山本 翔也(王子)|ドラフト・レポート

山本 翔也(王子)

ここでは、「山本 翔也(王子)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



山本 翔也(王子)

181cm80kg 左左 MAX142km スライダー・チェンジ・カーブ・カット 工大福井→法大 3年目
130㌔台中盤の直球とスライダー、チェンジアップとの緩急。ベーブルース杯でNTT東日本を2安打完封。
2013年阪神5位(契約金4000万円、年俸540万円)

  動 画

  投手成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   11都: 2    8.1  12  3  3  3
        先  4.1  8  1  1  2 135㌔ エネオス
        先   4  4  2  2  1 134㌔ NTT西
   12都: 1 先  1.1  4  1  1  4 133㌔ JR東日本
   13都: 1 先   8  6  9  0  2 137㌔ JR東日本
   通算: 4   17.2  22  13  4  9 防4.58
       被安打率11.21 奪三振率6.62 四死球率2.04

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   07春:         登板無し
   07秋:         登板無し
   08春:         登板無し
   08秋:         登板無し
   09春:         登板無し  
   09秋:         登板無し
   10春: 1 0勝0敗   2  0  0  0  0  0.00
   10秋: 2 0勝0敗   2  1  3  1  0  0.00
   通算: 3 0勝0敗   4  1  3  1  0  0.00

  最新記事

 ■ ドラ5左腕山本 虎の武田勝になる(デイリースポーツ) 13/10/30

 阪神がドラフト5位で指名した山本翔也投手(25)=王子=が29日、愛知県春日井市の王子製紙春日井工場で取材に応じ、日本ハム・武田勝のような“遅球”で勝負していく考えを明かした。直球の速さにこだわらず、タイミングが取りづらい投球フォーム、社会人で培った投球術を武器にプロでの道を切り開く。「スピードは大事だと思うけど、プロで150キロ投げる人はいっぱいいる。自分もそれを目指すと良いところが消えてしまう」と言い切るのが、ドラフト5位で指名された山本だ。理想型は日本ハムの武田勝。直球の最速は130キロ前後ながら、巧みな投球術と抜群の制球力で白星を積み上げるパを代表する左腕だ。山本自身も最速は142キロだが、アベレージは135キロ前後。それでも都市対抗に3年連続で出場し、公式戦で2桁三振も記録。社会人で素質を開花させた秘けつは投球フォームにある。「見えづらいフォームが自分の長所。あと横の間が長いとよく言われます」。“横の間”とは右足を上げて地面に着くまでの時間。長ければ長いほど打者はタイミングが取りづらい。さらに打者を長く観察できることで意図的にボールを操ることが可能になる。左腕が上がる際も体に隠れており、打者からはボールの出どころが見えない。法大時代、二神や加賀美、三嶋ら150キロを超す投手が大勢いた。東京六大学でのリーグ戦登板はわずか3試合。チャンスをもらえず「球速を追い求めてもダメだった」と技巧派への転身が野球人生を変えた。巨人・青木、中日・小林のように制球力にたけ、スリークオーターから打者をかく乱できる左腕は貴重な存在になる。
 阪神からドラフト5位指名を受けた王子・山本翔也投手(25)が13日、名古屋市内のホテルで仮契約を結んだ。契約金4000万円、年俸540万円。「即戦力として活躍したい。どこを任されても戦力になりたい。体はでかくないといけない。下(半身)をしっかりしないといい投手になれない」。日本海側に面する故郷の越前市は「ひざぐらいまで積もるときがある。車も出せない」というほどの積雪量。日々の雪かきについては「母(佐智子さん)も最近、腰が痛いといっているので、手伝ってあげたい」と腕をぐるぐる回した。目指すは2011年に榎田が樹立した球団新人新記録の62試合登板。「目標にする数字です」。140キロ台の直球にスライダー、カーブなど変化球多彩。雪にまみれて、開幕1軍を目指す。(SANSPO13/11/14)

 ■ 阪神D5位指名の山本「ビックリ!ゲームしていた」/ドラフト(SANSPO) 13/10/24

 プロ野球ドラフト会議(24日、都内ホテル)仰天指名だ。阪神から5位指名を受けた王子の左腕・山本翔也投手(25)は驚きを隠せなかった。「呼ばれないと思って携帯ゲームをしていたら、名前が聞こえてきたので… ビックリの一言です」。愛知県内の知人宅で、テレビ中継を見ながら“あきらめモード”に入っていた中、突然の出来事だった。「父の夢は息子が阪神に入ることだったので喜んでいた」。すぐに、少年野球時代の監督で熱狂的な虎党の父・龍朗さん(57)から祝福の電話をもらった。福井工大福井高から進んだ法大では加賀美(DeNA)らの陰に隠れ、公式戦登板はわずか4イニング。社会人になってエース格に成長し、3年連続でチームを都市対抗に導いた。最速142キロだが「コントロールに困ったことがない。制球力で勝負ができるように頑張りたい」と自慢の武器を持つ。「期待を裏切らないように、1年目から出たいではなく、出ないといけない」。虎の投手スタッフに精密機械が加わる。

   13年完投勝利      回数 被安 奪三 四死 失点
   ベーブルース:NTT東 先   9  2  12  1  0 完封
   都市予選:ヤ マ ハ 先   9  2  7  5  0 完封
       :ヤ マ ハ 先   9  7  5  4  2
   日選予選:東海理化 先   9  3  14     1
                36  14  38     3

 今年は年間5完投勝利の活躍でした。上記の他に伏木海陸運送戦で3失点完投勝利を記録。

 ■ 王子 わずか2安打…2失点完投の山本を援護できず(スポニチ) 13/7/15

 王子は昨年の開幕戦に続き2年連続でJR東日本の前に涙をのんだ。相手先発、吉田の調子が「ビデオで見たより良かった」(藤田貢監督)とわずか2安打に封じられたのが敗因だった。昨年、2回途中でKOされた左腕・山本は2回に松本に一発を浴び「インコースを狙った球が真ん中に入ってしまった」とガックリ。9奪三振で2失点完投の内容にも「2点でも負ければ僕の責任です」と肩を落とした。

      試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率
   13都予: 5 31.1  21  18  12  5  1.44  6.03  5.17  3.45

過去記事

 ■ 都市対抗野球:王子3年前の雪辱 ベテラン荒木が持ち味(毎日jp) 11/10/25

 王子製紙の先発を任されたのは法大出のルーキー山本翔。東京六大学では3試合計4回の登板経験しかないが、社会人入りするや「物おじしない」(藤田監督)度胸を買われ、一躍エース格に。立ち上がりから低めにカットボールやスライダーを集め、JX−ENEOSの強力打線と渡り合った。五回に3長短打を許して降板したが「マウンドは気持ちよかった。次は最後まで投げきりたい」と納得の表情だった。

 ドラフト雑誌には社会人左腕候補として勢いある直球で評価される大山(セガサミー)の他に
 山本(王子製紙)、嶋田(住金鹿島)、吉原(東京ガス)らの名前も挙がっているようですね。
 もう少し球速が欲しいところですが130㌔台前半という表示よりは力のある球を投げていました。

 ■ 都市対抗野球:王子製紙、春日井市長に本大会出場報告(毎日jp) 11/9/3

 第82回都市対抗野球大会へ5年連続11回目の出場を決めた王子製紙野球部(春日井市)の石田浩一部長や藤田貢監督、松尾洋二同社春日井工場長ら計6人が2日、春日井市の伊藤太市長に出場決定を報告した。第2代表決定戦のヤマハ戦で新人の左腕、山本翔也投手が11奪三振で完投、2年目の真弓竜一選手が2安打3打点の大活躍を見せた。藤田監督は「若い選手が試合ごとに成長をみせ、頼もしかった」と話した。

      試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率
   11都予: 4 24.2  19  24  10  10  3.65  6.93  8.76 
3.65

  プロフィール

 福井県越前市出身。
 山本 翔也(やまもと・しょうや)投手。
 小学3年から野球を始め、武生二中時代は武生ボーイズに所属。

 福井工大福井では1年夏に甲子園のベンチを経験。
 2年時から主戦としてチームを牽引し、嶋田泰佑と共に県内指折りの左腕として注目されていた。
 3年夏は2完投勝利を挙げたが、三国に1対5で敗れ県大会準々決勝敗退。

 法大進学後は4年春からリーグ戦に出場。
 層の厚い投手陣の中で出場機会に恵まれず、通算3試合でわずか4イニングの登板に留まった。
 当時のチームメイトに加賀美希昇(横浜10年2位)、廣本拓也(現日本生命)ら。
 リーグ通算3試合、0勝0敗、4回、3奪三振、防御率0.00。

 王子入社後は1年目春から公式戦に出場。
 スポニチ大会・NTT東日本戦の先発を任され、5回1失点の好投を披露する(0対1で敗戦)。
 6月には三菱岡崎を7回1失点に抑え、県連盟会長杯・優秀投手賞を受賞。
 都市対抗ではエースを務め、全6試合(予選4、本戦2)先発、33回13失点の奮闘を見せた。
 第2代表決定戦でヤマハから11三振を奪い、4安打1失点初完投勝利を挙げている。
 本戦でも落ち着いた投球で試合を作り、エネオス相手に4.1回8安打2失点で初戦突破に貢献。
 社会人で活躍の場を大きく広げ、12月には東海地区最優秀新人賞に選出された。
 2年目の都市対抗はJR東日本打線に捕まり、1.1回4安打4失点ノックアウトで1回戦敗退。
 3年目ベーブルース杯でNTT東日本を散発2安打に封じ、12Kの快投で社会人初完封勝利を収める。
 都市対抗予選では31.1回5失点の好投を演じ、ヤマハ戦で散発2安打完封勝利をマーク。
 本戦ではJR東日本を8回9K無四球2失点に抑えたが、援護に恵まれず0対2で初戦敗退となった。
 9月には日本選手権予選・東海理化戦で3安打14K1失点完投勝利を記録している。

 181cm80kg、恵まれた体格のスリークォーター左腕。
 ワインドアップから上体を前に傾けてインステップ気味に踏み込み、小さめのテイクバックを取り、
 肘を使った腕の振りから繰り出す最速142㌔、常時130㌔台前半から中盤の切れの良いストレートと
 120㌔前後のスライダー、120㌔台で右打者の外角に沈むチェンジアップ、100㌔台のカーブ。
 ボールの出どころに見づらさのある投球フォームから投げ込む。社会人で新たにカットボールを修得した。
 真っすぐと変化球とのコンビネーションで緩急を付け、切れと制球力を武器とする実戦派左腕。
 甘く入るボールもあるものの、まずまずまとまりのあるコントロールで内外角に投げ分ける。
 気持ちの入った投球、マウンド度胸の良さも持ち味。遠投100m、50m7秒7。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2013年11月27日(水)|2013年ドラフト指名選手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2013年ドラフト指名選手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑