岩田 慎司(明大)|ドラフト・レポート

岩田 慎司(明大)

ここでは、「岩田 慎司(明大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



岩田 慎司(明大)

181cm80kg 右左 MAX145km カーブ・スライダー・フォーク・シュート 東邦高
130㌔台後半の直球と鋭いスライダー。4年春リーグ優勝の原動力、世界選手権では主戦格。
08年中日5位

  投球成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   05春: 2 0勝0敗  1.2  5  0  3  4 36.00
   05秋: 2 0勝0敗  2.1  1  3  6  1  3.86
   06春: 2 0勝0敗   2  1  4  1  0  0.00
   06秋:         登板無し
   07春:         登板無し
   07秋: 4 1勝0敗   5  9  9  3  4  7.20
   08春: 13 4勝1敗  66.2  41  55  20  7  0.95(2位)
   08秋: 8 3勝1敗   37  32  34  19  5  1.22(4位)
   通算: 31 8勝2敗 114.2  89 105  52  21  1.65
         被安打率6.99 奪三振率8.24 四死球率4.08
    ※ 08春:ベストナイン

 【 全国大会 】
   08選手権  回数 被安 奪三 四死 自責
   関国大 先   9   3   6   1   1 142㌔
   上武大     1  1  1  0  0
   東海大     0  3  0  3  6
          10  7  7  4  7 防6.30
      被安打率6.30 奪三振率6.30 四死球率3.60

 【 国際大会 】 
      試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   08世界: 4  21  14  14  11  3  1.29
      被安打率6.00 奪三振率6.00 四死球率4.71

 ■ 高校時代成績

 【 甲子園成績 】
     試合 回数 被安 奪三 四死 失点 防御率 
   04春: 2  17  11  18  3  2  1.06
    
被安打率5.82 奪三振率9.53 四死球率1.59

  最新記事

 ■ 明大 岩田9K完封(スポニチ) 08/10/6

 エース岩田が7安打9奪三振、159球の力投でリーグ戦初完封を飾った。打っても2安打、4打点の活躍。「しんどかったけど、自信になった」。4試合に登板した7月の世界大学選手権(チェコ)の疲労で「リーグ序盤は体がどんよりしていた」というが、投げ込み日を週6日から3日に減らして体調回復。卒業後は社会人野球でプレーする予定だが、この日の好投でプロの評価も急上昇した。横浜の武居スカウトは「短いイニングなら即戦力」と話していた。

   08秋  回数 被安 奪三 四死 自責
   東大    7  9  6  3  1 ○ 138㌔
   慶大    6  8  6  4  2
   法大    9  7  9  3  0 ○
   早大   5.1  2  5  5  1 ●
         1  1  1  0  0
         5  4  3  3  1
   立大   1.2  1  3  1  0
         2  0  1  0  0 ○
        37  32  34  19  5 防1.22
    被安打率7.78 奪三振率8.27 四死球率4.62

 1回戦を野村に譲り2回戦で意地の投球でした。夏までに合計24試合115.2回登板、
 本来タフな投手の印象ですが3年間11回だったのが一気に増えて疲労があるようですね。
 社会人野球入りを予定。地元東海地区のチームあたりでしょうか。

 ■ 岩田7回1失点!明大 連覇へ白星発進(スポニチ) 08/9/14

 今秋ドラフト候補でもあるエース岩田は直球が130キロ台中盤が精いっぱい。90キロ台のスローカーブを交えるなど緩急をつける投球で9安打されながらなんとか1失点に抑え「緊張してしまった。甘いボールを打たれた。東大も強くなっている。勝てたからいいけれど」。7月の世界大学選手権(チェコ)では主戦として4試合で2勝を挙げて銀メダル獲得に貢献。巽(近大)、井上(青学大)ら他のドラフト候補生の存在にも刺激を受け、帰国後も1日100球以上を投げ込んできた。

 東大戦で投球回以上の被安打、最速138㌔、常時130㌔台前半は物足りないですね。
 制球も甘いところにいくことが多く余り良くなかったです。

 ■ 明大岩田変化球さえ完投/世界大学選手権(日刊スポーツ) 08/7/20

 明大・岩田慎司投手(4年=東邦)が、台湾打線を4安打8奪三振に抑え完投した。宝刀スライダーに加え、カーブ、フォーク、シュートと変化球がさえた。初戦先発の大役で結果を出し「9回に1点取られたのは反省だけど、勝てて良かった」と笑顔を見せた。

 ■ 明大8強進出!岩田投打に活躍(デイリースポーツ) 08/6/12

 エースの岩田慎司投手(4年)は、3安打1失点で完投。打っても内野安打2本。今大会は指名打者制にもかかわらず「8番・投手」で打席に立った。リーグ戦でも打率・360を残した勝負強さは健在だった。投げても五回までパーフェクト。04年の同大会で先輩の一場(現楽天)が完全試合を達成しているが、岩田は「試合前にはそれを意識しましたね」と笑った。球速は平均140キロに満たないが、抜群の制球力と投球術でプロ注目の関西国際大・榊原に投げ勝った。

 ■ 明大・岩田、95球完投勝ち(SANSPO

 九回に無死満塁から1失点したが、六回一死までは無安打。スライダーの制球がさえた。今春のリーグ戦では15試合中13試合に登板。昨春に右肩腱断裂のけがをしており心配されたが「問題ない」。中学時代は水泳部に所属。岐阜市の大会で50メートル背泳ぎ準優勝の実績がある。おかげで肩甲骨付近の筋肉が発達。地肩は強いという。

   08春  回数 被安 奪三 四死 自責
   東大    6  3  9  0  0 ○ 
        0.1   0  0  0  0
   慶大    9  3  4  2  0 
         6  2  5  1  0 ○
         1  1  0  0  0 
   立大    9  7  9  7  1 
         7  3  4  4  1 ●
        2.1  2  3  1  0
   早大    8  7  8  2  3 
         7  2  6  1  0 ○
   法大    6  8  5  2  2 ○
         1  1  0  0  0 
         3  2  2  0  0 
       66.2  41  55  20  7 防0.95
    被安打率5.54 奪三振率7.43 四死球率2.70

 昨年救援で伸びのある140㌔台の直球と切れの良いスライダーを投げているのを見て
 活躍次第ではドラフト中位程度はあるかと予想していましたが日ハムが1巡候補に挙げ
 中日スカウトも上位評価のようで思った以上に評価高いですね。

  プロフィール

 岐阜県岐阜市出身。
 岩田 慎司(いわた しんじ)投手。
 小学2年から投手として野球を始める。
 三輪中では岐阜ビクトリーズに所属し2年時にジャイアンツカップ3位入賞。
 水泳部にも所属し岐阜市大会で50m背泳ぎ準優勝の実績を持つ。

 東邦高時代はエースとなった2年秋に県大会準優勝、東海大会準優勝。
 3年春の選抜に出場し1回戦で上本(早大)擁する広陵高に1失点完投勝利を挙げている。
 同大会優勝の済美高戦でも好投したが0対1で敗れ2回戦敗退となった。
 3年夏は中京大中京に敗れ県準々決勝で敗退。

 明大では1年春からリーグ戦に出場。
 故障もあり3年秋までは救援で10試合の登板、わずか1勝にとどまる。
 4年春に15試合中13試合に登板するフル回転で4勝、
 リーグ優勝の原動力となりベストナインを受賞。
 大学選手権は東海大に7対17の大敗を喫し準決勝敗退となったものの
 2回戦関西国際大戦では3安打1失点完投勝利を挙げプロから上位評価を受けた。
 夏は大学日本代表に選出されハーレム大会、世界選手権に参加。
 世界選手権では予選チャイニーズタイペイ戦で4安打1失点完投勝利。
 決勝アメリカ戦では10回途中までを無失点に抑える粘投で役割を果たし降板したが
 延長11回0対1で敗れ惜しくも銀メダルとなった。
 4年秋のリーグは疲労も残り3勝どまり。
 リーグ通算31試合、8勝2敗、114.2回、防御率1.65。

 181cm80kg、スリークォーター右腕。
 セットポジションから最速145㌔の切れの良い直球と120㌔台のスライダー、
 110㌔前後の大きなカーブ、130㌔台のシュート、120㌔台後半のフォーク。
 武器は抜群の切れ味を誇る横滑りのスライダー。
 コントロールはまずまず。スタミナ豊富。
 球速は救援で140㌔台、先発では常時130㌔台中盤から後半とさほど。
 テンポ良く多彩な変化球を投げ込み冷静な投球を見せる実戦派右腕。
 打撃センスにも優れ4年春のリーグでは投手ながら打率.360をマークしている。
 遠投100m、50m6秒2。

  スカウトコメント

横浜・武居スカウト|08/10/6
 「短いイニングなら即戦力」
中日・豊田スカウト|08/6/12
 「上位でないと取れない選手」
横浜・武居スカウト|08/6/12
 「リーグ戦より制球力がある。これからもっとよくなるね」

 コメント・リストアップ:中日・横浜・日ハム
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2008年10月06日(月)|2008年ドラフト指名選手 | 東京六大学 コメント(14) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
好投したという法大戦はまだ見ていないですが東大戦などは直球が130キロ台前半、ちょっとお疲れといった感じ。今後調子を上げプロからの評価が上がってくればあるいは、でしょうかね。
六大学では早大勢が提出する中で須田がまだですね。
| gogo126 | 2008年10月06日(Mon) 22:57 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
社会人って内定ですか!?
初めて見たときは、滅多に見ないスリークオーター独特の癖球(ツーシーム)とブレーキの利いたスライダーで打者を寄せ付けない投球を見てこの投手凄いなと思っていたのですが(俺としては六大学一の投手です)・・・・

プロ志望ではないのでしょうか・・・・?
だとしたらショックですね・・・
| ダケ | 2008年10月06日(Mon) 22:11 | URL #- [ 編集]
それでも世界選手権ではエース格でしたからね。
実戦力はホンモノだと感じさせました。江柄子と共に秋に注目ですね。
| gogo126 | 2008年09月07日(Sun) 17:24 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
実戦派だが此れと言う決め球が欲しい感じ。
| 広鯉! | 2008年09月06日(Sat) 22:40 | URL #- [ 編集]
最上位クラスと上位クラスには大きな差がある気がしますね。
チームに芯を通すのが最上位クラス。それが通って上位クラスの選手も機能しだす。
投手が育たない理由は他でコメントしたのを転記で(^^;

 ・コーチングの問題
 ・捕手を含めた守備力による援護、打撃による援護
 ・球場の広さ
 ・育成方針・起用方針のブレ(頻繁な政権交代なども影響)
 ・コマ不足、酷使による劣化
 ・スカウトの眼力・調査力
などなど課題は山積み。
パとの違いで言えばDH制が無いのも実績の無い投手には不利ですね。
育成力に問題がある、スカウトに問題がある、と一つに絞られる方が多いんですが最近のベイを見ていれば複合的なものであることが分かると思います。
| gogo126 | 2008年06月14日(Sat) 12:12 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
何とか最終メンバーに残り去年久米らがプレ五輪に出場、プロの指導を受けて
良くなったように国際大会で何かをつかんでくれると良いですね。
江柄子なんかはメジャーでやりたい、とか言い出しそうでちょっと不安かも(^^;
| gogo126 | 2008年06月14日(Sat) 12:07 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
なるほど。
他球団ファンからすると横浜って基本ドラフト巧者のイメージなんですよね。逆指名時代も選手から人気も結構ありますし、その年最上位じゃなくとも上位クラスの選手の指名はとってる感じ。
これはパ・リーグファンのひがみですかね(苦笑)
けど今年は桑原・小林・祥万と良さそうですよね。

それが中々成長しきらないのは育成の一貫性のなさなんですかね?
| 匿名 | 2008年06月14日(Sat) 00:46 | URL #- [ 編集]
投手を基盤に優勝したチームのファンの視点ですよね。羨ましい限り。
ベイなんて、三浦以外に後継なんて言葉を使う機会がないような気が・・・。

岩田と江柄子は大学の代表候補に選出されたようですね。
2人とも下級生で1シーズンを主戦で働いてないので、もう一伸びを秋に期待したいんですが、フル回転になったら条件的にちょっと厳しいですね。
| as | 2008年06月14日(Sat) 00:40 | URL #- [ 編集]
実際そんな感じであれば賢明な起用ですね。
横浜の場合ドラフト時の方針とシーズン入ってからの方針が全く違うなんてことは
日常茶飯事。先発が足りなければ先発、抑えがいなければ抑え。
選手の実力による起用というよりここに入ってもらわないと困る、という現実的問題が先行。
| gogo126 | 2008年06月14日(Sat) 00:05 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
田澤はとりあえず中継ぎとしての即戦力指名で中継ぎとしてキャリア積ましてマイケルの後継へ、みたいな道筋かと。
今のブルペンは優秀ですが2軍の有望株は皆先発タイプなので誰か欠けた時の代わりが下を見てもいないんですよ。とにかく建山・マイケルの後継者探しは早急な命題です。

横浜こそ田澤と相思相愛みたいですが、先発・抑えどちらに評価してるんですか?
| BEAMS | 2008年06月13日(Fri) 23:31 | URL #- [ 編集]
日ハム投手補強傾向、参考になります。
最近あったスカウト会議の内容そのものといった感じですね。
エース候補に東浜、実戦派に岩田・榊原・蕭ら。
一応田澤も即戦力ということになっているのかな?
| gogo126 | 2008年06月13日(Fri) 22:25 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
ハムは素材型の投手を育てるのが苦手ですからねぇ。一時期のドラフトでずいぶん痛い目あいましたから(苦笑)
最近はこういう実戦派とか癖のある人で使えそうなのを探してますね。エースは高校生からという感じで。
ただ今年は即戦力投手最優先だと思うので十分上位もありそうですね。
| BEAMS | 2008年06月13日(Fri) 21:00 | URL #WE/xn6Vw [ 編集]
スカウトコメントを見るとまだ伸びるとの評価みたいですね。
投球スタイルから実戦派のイメージなんですが140キロ中盤を出した実績あり、
181センチの上背、春は連投続きだったことを考えると確かに余力もありそう。
日ハムは田澤筆頭に1巡候補18名ということなのでどこまで高評価なのか??
| gogo126 | 2008年06月13日(Fri) 20:58 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
実戦派の枠で収まるタイプで評価は伸びないんじゃないかと思ったんですが、評価が意外と高いですね。
中日は地元・明治でリップサービスもあるのかな。

マイケル・武田勝・多田野などを指名したきた日ハムが1巡候補に挙げているのは面白い。
| as | 2008年06月12日(Thu) 23:57 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2008年ドラフト指名選手 | 東京六大学 コメント(14) Page Top↑