小川 裕生(東芝)|ドラフト・レポート

小川 裕生(東芝)

ここでは、「小川 裕生(東芝)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



小川 裕生(東芝)

178cm82kg 左左 外野手 遠投104m 50m6秒0 八王子→上武大 3年目
広角に打ち分ける左の中距離打者。脚力を兼備する。ベーブルース杯で右越え3ラン、中越え3塁打。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   14都: 1 .250  4  1 0 0 0 0 1 0  .250  .250
   14日: 1   -  0  0 0 0 0 0 0 0   -   -
   15都: 2 .571  7  4 1 0 0 0 0 2  .667  .714
   通算: 4 .455 11  5 1 0 0 0 1 2  .538  .545

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 長打率
   10秋: 12 .350  40 14 3 0 1 8  .500(7位)
   11春:   .267  30  8 1 1 1 5  .467
   11秋: 11 .350  40 14 1 1 0 5  .425(5位)
   12春: 10 .395  38 15 1 1 0 3  .500(3位)
   12秋: 11 .400  40 16 2 2 1 10  .625(3位)
   13春: 14 .373  51 19 4 2 1 10  .588(3位) 
   13秋:          3 2 1      
   通算:   .360 239 86 12 7 4 41  .519(1年春・4年秋除く)
   ※ 13秋:MVP 11秋12春秋13春:ベストナイン 12春:最高出塁率 13春秋:盗塁王
     リーグ新記録:1試合7打点、15試合連続安打(ともに4年秋)

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11選: 1 .000  4 0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   12選: 1 .000  3 0 0 0 0 0 0 1 0  .250  .000
   13選: 5 .143 21 3 0 0 0 1 6 1 2  .182  .143
   13神: 1 .000  3 0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   通算: 8 .097 31 3 0 0 0 1 6 2 2  .152  .097

  最新記事

 ■ ベーブルース杯:東芝の新人・小川が存在感示す(毎日新聞) 14/5/2

 岐阜市の長良川球場と岐阜県大垣市の大垣北公園野球場で2日、開幕した第67回ベーブルース杯争奪全国社会人野球大会。東芝は攻守にミスが出て苦戦する中、新人・小川が存在感を示した。「内角球が多かったので、しっかり引っ張って後ろにつなごうと考えた」という三回2死一、二塁は同点3ラン内野安打の六回は二塁進塁後、ワンバウンド投球の間に三塁を陥れ(記録は暴投)、七回は三塁打と、50メートル6秒の俊足も発揮した。レギュラーをつかむには全日本経験のある大河原らが立ちはだかるが、「思い切りの良さを前面に出していきたい」。
 川崎市・東芝の小川裕生(上武大)は、パンチの利いた打撃と俊足を兼備する好打者。若手らしい、はつらつとしたプレーが伝統あるチームを活気づけている。(毎日新聞)

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14都予: 3 .556  9  5 2 0 1 4 0 1 1  .600 1.111 ※ 首位打者

 ■ 走攻守3拍子揃った安打製造機(報知高校野球) 09年夏

 バッティングは天性の柔らかさ、しなやかさを持っている。「内角はきれいに体を回転してさばき、外の球は我慢して壁を作り、体を残して打つことが出来る」と安藤監督。通算本塁打は15本、大砲というよりは広角に打てる中距離ヒッター。しかも50メートルを6秒0の俊足遠投104メートルで右翼の守備範囲も広く、走攻守の3拍子が揃っている

     試合 打率 打 安 本 点
   09夏: 4 .231 13  3 2 8

 高校時代からドラフト候補として注目され、1年時から活躍する俊足外野手です。
 更にスイングに鋭さが出て来るといいですね。攻守に安定感光る三木亮遊撃手と共に期待です。

  プロフィール

 神奈川県横浜市出身。
 小川 裕生(おがわ・ひろき)外野手。
 神橋小4年時からソフトボールを始め、六角橋中では町田ボーイズに所属。

 八王子高では2年夏から1番・中堅手でレギュラー。
 3年春夏の大会で4番バッター(右翼手)を務め、2シーズン連続となるベスト8入りを成し遂げた。
 春の東京大会5試合で打率.556(18打数10安打)、2本塁打12打点をマーク。
 2回戦・創価高校戦で3ラン含む3安打7打点、3回戦・早実戦で3安打の活躍を演じている。
 3年夏予選は13打数3安打にとどまり、日大二高校に3対7で敗れベスト8敗退。
 3回戦・法政戦、4回戦・日鶴戦で本塁打を放ち、低打率ながら4試合で8打点を積み上げた。
 当時2学年上に最速144㌔右腕・川嶋大介投手。

 上武大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 1年秋のリーグ戦で4長打含む14安打を記録し、打率.350(7位)点8で打撃十傑入りを果たす。
 4年間でリーグ5位タイ107安打を放ち、2年秋から4季連続でベストナイン受賞。
 1番・右翼手として3年春に最高出塁率5割、3年秋に自己最高打率4割(3位)を記録した。
 4年春から主将・4番・センターを務め、同年春秋に盗塁王、秋にMVPを獲得。
 2季に渡って連盟新15戦連続安打をマークし、白鴎3回戦で連盟新1戦7打点を挙げている。
 全国大会には2・3・4年春の全日本選手権、および4年秋の神宮大会に出場。
 1番(2・3年)、4番(4年)として起用されたが、計31打数で3安打、打率.097点1にとどまった。
 佐藤峻一萩原大起の真っ直ぐに押され、2、3年春ともノーヒットで初戦敗退。
 4年春に3試合連続無安打と苦しみながらも、創部32年目で初の全国制覇を経験している。
 7回コールド勝ちを収めた初戦・福井工業大戦で右前打、三塁内安と2安打。
 決勝戦で山崎康晃の低めチェンジアップを拾い、ライト前へ巧みに運ぶ先制適時打を記録した。
 同期に三木亮(ロッテ2013年3位)、横田哲(セガサミー)ら。

 東芝入社後は1年目から公式戦に出場。
 5月のベーブルース杯に6番・ライトとして起用され、和歌山箕島球友会戦で3安打2長打を放つ。
 3回表に右越え3ラン本塁打、6回にセカンド内安、7回に中越えのスリーベース。
 右中間へのタイムリー三塁打、左前適時打と、続くJFE西日本戦でも2打点の活躍を見せた。
 相模原ク戦での2ランなど、都対予選で9打数5安打、打率.556本1点4を記録。
 本戦では左安(外寄り直球)1本と目立てず、チームも西濃運輸に2対5で初戦敗退となった。
 3番・左翼手を任された2年目の都市対抗初戦で右翼線への二塁打をマーク。
 左前打、低めボール球に合わせたショート内安、中前打と、続く2回戦で3安打を記録している。
 二大大会通算4試合、打率.455、5安打、0本塁打、0打点。

 178cm82kg、俊足好打好守の外野手。
 関甲新通算107安打、柔らかさのあるバットコントロールで広角に打ち分ける左の中距離打者。
 リーグ通算5発、高校通算17発。甘く入れば本塁打を放つパンチ力を秘める。
 まずまずの脚力を活かして2・3塁打を記録。50m6秒0、左打者で一塁到達タイム4.2秒台。
 大学4年時に2シーズン続けて盗塁王(春11個、夏5個)のタイトルを獲得した。
 守っては動きの良い外野手。遠投104m、肩も強い部類。2年目都市対抗で補殺を記録した。
 1年目の公式戦打率4割(60打数24安打)。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2016年01月24日(日)|2016年社会人野手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年社会人野手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑