園部 聡(聖光学院)|ドラフト・レポート

園部 聡(聖光学院)

ここでは、「園部 聡(聖光学院)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



園部 聡(聖光学院)

184cm94kg 右右 一塁手 遠投100m 50m6秒5
スイングスピード157km/hを誇る右のスラッガー。通算59発。夏の甲子園で2年連続バックスクリーン弾。
2013年オリックス4位(契約金4000万円、年俸550万円)

  動 画

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12春: 2 .429  7  3 0 0 0 1 2 1 0  .500  .429
   12夏: 2 .500  6  3 1 1 1 4 1 1 0  .571 1.500
   13春: 3 .417 12  5 1 0 1 3 1 0 1  .417  .750
   13夏: 2 .500  6  3 1 1 0 1 1 2 0  .625 1.000
   通算: 9 .452 31 14 3 2 2 9 5 4 1  .514  .871

 【 国際大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18U: 9 .267 30  8 4 0 0 7 7 3 0  .333  .400

  最新記事

 ■ 【オリックス】ドラ4園部、背番「44」和製ブーマーだ!(スポーツ報知) 13/11/19

 オリックスからドラフト4位指名を受けた聖光学院(福島)・園部聡内野手(18)が18日、福島市のホテルで入団交渉を行い、契約金4000万円、年俸550万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。会見では背番号44を発表。オリックス・長村裕之編成部長は、こう説明した。「長打力、ミート力…大きな将来性を秘めた選手オリックスの前身の阪急でブーマーがつけていた44番を背負い、和製ブーマーを目指して頑張ってほしい!」。ブーマー・ウェルズは1983年から阪急、ダイエーで10年間プレーし、84年には3冠王に輝くなど首位打者2度、本塁打王1度、打点王4度の最強助っ人だ。とはいえ、95年生まれの園部には、ビミョー!?な激励だったようで「(44番は)強打者のイメージでうれしい」と言いつつも「(ブーマーは)中学時代にCS放送で見たぐらいですが、すごかった。よく知らないんで、これから調べます」と頭をかいた。それでも、主砲・李大浩の退団が決まったオリックスで「今は4番うんぬんなんて言えないけど(将来的には)間違いなくチャンス」と言うあたりは大物。「どれだけ練習しても壊れない体を作って新人自主トレに臨みたい」と前を見据えた。

 ■ 「打点王獲得が目標」 オリックス関係者、園部選手にあいさつ(毎日jp) 13/10/31

 プロ野球ドラフト会議で聖光学院(伊達市)の園部聡選手(17)を4位指名し、交渉権を獲得したオリックスの球団関係者が30日、指名のあいさつに同校を訪れた。園部選手は「早く1軍に上がって期待に応えたい」と抱負を述べた。球団からは、長村裕之副本部長と中川隆治スカウトが参加し、園部選手と斎藤智也監督らと面談。長村副本部長は「バットスイングの力強さとミート力があり、昨年から興味を持っていた他の球団の動きが気になったが、縁が成就して良かった」と話した。園部選手は「今日あいさつをして、これからが勝負という強い気持ちが生まれた」。森脇浩司監督直筆の「感謝」と書かれたドラフト会議の入場証を手渡されると、「どんな壁に当たっても、感謝しながら乗り越えていきたい。打点王を獲得するのが目標」と述べた。長村副本部長は「打撃をけん引できる選手になってもらいたい」と期待を込めた。

 ■ 高校通算59発!聖光学院・園部、プロ志望届提出(スポーツ報知) 13/9/25

 聖光学院・園部聡が24日、福島県高野連にプロ志望届を提出した。同校グラウンドで取材に応じた園部は「楽しみです。自分がどのように評価されているか、ワクワクしているところもあります」と率直な感想を吐露した。1年秋から4番を務め、2年春から3年夏まで、4季連続で甲子園に出場し2本塁打。高校日本代表として、9月に台湾で行われた18Uワールドカップで主に5番を務め、銀メダル獲得に貢献した。木製バットで出場した大会に園部は「大きかった。大きな財産になりました」と自信を深めた。斎藤智也監督によれば、既に巨人楽天など5球団から調査書が寄せられ、今後も増えることが予想される。主に一塁手として出場していたが、現在は三塁にも挑戦中。今年のプロ野球オールスターの本塁打競争を見て、日本ハム・中田、ヤクルト・バレンティンのアーチにイメージをふくらませた。「本塁打記録を更新? いずれそういう選手になりたいと思う」と10・24のドラフト会議を待つ。

過去記事

 ■ 聖光学院・園部がプロ表明「どこでも」(日刊スポーツ) 13/9/13

 高校野球日本代表としてIBAF18UW杯に出場した聖光学院の園部聡内野手が12日、学校で報告会を行った。大会では全9試合に一塁手として出場。主将の大阪桐蔭・森友哉捕手の15打点に次ぐ7打点を挙げ、銀メダル獲得に貢献した。「JAPAN」のユニホーム姿で壇上から「これから生きていく上での刺激になった。練習して上のレベルでもう1度世界一を目指したい」と全生徒に報告した。さらに「(プロ球団で)特に行きたいところはなく、入れるのであればどこでもいい」と、公の場で初めてプロ入りの意思を明らかにした。W杯で特に親しくなった桐光学園(神奈川)松井裕樹投手(3年)とは、プロでも同じチームでやれたら、と話し合ったという。「後ろで守っていて打てないと思った。敵にいてほしくないです」と笑いながら話した。世界を経験し、国内外の選手と交流して野球に対する意識はより高まった。「プロは、松井とか山岡(泰輔=広島・瀬戸内)以上のピッチャーと対戦し、結果を求められる世界。確固たる自信を持って進みたい」とし、卒業まで「毎日練習します」と宣言した。プロ志望届は週明けの17日以降に提出予定。高校通算59発の「右の大砲」として複数球団が獲得に興味を示し、10月24日のドラフト会議では上位指名が予想される。木製バットを振りながら、運命の日を待つ。

 ■ 【18UW杯】不動の5番・園部、技あり2点打で逆転呼んだ!(スポーツ報知) 13/9/5

 聖光学院・園部聡内野手(3年)が「5番・一塁」でスタメン出場し、3回に左前に2点タイムリー。不動の5番打者として、日本の5連勝に貢献。内角に切れ込むスライダーを逃さなかった。1―5と4点を追う3回2死満塁。2球目の121キロを左前に運んだ。これで2者が生還。「1試合目(1日の台湾戦)から、いい感覚でバットが振れています」。逆転勝利へと導く大きな一打だった。普段の試合とは違う木製バットの対策として上からたたきつけ、低いライナー性の打球を心掛けているという“右の大砲”。「走者を残さない、という気持ちだった」と思い通りの打撃に声を弾ませた。28日に台湾入りしてから、開幕が雨のため2日間もずれた。狭い室内の練習で時間も限られるなか、体重は96キロまで増えた。食事を野菜中心に切り替え、就寝前には体幹トレーニングを多めに実行。「キレを出すトレーニングも増やしたので、94キロまで戻りました」と、5日からの2次Rへ万全だ。3番の森友哉捕手(大阪桐蔭3年)、4番で、中学時代から旧知の内田靖人内野手(常総学院3年)とともに初戦からクリーンアップを結成する園部。「最終的には世界一になって堂々と日本に帰りたいです」と、バットで頂点へと導く意気込みだ。
 森は別格として、台湾でスカウトの眼鏡にかなった野手は誰なのか。ネット裏のスカウトの話を総合すると、株が急上昇しているのは園部聡一塁手(聖光学院)、内田靖人捕手(常総学院)、渡辺諒遊撃手(東海大甲府)の3人。いずれも下半身を使って、バットをしっかりと振り切れる実力の持ち主らしい。「園部は一塁手なのでプロで守るポジションに苦労するかもしれませんが、打撃だけは一級品」(セ・リーグのあるスカウト)。(ゲンダイネット)

 ■ 5番・園部 ホッ2打点「結果を出せていなかったので…」(スポニチ) 13/9/3

 5番・園部が5回2死一、三塁から右中間を破る適時二塁打を放った。「いい場面で打てて良かった。逆方向に強く打とうと思った」と喜んだ。昼のメキシコ戦は無安打で、11得点した打線で蚊帳の外に置かれたが夜の試合では2打点。小さく構えてコンパクトに振り抜いたことが奏功し「結果を出せていなかったので…」と胸をなで下ろした。

 ■ 聖光学院・園部、木製バッドで1号130メートル弾!(スポーツ報知) 13/8/27

 第26回18U(18歳以下)ワールドカップに出場する高校日本代表が26日、西宮・大阪ガス今津グラウンドで関大と練習試合を行った。4番・一塁でスタメン出場した聖光学院・園部聡(3年)が左翼へ推定130メートル弾を放った。高校通算59号木製1号の特大アーチで見守ったスカウトの度肝を抜いた。まさに打った瞬間、だった。5回1死、園部がジャストミートすると、打球は左翼フェンスはるか上、スコアボード横の防球ネットに直撃する本塁打。左翼手は一歩も動かず、打球を見上げただけだった。高校通算59号は、木製バットでの初本塁打。「感触? 木だったのでよく分からない。でも金属だったらもっと飛んでいたかも」と園部は苦笑い。甲子園で敗れて福島に戻ってからは、木製バットで練習も、新チームに邪魔にならないようにティー打撃などで本格的な打ち込みはできなかった。そんな不安を払拭する一撃に、スカウトは色めき立った。日本ハム・山田GMは「(木への)適応は少しかかるかなと思ったけど、問題なかったですね」と評価。オリックス・古屋チーフスカウトも「(打球の)音を聞く限り詰まったようだったが、あそこまで飛ばすとは」と底知れぬパワーに驚いた。相手の関大は1、2年生主体とはいえ、先発・石田光宏(2年)=近江=は既にリーグ戦6勝を挙げているエース格だ。園部は木への対応について「体全体の力を(バットに)伝えられるように、軸回転を意識しています」。まさに一発回答。聖光の4番から高校ジャパンの4番へ。園部は進化を遂げている。

 ■ 聖光・園部あと1メートル届かず!3年連続2回戦敗退(スポーツ報知) 13/8/16

 聖光学院は、福井商に惜敗し、3大会連続の2回戦敗退となった。0―1の6回2死一塁、4番・園部聡一塁手(3年)が同点に追いつく中越え三塁打を放ったが、8回に勝ち越された。福島・いわき市出身の園部は、地元の強豪で3年間鍛えられプロ注目の打者へ成長。バックスクリーン手前のフェンスに激突した相手中堅手のグラブをはじき、打球はフェンスにぶち当たった。6回2死一塁で飛び出した同点三塁打。園部は「長打を狙っていた。センターフライかと思ったけど、うまく伸びてくれた」と振り返った。終わってみれば、1―2の惜敗。これで11年夏から3大会連続の2回戦敗退。“壁”は越えられなかった。9回、先頭打者で四球を選び、三塁まで進んだが本塁を踏むことはできなかった園部だが、試合後に涙はなかった。「後悔とか、言いたくないが、悔しい思いしかない」。だが高校通算58本塁打とプロも注目する長距離砲に成長したのは、聖光で過ごした3年間があったからだ。やんちゃでいたずら好きだった中学時代は、先生からもよく怒られた。そんな園部が聖光に進学して、最初のお正月に実家に帰郷したときの出来事を、母・知子さん(52)は忘れないという。「靴をきちんとそろえたり、感謝の言葉を言ったりと、人として成長しているな、と感じました」。甲子園に4度出場した“孝行息子”は、女手ひとつで育ててくれた母親に「ありがとうといいたい」と感謝。今後について聞かれると「まだ考えていません」と明言を避けたが、これまでプロ入りに前向きな発言をしており、プロ志望届を提出すれば指名は確実だ。チームメートが甲子園の土を持ち帰るなか、園部は土を取りにいかなかった。「(甲子園に)思い出づくりにきたわけではない。日本一になって持って帰るつもりだった」と園部。全国制覇の夢をかなえることはできなかったが、最後まで涙を見せずに堂々と聖地を後にした。

 ■ 聖光学院・園部58号!決勝へ/福島大会(日刊スポーツ) 13/7/28

 プロ注目の聖光学院の園部聡内野手(3年)が7回に高校通算58号のソロホームランを放った。これで今大会3本目。昨年も2発打っており、夏の勝負強さをさらに印象づけた。初球の「差し込まれた」と思った変化球を左翼席へ。「会心の一撃と言うより、うまく打てた」と自信たっぷりに話した。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   13夏予: 6 .412 17  7 0 0 3 11 3 10 0  .630  .941

 ■ 聖光学院・園部、大谷超え57号!ゴジラ超え60発も射程(スポーツ報知) 13/7/24

 福島では、聖光学院のプロ注目打者・園部聡一塁手(3年)が高校通算57本目のアーチを放つなど順当に8強入りを果たした。2点リードの3回だった。2死走者なしの場面で、聖光学院・園部が3球目の真ん中に入ったストレートを振り抜いた。打球はきれいな放物線を描いて左翼スタンドに飛び込んだ。「完璧でした。打った瞬間、行ったと思いました」。自画自賛の一発は高校通算57本塁打。通算56発の花巻東・大谷翔平(現・日本ハム)超えを果たした。大会直前まで不振にあえいだが、初戦の郡山商戦の初打席で、初球を満塁アーチを放ってから全てが好転した。「あれを体で覚えている。いいイメージを持てるようになりました」と絶好調ぶりを強調した。斎藤智也監督(50)は「頭が動かなくなり、軸がしっかりした。大会に入って調子が上がっている。大事な時期に合わせてくるのがいい選手」と主砲をベタ褒めした。チームは8回コールドで快勝。県内公式戦連勝を89に伸ばして、8強に進出した。巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜(星稜)が持つ60発が視界に入ってきた主砲は「(本塁打の)本数には興味ないです」とサラリと流したが、この調子をキープすれば、甲子園出場、そしてゴジラ超えが現実味を帯びてきた。

 ■ 聖光・園部、大谷に並ぶ56号!コールドで県内87連勝(スポーツ報知) 13/7/14

 福島大会では2回戦で聖光学院が郡山商に10―0で5回コールド勝ちし、県内公式戦連勝を87に伸ばした。プロ注目のスラッガー・園部聡一塁手(3年)が初回無死満塁で初球を打ち、左中間への満塁本塁打を放った。巨人楽天ソフトバンクロッテ広島5球団のスカウトが見守る中、日本ハム・大谷翔平(19)に並ぶ高校通算56本塁打とした。約4メートルと高いあづま球場のフェンスも関係ない。初回無死満塁の絶好機に、初球の直球を完璧に振り抜いた。「フェンス直撃かと思ったけど、スタンドが沸いているので入ったと分かった。雨で湿度もあって風もないし飛ばないと思ったけど、芯を食った」と納得の当たり。「練習試合のレベルも違うから、何とも言えないけどうれしいですね」と、無口な男が珍しく冗舌に語った。春の県大会後に絶不調に陥った。低めのボールの見極めができずに凡打を重ねた。記憶にないほどの重度のスランプに「怖くて不安でした」と吐露した。それでも直前の2日間、全体練習終了後も1時間30分の打ち込み。その後も単独で30分の特打を敢行。「疲れとかどうこう言っている暇はない。打感を上げたかった」。無心で振り続け、きっかけをつかんだ。「打席に入ったら雑念が消えていました」。雨の中でも集中力を高めた。相手は守備の乱れでピンチを作った。「絶対、ストライクを取りにくるはず」。無死満塁で、あえて初球を狙っていた。同じく今秋ドラフト候補の仙台育英・上林誠知外野手(3年)は昨夏、甲子園で意気投合し、頻繁に連絡を取り合う。「セイジは気になる存在ですね」。同じように甲子園を目指す友にも刺激になる一発を放った。
 スタンドでは巨人、広島など5球団のスカウトが聖光学院・園部の打撃に熱視線を送った。練習試合から園部をチェックしている広島・近藤芳久スカウトは「パワーがある右の打者は少ないから、魅力ある。(視察した)練習試合では打たなかったのに、いいところで打つよね。そういうのも大事だよ」と高く評価していた。(スポニチ)

 ■ 聖光初8強!園部夏春BS弾だ/センバツ(日刊スポーツ) 13/3/29

 聖光学院(福島)はドラフト候補、園部聡内野手(3年)の2季連続バックスクリーン弾で8強一番乗りした。主砲の1発が勝利を引き寄せた。3-3の同点で迎えた7回2死。2ストライクと追い込まれた聖光学院の4番園部がファウルで3度粘った末、8球目の直球を捉えた。バックスクリーンに入るのを見届けながら、右手でガッツポーズ。「歓声もすごくて最高でした」。昨夏甲子園の浦和学院戦に続く2大会連続のバックスクリーン弾でチームを初のベスト8に導いた。3季連続で4番として出場。新チームで副主将となってからは気負い過ぎて、スランプに陥った。だが1日最低1000本の素振り、上体が伸び上がるフォームの改善をするなど努力を重ねた。体重も秋から8キロ増やし90キロに。「スイングしてきた自信がある。いい感じで振れている」。ひと冬越え、迷いがなくなったバッティングが高校通算44本目を生んだ。一塁を守るが、昨秋の東北大会後はプロを見据え三塁の練習に励むロッテ井辺スカウトは「今大会であれだけヘッドスピードのある選手はいない」と評価した。今季のチームのテーマは園部が提案した「武士」。仲間のために魂を込めて打ちまくる。
 ロッテ・井辺スカウト「出場校が一回りしたけど、園部の打席を見たかったので残ったパワーと柔らかさがあるからバックスクリーンまで飛ばせる。(聖光学院のある)伊達通いが始まります」(SANSPO)
 今冬は1日1000スイングをノルマに設定し打撃を強化。その成果にロッテ井辺スカウトは「去年よりもパワーアップしている。(今大会で)あれだけの打者はいない」と高評価した。「逆方向に打てるのが自分と似ている」と広島・堂林を憧れの選手に挙げた。

 ■ 聖光学院、プロ注目の園部3安打で快勝(デイリースポーツ) 13/3/24

 プロ注目のスラッガーの聖光学院・園部聡内野手(3年)が3安打。いずれもホームを踏み、初戦突破に貢献した。四回無死、外角のスライダーをコンパクトに中前にはじき返すと、七回無死は真ん中高めの同球を中前に運んだ。「チャンスメークすることを考えた。引っ張るだけではダメ。逆方向に打てるのも持ち味だから」。通算43本塁打の強打者は、出塁を最優先にシュアな打撃も見せた。巨人・山下スカウト部長は「長打も打てる。十分に期待できる」と評価した。

 ■ 聖光学園・園部にプロ注目 練習試合で2発(スポニチ) 13/3/19

 センバツに出場する聖光学院は高槻市内で甲子園春夏通算3度出場の金光大阪と練習試合を行い、10―9で延長11回サヨナラ勝ちした。プロ注目の4番・園部は、初回と5回にいずれも中越えの3ラン。「1本目はバットに乗ってくれた。2本目はスライダーをうまく打てた」と振り返った。この日の2発で高校通算本塁打は42本に。視察した楽天・愛敬尚史スカウトは「腕の力が凄く強い。ホームランアーチストですね」と褒めちぎった。
 1回無死一、三塁。外よりの真っすぐをとらえた園部の打球が、低い弾道で湿った空気を切り裂く。白球はグングン伸びて、左中間のネットを越えた。中堅手はぼうぜん。超激戦区大阪の強豪校の控え部員は「エグすぎるやろぉ…」と目を見開き、父母たちも圧巻の弾道に色めき立った。5回無死一、二塁の好機では、外角のスライダーを再び左中間最深部へ運んだ。「1本目はすくってしまったけど、ボールがうまくバットに乗った。2本目はうまく反応できた」。視察した楽天の愛敬スカウトは「弾道が良い。ホームランアーチストだね。森より長打力はある」と、大会NO・1打者の呼び声高い大阪桐蔭・森友哉捕手(3年)を引き合いに出し、絶賛した。鍛え上げたリストが、飛距離を生んでいる。マリナーズ岩隈ら、多くのプロを担当してきた大高茂トレーナーから「良い打者は前腕が太い」と助言され、冬場に徹底強化。バーベルを持って手首を上げ下げし、アンダーシャツの前腕部が「秋よりきつい」と言うほどたくましくなった。外角球も手首で力強く押し込めるから、右に軽打せず左中間に強い打球を打てる。8日の対外試合解禁から9試合で4本と量産し、高校通算本塁打は42本となった。今月の沖縄遠征ではタイミングの取り方にズレがあったが「足を上げない感覚」の新フォームで好感触を得ている。昨夏の甲子園でも本塁打を放っており「今年も打ちたい」。希少な右の長距離砲が火を噴けば、勝利もおのずとついてくるはずだ。(日刊スポーツ)

 ■ 聖光学院・園部、2ラン!3ラン!(スポーツ報知) 13/3/12

 聖光学院は11日、沖縄・浦添商グラウンドで秀学館と練習試合を行った。プロ注目のスラッガー・園部聡(2年)が初回2死二塁のチャンスに左中間越え2ラン。3回無死一、三塁では左越えに2打席連発の3ランを放った。これで高校通算40号。前日まで石垣島で行っていたキャンプでは打撃不振に陥っていた。「上体が高くなって低めの見極めが出来なかったので、重心を落として足裏で土をつかむ感覚で打席に入った」と園部。183センチ、82キロの恵まれた体からはじき出された打球は、青空に消えた。園部に続けと、6回に西村大樹(2年)がソロ、9回には加賀裕也(2年)が代打3ランを放ち、計4発の競演。斎藤智也監督(49)も「まるで侍ジャパンだね。これで乗ってくれるといいね」と手応えをつかんだ。午後2時46分には試合を中断して黙とう。いわき出身の園部は「幸い自分の家族は無事だったけど、被災した人もたくさんいる。センバツで被災地を勇気づけたいし、自分たちが戦っているのを見て何か感じてもらえればうれしい」。被災地のためにプレーする気持ちをさらに強くしていた。

 ■ 聖光学院・園部、豪快一振り(asahi.com) 12/8/17

 聖光学院の4番園部が豪快な一発を見せつけた。1回1死一、三塁。2球で追い込まれると、ホームから半歩離れて高めの直球をバックスクリーンへ。「内角で来ると思ったので、修正した」。だがその後は、好守にも阻まれて無安打。唯一のベンチ入り2年生は「先輩のために長い夏にしたかった」と涙を流した。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   12秋東北: 4 .333 15  5 1 1 0 4 2 1 0  .375  .533

 ■ 聖光2年生4番園部、全得点絡む/甲子園(日刊スポーツ) 12/8/12

 聖光学院(福島)の2年生4番、園部聡が全2得点に絡む活躍をみせた。1回1死一、三塁で追い込まれてからもファウルで粘り、9球目を中堅に飛ばす先制の犠飛。「見切ればボール球。外野フライでいい、と気楽に打席に入れた。先制できてよかった」と大粒の汗を流した。8回には甘く入ったスライダーを捉えて三塁打とし、続く斎藤の適時打で貴重な追加点となるホームを踏んだ。「一球一球集中できた。勝ったことがうれしい」と笑みが絶えなかった。

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   12夏: 6 .435 23 10 2 0 2 9 3 2 1  .480  .783

 広角に打ち分け、脆さの少ない右の強打者です。決勝学石戦では内角勝負を読み、
 投球と同時に後ろに下がって内角直球を二塁打にするというシーンもありました。
 今後は長打力に一層の磨きをかけると共に、守備走塁も底上げしたいところですね。 

 ■ 聖光学院 岡野 2安打完封で選抜初勝利(スポニチ) 12/3/26

 第84回選抜高校野球大会第5日は26日、甲子園球場で1回戦を行い、第2試合は東日本大震災の被災地・福島から出場の聖光学院と鳥羽(京都)が激突し、聖光がエース岡野の完璧な投球で鳥羽を2安打完封、2―0で勝ち、2回戦へ進出した。聖光は6回に7番京田の中前適時打で先制し、7回にも4番園部の中前適時打で追加点を挙げ、試合を決めた。

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11秋公式: 8 .304  23  7 2 1 0 5 2 5 2  .429  .478
   11秋東北: 4 .083  12  1 0 0 0 3    0     .083 
   11秋全試: 41 .408 130 53 16 9 7 50 4 14 3  .465  .831

  プロフィール

 福島県いわき市出身。
 園部 聡(そのべ・さとし)一塁手。
 小学5年でソフトボールを始め、勿来一中時代は軟式野球部に所属。
 投手兼外野手として起用され、市内選抜チーム・いわき松風クラブの5番打者を務めた。
 4番・内田靖人とクリーンアップを組み、3年夏に全国8強入りを達成している。

 聖光学院では1年秋からベンチ入りし、同時に4番打者の座を獲得。
 背番号13ながら一塁手レギュラーとして起用され、県1位での東北大会準優勝を経験する。
 翌春選抜では初戦で外角低め直球を捉え、貴重な2点目を挙げる中前打を記録。
 2回戦・横浜高校戦でタイムリーエラーを犯すなど、一塁手としての守備力には課題を残した。
 以降4季連続で甲子園出場を果たし、主に4番として9試合打率.452、31打数14安打8打点マーク。
 大舞台で豪快2発含む7長打(3二塁打、2三塁打)を放ち、プロスカウトの注目を集めた。
 前年優勝校・日大三を破った2年夏の1回戦では、初回にセンターへの先制犠飛で流れを呼び込むと、
 その後はいずれも甘いスライダーを捉え、左翼線二塁打、左中間三塁打と長打を連発。
 続く2回戦・浦和学院戦では外寄り直球を振り抜き、先制3ランをバックスクリーンに叩き込んでいる。
 3年春選抜では初戦で外角低め直球を左前、外角高めスライダーを中前×2と3安打。
 鳴門戦で低め直球を中越えに叩き込む勝ち越しソロ、敦賀気比戦で三遊間2点二塁打を記録した。
 3年夏は東克樹から鋭いレフト線二塁打を放ち、4対3逆転勝ちでの初戦突破に貢献。
 2回戦・福井商戦では外角直球を弾き返し、中堅フェンス直撃の同点三塁打を放っている。
 2年夏予選で2打席連続左越え2ラン、3年夏予選で3発を放つなど、3年間で59本塁打を積み上げた。
 3年9月には高校日本代表に選出され、5番ファーストとして18UW杯準優勝を経験。
 打率.267に留まりながらも4二塁打を放ち、チーム2位7打点を挙げる勝負強い打撃を披露している。
 台湾戦でエラー絡みの先制左前打、ベネズエラ戦でダメ押し2点右中間二塁打を放ち、
 カナダ戦で3回2死満塁から2点左前タイムリー、キューバ戦で2本の左越え二塁打、2打点を記録。
 敗れた決勝・アメリカ戦でも右越えエンタイトル二塁打、中前タイムリーと健闘を見せた。

 184cm94kg、恵まれた体格の一塁手。
 懐深く下半身主導の豪快に振り切るスイングから長打を放つ右の強打者。
 トップクラスのスイングスピード157km/hを誇り、センターから左中間方向への打球が伸びる。
 状況に応じた打撃を心がけ、下級生時代から4番を務めた勝負強さも持ち味の一つ。
 練試での特大130m弾など、日本代表で木製バットへの対応力を見せ、プロスカウトの評価を高めた。
 50m6秒5、右打者で二塁到達8.7秒台、三塁到達12.7秒前後と脚力はいまひとつ。
 複数球団スカウトから注目される長打力がセールスポイント。守備走塁はプロ水準を下回る。
 聖光学院には投手として入学したが、早々に右肘を痛め野手に転向した。遠投100m。
 一塁手としてはグラブさばきが上手く、送球・肩もまずまずの水準にあることから、
 プロからは三塁手として期待する声も挙がっている。練試ではサードとしての出場も経験した。
 高校通算59本塁打。握力は右73キロ、左77キロ。背筋力297キロ。

  スカウトコメント

オリックス・長村裕之編成部長|13/11/19
 「長打力、ミート力…大きな将来性を秘めた選手。オリックスの前身の阪急でブーマーがつけていた44番を背負い、和製ブーマーを目指して頑張ってほしい!」
オリックス・長村裕之編成部長|13/10/30
 「彼をずっと見てきて、バッティングを非常に評価している。チームの軸を任せることのできる打者になれる才能があるので、努力を続けて育ってほしい」
 「バットスイングの力強さとミート力があり、昨年から興味を持っていた。他の球団の動きが気になったが、縁が成就して良かった」
オリックス・担当スカウト|13/10/24
 「スイングスピードの速さはトップレベルで、抜群の長打力が特徴。また、ウィークポイントの少ないバッティング技術は、潜在能力の高さを感じる。将来の4番候補、和製大砲として期待の大きい選手」
ソフトバンク・永山勝スカウト部長|13/9/10
 「園部選手や内田選手は、やはり遠くへ飛ばせる能力が魅力。彼らに限らず、今年の高校日本代表選手は、木製バットへの対応ができていて、練習中からしっかりスイングができていました」
日本ハム・山田GM|13/8/27
 「(木への)適応は少しかかるかなと思ったけど、問題なかったですね」
オリックス・古屋チーフスカウト|13/8/27
 「(打球の)音を聞く限り詰まったようだったが、あそこまで飛ばすとは」
巨人・山下スカウト部長|13/8/15
 「長打力、パンチ力があり、角度のある打球が打てる。一塁手ですが、グラブさばきのうまさがあるので、三塁手としても可能性を秘めていますね」
東北楽天・上岡良一スカウト|13/8/13
 「パワーと配球を読む頭の良さに魅力を感じる。12球団どこも注目している選手だと思う」
オリックス・中川隆治スカウト|13/8/13
 「一点欲しいというところで安打が打てて、打点も稼げ一発も打てて、出塁率の高さとか…今年のドラフトは間違いなく上がる選手でしょう」
広島・近藤芳久スカウト|13/7/14
 「パワーがある右の打者は少ないから、魅力ある。(視察した)練習試合では打たなかったのに、いいところで打つよね。そういうのも大事だよ」
ヤクルト・鳥原公二編成部次長チーフスカウト|13/6/14
 「力強いバットスイングが目立ちます。ただ、そのわりには打球が飛んでいかない。ライナーの打球が多い印象があります。ファーストでプロで勝負するとなると、ライバルは外国人。ホームランを30本打てるだけの力があるか、です」
中日・中田宗男スカウト部長|13/6/14
 「将来的にはサードができるかどうかで起用の幅も変わりそうですが、現状はこの打力をどこまで評価するか。本物の長距離砲の資質を秘めながら、荒っぽさがない。柔軟性とつかまえて運ぶ技術。中村剛也(西武)に通じるものを感じます」
巨人・山下哲治スカウト部長|13/3/29
 「内野手では高知・和田恋と聖光学院・園部聡の打撃が光った。和田は中距離打者で長野のようなタイプ。一塁手の園部はグラブさばきがいい」
ロッテ・井辺スカウト|13/3/29
 「出場校が一回りしたけど、園部の打席を見たかったので残った。パワーと柔らかさがあるからバックスクリーンまで飛ばせる。(聖光学院のある)伊達通いが始まります」
 「今大会であれだけヘッドスピードのある選手はいない」
 「去年よりもパワーアップしている。(今大会で)あれだけの打者はいない」
巨人・山下スカウト部長|13/3/24
 「長打も打てる。十分に期待できる」
楽天・愛敬尚史スカウト|13/3/19
 「腕の力が凄く強い。ホームランアーチストですね」
 「弾道が良い。ホームランアーチストだね。森より長打力はある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2013年12月14日(土)|2013年ドラフト指名選手 | コメント(20) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
祝プロ第1号ホームランおめでとう!!
| 匿名 | 2016年09月18日(Sun) 17:22 | URL #- [ 編集]
来シーズンは、
③吉田正尚
④園部聡
⑤岡田貴弘
若き和製クリーンアップで、100発弾だ!
| 匿名 | 2016年09月14日(Wed) 18:58 | URL #- [ 編集]
来シーズンは、四番サード任せた!
| 匿名 | 2016年08月02日(Tue) 20:58 | URL #- [ 編集]
来た!来た!来た!園部聡がケガから復活!待望の一発も出て支配下登録間近!待望の和製長距離砲『園部聡』
| 匿名 | 2016年05月30日(Mon) 18:17 | URL #- [ 編集]
右肘手術、リハビリしっかりして来季はウェスタンの本塁打王に!頑張れ!
| 匿名 | 2014年09月01日(Mon) 02:33 | URL #- [ 編集]
ウエスタンで既に4発!サードの練習を宜しく!
| 匿名 | 2014年05月07日(Wed) 11:36 | URL #- [ 編集]
三塁守ってほしい!
| 匿名 | 2013年10月30日(Wed) 12:14 | URL #- [ 編集]
オリックスバファローズ4位!
| 匿名 | 2013年10月26日(Sat) 10:42 | URL #- [ 編集]
ヤクルトも候補に入ってると思う。
3~4位ぐらいに指名されそう
| 匿名 | 2013年10月10日(Thu) 23:22 | URL #- [ 編集]
頑張れ園ちゃん
いわき市出身の私応援してるよ
| いわき出身の信ちゃん | 2013年09月28日(Sat) 10:44 | URL #ZLvbO.Lc [ 編集]
楽天・ロッテ・西武・ソフトバンク・オリックスの4巡目辺りか?
| 匿名 | 2013年08月22日(Thu) 14:43 | URL #- [ 編集]
園部君福島大会成績
打席27 打数17 安打 7 本 3 点11 
四球 9 死球 1 三振 3 盗 0
打率.411 出塁率.629 長打率.941
OPS1.569
2試合目と決勝のノーヒットが痛かった
甲子園大会は大阪桐蔭の近田君が出場するのでU-18代表の1塁手争いに敗けないように活躍してほしい
| シン | 2013年07月28日(Sun) 21:21 | URL #- [ 編集]
落ちるボールに食いつける柔らかさを持っていますが金属バットとパワーで飛ばしてる感がありホームランほとんどライナーです ですからホームランバッターとして取ると大成しないかも、大成したするとSBの内川選手みたいな中距離打者でしょうか
広角に打てるとありますが長打はほとんど左中間ですが右方向にも強いゴロは打てます
走塁は遅いです 守備は1塁は上手くなりました3塁を練習中とありますが試合で使うには怖いのか代わりに1塁で使う選手が居ないのかは不明です 

| シン | 2013年07月14日(Sun) 22:27 | URL #bZ83M19U [ 編集]
読売にて、巨人 楽天 ソフトバンク ロッテ 広島が視察との事ですね!!
| 匿名 | 2013年07月14日(Sun) 06:38 | URL #mQop/nM. [ 編集]
デイリースポーツで巨人の山下部長が評価してますね!!
| 匿名 | 2013年03月24日(Sun) 09:07 | URL #SFo5/nok [ 編集]
 守備や走塁はいまいちとの声を良く聞くがバッテイングは一発のある選手にありがちな強引さがなくやわらかさ・うまさがある。即プロ入りすると時間のかかるタイプだと思うので大学・社会人でバッテイングにさらに磨きをかけて欲しい。
| うまみー | 2013年03月20日(Wed) 10:49 | URL #- [ 編集]
今月26日のスポニチに園部の高校通算本塁打は38本と載っていましたね。
| ピーちゃん | 2013年01月29日(Tue) 10:55 | URL #- [ 編集]
お!成績追加されてた ありがとうございます
ドラフトについては課題は内角の捌き・外角の変化球への対応 マイナスポイントは東北大会の予選前半と後半みたいに波が激しい・鈍足・一塁しか出来ない(しかも一塁守備すら並み)でしょうか
| ガッチャさん | 2012年10月04日(Thu) 13:03 | URL #29n2/4Qk [ 編集]
管理人さん甲子園2戦目の記録が更新されてないっすよ
| ガッチャさん | 2012年09月11日(Tue) 12:11 | URL #KDTTdoLc [ 編集]
中スポに中日とヤクルトからコメントが載ってましたよ!
| ○ | 2012年08月12日(Sun) 21:58 | URL #nLnvUwLc [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2013年ドラフト指名選手 | コメント(20) Page Top↑