を経験した。

 花咲徳栄では1年春からベンチ入りし、同年秋に正捕手の座を獲得。
 6番打者として関東大会に出場するもヒットが出ず、チームも作新に3対8で初戦敗退に終わる。
 この結果を受けて打力強化に励み、4番となった2年秋に県大会V、関東準Vを達成。
 関東大会で14打数8安打6打点を記録するなど、11試合打率.553本2点13の好成績を残した。
 関東初戦で内角低めスライダーをすくい上げ、体勢を崩されながらもレフト中段への先制2ランを放つと、
 続く習志野戦では直球をレフト後方に飛ばすソロ、右中間タイムリー二塁打など3打点を記録。
 4回裏には二盗を阻止する好送球を見せ、攻守に渡る活躍でプロから高評価を受けた。
 3年春選抜では藤田凌司の外寄り高め直球を捉え、左中間スタンドにソロ本塁打を叩き込んでいる。
 8回には本塁送球間に二塁を狙った打者走者を刺し、正確かつ強い送球で強肩を披露した。
 春の関東大会では初戦で桐光と当たり、松井裕樹相手に2安打1四球と奮闘(12回サヨナラ負け)。
 三振を奪われることなく、外角低め直球を左前、スライダーを左翼フェンス直撃2塁打と力を見せている。
 夏予選には10球団スカウトが視察に訪れたが、所沢商との接戦を5対6で落とし5回戦敗退。
 連続甲子園出場は逃したものの、大会後は日本代表に選出され、18Uワールドカップ準Vを経験した。
 主に代打で4試合(スタメンマスク1)に出場し、打率.429(7打数3安打)3打点をマーク。
 メキシコ戦でレフト前タイムリー、チェコ戦で2死満塁から三塁線を破る2点左前打を放っている。

 179cm85kg、強肩強打の捕手。
 高校通算30本塁打、リストが強くノーステップ打法から鋭い打球を放つ右の強打者。
 関東大会・習志野戦で左越えに120m弾を放つなど、長打力のある打撃で4番を務めた強打の捕手。
 当初変化球への対応に苦しんだことから、監督の勧めで1年夏からノーステップ打法に変更した。
 木製バットを使用する18Uワールドカップでは、足を上げる打法で7打数3安打と活躍。
 捕手としては遠投で120mを記録する地肩の強さがセールスポイント。盗塁阻止率が高い。
 軌道の低い送球で二塁到達タイムは1.9秒台、最速では1.7秒台を誇る(プロスカウトによる計測)。
 3年春選抜ではリード面にやや課題を残し、スカウトからキャッチングの堅さで指摘を受けた。
 打力・強肩を買われ、1年秋から正捕手を務める。50m6秒2。

  スカウトコメント

オリックス・長村裕之編成部長|13/11/22
 「キャッチャーとして一番重要な肩を評価した。覚えることがたくさんあると思うが、プロの投手の球をたくさん受けて1日もはやく一人前になってほしい」
オリックス・牧田勝吾スカウト|13/11/6
 「体の強さ、セカンドスローは大学、社会人に混じってもトップレベルだと編成会議で熱く語らせてもらった。捕手としてなかなかの逸材。練習試合でも抜かずに、ワンプレーを必死にやっていた姿が脳裏に焼き付いている」
 「大学、社会人を見てもトップクラス。なかなかいない逸材だと思っていた」
オリックス・長村球団本部副本部長兼編成部長|13/11/6
 「キャッチャーらしい精悍(せいかん)な顔つき。体格もいいし、グラウンドで見ていたイメージ通り。打撃も非凡なものがあり、大型捕手。1軍でレギュラーを取れる素材」
 「地肩の強さやスローイングの素早さなど捕手としての資質が感じられ、打撃も非凡なものがある。一日も早くレギュラーをとってくれたらと思う」
オリックス・担当スカウト|13/10/24
 「高校通算28本塁打の長打力と地の這うような二塁送球が魅力。送球の安定感は、アマチュアトップレベル。体も非常に強く、努力家で将来有望な選手」
巨人・山下スカウト部長|13/7/13
 「将来的にリーダーになる素材。捕手が欲しいところは1位もある」
 「強肩の大型捕手。打撃もいいものを持っている」
阪神・中尾スカウト|13/7/13
 「身のこなしがいい。スローイングも力任せでなくなって、良くなっている」
中日・正津スカウト|13/7/13
 「肩も強いし、体も頑丈。大型捕手に育つような選手」
巨人・山下哲治スカウト部長|13/6/26
 「今年の高校正捕手は森(友哉、大阪桐蔭高)と若月です。肩も申し分ない。プロでレギュラーを取れば10年は安泰。スケールの大きさを感じます」
阪神・中尾孝義スカウト|13/6/26
 「2008年に東総工高の杉山(翔大、早大-中日)を見ましたが、体のキレ、肩は若月の方が上。二塁送球もコンスタントに1.8秒台が出る」
阪神・中尾スカウト|13/5/3
 「打撃はいいし、スローイングも速いよ」
楽天・早川スカウトアドバイザー|13/4/8
 「捕球から投げるまでの速さが2秒を切る。これはプロでもそうはいない」
ヤクルト・鳥原スカウト|13/4/1
 「ノーステップ打法であのパワーは凄い。パンチ力は全国レベル。肩と手首の強さは魅力。上位候補であると思う」
在京球団スカウト|13/4/1
 「二塁送球1.9秒と地肩は強いが、投げ方にクセがあるし、バッティングやリード面にも課題がある。ドラフト4位くらいの評価」
中日・中田宗男スカウト部長|13/3/29
 「捕手は、若月(花咲徳栄)と森(大阪桐蔭)が双へき。若月はパワーがある。下半身の使い方もうまく送球が滑らか。森友は豪打とリーダー性が魅力だ」
巨人・山下哲治スカウト部長|13/3/29
 「捕手は森の他に敦賀気比・喜多亮太、花咲徳栄・若月健矢、常総学院・内田靖人が目につきました」
阪神・中尾スカウト|13/3/28
 「打撃もスローイングも軸がある。体の力もある」
DeNA・武居スカウト|12/10/31
 「初戦はスライダー、きょうは真っすぐ。捕手として肩もいい。現時点で、間違いなく来年の捕手のドラフト候補」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2013年12月11日(水)|2013年ドラフト指名選手 | コメント(4) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
オリックスバファローズの正捕手だ!
| 匿名 | 2016年08月02日(Tue) 21:01 | URL #- [ 編集]
オリックスバファローズ3位指名!
| 匿名 | 2013年10月26日(Sat) 11:53 | URL #- [ 編集]
若月君は単独1位か外れ1位で売れます。読売、中日、広島、ロッテ
| 匿名 | 2013年09月15日(Sun) 11:57 | URL #- [ 編集]
広島も若月健矢の獲得を本気ですよ~?
| 広鯉! | 2013年05月04日(Sat) 07:57 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2013年ドラフト指名選手 | コメント(4) Page Top↑