岩橋 慶侍(京都産業大)|ドラフト・レポート

岩橋 慶侍(京都産業大)

ここでは、「岩橋 慶侍(京都産業大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm82kg 左左 MAX141km スライダー・カット・チェンジ・カーブ 京都すばる高
テイクバックの小さいフォームから141㌔直球とスライダー。4年春リーグ最多8勝、2季連続Vの立役者。
2013年ヤクルト4位(契約金4000万円、年俸800万円)

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   10春: 9  2勝1敗  39.2  27  27  13  8  1.82(6位)
   10秋: 4  0勝2敗  18.1    19  9  10  4.91
   11春: 5  1勝2敗  24.2    15  14  7  2.55
   11秋: 6  4勝1敗   52  30  32  15  6  1.04(1位)
   12春: 7  5勝1敗  60.2  40  52  21  9  1.34(5位)
   12秋: 9  6勝2敗  79.1  48  54  28  9  1.02(4位)
   13春: 9  8勝1敗  74.2  49  51  24  13  1.57(3位)
   13秋: 9  4勝2敗   65.2  50  43  26  10  1.37(4位)
   通算: 58 30勝12敗  415    293 150  72  1.56
                 奪三振率6.35 四死球率3.25
    ※ 12秋13春:MVP 11秋12秋13春:最優秀投手賞 12秋13秋:ベストナイン
      11秋:平古場賞 13秋:特別賞(リーグ通算30勝)  

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   13選: 1   6  4  7  2  2 140㌔(東ド)

投手成績詳細

   11秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   大経大 先  10  8  9  3  1 ○
   大商大 先   9  3  7  1  0 ○封
       先   9  9  6  2  3
   大院大 先  10  6  4  2  1 ○
   神院大 先  13  3  5  6  1 ● 
   龍谷大     1  1  1  1  0 ○
          52  30  32  15  6 防1.04
      被安打率5.19 奪三振率5.54 四死球率2.60

   12春    回数 被安 奪三 四死 自責
   大商大 先   9  2  9  1  0 ○封
   神院大 先  6.2  10  5  4  5 ○ 
   大経大 先  13  6  11  3  0 
       先   9  6  8  5  1 ○ 
   大院大 先   5  4  8  6  2 ●
   龍谷大 先   9  7  9  0  0 ○
       先   9  5  2  2  1 ○
         60.2  40  52  21  9 防1.34
      被安打率5.93 奪三振率7.71 四死球率3.12

   12秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   大商大 先  11  11  7  3  0 
       先   5  3  3  5  1 ○
   神院大 先   9  4  6  3  2 ○
   大院大 先   9  5  11  2  0 ○封
       先   9  5  4  5  2 ●
   龍谷大 先   9  6  5  1  3 ○
       先   9  7  5  2  0 ○
   大経大 先 12.1  6  7  7  1 ●
       先   6  2  3  2  0
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   大経大 先   9  3  8  2  0 ○…優勝決定戦
         88.1  52  59  31  9 防0.92
      被安打率5.30 奪三振率6.01 四死球率3.16

   13春    回数 被安 奪三 四死 自責
   神院大 先   9  7  10  4  4 ○
       先   9  5  4  1  0 ○封
   大経大 先   9  6  7  3  2 ○
   大院大 先   9  8  7  2  1 ○
   大商大 先   9  5  4  4  1 ○
       先   9  7  5  2  2 ○
   龍谷大 先   9  3  6  3  1 ●
          2.2  0  1  1  0 ○
       先   9  7  6  4  2 ○
         74.2  48  50  24  13 防1.57
      被安打率5.79 奪三振率6.03 四死球率2.89

   13秋     回数 被安 奪三 四死 自責
   神院大 先   8  4  2  3  0 ○封139㌔
           10  8  2  4  0
   大院大 先   11  5  9  5  1 ○
           5  3  4  4  0  
   龍谷大 先   9  7  9  3  1 ○
          0.2  1  0  0  0
   大商大 先   5  7  3  2  4 ●
       先   8  11  1  3  4 ●
   大経大 先   9  4  8  2  0 ○封
          65.2  50  38  26  10 防1.37
       被安打率6.85 奪三振率5.21 四死球率3.56

  最新記事

 ■ 京産大・岩橋「開幕1軍を目指したい」ヤクルト、指名あいさつ(京都新聞) 13/10/29

 プロ野球のドラフト会議でヤクルトから4位指名された京産大の岩橋慶侍投手が29日、京都市北区の同大学で球団スカウトから指名あいさつを受けた。岩橋は「チャンスがあると言っていただいた。開幕1軍を目指したい」と意気込んだ。ヤクルトの鳥原公二チーフスカウトと小田義人スカウトが訪れ、同大学硬式野球部の勝村法彦監督と並松信久部長も出席。鳥原チーフスカウトは「コントロールが良く、球の出どころが見にくい和田(米オリオールズ)のような投手になれる」と評価した。岩橋は小川淳司監督直筆のサインと「縁」という言葉が書かれたドラフト会議のIDカードを受け取った。背番号44を提示されたといい「オフもしっかり練習して、キャンプ、開幕とけがなく迎えたい」と気を引き締めた。
 ヤクルトがドラフト4位で指名した京産大の岩橋慶侍投手(22)=185センチ、83キロ、左投げ左打ち=の入団が18日、決まった。契約金4千万円、年俸800万円で合意した。(金額は推定)(MSN産経)

 ■ 京産大・岩橋、通算30勝「やることはやりました」(スポーツ報知) 13/10/23

 京産大と龍谷大が先勝した。京産大のエース・岩橋慶侍(4年)が、大経大相手に8奪三振で4安打完封。旧リーグ時代の大商大・斉藤明雄(現ロッテ投手コーチ)と並ぶリーグ4位の通算30勝目を挙げた。ドラフト候補・岩橋が、キレのある直球とスライダーで4安打完封。「(23日に勝てば今季終了で)大学最後と思い投げた。いい形で終われてよかった」と、リーグ通算30勝に笑顔を見せた。春は8勝を挙げMVPなど2冠を獲得。だが、今季は調子が上がらず、ここまで3勝止まりだった。3季連続優勝がかかった前節・大商大戦(13、15日)に先発したが連敗しV逸。この日も不安を抱えたまま先発したが「試合が始まり2、3球投げたら良くなった」。初回2死から5者連続三振を奪うなど、最後の最後で本来の姿が戻った。24日はいよいよ運命のドラフト。巨人阪神など9球団から調査書が届いたリーグ屈指の左腕は「好投が弾みになれば。やることはやりました」と吉報を信じて待つ。
 前節の大商大戦は13日の1回戦で5回4失点降板、15日の3回戦は完投も5失点で負け投手になり、優勝を逃した。「調子が悪くてずっと苦しかった。遅いんですが、取れるときは取れるものだと思いました」と苦投の末の30勝をかみしめた。(日刊スポーツ)

 ■ 京産大・岩橋、11回完投28勝/関西6大学(日刊スポーツ) 13/9/18

 今秋ドラフト候補左腕、京産大・岩橋慶侍投手(4年=京都すばる)が大院大戦で延長11回を5安打9奪三振1失点で投げ抜き、関西6大学リーグ5位タイとなる通算28勝を挙げた。4回に四球から先制点を奪われたが5回以降は無失点で切り抜け、藤沢悠平内野手(4年=玉野光南)のサヨナラ打を呼んだ。この日プロ志望届を出した岩橋は「延長で負けることが多かったけれどきょうは粘り強く投げられました」とカード初戦を取り、エースの責任を果たした。オリックスなど7球団11人のスカウトが視察。「腕の振りが力強くなり球威が出ている」(中日米村スカウト)と評した。
 7球団10人が視察し、オリックス・長村編成部長は「体も大きく、レベルアップする可能性を持っている」と評価した。(デイリースポーツ)
 過去、同リーグで30勝に到達した投手は平野のほか、34勝の小林寛(DeNA、大院大出)と門田一宏(龍大出)、30勝の斉藤明雄(ロッテ投手コーチ、花園高-大商大出)の4人だけ。「30勝は目標にしているが、それでは優勝できないと思っている」。チームの3連覇、そしてプロの舞台へ-。強い思いを胸に、マウンドに立ち続ける。(京都新聞)

 過去ワースト(規定投球回到達シーズン限定)の被安打率、奪三振率、四死球率になっていますね。
 左足けいれんで途中降板するなど、今秋はコンディションがあまり良くなさそうです。

過去記事

 ■ 京産大・岩崎が完封「プロへの道に」(デイリースポーツ) 13/9/1

 開幕戦を行い、3季連続優勝を狙う京産大が神院大に完封で先勝した。プロ注目の左腕・岩橋慶侍投手(4年・京都すばる)が8回を4安打無失点で、歴代8位タイの大学通算27勝目。エース・岩橋は八回終了時に左足のけいれんで降板したが、最速139キロの直球を武器に無失点に抑えた。「序盤はストレートが高めに抜けたが、後半で修正できた」と振り返った。秋のドラフトへ向けてプロ志望届を提出する予定で「勝利を追求すればプロへの道につながる」ときっぱり。11球団が視察し、巨人・渡辺スカウトは「ストレートだけでなくスライダーもいい」と評価した。

 ■ 京産大・岩橋、プロ入り志望(スポーツ報知) 13/8/27

 今秋ドラフト候補の京産大・岩橋慶侍投手(4年)がプロ入りの意思を固めたことが26日、分かった。関西六大学野球秋季懇談会に出席した京産大の勝村法彦監督(56)は「本人の意向を受け、6、7月に数度話し合いをして、プロ入りの方向性を固めた」と話した。岩橋はMAX141キロの本格派左腕で、春季リーグではリーグトップの8勝(1敗)を挙げ、最優秀選手に輝くなど、京産大の2季連続優勝に貢献した。

 ■ 【関西オールスター】京産大・岩橋、粘投5回2失点も競り負け(スポーツ報知) 13/6/29

 関西の大学野球5リーグのオールスターメンバーによる対抗戦が開幕。関西六大学は今秋ドラフト候補左腕、京産大・岩橋慶侍(4年)が5回4安打2失点と力投したが、関西学生に終盤で競り負け敗者復活戦へ回った。岩橋の悩み続けた日々に、一筋の光が差し込んだ。この日の球速は自身最速にあと1キロと迫る140キロ。「あんまりよくなかったけど勝負どころではいい球もいっていた」と、チームは敗れたものの手応えを口にした。近大・小出智彦(4年)とのリーグを代表する左腕対決。関西学生打線を相手に初回から得点圏に走者を背負ったが、要所はしっかり締めた。4回には無死一、二塁のピンチを無失点で切り抜けるなど、ネット裏のプロ5球団スカウト粘り強さをアピールした。今春のリーグ戦は状態が上がらない中でも8勝1敗の成績を残し、最優秀選手、最優秀投手に輝いた。大学選手権終了後には、クロス気味に踏み出していた右足をまっすぐに修正。股関節の柔軟性も改善するなど、球に力が伝わる体の使い方を取り戻しつつある。進路については熟考中で「監督さんとも相談して、自分にとってよりいい選択を考えたい」と慎重な姿勢だ。

   13関西5L  回数 被安 奪三 四死 自責
   京滋L 先   5  4  5  5  2 140㌔

 ■ 【全日本大学野球】京産大・岩橋、ホロ苦全国デビュー(スポーツ報知) 13/6/14

 今秋ドラフト候補の岩橋慶侍擁する京産大は、延長10回タイブレークの末、日体大に4―8で敗れた。ほろ苦い全国デビューとなった。6回4安打2失点で降板した岩橋は「走者を出してから慎重になりすぎた。チームも相手の空気にのまれた」。味方が反撃し8回に同点としたが、タイブレークで敗れ肩を落とした。昨秋は投手3冠、今春も最優秀選手&投手の2冠に輝いたリーグ屈指の左腕。人生初という全国の舞台では初回から飛ばし、今春では最速の140キロをマークし7奪三振。復調を感じる投球内容に「自分のなかで今、(プロに)一番近くにいる。しっかり練習してプロにいく気持ちが強い」とあこがれを口にした。今後は勝村法彦監督(56)と相談し決める予定だが、巨人の山下スカウト部長は「まだまだ伸びる可能性がある。秋のリーグでしっかりチェックしたい」と評価した。

 プロからは今年一番との声もあったようですが、球速は130㌔前後~135㌔といったところ。
 TVで140㌔表示は無かったと思います。出所に見づらさがあるのは良いですね。

 ■ 【全日本大学野球】京産大・岩橋、打倒・関東勢誓った(スポーツ報知) 13/6/11

 第62回全日本大学野球選手権大会が11日、神宮球場と東京ドームで開幕する。10日は東京・日本青年館で開会式が行われた。各地の春季リーグ戦、トーナメントを勝ち抜いた26校が出場する。打倒! 関東勢だ。「雑誌で取り上げられるのは関東のチームばかり。そこに勝って注目されたい」。京産大のエース・岩橋が、闘志をむき出しにした。体調不良が続いた今季。「もう少し、いい投球ができてもよかった」と振り返ったが、リーグトップの8勝(1敗)を挙げ、最優秀選手&投手の2冠に輝いた。優勝決定後は調整も順調で、5キロ近く減った体重もベスト(83キロ)に戻り万全の状態。「自分の力を発揮できる準備はできた」と笑顔も戻った。大勢の人を喜ばせる侍(人)になるよう「慶侍」と名付けられた、プロ注目左腕。人生初という全国大会は、スカウトの注目も増す大一番となる。いざ出陣へ「同じプロを目指している選手には負けたくない」と力強く言い切った。

 ■ 京産大2季連続V 左腕・岩橋8勝目(デイリースポーツ) 13/5/22

 京産大が2勝1敗とし、2季連続9度目の優勝を果たした。勝ち点5の完全優勝で、2005年以来8年ぶりに全日本大学野球選手権大会(6月11日開幕・神宮、東京ドーム)に出場する。左腕エース・岩橋慶侍投手(4年・京都すばる)は8安打2失点完投。リーグ最多にあと1と迫る、今季トップの8勝目を挙げ「調子が悪く、チームに助けられた」と仲間に感謝した。3月はインフルエンザで出遅れた4月6日の神院大戦では左ひざに打球を当て、その影響で4月中旬に左足痛を発症。自己最速は141キロだが、この日は137キロ。今季は140キロ台が一度も出なかった。そんな苦境を経験と精神力で乗り切った。「今年は勝負強さが出せた。直球の調子が悪くてもコースを突き、変化球で打ち取るよう切り替えられた」。この日も一、八回の失点以外で4度も二塁に走者を背負ったが、あと1本を許さなかった。DeNA・八馬スカウトは「球の出どころが見づらい。球速表示以上に速く感じさせる」と評価。本人が「今は8割」という体調が戻れば、初の全国舞台で飛躍するはずだ。
 同大学OBのDeNA・小林スカウトは「精神的にたくましくなった。全国で大きくなってほしい」と、さらなる成長を期待した。

 ■ 京産大、2連覇へ王手(スポーツ報知) 13/5/16

 3回戦2試合を行い、京産大が4―2で大商大を下し、勝ち点を4に伸ばした。京産大は21日の龍谷大3回戦で勝てば2季連続9度目の優勝が決まる。京産大は1点を先制された直後の2回に5安打を集めて4点を奪い逆転。先発の岩橋は7安打2点に抑えて完投し、今季7勝目を挙げた。

 ■ 京産大・岩橋が大学通算22勝目(デイリースポーツ) 13/4/26

 京産大と大経大が先勝した。今秋ドラフト上位候補の141キロ左腕、京産大・岩橋慶侍投手(4年・京都すばる)が8安打されながら1失点完投で今季4勝目、大学通算22勝目を挙げた。京産大のエース・岩橋が開幕から無傷の4連勝だ。3併殺などで要所を締めた球速は130キロ半ばで「調子はあまりよくなかったが、粘ることはできた。本来なら完封すべき試合」と振り返った。3月にインフルエンザにかかり練習できず「今は7~8割の状態」という。11球団20人のスカウトが視察。4人態勢で見守った阪神・池之上スカウトは「手元で動く球など、彼の持ち味を出している」と話した。

 ■ 京産大・岩橋10K開幕星!6球団が視察(デイリースポーツ) 13/4/7

 開幕戦を行い、連覇を目指す京産大が先勝した。ドラフト候補の141キロ左腕・岩橋慶侍投手(4年・京都すばる)が7安打4失点、10奪三振で大学通算19勝目。今秋ドラフト候補の141キロ左腕・岩橋が開幕勝利を飾った。3月初旬にインフルエンザを患い調整に苦戦。3月中旬から終盤にかけ、約1週間のミニキャンプを行い、走り込み、投げ込みで体をつくり直した。「六回からストレートが抜けていた。序盤のピッチングを最後までできるようにすることが課題」と話した。ソフトバンクなど6球団8人のスカウトが視察した。

 ■ 京産大・岩橋、プロ入りへ3つのノルマ(デイリースポーツ) 13/1/10

 今秋ドラフト上位候補の141キロ左腕、京産大・岩橋慶侍投手(3年)が9日、京都市北区の同校室内練習場で始動した。抜群の制球力で昨年秋の関西六大学リーグで優勝の原動力となり、最優秀選手賞、最優秀投手賞、ベストナインの3冠に輝いた。今年は「目標はプロ入りだが、(勝村法彦)監督には今年の春のリーグ戦が勝負と言われている。リーグ優勝と全国制覇を達成したい」と意気込んだ。同学年の山田和毅投手(3年)とともに左腕2枚看板として各球団スカウトの注目を集めるが、全国の舞台は未経験だ。昨秋は明治神宮野球大会出場権を争う関西地区大学野球選手権で敗退。全国大会出場は平野佳寿投手(現オリックス)を擁した2005年春以来遠ざかっている。「アマチュアナンバーワン投手と呼ばれていた平野さんのようになって、プロに行きたい」と岩橋。2月中旬から高知・室戸でキャンプを予定しており「1日200球を2~3回など、投げ込みを重ねてストレートに磨きをかけたい。目指すは145キロ超え」と話した。

 ■ 京産大15季ぶりV!岩橋8K完投3冠…関西六大学(スポーツ報知) 12/10/30

 勝ち点と勝率で並んだ京産大と大院大が、1982年の新リーグ発足以降初の優勝決定戦を行い、京産大が2005年春以来、15季ぶり8度目の優勝を果たした来秋ドラフト候補の左腕・岩橋慶侍(けいじ、3年)が3安打1失点で完投し、大院大を3―1で下した。京産大は初の明治神宮大会切符をかけて、11月1日からの関西地区大学野球選手権(南港中央)に出場する。最後の打者を三直に仕留めると、岩橋は左拳を秋空に突き上げた。優勝を懸けた一戦で、MAX141キロの伸びのある直球を武器に8奪三振。来秋ドラフト候補の関西学生NO1左腕は「この優勝をイメージしてやってきた。うれしい」と笑みを浮かべた。今季は6勝を挙げ、前回V時のエース、平野佳寿(現オリックス)以来の最優秀選手、最優秀投手、ベストナインの3冠を獲得した。それでも、阪神から5位指名された右腕の大院大・金田和之(4年)らと投げ合ってきた経験から「まだまだ足りない部分がある」とプロへの意識も芽生えた。3度宙を舞った勝村法彦監督(56)は「疲れもある中、たくましくなった」とエースをたたえた。中2日で関西地区大学野球選手権の初戦(対京都学園大)を迎える。「しっかり調整して投げれるようにしたい」と岩橋。頼れる左腕が、初の神宮切符をたぐり寄せる。

 ■ 京産大望みつないだ岩橋完投/関西6大学(日刊スポーツ) 12/10/8

 京産大が龍谷大から勝ち点を挙げ、優勝に望みをつないだ。3回にスクイズで1点を先制。その裏に追いつかれたが、4回に岩永幸大外野手(1年=守山)と藤沢潤平内野手(3年=玉野光南)の連続長短打で1点を勝ち越した。9回には3点を挙げてダメ押し。岩橋慶侍投手(3年=京都すばる)が1失点完投で5勝目を挙げた。中1日で完投の岩橋は「疲れはなかった。気持ちで投げました」とエース左腕らしい力投だった。

 ■ 京産大が先勝、岩橋7安打完封で4勝目(スポーツ報知) 12/5/13

 京産大が先勝した。先発の185センチ左腕・岩橋慶侍(3年)が7安打完封で今季4勝目。1回1死一、三塁から併殺崩れの間に挙げた1点を無四球、9奪三振の好投で守った。すでに2季ぶりの優勝を決めている龍谷大は今季初黒星を喫した。京産大・岩橋がライバルの全勝Vを阻止した。9回は左足がつるアクシデントもあって、自らの失策で無死二塁のピンチを招いたが、後続を三者連続三振。昨春の龍谷大戦では1死も取れず、5失点降板しただけに「僕も意地を見せたかった」。リーグ最多の51回2/3を投げてトップタイの4勝を挙げた左腕を、勝村法彦監督(55)は「魂がこもっていた」とねぎらった。

 ■ 京産大が勝ち点(毎日jp) 12/4/25

 京産大が大経大を降し、勝ち点を挙げた。京産大の岩橋(3年・京都すばる)は1失点完投で3勝目をマークした。京産大の岩橋が走者を背負ってからの冷静な投球で成長を見せた。二回1死満塁では伸びのある直球で2者連続三振。安打や四球でピンチを招いた四回と九回は、いずれも内野ゴロで併殺に打ち取り、最少失点で切り抜けた。13日の神院大戦では走者を出した後に5失点。その後は走者を想定しながら投球練習に取り組んだ。その成果に勝村監督も「たくましくなってきた」と満足げに話した。

 京都産業大は岩橋、山田和、3年生左腕揃い踏みで現在勝ち点3。
 リーグ戦も中盤から終盤に差し掛かり、金田(大院大)、井口・杉上(龍谷大)らとの
 投げ合いに注目ですね。もし優勝となれば、平野佳寿を擁した04年秋以来となります。

 ■ 関西六大学は全日程終了 MVPは神院大の安岡(スポニチ) 11/10/22

 今季全日程が終了し、順位は上から神院大、龍谷大、京産大、大院大、大経大、大商大だった。最優秀選手賞は安岡瑞葵(神院大)、最優秀投手賞は岩橋慶侍(京産大)でともに初受賞。安岡は4割1分8厘で首位打者も初めて獲得した。

 ■ 京産大が大経大に打ち勝ち1勝1敗(デイリースポーツ) 11/4/11

 京産大が序盤に得点を重ね、1勝1敗のタイとした。先発の左腕・岩橋慶侍(2年)が今季初勝利を挙げた。自己最速を1キロ更新する141キロのストレートを武器に五回まで無得点に抑えていたが、六回に突如乱れ4連打で2失点。七回にも1点を失った。「前回の登板も同じ失敗をした。気持ちの問題」と反省していた。勝村法彦監督は「終盤に腕が振れない。まだ甘さがある」と渋い顔だった。

 ■ 京産大・岩橋が好救援、2回を無安打(asahi.com) 10/4/13

 京産大の岩橋が好救援。エース駒谷の後を受け8回からマウンドへ上がると、185センチの長身を生かした速球で、2回を無安打に封じた。初登板の大商大戦でリーグ初勝利を飾り、これで3試合連続で抑え役として貢献。勝村監督は「度胸がいいし、安心できる」と信頼を寄せる。岩橋は「今は投げるのが楽しい。中継ぎでも抑えでも、チームの役に立ちたい」と意欲的だ。

   09夏      回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:久御山   9  5  8  4  0
   3回戦:洛 星   9  5  8  1  3
            18  10  16  5  3 防1.50(失点から計算)
        被安打率5.00 奪三振率8.00
四死球率2.50

  プロフィール

 京都府京都市生まれ。
 岩橋 慶侍(いわはし・けいじ)投手。
 小学1年から投手として野球を始め、深草中時代は深草中村メッツに所属。

 京都すばる高では2年春からベンチ入りし、同年秋からエースとして活躍。
 3年夏は久御山戦で5安打完封勝利を収めたが、洛星戦を1対3で落とし3回戦敗退に終わった。
 京都大会3回戦が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 京都産業大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 15試合中9試合39.2回をこなし、主にリリーフで防御率1.82の好成績を残す。
 大商大2回戦に5回から起用され、6回2安打無失点の好投で初登板初勝利(延長10回3対2)。
 先発に回った秋は怪我で未勝利に終わり、2年春の大経大戦で先発初勝利を挙げた。
 以降先発投手としてチームを牽引し、歴代4位タイの通算30勝(22完投6完封)を積み上げている。 
 3年春から3季連続でリーグ最多勝利を収め、3年秋に15季ぶりV、4年春に連覇を達成。
 3年秋・4年春にMVP、最優秀投手賞を3度、2年秋に平古場賞、3・4年秋にベストナインを受賞した。
 4年春にインフルエンザで出遅れながらも、リーグ記録にあと1勝と迫る8勝(7完投1完封)を記録。
 大学選手権では日体大を6回まで2失点に抑えたが、延長10回タイブレーク4対8で初戦敗戦となった。
 全国大会の経験は1度に留まったものの、リーグの強豪・龍谷大相手にも6完投勝利を挙げている。
 3年夏には日本代表候補50名に選出され、3年生以下の1次強化合宿に参加。
 紅白戦で2回無安打2K無失点の好結果を残したが、2次候補24名からは選考漏れとなった。
 リーグ通算58試合、30勝12敗、415回、293奪三振、防御率1.56。

 185cm82kg、長身細身のスリークォーター左腕。
 セットから重心を下げてインステップ気味に踏み込み、テイクバックの小さい肘を使った腕の振りから
 投げ下ろす最速141㌔、常時130㌔台前半から中盤(東京ドーム)の伸びのあるストレートと
 120㌔前後のスライダー、120㌔台のチェンジアップ、130㌔前後のカットボール。
 真っすぐとスライダーとのコンビネーションで三振を奪い、カットボールで打ち損じを誘う。
 右打者の内角を突く直球、外角に落とす変化球も持ち味の一つ。出所に見づらさのある長身左腕。
 まずまずのコントロールで両サイドに投げ分け、先発として試合を作る。
 課題のスタミナも走り込みの成果で向上。3年秋は10試合88回1/3をこなし安定感を増した。
 大瀬良大地からカット、有原航平からチェンジアップを教わり、投球の幅を広げつつある。

  スカウトコメント

ヤクルト・鳥原チーフスカウト|13/10/29
 「コントロールが良く、球の出どころが見にくい。和田(米オリオールズ)のような投手になれる」
ヤクルト・小田義人スカウト|13/10/24
 「テークバックが小さく、打者にとってボールの出所が見にくくタイミングが取りにくい。球種も豊富で緩急も使え、試合を作る事が出来る大型左腕」
中日・中田スカウト部長|13/10/2
 「ストレートと変化球の球速差が小さいことが、打者の見極めづらさとなっている面もある。トータルで打ち取るセンスを感じるし、プロレベルでも面白い存在になるかも」
中日・米村スカウト|13/9/18
 「腕の振りが力強くなり球威が出ている」
オリックス・長村編成部長|13/9/18
 「体も大きく、レベルアップする可能性を持っている」
巨人・渡辺スカウト|13/9/1
 「ストレートだけでなくスライダーもいい」
巨人・山下スカウト部長|13/6/14
 「まだまだ伸びる可能性がある。秋のリーグでしっかりチェックしたい」
DeNA・八馬スカウト|13/5/22
 「球の出どころが見づらい。球速表示以上に速く感じさせる」
DeNA・小林スカウト|13/5/22
 「精神的にたくましくなった。全国で大きくなってほしい」
阪神・池之上スカウト|13/4/26
 「手元で動く球など、彼の持ち味を出している」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2013年11月20日(水)|2013年ドラフト指名選手 | 関西六大学 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
日本新薬さよーなら
| きすみ | 2013年10月24日(Thu) 22:42 | URL #- [ 編集]
2013春季リーグ戦最多勝(8勝)と最優秀選手に輝き
チームを2期連続優勝と8年ぶり全日本大学野球選手権出場
に導いた。
| 関六ファン | 2013年05月29日(Wed) 23:20 | URL #- [ 編集]
| ふなきぃ | 2013年04月23日(Tue) 19:33 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2013年ドラフト指名選手 | 関西六大学 コメント(3) Page Top↑