2012年ドラフト注目選手|ドラフト・レポート

2012年ドラフト注目選手

ここでは、「2012年ドラフト注目選手」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



現時点では東浜(亜大)、大谷(花巻東)の評価が特に高いようですね。
2人とも秋は故障があり春の投球に注目です。

 ■ 12年ドラフト番付 菅野は番外も横綱級(日刊スポーツ) 12/1/5

 12年秋のドラフト候補を日刊スポーツが番付にしてみた。大学、高校のそれぞれNO・1的存在で、1位での重複指名が確実視される東浜と大谷を横綱に据えた。東浜は即戦力として、大谷は将来的スケールの大きさで他の追随を許さない。これに1位候補に挙がりそうな4人を大関とした。松葉と川満は投手としてのキャリアが浅い点も魅力。左腕は需要も高く、今後評価が高まっていく可能性は十分ある。また菅野は3月まで日本ハムに交渉権があるため番外とした。入団せずに今秋ドラフトを迎えた場合、競合にふさわしい力があるため横綱の位置付けとなる。

 ■ 2012年ドラフト目玉 亜大・東浜は「競合必至」(スポニチ) 12/1/2

 今秋のドラフト候補は、2011年以上に実力派が集った。大学生では最速152キロ右腕の亜大・東浜のを筆頭に、今秋の日本ハム1位指名を拒否して留年の最速157キロ右腕、東海大・菅野も巨人だけでなく各球団が動向を見守る。ほかに慶大・福谷、大体大・松葉、九州共立大・川満も1位候補。強肩強打の東海大・伏見も近年まれに見る即戦力捕手だ。東浜に関しては、間違いなく数球団による「競合必至」というのがスカウト陣の共通認識。沖縄尚学のエースとして08年センバツを制し、大学進学後も3年秋終了時点でリーグ記録更新の17完封など実績十分。 巨人・山下哲治スカウト部長は「高校時代から順調に成長している。外角にしっかり出し入れできる。力は誰が見てもあるでしょう」と高い評価を口にしている。高校生にも人材が豊富だ。花巻東・大谷は今夏甲子園で150キロをマーク。打撃も非凡で投打に注目を集める。父と兄がプロの福岡工大城東・笠原、愛工大名電・浜田はともに将来性抜群の大型左腕。関西では1メートル97の最速150キロ右腕、大阪桐蔭・藤浪と智弁学園・青山が有力候補だ。社会人は東京ガス・山崎、王子製紙・山本、大阪ガス・松永、日本新薬・中村、NTT西日本・増田ら即戦力投手が大豊作。野手でも三菱重工神戸・宮崎、セガサミー・宮崎、NTT東日本・越前ら実戦派が揃った。

 ■ 今秋のドラフト 高校生の注目株は花巻東・大谷(スポニチ) 12/1/2

 大学生投手では東浜のほかに、最速155キロ右腕の福谷(慶大)、1メートル86の長身左腕・川満(九州共立大)らが上位候補となりそうだ。また、高校生では大谷(花巻東)の評価が頭ひとつ抜けている。「東北のダルビッシュ」の異名を取り、1メートル91の長身から最速151キロの直球を投げ込む。今夏甲子園では、故障の影響で万全ではなかったが、今センバツに出場すれば大きな話題を呼びそうだ。また、甲子園出場経験はないものの1メートル85の大型左腕・笠原(福岡工大城東)も評価が高い

 ■ 雄星2世に浪速のダル…ドラフト有望株(デイリースポーツ) 11/12/21

 来秋ドラフト候補として最も注目を集めるのは、亜大のエース・東浜巨投手(3年)だ。今秋リーグ戦で大学通算17完封の新記録を樹立した。高校生には“雄星2世”の呼び声高い、花巻東の右腕・大谷翔平投手(2年)がいる。2年夏の甲子園では、左太もも肉離れで実力を発揮しきれなかったが、191センチの体を生かした投球は一級品。大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手(2年)は、197センチの長身から148キロの速球を投げる“浪速のダルビッシュ”だ。福岡工大城東の笠原大芽投手(2年)は父・栄一さんが元ダイエーの投手、兄・将生は巨人の投手というサラブレッド。星稜の森山恵佑投手(2年)は143キロ左腕で、スラッガーとしても才能を評価されている。今秋ドラフトで日本ハムの1位指名を断っている東海大・菅野智之投手(4年)は、このまま入団しなければ、来年も1位候補になってくる。

 ■ 中村和久氏(元巨人チーフスカウト)による2012年ドラフト注目選手 11/12/14


 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2012年01月05日(木)|データバンク | コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
東洋大出身の鹿沼はドラフト候補になるかな?
| 匿名 | 2011年12月29日(Thu) 18:58 | URL #- [ 編集]
拝崎選手は確かにあらゆる分野で高いパフォーマンスを誇る選手ですが、こういう記事に載ってくるというのは意外ですね。

今年の夏の横浜はベンチ入りの11人が2年生でした。その中でも樋口龍之介選手(二塁)、青木力斗選手(三塁)、高橋亮謙選手(遊撃手)は主力として攻守で活躍を見せていました。今はスラッガー不在のいわゆる小粒揃いの状態ではありますが、調べてみて損は無いと思いますよ。
| ろん | 2011年12月27日(Tue) 22:58 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:データバンク | コメント(2) Page Top↑