山田 晃典(三菱重工名古屋)|ドラフト・レポート

山田 晃典(三菱重工名古屋)

ここでは、「山田 晃典(三菱重工名古屋)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm78kg 右左 外野手 遠投115m 50m5秒9 金沢→専修大 7年目
勝負強さが売りの左の好打者。守備範囲広い中堅手、俊足強肩。2年目都市対抗で先制弾。

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   10都: 2 .143  7  1 0 0 1 1 3 1  .250  .571 
   10日: 1 .200  5  1 0 0 0 1 2 0  .200  .200
   11都: 1 .250  4  1 0 0 0 0 0 0  .250  .250
   通算: 4 .188 16  3 0 0 1 2 5 1  .235  .375

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   05年: 19 .139  36  5 1 0 1 5          .250二部
   06春: 11 .275  40 11 1 0 1 4          .375二部
   06秋: 12 .288  52 15 3 1 1 7          .442二部
   07春: 14 .281  57 16 1 0 0 3 3 3 1  .317  .298
   07秋: 11 .347  46 16 5 1 3 8          .696二部(4位)
   08春: 14 .290  62 18 4 1 2 11          .484二部(10位)
   08秋: 15 .269  52 14 3 0 0 2          .327二部
   一部: 14 .281  57 16 1 0 0 3 3 3 1  .317  .298
   二部: 82 .274 288 79 17 3 8 37          .438

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   03夏: 1 .000  3  0 0 0 0 0 1 1 0  .250  .000 
   04春: 2 .286  7  2 0 0 0 0 0 1 1  .375  .286
   通算: 3 .200 10  2 0 0 0 0 1 2 1  .333  .200

  最新記事

 ■ 第82回都市対抗:東海2次予選 三菱名古屋が第3代表(毎日jp) 11/9/13

 第82回都市対抗野球大会東海地区2次予選は12日、岡崎市民球場で第3、第4代表決定戦が行われ、県勢の三菱重工名古屋(名古屋市)が西濃運輸(大垣市)にサヨナラ勝ちし、2年連続21回目の本大会出場を決めた。三菱名古屋は延長十一回2死から山田晃の左前打と四球で一、二塁とし、吉田の中前打でサヨナラ勝ち。先発・水野は再三のピンチも要所を締め、中根との継投で零封した。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   10都予: 8 .387 31 12 1 2 1 8 6 2 1  .424  .645 
   11都予: 6 .440 25 11 2 0 0 3 1 2 1  .481  .520

  プロフィール

 石川県出身。
 山田 晃典(やまだ あきのり)外野手。
 宇ノ気中時代は軟式野球部に所属。

 金沢高では遊撃手としてプレー。
 2年夏(1回戦)3年春(2回戦)の2度甲子園を経験した。
 1番打者として出場した3年春選抜で2試合2安打1盗塁マーク。
 3年夏は遊学館に0対10で敗れ県大会準優勝。

 専修大進学後は1年春から2部リーグ戦に出場。
 最終戦国士舘大3回戦で満塁弾を放ちリーグ戦初本塁打を記録。
 2年時までは二塁手、3年春からは中堅手を務め95安打(1部16本、2部79本)を量産した。
 1番打者に定着した2年秋に1部昇格を達成している。
 3年春は初の1部で打率.281とまずまずの成績を残したもののチームは最下位に低迷、
 立正大との入れ替え戦も連敗で落とし1季での2部降格となった。
 東都選抜に選出され夏のロッテルダム・ワールドポート・トーナメントで国際大会を経験。
 秋に2部リーグながら打率.347本3の好成績を残し初の打撃十傑入りを果たした。
 2部リーグ通算82試合、打率.274、79安打、8本塁打、37打点。

 三菱重工名古屋入社後は1年目春から中堅手レギュラー。
 2年目都市対抗予選では5番としてチーム最多8打点を稼ぎ代表権獲得に貢献した。
 第6代表決定戦西濃運輸戦でレフトへの先制打、左中間を破る2点適時三塁打と3打点。
 本大会では初戦JR北海道戦で武藤好貴(東北楽天11年1位)のやや甘く入った内寄り
 カットボールを振り抜きライトスタンドへの先制ソロを放っている。
 守っては初回先頭打者の左中間を破ろうかという当たりをダイビングキャッチ。
 2回戦はノーヒット2三振ながら第2打席で一塁到達3.95秒の脚力を披露した。
 3年目都市対抗予選では率を残しチャンスメイクできる打者として3番に据えた
 ベンチの期待に応え.440の高打率をマーク。
 本大会には1番で出場し中前打を放つも4対5で住友金属鹿島に敗れ初戦敗退となった。

 180cm78kg、三拍子揃った身体能力の高い外野手。
 勝負強さを持ち味とする左の好打者。思い切り良く振り切るスイングでパンチ力秘める。
 中堅手としては打球への反応が良く脚力を生かした守備範囲の広さが売り。
 球際に強く遠投115mの強肩を備える。
 セーフティバントで出塁を狙うなど50m5秒9、一塁到達4秒弱から4.1秒前後を
 記録する俊足の持ち主ながら盗塁数は少ない。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2012年02月29日(水)|2015年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑