中西 純平(NTT西日本)|ドラフト・レポート

中西 純平(NTT西日本)

ここでは、「中西 純平(NTT西日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm84kg 左左 外野手 遠投100m 50m6秒0 青森山田→亜大 4年目
率は低いが芯で捉えた時の飛距離が光る左の強打者。故障乗り越え大学4年時に5本塁打。

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   08春:           出場無し
   08秋: 1 .000  1  0 0 0 0 0 1 1 0  .500  .000
   09春:           出場無し
   09秋:           出場無し
   10春: 10 .182  22  4 0 0 0 1 6 2 1  .250  .182
   10秋: 7 .071  14  1 0 0 0 0 1 0 0  .071  .071
   11春: 9 .269  26  7 1 0 2 3 9 1 0  .296  .538
   11秋: 13 .200  40  8 1 1 3 10 9 7 1  .319  .500
   通算: 40 .194 103 20 2 1 5 14 26 11 2  .272  .379

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11神: 1 .000  3  0 0 0 0 0 2 0 0  .000  .000

 ■ 甲子園成績

     試合  打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   05夏: 1 1.000  1  1 1 0 0 0 0 0 0 1.000 2.000 
   06夏: 2  .000  7  0 0 0 0 1 0 0 0  .000  .000
   07夏: 2  .500  8  4 0 0 0 1 0 2 1  .600  .500
   通算: 5  .313 16  5 1 0 0 2 0 2 1  .389  .375

  最新記事

 ■ 亜大・中西5番で復活、2発&全7打点/東都(SANSPO) 11/10/13

 亜大は春秋連覇を狙う東洋大に7-4で快勝し、1勝1敗のタイに持ち込んだ。亜大は中西純平外野手(4年)が、2本塁打を含む3安打7打点と活躍した。不振の中西が、本来の5番に座り全得点をたたき出した。一回に右越え3ラン。三回は右越え2点三塁打。五回にも右越え2ラン。この試合前まで打率・125、前日の1回戦では8番で出場し途中で代えられたが「引っ張りすぎて打てなかったので、とにかく球に食らいついた」と手応え。生田監督の「昨日も真っ暗になるまで練習していた。当たれば飛ぶ」という期待に応えた。

 ■ 青森山田野球部4選手「戦国東都」へ(日刊スポーツ) 07/12/4

 今夏甲子園で2回戦に進出した青森山田の主力4選手(いずれも3年)が、東都リーグ1部の大学に進むことが3日、分かった。石井裕大投手が青学大、吉田一将投手が日大、中西純平内野手が亜大、近藤龍義外野手が立正大へ、それぞれ入学が内定した。中西は高校通算本塁打25本のスラッガーで、ドラフト候補にも名前が挙がった。投手も兼任したが「大学では打者で勝負。ホームランバッターとして1年生から試合に出られるよう頑張る」と闘志満々だ。

 ■ 青森山田・中西6回1失点/高校野球(日刊スポーツ) 07/6/11

 青森山田(青森)の“隠れ左腕”中西純平(3年)が復活し、チームを2年ぶり5度目の決勝に導いた。仙台商(宮城)戦で、高校の公式戦で初登板初先発。6回2安打1失点に抑え、左ひじ負傷からの復活をアピールした。現在は打者として注目されているが、好投が3番打者としての3安打3打点にもつながり、9-1の7回コールド勝ちに投打で貢献した。青森山田の眠れる左腕・中西がついに公式戦初のマウンドに立った。6回2安打1失点。昨年まで左翼手で、今春から背番号3をつけるが、中学時代には136キロを記録した剛腕。この日最速は128キロだったが「低めを丁寧について投げた」と振り返った。美斉津忠也コーチ(29)は「柳田(将利、ロッテ)、野田(雄大、日大1年)もそうでしたが、バランスを重視して7割の力で投げさせている」と話し、その教えを実践した。中学では投手兼一塁手。2年前に4番でエースだった柳田のように、投打の中心として期待されていた選手だ。中田翔(大阪桐蔭3年)とともに、シニア日本代表にも選出された。しかし中3冬に左ひじはく離骨折で手術。入学後は打力を買われ、1年春からベンチ入りしていたが、投球は控えていた。昨夏から本格的に再開し、練習試合ではすでに登板。復活のマウンドへの準備は整っていた。打撃も復活だ。準々決勝まで2試合で8打数無安打と不調だったが、この日は3安打3打点。登板したことで「緊張がなくなって思い切って振れた。本調子ではないけど、多少は楽になった」と話した。

  プロフィール

 奈良県出身。
 中西 純平(なかにし じゅんぺい)外野手。
 小学1年から野球を始める。
 中学時代は桜井シニアに所属し一塁手兼投手としてプレー。
 通算40本塁打のスラッガー、最速136㌔の左腕として注目され3年時に日本代表入り、
 中田翔(日本ハム07年高1巡)らと共に世界大会準優勝を果たした。
 その後、高校進学に備え青森山田中に編入。

 青森山田では1年春からベンチ入り。
 中3冬に左肘を痛め手術を受けたため高校では主に打者として活躍した。
 甲子園には1年夏(3回戦)2年夏(3回戦)3年夏(2回戦)の3度出場。
 1年夏の大会は代打で1打席の出場のみながら2点を追う9回表2死で起用されると
 ライトフェンス直撃の鋭い二塁打を放ち注目を集めた。
 2年時からは3番左翼手で出場し3年夏3回戦聖光学院戦で一塁強襲適時打など3安打、
 4点ビハインドの7回途中から救援登板し1.2回3奪三振無失点の力投を披露している。
 当時のチームメイトに石井裕大(西濃運輸)、吉田一将(JR東日本)ら。
 プロ志望届を提出したが指名漏れとなった。

 亜大進学後は1年秋からリーグ戦に出場。
 2年時は中軸候補とされながら開幕直前に右ヒザ前十字靱帯断裂を負い出場出来ず。
 4年春になって規定打席到達ならずも2本塁打マーク。
 秋に2割の低打率ながらリーグ最多3本塁打でリーグトップタイ10打点を稼ぎ
 10季ぶりリーグ優勝に貢献した。
 駒大1回戦で白崎勇気から右翼席への豪快な3ランを放つと
 東洋大2回戦では2本塁打含む3安打7打点の荒稼ぎ。
 初回に藤田純基から右越え先制3ラン、3回にはライト線への2点適時三塁打、
 5回に佐藤翔太から右越え2ランと全打点を1人で叩き出す大活躍を演じている。
 神宮大会では5番ライトで先発出場するも3打数ノーヒット2三振、
 チームも5安打完封され初戦敗退に終わった。
 リーグ通算40試合、打率.194、20安打、5本塁打、14打点、2盗塁。

 182cm84kg、恵まれた体格の外野手。
 フォロースルーの大きいスイングで強い打球を飛ばす左の強打者。
 大学での通算打率は2割に届かず落ちる球への対応、選球眼など脆さを感じさせる
 場面は少なくないが捉えた時の打球速度、飛距離が光る。
 大学通算5本塁打、高校通算25本塁打。
 右翼守備は無難。遠投100m、投手として130㌔台の直球を持つまずまずの強肩。
 大柄ながら50m走のタイムは6秒0、一塁到達4.1秒台の脚力を備える。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2012年02月13日(月)|2015年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑