岩崎 翔(明大・準硬式)|ドラフト・レポート

岩崎 翔(明大・準硬式)

ここでは、「岩崎 翔(明大・準硬式)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm76kg 右左 MAX142km カーブ・フォーク・シュート 静岡
切れの良い直球とフォーク。1年秋から投手専念。2年秋は右肘痛を抱えながら東海大会進出。

  動 画

  投球成績

 【 甲子園成績 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   11夏: 1  1.1  0  0  0  0 142㌔ 習志野

  最新記事

 ■ 精神的に負けた(毎日jp) 10/10/24

 八回まで無失点に抑える好投を見せていた主戦の岩崎翔投手(2年)が、最終回で崩れた。2-0で迎えた九回裏、先頭打者に四球を与えた後、3安打を浴びて逆転サヨナラ負け。10月2日の県大会3位決定戦から痛み出した右ひじは完治しておらず、この日は痛み止めの薬を飲んでの出場だった。だが、ひじの痛みよりも「精神的に負けた」と、自身の投球を責めた。「夏に向け、走り込みを強化して制球力を上げる」。悔しさをバネに、来夏の甲子園出場のため、課題克服を誓った。

  プロフィール

 静岡県静岡市出身。
 岩崎 翔(いわざき しょう)投手。
 小学3年から野球を始める。
 東海大翔洋中時代は軟式野球部に所属し遊撃手兼投手としてプレー。
 3年夏に3番打者として全国大会準優勝を経験した。
 チームメイトに佐藤大貢捕手(現東海大相模)、1学年下に渡邊隆太郎投手(現帝京)。

 静岡高では切れの良さを買われ1年秋から投手専念。
 公式戦初先発となった2年春の県大会決勝三島戦で8安打完封勝利を収めた。
 2年秋にエースとして県大会4強入り。
 右ヒジ痛を抱えながら3位決定戦を制するも東海大会は享栄高に2対3で敗れ初戦敗退。
 癖球を武器に8回までを無失点に抑えたが球速120㌔ほどと本来の調子には遠く
 9回裏に3失点を許しサヨナラ負けとなった。
 3年春は故障の影響により登板無し。
 8年ぶり甲子園出場を果たした夏も県大会は1試合2/3回の登板にとどまったが
 甲子園では初戦習志野戦8回表2死三塁の場面から2番手で救援登板。
 最速142㌔を記録した真っすぐとフォークで1回1/3を無安打無失点に抑え復活を果たした。

 181cm76kg、長身の本格派右腕。
 セットポジションから小さめのテイクバックを取り力強い腕の振りから投げ下ろす
 最速142㌔、常時140㌔前後の威力ある直球と120㌔台後半のフォーク。
 その他シュート、110㌔台のカーブ。
 コントロールはまずまず。武器であるフォークの精度にはバラツキが残る。
 故障により実績は少ないが素質はプロからも注目されている。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2011年08月07日(日)|準硬式・軟式野球 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:準硬式・軟式野球 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑