池田 隆英(創価大)|ドラフト・レポート

池田 隆英(創価大)

ここでは、「池田 隆英(創価大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



池田 隆英(創価大)

181cm84kg 右右 MAX152km スライダー・カーブ・シンカー 創価高
威力ある直球で押す投球が魅力の本格派。馬力ある右腕。2年秋の神宮大会で151㌔を計測した。
2016年東北楽天2位(契約金7000万円、年俸1200万円)

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   13春:        登板無し
   13秋:        登板無し
   14春: 5 0勝1敗   7  4  6  6  2  2.57
   14秋: 4 0勝0敗  13.2  14  11  6  7  4.61
   15春: 5 0勝1敗   12  14  10  2  4  3.00
   15秋: 3 0勝0敗   6  5  6  0  0  0.00
   16春: 6 3勝2敗  42.1  31  46  16  10  2.13(6位)
   16秋: 6 4勝0敗  32.2  23  32  13  8  0.83(1位)
   通算: 29 7勝4敗 113.2  91 111  43  31  2.45
         被安打率7.21 奪三振率8.79 四死球率3.40
    ※ 16秋:ベストナイン 16秋:最多勝 16秋:最優秀防御率

 【 全国大会 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   14神: 1  0.2  1  0  1  0 151㌔(神宮) 明治大

投手成績詳細

   14春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   共栄大    1.2  0  0  2  0
   流経大    1.2  1  2  2  0
   杏林大     1  0  1  0  0
   高千穂    1.2  3  3  0  2 ●
   東国際     1  0  0  2  0
           7  4  6  6  2 防2.57
      被安打率5.14 奪三振率7.71 四死球率7.71 

   14秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   高千穂 先  5.2  8  5  1  4
   流経大 先   3  2  2  3  1
           1  0  1  0  0
           4  4  3  2  2
         13.2  14  11  6  7 防4.61
      被安打率9.22 奪三振率7.24 四死球率3.95

   15春    回数 被安 奪三 四死 自責
   共栄大    1.2  2  2  0  0
   東国際     3  2  0  1  1
           1  2  2  0  0
   流経大 先  2.1  4  1  1  2 ●
   杏林大     4  4  5  0  1
          12  14  10  2  4 防3.00
      被安打率10.50 奪三振率7.50 四死球率1.50

   15秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   駿河台     2  1  1  0  0
           2  2  3  0  0
   杏林大     2  1  2  0  0
           6  5  6  0  0 防0.00
      被安打率7.50 奪三振率9.00 四死球率0.00

   16春    回数 被安 奪三 四死 自責 
   杏林大 先   9  4  11  3  2 ○147㌔
   共栄大    7.2  6  5  5  1 ●
   東国際 先  6.2  9  6  2  5 ●
   高千穂 先   7  5  9  4  1 ○149㌔
          2.1  0  3  0  0
   流経大 先  9.2  7  12  2  1 ○
         42.1  31  46  16  10 防2.13
      被安打率6.59 奪三振率9.78 四死球率3.40

   16秋    回数 被安 奪三 四死 失点
   高千穂 先   8  6  8  3  2 ○ 148㌔
   共栄大     3  2  2  1  0   151㌔
   国際大 先  7.2  7  6  2  2 ○
           2  2  2  1  0   149㌔
   杏林大 先   7  2  8  2  0 ○封151㌔
   流経大 先   5  4  6  4  4 ○
         32.2  23  32  13  8 防0.83
      被安打率6.34 奪三振率8.82 四死球率3.58

  最新記事

 ■ 「楽天ドラ2活躍」の法則、創価大・池田継承だ(日刊スポーツ) 16/11/10

 楽天からドラフト2位で指名された創価大・池田隆英投手が9日、都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金7000万円、年俸1200万円(ともに推定)で契約合意した。背番号は「30」。貪欲に上を目指すメンタルが武器になる。創価高3年時に右膝前十字靱帯を断裂。長いリハビリ生活の末に大学4年で初勝利をつかみ、今秋の東京新大学リーグでは最多勝の4勝と最優秀防御率の0・83でベストナインにも輝いた。沖原担当スカウトは「大けがからはい上がってきた精神的な強さ150キロ超えの直球に、緩急も使える1年目から7~8勝はできる。10勝の力もある」と、苦難にも折れない強い心にほれ込んできた。球団には「ドラ2投手出世の法則」が存在する。12年則本を筆頭に、10年美馬、11年釜田。1位に負けない反骨精神で結果を刻み続けてきた。池田は則本に憧れを抱く。「疲れている場面でも思い切り腕を振って、チームを勝たせる。なぜそんなことができるのか。日頃どんな練習をしているか聞きたいです」と対面を心待ちにする。契約金の使い道を聞かれ、両親へのマンション購入と即答した。「経済的に厳しい中、ワガママを聞いて佐賀から東京に来させてもらった。大きい家に住ませてあげたい」。人一倍の感謝の心と向上心を携え、プロの世界に飛び込む。

 ■ 創価大・池田無念 流れ取り戻せず(西日本スポーツ) 16/11/1

 創価大は楽天2位の池田が2番手で登板したが、流れを取り戻せなかった。田中が4回限りで降板し、5回からマウンドへ。6回2死満塁のピンチでは自己最速を1キロ更新する152キロ直球で見逃し三振を奪うなど、3回無失点だった。力投も勝利につながらず「まだ明日があるんじゃないかという感覚。悔しい思いが強い」と肩を落とした。プロでの戦いに向けては「与えられた場所で1球ずつ思い切り投げたい」と力を込めた。

   16秋代決  回数 被安 奪三 四死 失点
   桜美林大    3  4  2  2  0 152㌔

 ■ ドラ2創価大・池田、ソフト1位の同期・正義に挑戦状(スポーツ報知) 16/10/26

 楽天からドラフト2位指名を受けた創価大の151キロ右腕・池田隆英投手が26日、東京・八王子市の同大キャンパスで長島スカウト部長、担当の沖原スカウトの指名の指名あいさつを受けた。同期でソフトバンク1位指名の田中正義とは創価高時代から7年間ともに歩んだ仲。何かと比べられることが多かったが「自分は正義をお手本にしてやってきた。でもプロでは正義に勝って、恩返ししたい」と誓った。高校3年夏に右膝前十字じん帯断裂の大けがを負ったが、懸命なリハビリを乗り越え地力をつけてきた。今秋の東京新大学リーグでは4勝で最多勝、最優秀防御率(0・83)とベストナインに輝いた伸びしろ十分の逸材だ。沖原スカウトは「150キロの直球は質がよくて空振りも取れるケガをした経験もあって、忍耐力や精神面の強さがある即戦力なので開幕ローテに入ってもらいたい」と期待。創価大の岸雅司監督は「正義がソフトバンクで九州。池田が東北。どちらも震災に遭って復興半ば。そういう使命ある場所にいけてうれしい」と喜んでいた。
 沖原スカウトは「ストレートも変化球もいいし、コントロールも安定していて、試合をつくることができる先発ローテーションの柱になってほしい」と期待していました。(NHK NEWS WEB)

過去記事

 ■ 創価大・池田隆英、ベストナイン選出(スポーツ報知) 16/10/24

 楽天からドラフト2位指名された創価大の池田隆英投手が、ソフトバンク1位指名の田中正義投手を押しのけて投手部門のベストナインを獲得した。今季は田中正義と並ぶ4勝で最多勝、最優秀防御率(0・83)に輝き、2季ぶりの優勝に貢献。「一戦一戦、必死にやってきただけで、たまたまですよ。正義の方が全然、上なんで」と照れくさそうに笑った。この日は登板機会は無かったが、球場には担当の沖原スカウトが駆けつけた。試合後に初めて直接会話を交わして「すごい期待していただけてうれしい」と胸を熱くした。

 ■ 楽天2位の創価大・池田、田中に「いずれは勝ちたい」(デイリースポーツ) 16/10/20

 楽天に2位指名された創価大・池田隆英投手は「指名していただけるか不安だった。これは通過点」と、安ど感をにじませた。楽天の指名は予想外だったといい、則本、松井裕らの名前を挙げ「若い。それしかイメージがないです」と苦笑した。創価高3年時に右膝前十字じん帯を断裂。手術を受け、大学入学後1年間はリハビリに費やした。「歩けるかな、から始まったので。しんどかったですね」と振り返る。苦難の日々を乗り越えてのプロ入りに「手の届かない場所だと思っていた」と、感慨をにじませた。最速151キロの伸びのある直球に加え、スライダーやフォークなど変化球の制球にも優れた右腕。対戦してみたい打者には、高校2年時に東京都選抜でチームメートだった広島・鈴木誠也を挙げた。高校から7年間、苦楽をともにしてきた田中は1位で5球団が競合し、ソフトバンクが交渉権を獲得。同じパ・リーグに身を置くことになった。「ここまで来られたのも、田中正義のおかげ。お手本として、常に刺激を受ける存在だった」と感謝した池田。これからは文字通りのライバルとなる親友を横目に「今の力じゃ負けてしまう。力をつけていずれは勝ちたい」と、力強く宣言した。

 ■ 創価大・正義 連投で優勝投手 満塁救援で押し出しも「ホッ」(スポニチ) 16/10/17

 ドラフト1位候補右腕の創価大・田中正義投手が16日、流通経大戦で10―4の9回無死満塁から救援登板。前日3失点完投からの連投とあって、押し出し四球と犠飛で2点を返されたものの2季ぶり43度目の優勝に貢献した。同じくドラフト上位候補右腕の池田隆英投手は先発して5回0/3を4失点だった。 
 ▼巨人・山下哲治スカウト部長(創価大・池田について)スライダーとかは良いものを投げる。将来性を感じる投手
 ▽オリックス中川アマスカウトグループ長「変化球で投球を組み立てるテクニックを持っている。スピードはもっと出るし、伸びしろがある素材」(日刊スポーツ)

 ■ 創価大の上位候補右腕・池田が七回コールド2安打完封(デイリースポーツ) 16/10/10

 創価大が七回コールド勝ちし、勝ち点3とした。ドラフト上位候補右腕・池田隆英投手が2安打完封150キロを計測した直球が走り、初回1死満塁のピンチ連続三振で切り抜けて以降は相手を寄せ付けず、七回2死まで走者を許さなかった。「最初から真っすぐで押すという課題を持っていた今日はいいボールを投げられるという自信があった」と手応え十分。「これを続けていかないと、信頼を得ていけない」と、好投にも気を引き締めた。8日の1回戦は、田中正義投手が5回3失点で降板。八回に逆転した直後、降雨コールドとなる薄氷の勝利だった。一転しての完勝に、岸雅司監督は開口一番「池田がエースだね」とニヤリ。田中とは8日夜に話をしたことを明かし「気持ちの問題だね。『楽に勝とうと思ったところがあった』と言っていた。正義も刺激を受けたのでは」と、波及効果を期待した。
 プロ11球団のスカウトが視察する中、チームを10-0での七回コールド勝ちに導いた。中日・中田スカウト部長は「(ドラフト2位までの)24人に入るでしょう」。(SANSPO)
 広島・尾形スカウトは「真っすぐが来ていた。今日の投球なら、外れ1位の可能性もある」と絶賛した。
 ▽中日・中田スカウト部長「池田君は素晴らしい。底力というかいいものがある。生田目君はあれだけのブランクがあってあれだけ投げられる。2人とも素材はトップクラス」(デイリースポーツ)
 両親が見守る中で、自己最速タイである151キロを計測し「狙って三振が取れた」。流通経大の155キロ右腕・生田目も11奪三振で1失点に抑え、今季初完投。ロッテの永野吉成チーフスカウトは「2人とも持っているものは素晴らしい」と評した。 (スポニチ)

 ■ 池田“共闘”願う(スポーツ報知) 16/10/3

 同じく3日にプロ志望届を提出するドラフト上位候補右腕の創価大・池田隆英は、正義との“共闘”に思いをはせた。高校時代からチームメートの間柄で「2人でプロに行って、結果を出すことが恩返しにつながると思う対戦したりして(お互いに)力をつけていければ」ときっぱり。高校3年夏の右膝十字じん帯断裂を乗り越えた苦労人は「評価してくれるところで一生懸命やりたい」と憧れのプロ入りを心から願った。

 ■ 創価大・池田、149キロ直球とスライダーで2回無失点!(スポーツ報知) 16/9/28

 今秋ドラフト上位候補右腕の創価大・池田隆英は、8回から登板して2回を2安打無失点に抑えた。この日は直球とスライダーを軸にして、自己最速にあと2キロに迫る149キロをマーク。「前日に負けた相手だったので、余計に力が入った。後ろで投げた時の方が真っすぐが走る感じなので、これを先発でもいかしていきたい」。中日の正津スカウトは「ストレートはよかった。力はありますね」と評価した。

 ■ 創価大・田中正義は6回1失点7K 池田も3回0封(日刊スポーツ) 16/9/18

 ドラフト1位候補の創価大・田中正義投手が今秋2試合目の登板。6回を投げ3安打1失点で7三振を奪った。7回からは同じくドラフト上位候補の池田隆英投手が登板。3回を2安打無失点に抑え2三振を奪った。創価大は今春優勝校の共栄大に4-1で先勝した。
 ▽創価大・池田(7回から救援し、自己最速タイの151キロを記録して無失点)中盤から正義のボールが落ちてきたので、準備していた。支え合って勝っていきたい

 ■ 創価大・池田、8回2失点8K…ドラフト上位候補急浮上(スポーツ報知) 16/9/12

 創価大の最速151キロ右腕・池田隆英が、日米10球団26人のスカウトが視察した高千穂大戦で好投して、今秋ドラフト上位候補に急浮上した。この日の最速148キロの速球を軸に、キレのあるカーブやフォークで緩急を操り、8回を6安打2失点の8奪三振。「正直、物足りないなというのがある意識して変化球でストライクを取れるようにしていきたい」と謙虚に振り返ったが、将来性の高さをアピールした。直球の質とテンポの良さに注目した巨人・山下スカウト部長は、「アウトコースに決まる速球がいい。(1位の)12人に入ってきてもおかしくない」と評価した。中日の中田スカウト部長も「上積みが一番期待できるピッチャー。持っている素材はピカイチ」と絶賛。高校時代からプロ注目の逸材だったが、3年夏に右膝前十字じん帯を断裂し、復帰したのは大学2年春。ようやく今春にリーグ戦初先発して3勝を挙げたばかりと、伸びしろは十分だ。「上のレベルでやりたいと思っている。そのために一戦一戦、自分の投球をしていきたい」と、大きく胸を膨らませた。
 岸雅司監督(61)は「初回に2点を取られたのは、力んだからだと思う。春よりも変化球のコントロールがよくなった。カウントを取ったり、いろんなことができる」と成長を評価した。(スポーツ報知)

 ■ 151キロ右腕の創価大・池田隆英、慶大との練習試合で3回無失点(スポーツ報知) 16/9/4

 今秋ドラフト候補の最速151キロ右腕、創価大の池田隆英が、慶大との練習試合に2番手で登板して3回を2安打無失点と粘投した。3四球を反省点に挙げながら、「ランナーを背負いながら、抑えられた部分はあるので、自分の自信のあるボールを投げていければ」と振り返った。岸雅司監督は「ずいぶん最初は力んでいたが、修正できたような感じはある」と評価した。夏場のトレーニングでは、下半身強化を意識してランニング量を増やしたという。「低めに投げられるボールを増やしていきたい」と、チームのために結果と内容にこだわる覚悟だ。

 ■ 創価大・池田159球熱投、10回1失点完投で3勝目(スポーツ報知) 16/5/20

 今秋ドラフト候補の創価大・池田隆英投手が、タイブレイクの延長10回を投げ抜き、159球の熱投で7安打1失点の完投勝利を挙げた。日米8球団のスカウトが視察する中、延長10回に146キロをマークするなど気迫の投球を披露。「どうやって後半に粘って投げていくかが大事と意識していた」と、収穫十分の今季3勝目を挙げた。今季は開幕からカード2戦目を任されてきた。4月下旬に絶対的エースが右肩違和感で離脱すると、主戦として投手陣を引っ張った。2、3年時のリーグ戦登板は主にリリーフで、先発としてフル回転は今季が初めてだ。ネット裏から見守った楽天の長島スカウト部長は、「今日がベストではなく、もっともっといいピッチングができると思う」と潜在能力を評価。リーグ戦最終週で結果を残したことは、大きなアピールとなった。

 ■ ドラフト候補の創価大・池田、チームに1か月ぶり白星もたらす(スポーツ報知) 16/5/7

 創価大が7回コールドの大勝で連敗を4で止めた。チームは田中が離脱してから2カード連続で勝ち点を挙げられず、全日本大学野球選手権出場を逃していた。7回1失点で完投勝利した池田隆英投手は、「その穴を埋められなかったのが非常に悔しい。まだまだ力をつけないといけない」と話した。主将の田中は、「久しぶりにいい攻撃ができたと思うので、これが継続できたらと思う。(右肩は)1週間前よりは確実によくなっている」と、落ち着いた様子で振り返った。4月6日の杏林大戦以来、約1か月ぶりの白星を挙げた岸雅司監督は「昨日のミーティングで言ったのは、春は(全国制覇が)出来なかったけど、秋にドラマを作ればいいと。今日からがドラマを作るスタート」と、久々に笑顔を浮かべた。

 ■ ドラフト候補の創価大・池田完投初勝利(デイリースポーツ) 16/4/6

 創価大が連勝で勝ち点1とした。今秋ドラフト候補の最速151キロ右腕・池田隆英投手が4安打2失点で完投、リーグ戦初勝利を挙げた。直球は最速147キロを計測。変化球の制球がよく、フォークを中心に11三振を奪った。高3夏に右膝に大ケガを負い、入学からの1年間をリハビリに費やした苦労人。念願の初完投初勝利に「大変ですね。1球1球思いを込めて投げ込む大変さを感じた試合でした」と、実感がこもった。岸雅司監督も「よく粘ったね。大変な思いでやってきた子だから。今日の1勝は大きい。うれしいよ」と、目尻を下げた。
 7回までわずか1安打と好投したが、球数が100球を超えた8回以降に失点を許して、「後半の粘りを意識していきたい」と反省も忘れなかった。ネット裏には日米10球団のスカウトが集結して、注目株に熱い視線を注いだ。巨人・スカウト部長は「即戦力に近い評価はできる制球がいいし、大崩れしないタイプ」と評価。(スポーツ報知)
 この日は最速147キロを計測した直球の精度がいまひとつ。磨いてきたフォークやカットボールを制球よく配した阪神・中尾スカウトは「フォームと変化球がいい。緩急が使える」と評価した。
 ▼楽天・長島スカウト部部長「変化球の精度はいい。直球ももっとよくなる。資質は上位クラス
 ▼西武・前田編成部アマ担当部長「フォームは黒田(広島)に似てバランスがいい。大学生では一番上のレベル」(デイリースポーツ)
 視察に訪れた巨人の山下哲治スカウト部長は「スピードに頼らない投球ができる。ゲームがつくれる投手」と評価を口にした。(スポニチ)

 ■ プロ注目の創価大・池田2失点完投「価値ある試合」(日刊スポーツ) 16/3/26

 プロ注目の151キロ右腕、創価大・池田隆英投手が、開幕前最後の実戦を2失点完投で締めた。味方が1点を先制した直後の4回裏。1死一塁から右越え2ランで一時逆転を許したが、後続を2者連続空振り三振に切った。その後は粘りの投球で5回以降ゼロを並べた。最後まで安定して140キロ台中盤の球威を維持。126球を要して被安打5、11三振を奪った。対外試合の9回完投は自身初で「何より投げきれたことが満足。調子が悪いなりに抑えられて自信になりました。すごく価値のある試合だった」と振り返った。投げ合った明大・柳裕也投手は7回を5安打8奪三振2失点だった。

 ■ 創価大・池田が3回4奪三振、阪神など3球団が視察(日刊スポーツ) 16/3/5

 創価大のプロ注目右腕・池田隆英投手(3年=創価)が、3回5安打1失点と我慢の投球を見せた。ネット裏では日本ハム阪神広島のスカウトが視察。2回に「直球が高めに浮いてしまった」と先制ソロを浴びたが、最速147キロを計測した。1日の初先発で制球に苦しんだ変化球も決まり、4三振を奪った。池田は「ピンチの時も、考えて意味のあるボールを投げられた」と収穫を口にした。岸雅司監督(60)は「変化球も良くなった。ランナーを出してから粘れたし、前に進んだ」と評価した。

 ■ 創価大・池田、OP戦開幕投手3回無安打「正義と日本一目指す」(スポーツ報知) 16/3/1

 東京新大学リーグの創価大は1日、城西国際大と今年初対外試合となるオープン戦を行って3―0で勝利した。最速151キロ右腕の池田隆英が先発。3回を無安打3奪三振最速147キロをマークするなど、ドラフト候補として実力の片りんを見せた。絶対的なエースの田中に続くため、オープン戦の“開幕投手”に気合が入った。変化球の制球が安定せず、球数は55球を要したが、キレのある速球は魅力十分だった。「ちゃんと変化球でストライクが取れれば、リズムよく投げていけると思う。真っすぐも、もっと上のレベルにいければ」と、今後の課題を見定めた。この日は日本ハムらプロ3球団のスカウトが視察に訪れて、巨人の吉武スカウトは「田中正義はすごいけど、こっちもいい」と評価。阪神の中尾スカウトは「ボールの質がいい軸がしっかりしたフォームで、コントロールもある」と熱視線を送った。創価高時代からの同級生であるエース・田中からは、「自分も油断をしていたら、池田に簡単にマウンドを奪われてしまうと思えるいいライバル。上半身や腕の使い方は、すごくセンスがあると思う」と実力を認められている。高校3年夏に右膝前十字じん帯を断裂して、大学進学後も地道なリハビリの日々が続いた。まだ自身のリーグ戦白星はないが、苦労と努力の末にようやく復活の時を迎えた。「正義に頼ってばかりだと、全国では勝てない。自分は自分でやることをやれば、2人で勝っていけると思う。結果が出れば、そういう進路(プロ入り)になってくるかなと思うし、日本一を目指して頑張りたい」と力を込めた。
 視察に訪れた巨人の吉武真太郎スカウトは「田中もすごいが、池田もすごい。この時期でこの腕の振りは素晴らしい軽く投げても球がぐっと伸びている同世代の投手でもこれだけ投げられるのはあまりいないと思う」と絶賛。また、日本ハムの今成泰章スカウトは「(1位指名候補の)12人のうちに入ってくるのでは」と高評価し、阪神の中尾孝義スカウトも「きょうは良いものを見ることができた」とうなずいていた。(スポニチ)
 日本ハム今成スカウトは「球に力を伝える方法を知っている。順調にいけば(今秋ドラフトの)上位候補」と評価した。(日刊スポーツ)
 阪神・中尾スカウトは「真っすぐの質がいい順調にいけば、上位候補」と高評価した。(デイリースポーツ)

 ■ プロ注目投手の創価大・池田、日本一へ共闘の誓い果たす(スポーツ報知) 16/2/8

 今秋ドラフトの超目玉といえば創価大・田中正義投手。実はそのチームメートには、最速151キロを誇る池田隆英投手、制球力抜群の秋元秀明投手というドラフト候補右腕もいる。池田は創価高3年の夏、背番号1でマウンドに立っていた。「自分をエースと思ったことはないんですよ。正義も野手になりきれない―って思いはあったと思うので」。1年夏に背番号1を託された田中は、右肩を痛めてその秋から外野手に転向。エースは池田だった。今でも田中との初対面は鮮明に覚えている。「初めて同じブルペンに入って、『おまえ、球速いな。一緒に甲子園行こうぜ』と話しかけた。2人とも140キロは出していて、自分も自信があったので」。最後の夏は西東京大会4強にまで導いたが、その代償は大きかった。右膝前十字じん帯を断裂―。大会直後に手術を受け、車いす、松葉づえでの高校生活を余儀なくされた。創価大1年時は地道なリハビリに明け暮れ、ようやく投球再開できたのは2年の春だった。まだリーグ戦の先発登板は1度もなく、自身の勝ち星もない。だが2年秋の明治神宮大会で、自己最速の151キロをマークした。「調整がうまくいかずに肩が重かったのに、謎にスピードが出ましたね」。自身初の全国舞台。がむしゃらに腕を振り、素質の片りんを見せた。ネット裏のスカウト陣も色めき立った。球速にはこだわらず、キレの良さで勝負するスタイル。昨秋は下半身をいじめ抜き、納得の球威が戻って来た。「プロといわれたら、絶対に行きたい。でもその前にリーグ戦で優勝して、全員で日本一を勝ち取らないといけない」。共闘を夢見た出会いから6年。今こそ、頂点の誓いを果たす。

 ■ 一言も発さず、球場去る--創価・池田隆英投手(毎日jp) 12/7/27

 七回裏、創価の主戦、池田隆英投手(3年)は同点でマウンドに立つと、180センチの長身をかがめ、足元の盛り土の中心にそっと右の手のひらを押し当てた。土の暖かみを感じながら「自分の居場所はここだ」と、確認しているかのように。昨年冬から左膝の調子が悪く、かばいながら投球を続け、右膝への負担が増した。さらに、4回戦で右膝をひねって痛めてしまった。右膝のテーピングはユニホームの上から見ても分かるほどしっかりと固められていた。140キロ超の本格派で、プロ注目の右腕。「いつもの投球フォームと全然違う」。左翼手の原良磨選手(3年)から見ても、池田投手の体が悲鳴を上げているのは明らかだった。安打と死球で走者を出し、内角の直球を打たれて勝ち越しを許した。それでも、143キロを記録する力投を見せた。試合後、一言も声を発することなく、放心状態でうつむいたまま、倒れ込むようにバスに乗り込んだ。彼の夏は、終わった。

   12夏       回数 被安 奪三 四死 失点
   4回戦:実践学園   3  3  3     1 143㌔
   準々決:国学久我   4  4  2  0  2 146㌔
   準決勝:日 大 三   2  2  0  2  2 145㌔
              9  9  5     5 防5.00
                被安打率9.00 奪三振率5.00

 ■ 創価4強!エース強行登板「絶対負けられねえ」(スポニチ) 12/7/24

 右膝痛を抱える創価のエース・池田が強行登板し、国学院久我山を6―3で撃破。5年ぶりの4強進出を果たした。患部をテーピングで固定しながら146キロを計測した右腕は相手のエース・川口に一発を許したが4回4安打2失点。「ガチガチに固めています。痛み止めは飲んでいません。きょうは気持ちで投げました」と振り返った。佐賀から駆けつけた母・幸子さんの前での好投に「絶対負けられねえと思いました」と声援に感謝していた。

 ■ 創価プロ注目右腕担架退場/西東京大会(日刊スポーツ) 12/7/20

 8強入りを決めた創価が、正念場を迎えた。プロ注目右腕のエース池田隆英(3年)が、実践学園戦の4回に3-2と1点リードで今大会初登板。中日巨人楽天ロッテのスカウトが視察に訪れる中、最速143キロの直球と切れのあるスライダーを披露した。5回に四球と安打で1点を失ったが、6回までに3三振を奪った。快勝劇が暗転したのは7回だ。無死一塁、池田は投前へのバントに二塁封殺を狙って右膝をひねった。倒れ込んだまま、起き上がれなかった。そのまま担架で退場。近藤省三監督(56)は「(23日の準々決勝に)間に合わせたい。ああいう状態で(これ以上)投げさせない方がいいと思った。足は去年の冬から調子よくなかった。古傷というかね」と状況を説明した。池田は今大会、ここまで温存されていた。5回2死二塁で三塁ゴロを打った際、全力疾走せずに小刻みな足取りだった。3番手で緊急登板した田中正義外野手(3年)は「全く準備していなかったので気持ちだけで投げた。池田をもう1回マウンドに上げるため」と3回5安打2失点の熱投を見せた。関係者によると診察後、池田は準々決勝での復帰に前向きだったという。エース復活が創価の今後を左右する。

  プロフィール

 佐賀県唐津市出身。
 池田 隆英(いけだ・たかひで)投手。
 小4で捕手として野球を始め、同6年時から投手を務める。
 唐津五中時代は東松ワンダーズに所属し、2年夏に全国準V、3年夏に4強入りを達成した。
 当時1学年上に岡本健一郎(現九共大)。

 創価高では1年秋からベンチ入り。
 2年秋の都大会からエースとしてチームを牽引し、1次代決・日大一戦で9K完封勝利を収める。
 続く都1回戦・足立西戦(2対6)で6回ノーヒット1死球無失点の好救援を披露。
 鈴木誠也(現広島)らとともに都選抜に選ばれ、同年12月末にロサンゼルス遠征を経験した。
 東都リーグ選抜との壮行試合(1回2K無失点)でチームトップの140㌔をマーク。
 3年春に3戦連続完投勝ち(府中東を完封)、4試合34イニング11失点の実績を残している。
 3年夏の大会は救援で力投を見せるも、日大三高に敗れ西東京ベスト4敗退。
 大会初登板の4回戦で右膝を痛め、久我山戦で2ラン、日大三戦で決勝タイムリーを浴びた。
 計9イニングで5失点と苦しみながらも、準々決・久我山戦で最速146㌔を計測。
 中日・巨人などのスカウトからも注目されたが、プロ志望届は提出せず創価大進学を選択した。
 西東京4強が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 創価大進学後は2年春からリーグ戦に出場。
 以降4季38.2回で四死球14個と安定感を欠き、白星が無いまま3年秋までのリーグ戦を終える。
 2年秋の神宮・明大戦で151㌔を投げ、プロから評価される資質の一端を披露。
 9回1死満塁から登板するも3点打を打たれ、1安打1死球のホロ苦全国デビューを経験した。
 4年春になって先発投手の座をつかみ、3勝(3完投)2敗、防2.13(6位)をマーク。
 ケガの田中正義に代わって主に1番手を務め、42.1回46三振(率9.78)の力投を演じている。
 開幕週・杏林大2回戦でリーグ戦初白星となる11三振2失点完投勝ちを記録。
 延長10回タイブレークを制した最終週・流経大1回戦で9.2回12三振1失点完投勝ちを挙げた。
 通算29試合、7勝(4完投1完封)4敗、113.2回、防御率2.45。

 181cm84kg、ガッチリした体格のスリークォーター右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げて早めに着地し、肘を柔らかく使った力強い腕の振りから繰り出す
 最速152㌔の威力のあるストレートと、120㌔台のスライダー、110㌔台のカーブ。
 神宮で常時140㌔中盤から150㌔前後を計測。直球で押す投球が魅力の馬力ある右腕。
 下半身を使えない状態で臨んだ高3夏西東京大会で最速146㌔をマークした。
 右ヒザ手術を乗り越えて大学4年時に年間7勝を記録。制球、変化球の精度にはバラツキが残る。
 高校時代は同学年の田中正義を差し置いてエースを務めた。

  スカウトコメント

楽天・沖原担当スカウト|16/11/10
 「大けがからはい上がってきた精神的な強さ。150キロ超えの直球に、緩急も使える。1年目から7~8勝はできる。10勝の力もある」
楽天・沖原スカウト|16/10/26
 「150キロの直球は質がよくて空振りも取れる。ケガをした経験もあって、忍耐力や精神面の強さがある。即戦力なので開幕ローテに入ってもらいたい」
 「ストレートも変化球もいいし、コントロールも安定していて、試合をつくることができる。先発ローテーションの柱になってほしい」
楽天・沖原佳典スカウト|16/10/24
 「力を込めたストレートは威力があり魅力がある投手。右左打者ともに変化球をしっかりと投げ込めるのが特長。スライダーの切れもありバランスのとれた投手」
巨人・山下哲治スカウト部長|16/10/17
 「スライダーとかは良いものを投げる。将来性を感じる投手」
オリックス・中川アマスカウトグループ長|16/10/17
 「変化球で投球を組み立てるテクニックを持っている。スピードはもっと出るし、伸びしろがある素材」
中日・中田スカウト部長|16/10/11
 「(ドラフト2位までの)24人に入るでしょう」
 「池田君は素晴らしい。底力というかいいものがある。生田目君はあれだけのブランクがあってあれだけ投げられる。2人とも素材はトップクラス」
広島・尾形スカウト|16/10/11
 「真っすぐが来ていた。今日の投球なら、外れ1位の可能性もある」
ロッテ・永野吉成チーフスカウト|16/10/11
 「(生田目、池田)2人とも持っているものは素晴らしい」
中日・正津スカウト|16/9/28
 「ストレートはよかった。力はありますね」
巨人・山下スカウト部長|16/9/12
 「アウトコースに決まる速球がいい。(1位の)12人に入ってきてもおかしくない」
中日・中田スカウト部長|16/9/12
 「上積みが一番期待できるピッチャー。持っている素材はピカイチ」
楽天・長島スカウト部長|16/5/21
 「今日がベストではなく、もっともっといいピッチングができると思う」
巨人・スカウト部長|16/4/7
 「即戦力に近い評価はできる。制球がいいし、大崩れしないタイプ」
 「スピードに頼らない投球ができる。ゲームがつくれる投手」
阪神・中尾スカウト|16/4/7
 「フォームと変化球がいい。緩急が使える」
楽天・長島スカウト部部長|16/4/7
 「変化球の精度はいい。直球ももっとよくなる。資質は上位クラス」
西武・前田編成部アマ担当部長|16/4/7
 「フォームは黒田(広島)に似てバランスがいい。大学生では一番上のレベル」
巨人・吉武真太郎スカウト|16/3/2
 「田中正義はすごいけど、こっちもいい」
 「田中もすごいが、池田もすごい。この時期でこの腕の振りは素晴らしい。軽く投げても球がぐっと伸びている。同世代の投手でもこれだけ投げられるのはあまりいないと思う」
日本ハム・今成泰章スカウト|16/3/1
 「(1位指名候補の)12人のうちに入ってくるのでは」
 「球に力を伝える方法を知っている。順調にいけば(今秋ドラフトの)上位候補」
阪神・中尾孝義スカウト|16/3/2
 「ボールの質がいい。軸がしっかりしたフォームで、コントロールもある」
 「きょうは良いものを見ることができた」
 「真っすぐの質がいい。順調にいけば、上位候補」
日本ハム・今成スカウト|16/2/8
 「(田中は)順調にいけば、球界を代表するピッチャー。池田君と秋元君もいい選手。順調にいけば、みんな(プロで)戦力になる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2016年11月10日(木)|2016年ドラフト指名選手 | 東京新大学 コメント(12) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
田中も良いけど池田も良い。贔屓に欲しいなぁ
| 匿名 | 2016年09月04日(Sun) 11:53 | URL #- [ 編集]
池田君はクールで冷静なプレーをします。怪我をしてしまったことは残念ですが、彼からは熱いものを感じます。彼なら必ずファンを喜ばせるパフォーマンスができる選手になると心から思います!本当に応援してます!本当に大好きです!プロに入ってからも応援します!頑張れ池田君!
| 池田君ファン | 2013年07月30日(Tue) 04:00 | URL #- [ 編集]
創価高から直接プロ入りする選手ってあまり聞かないけど池田はどんな選択をするのか。大学進学というのも十分あり得そうだ。
| 匿名 | 2012年08月16日(Thu) 13:46 | URL #- [ 編集]
創価池田隆英君昨日久我山戦MAX148です。テレビ画面で確認しました。スカウト8球団に増えてました。
| 鞍 | 2012年07月24日(Tue) 07:27 | URL #- [ 編集]
準々決勝の久我山戦を観戦しましたが
直球は140km/h台中盤をコンスタントに記録していました。
膝の怪我を抱えながらの投球でこれは凄い。
変化球の制球が改善されれば更に化けそう
将来が楽しみな選手ですね
| bappi | 2012年07月23日(Mon) 20:05 | URL #- [ 編集]
池田君試合中転倒担架で運ばれ絶望だそうです。
| 鞍 | 2012年07月20日(Fri) 06:21 | URL #- [ 編集]
2ちゃんねるやツイッター、Youtubeのコメントなど、匿名性が高い上に根拠の無い情報が無数に飛び交うものを安易に信用してはいけません。野球以外でも。
| ろん | 2012年06月26日(Tue) 02:11 | URL #aF03qbSI [ 編集]
2ちゃんねる高校野球板に池田投手149キロ計測と出てました!
| 鞍 | 2012年06月25日(Mon) 17:20 | URL #- [ 編集]
98マイル(≒158㌔)はひとまず置いておいて146キロ(球場表示?)で掲載することにします。
| 管理人 | 2012年04月10日(Tue) 21:14 | URL #FR4U19ZM [ 編集]
蔵さんが修徳戦観戦レポートでMAX146計時常時140キロ台連発、98マイル計測、ビッグ3以外ならナンバーワンと言ってますよ!
| ドラマニ | 2012年04月10日(Tue) 07:28 | URL #- [ 編集]
池田投手は147を出したとどこかのサイトに出てましたよ。
| ドラマニ | 2012年03月27日(Tue) 11:36 | URL #- [ 編集]
隆英がんばれー!
応援しとるけんな!
| ゆうげん | 2012年02月11日(Sat) 09:32 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2016年ドラフト指名選手 | 東京新大学 コメント(12) Page Top↑