三木 亮(上武大)|ドラフト・レポート

三木 亮(上武大)

ここでは、「三木 亮(上武大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



三木 亮(上武大)

175cm78kg 右右 遊撃手 遠投105m 50m6秒0 遊学館
三拍子揃った遊撃手。右方向への打撃が持ち味。堅守光る。4年春の選手権で満塁弾など8打点。
2013年千葉ロッテ3位(契約金6000万円、年俸1200万円)

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   10春: 12 .244  41 10 0 2 1 5 7 7 4  .354  .415 
   10秋: 12 .295  44 13 1 1 0 3 10 5 4  .367  .364
   11春: 10 .306  36 11 1 2 1 11 4 8 1  .432  .528
   11秋: 11 .400  40 16 4 2 1 8 4 7 2  .489  .675(1位)
   12春: 10 .382  34 13 2 0 1 12 6 5 2  .462  .529(4位)
   12秋: 6 .217  23  5 1 0 1 6 3 2 3  .280  .391
   13春: 14 .308  52 16 2 0 2 11 6 12 8  .438  .462
   13秋:   .205      1 0 0 3           
   通算: 75 .311 270 84 11 7 7 56 40 46 24  .481  .411(4年春まで)
    ※ 11秋:首位打者 12春:最多打点 11秋12春13春:ベストナイン

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11選: 1 .500  4  2 1 0 0 0 1 0 0  .500  .750
   12選: 1 .000  3  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   13選: 5 .300 20  6 1 0 1 8 3 3 0  .391  .500 
   13神: 1 .250  4  1 0 0 0 0 0 0 0  .250  .250
   通算: 8 .290 31  9 2 0 1 8 4 3 0  .353  .452 

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13日米: 4 .308 13  4 0 0 0 2 2 1 1  .357  .308

  最新記事

 ■ ロッテ、ドラ3の上武大・三木と契約(デイリースポーツ) 13/11/24

 ロッテからドラフト3位指名された三木亮内野手(上武大)が24日、群馬・伊勢崎市内の上武大で契約金6000万円、年俸1200万円で契約した。背番号は未定。会見ではマリーンズのユニホームに袖を通し、帽子をかぶるとうっすら笑顔をみせた。「契約を終えてやっとプロ野球選手としての実感が湧いてきた。目標は開幕1軍。試合に出られるようにしたい」とキッパリと言った。交渉に臨んだ松本編成統括は「勝負強いバッティング、安定した守備力を評価している伊東監督も即戦力として期待しております」と話した。
 小学生から遊撃一筋とあって、守備には絶対的な自信を持っている。「遊撃にこだわりがあるので、(レギュラーの)鈴木さんは越えなければいけない壁。今は憧れの存在だけど、入団したらライバルです」。伊東監督からも即戦力として期待されており、「目標は開幕1軍。1年を通して1軍のベンチにいたい」と威勢が良かった。(スポニチ)

 ■ 三木「悔しい」上武大、まさかの零封負けで初戦敗退/神宮大会(SANSPO) 13/11/17

 明治神宮野球大会第1日(16日、神宮ほか)開幕して1回戦5試合が行われ、11校出場の大学の部は近大工学部(中国・四国)が全日本大学選手権覇者の上武大(関東2)を2-0で撃破。優勝候補の呼び声が高かったが、まさかの零封負けで初戦敗退。ロッテからD3位で指名された三木は「悔しいのひと言です。プレッシャーをはね返す力がなかった」と唇をかんだ。6月に大学日本一に輝いた後、故障者が続出した。三木自身も7月の日米大学野球で右膝半月板を損傷し、約1カ月練習ができなかった。それでも、「何もいっても仕方がない。負けは負け」と言い訳はしなかった。

 ■ 【関東地区】三木弾で上武大4年ぶり5度目神宮切符(スポーツ報知) 13/11/2

 準決勝2試合を行い、今春の全日本大学野球選手権を制した上武大は、ロッテのドラフト3位・三木亮内野手(4年)がソロ本塁打を放つなど3安打2打点。日体大を破り、4年ぶり5度目の明治神宮大会出場を決めた。手に残った感触は完璧だった。上武大・三木はガッツポーズを決めながら、ダイヤモンドを一周した。2点差に迫られた直後の9回1死、左翼への4番の一発で嫌なムードを断ち、秋の全国切符を呼び込んだ。「リーグで結果を残せていなかったので、その分を取り返せた」。関甲新学生の秋季リーグでは、右膝痛から出遅れ、打率2割5厘、3打点だったが、けがの回復とともに復調。1回1死二、三塁では右翼へ先制二塁打。見守ったロッテ・井辺スカウトが「右方向に運んだと思えば、思い切り引っ張ることもできる。リストが強い」と、うなるバッティングだった。

過去記事

 ■ 強打堅守の遊撃手、上武大・三木、今度こそドラフト指名だ!(スポーツ報知) 13/10/17

 上武大・三木亮内野手(4年)=石川・遊学館出=は多数の球団から調査書が届き、指名が確実だ。三木の夢が今年こそ実現しそうだ。強打と堅守が武器の遊撃手に対し、16日までに多数の球団から調査書が届いた。遊学館時代もプロ志望届を提出したが、調査書を出したのは阪神のみで、結果は指名漏れ。だが、この4年間で取り巻く環境は大きく変わった。1年前、関甲新学生リーグ戦で右足首を骨折。冬の間はイスに座りながらティー打撃を繰り返した。その執念が今春実った。6月の全日本大学選手権で1本塁打、8打点の勝負強さを発揮して日本一に貢献。スカウト陣の評価を高め、大学日本代表にも選ばれた。「春は自分の思った通りの打撃ができて、結果もついてきた。それが今の評価につながっているんだと思います」。右膝痛の影響で、今秋は動きの負担が遊撃より軽い三塁での出場が主だが、ロッテを始めスカウト陣が熱視線を送っている。19日からリーグ戦最終節で山梨学院大と対戦。勝ち点を奪った方が優勝という大一番に「秋はこの2年、3位どまり。優勝して終わりたい」と宣言。25日は22歳の誕生日。“有終の美”を飾って気分良く運命の日を迎え、最高のバースデーの前祝いといきたい。

 ■ 上武大・三木、プロ志望届提出 今春日本一の原動力(スポーツ報知) 13/10/3

 上武大・三木亮内野手(4年)=石川・遊学館出=が1日に所属の関甲新学生野球連盟にプロ志望届を提出したことが2日、分かった。上武大の関係者が明かしたもの。早ければ3日にも全日本大学野球連盟に公示される見通しだ。三木は高校通算34本塁打をマークした遊学館時代もプロ志望届を提出したが、無念の指名漏れ。悔しさをバネに上武大では2年秋に首位打者、3年春に最多打点のタイトルを獲得。今春の全日本大学野球選手権では大会通算1本塁打、8打点の活躍で日本一に貢献すると同時に、スカウト陣の評価を高めてきた。今秋のリーグ戦はこれまで8試合中4試合で4番を務める強打の遊撃手を巡っては、ロッテヤクルトなどが指名を検討している。三木の5年越しの夢はかなうか。

 ■ 上武大が初の決勝進出!三木が2打点(デイリースポーツ) 13/6/16

 上武大が逆転で明大を下し、初の決勝に進出した。ドラフト候補の3番・三木亮内野手(4年・遊学館)が決勝打を含む2打点の活躍。2点を追う三回、1死一、三塁から三木が反撃ののろしを上げる左前適時打。七回には相手の野選で同点とし、さらに1死満塁から再び三木が右前へ決勝打を放った。 準々決勝で満塁本塁打を放った勝負強さを持つが、ドラフトイヤーを前にした昨秋のリーグ戦中に右足首を骨折。今年1月末まではイスに座ってのティー打撃など、足の負担を避けたメニューしかできなかった。それでも「春に結果を残せば(指名の)チャンスはある」と根気強く練習。ロッテ・永野チーフスカウトは「三拍子そろった選手」と評価した。日本一に王手をかけ「明日もチャンスで回ってきてくれと思っている」と三木。その自信が、174センチ、76キロの体をひと回り大きく見せた。

 ■ 【全日本大学野球】上武大が4強!三木、満弾で決めた(スポーツ報知) 13/6/14

 上武大が10―0の8回コールドで天理大を退け、初のベスト4入りを果たした。今秋のドラフト候補・三木亮遊撃手(4年)が8回に満塁アーチで大会通算700号を飾った。「狙ったわけではないですが、甘いボールがきたら振り抜いていこうと思っていました」。8回、6点差としてなおも1死満塁。直球を軽々と叩き、自身初の満塁弾を左翼スタンドへ。大会通算700号アーチが初の4強入りを後押しした。174センチ、76キロ。決して大きくない体に秘めたパンチ力が魅力のひとつだ。満塁弾を見届けたロッテ・永野チーフスカウトは「ツボにはまるとパーンと打てる。(雨の)悪条件でも失投を見逃さない。お見事です」と評価。守備でも、遊撃手として4度のゴロを完璧に処理。「きちんと守ればリズムも出てくる」。初登板だった1年生右腕・鈴木稜也の8回2安打完封をアシストした。
 悪条件にも走攻守に安定したプレーを披露した。雨の人工芝で球足が伸びることを計算すると同時に、送球も腕の振りを弱くして制球を意識。内野陣が5失策した天理大とは対照的に、4度の遊ゴロを無難にさばいた。コールド勝ちを呼び込んだトドメの一発では、高めの直球を「しっかり振り抜いていこうと思った」というスイングでパンチ力をアピールした。ロッテの永野チーフスカウトは「打撃も守備も雨の中でしっかりしていたのは見事。ツボにはまればパーンと打てる」と評価。初の4強入りに貢献した三木は「自分たちを信じてやっていけば目標の日本一は可能だと思う」と力強かった。(デイリースポーツ)

 ■ 強打好守の遊学館・三木亮ら4人がプロ志望届(スポニチ) 09/9/3

 日本高校野球連盟は2日、プロ入りを希望する高校生に義務付けた「プロ野球志望届」の提出者の掲載を同連盟のホームページで始めた。この日までに遊学館(石川)の三木亮内野手ら4人が志望届を提出。10月29日のドラフトで最大の目玉となることが予想される花巻東の155キロ左腕・菊池は、9月下旬の国体終了後にプロ志望届を提出する見込み。

 ■ 「来年へ悔しさ刻みつけ…」 遊学館・三木亮選手(asahi.com) 08/7/25

 三木亮(2年)は長打を狙っていなかった。9回1死一、三塁、3点差を追いかける劣勢で打席が回ってきた。「次につなげば、先輩が打ってくれる」。準決勝までの打率は1割にも満たない8分3厘。12打席でヒットはわずかに1本。豪打を誇る遊学館のレギュラー陣では調子が上がっていなかった。3回には併殺に倒れるなど焦っていた。変化は5回の第3打席で起きた。これまで強引に引っ張っていた振りを、センターから右方向へ意識するようにした。右前安打。「あのヒットで何かをつかめた」。そして9回の打席。カウント2―1からの4球目。三木は甘く入った球を見逃さなかった。「先輩たちと1秒でも長く試合をしたかった。本当にうれしかった」。左翼席ではねたボールを見て、無意識に何度も拳を突き上げていた

  プロフィール

 大阪府高石市生まれ。
 三木 亮(みき・りょう)遊撃手。
 小学2年から野球を始め、高石中時代は高石ボーイズに所属。

 遊学館高では1年時からベンチ入り。
 下級生時代からレギュラーを務め、2年春に北信越V、3年春に県大会Vを達成した。
 2年夏の県決勝9回1死から左越え同点3ラン(延長10回9対10でサヨナラ負け)、
 同年秋の初戦でレフト場外への3ラン、決勝・星稜戦でソロを放つなど、高校通算34本塁打をマーク。
 勝負強い打撃でチームを牽引し、3年春の大会では5割超の高打率を残している。
 3年夏は優勝候補筆頭と目されながら、日本航空石川に延長10回1対2で敗れ準々決勝敗退。
 3番で打率.333(12打数4安打)点1をマークし、志望届を提出したが指名漏れとなった。
 県大会優勝、北信越大会優勝が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 上武大進学後は1年春にレギュラーの座を獲得。
 早い時期から中心選手の1人として活躍し、4年春までに通算84安打7本塁打を積み上げた。
 打率4割(16安打)で首位打者に輝いた2年秋、リーグ最多12打点を挙げた3年春、
 自己最多タイ16安打をマークした4年春と、遊撃手として3度のベストナインを獲得している。
 3年秋に右足首を骨折する怪我を負ったが、4年春には打率.308本2点11を記録。
 右膝を痛めた4年秋は満足な練習ができず、三塁手・DHで出場するも打率.205点3に終わった。
 全国大会には2・3・4年春の選手権、4年秋の神宮に出場し、4年春に創部初Vを達成。
 2年春の大会に3番ショートとして起用され、佐藤峻一相手に2安打の活躍で全国デビューを飾る。
 外角に決まったスライダーを右中間に弾き返す二塁打、141㌔直球を中堅右に運ぶヒット。
 5番打者を任された3年春は、ヒット性の打球もあったものの、萩原大起の前に3打数ノーヒットに終わり、
 4年春に3番として勝負強い打撃を見せ、打率.300、チーム最多8打点の好成績を残した。
 1回戦で先制の左越え二塁打、2回戦で外角直球を右越え先制打、準々決勝で左越え満塁弾。
 接戦を3対2で制した準決・明大戦では、3回1死1、3塁の好機で山崎福也から左前適時打、
 7回1死満塁から関谷亮太の内寄り直球を弾き返し、ライト前への逆転決勝タイムリーを放っている。
 3番サードで出場した4年秋は右前打1本に留まり、近大工に7安打完封負けで初戦敗退。
 横浜市長杯では日体大戦で先制の右越え二塁打、左越えソロを放ち、第2代表獲得に貢献した。
 3年夏には代表候補3年生以下24名に選出され、プロ二軍等との強化マッチに参加。
 4年夏に日本代表として日米大学野球に出場し、主に2番ショートで4試合のスタメン出場を経験した。
 第2戦で中前打2本、第3戦で右翼線適時打を放つなど、4安打2打点1盗塁を記録している。
 リーグ通算75試合、打率.311、84安打、7本塁打、56打点、24盗塁(4年春まで)。

 175cm78kg、三拍子揃った遊撃手。
 内角球への対応など課題も残るが、振り切るスイングから鋭い打球を飛ばす右の好打者。
 右方向への巧みな打撃が持ち味。比較的小柄ながら逆方向へも長打を放つ。
 リーグ通算7本塁打のパンチ力を備え、4年春の選手権では失投を逃さない勝負強さを見せた。
 打球への反応が良く、スローイングの安定した堅守の遊撃手。遠投105m。
 高校時代の監督からは歴代1、2位を争うショートとして、守備力で高い評価を受けていた。
 右打者で一塁到達4.4秒台を記録するまずまずの俊足。通算24盗塁(4年春まで)。

  スカウトコメント

ロッテ・松本尚樹編成統括|13/11/25
 「勝負強いバッティング、安定した守備力を評価している。伊東監督も即戦力として期待しております」
ロッテ・井辺スカウト|13/11/2
 「右方向に運んだと思えば、思い切り引っ張ることもできる。リストが強い」
ロッテ・諸積兼司スカウト|13/10/26
 「右投げ右打ちの内野手は少なく、補強ポイントにはまった。派手さはないが守備はもちろん、打撃も見る度に良くなってきている。(上武大卒業生の加藤翔平に続き)三木君も即戦力として考えている。」
オリックス・牧田スカウト|13/10/3
 「大学選手権で上武大を初の優勝に導いた活躍で評価を上げましたね」
ロッテ・永野チーフスカウト|13/6/16
 「三拍子そろった選手」
ロッテ・永野チーフスカウト|13/6/14
 「ツボにはまるとパーンと打てる。(雨の)悪条件でも失投を見逃さない。お見事です」
 「打撃も守備も雨の中でしっかりしていたのは見事。ツボにはまればパーンと打てる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2013年12月13日(金)|2013年ドラフト指名選手 | 関甲新学生 コメント(4) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
高校時代からずっと注目していた選手がロッテに指名され…なんだか感慨深いです(*^-^*)
ロッテでの活躍を期待しています!
| 鴎 | 2013年10月24日(Thu) 23:13 | URL #- [ 編集]
予想通りロッテが3位指名!

おめでとう!
| 梟 | 2013年10月24日(Thu) 19:53 | URL #- [ 編集]
優勝おめでとうございます!
それにしてもロッテ永野スカウトが熱心に視察していますね
| 鴎 | 2013年06月16日(Sun) 20:54 | URL #- [ 編集]
@三木遊撃手も上場の評価の対象に成りましたよ。
| 広鯉! | 2013年06月16日(Sun) 17:50 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2013年ドラフト指名選手 | 関甲新学生 コメント(4) Page Top↑