滝谷 陣(日本新薬)|ドラフト・レポート

滝谷 陣(日本新薬)

ここでは、「滝谷 陣(日本新薬)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



滝谷 陣(日本新薬)

175cm75kg 左左 MAX148km スライダー・チェンジ・スクリュー・カーブ 和智弁→近大 7年目
130㌔台後半の直球とスライダー、チェンジアップ。5年目スポニチ大会Honda戦で7.1回1失点の粘投。

  動 画

  投手成績

     試合    回数 被安 奪三 四死 自責
   09都: 2    5.1  6  5  1  6
        先  4.1  3  4  0  2 三菱長崎
            1  3  1  1  4 ト ヨ タ
   10都: 1    1.1  0  2  0  0 日本通運 138㌔
   10日: 1 先   5  6  2  3  0 かずさマ
   12都: 1    1.1  6  1  0  2 JR九州
   12日: 1     4  4  4  2  1 JFE東
   通算: 6     17  22  14  6  9 防4.76
       被安打率11.65 奪三振率7.41 四死球率3.18

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   05春:        出場なし
   05秋:        出場なし
   06春: 3 0勝0敗   4  2  2  0  1  2.25
   06秋: 2 0勝1敗   3  3  2  0  1  3.00
   07春: 3 1勝0敗  4.1  3  3  1  1  2.08
   07秋: 5 3勝0敗 24.2  14  18  3  2  0.73(1位)
   08春: 6 0勝1敗  19  22  11  8  9  4.26
   08秋: 2 0勝0敗  3.2  4  4  1  0  0.00 
   通算: 21 4勝2敗 58.2  48  40  13  14  2.15
        被安打率7.36 奪三振率6.14 四死球率1.99
    ※ 07秋:最優秀投手賞 

 【 全国大会 】 
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   06神: 1 先  3.2  4  2  2  0 141㌔ 早 大
   08選: 2    7.2  6  6  4  1
        先   4  2  3  3  0 145㌔ 東国際
           3.2  4  3  1  1 142㌔ 東洋大
   通算: 3   11.1  10  8  6  1 防0.79

  最新記事

 ■ 滝谷、3回0封…オールスター5リーグ対抗戦 (スポーツ報知) 08/6/25

 3番手で6回から登板した今秋のドラフト候補左腕・滝谷陣(近大)が、3回を2安打無失点。「リズムよく、流れのいいピッチングを心掛けました」と、してやったりだ。今季は左ひじの違和感で出遅れ、その後もゲーム勘が戻らず満足のいかない投球が続いたが「かなり戻ってきた。(完全復活?)そうですね」と、ようやく笑顔が戻ってきた。

 大学選手権では東日本国際大戦で先発、毎回走者を背負う苦しい投球ながら4回を無失点でした。

 ■ 近大が2季連続42度目の連覇(SANSPO)

 近大は負け数を最小限にとどめたことが2連覇につながった。故障などで戦力が万全でなく苦しい試合が続いたが、9勝中5勝が逆転で、さらに2勝は九回での勝ち越しとシーズンを通して接戦での勝負強さが光った。プロ注目のエース巽は好不調の波があったものの、終盤は中継ぎもこなして5勝。谷口も4勝を挙げ、左ひじ痛の影響で未勝利に終わった滝谷の穴を埋めた。攻撃では機動力を生かし、ともに打率3割4分を超える中軸の藤川、藤田が打線を引っ張った。

  プロフィール

 和歌山県上富田町出身。
 滝谷 陣(たきたに・じん)投手。
 小学4年から野球を始め、上富田中時代は軟式野球部に所属。
 2年春、3年春に県大会優勝を達成した。

 智弁和歌山では1年夏、2年春夏の甲子園に出場。
 7試合(先発3、救援4)に起用され、1年夏に準V、2年春に8強入りを経験した。
 2年春の浦和学院戦で10回4失点救援を演じ、2年夏初戦で1失点完投勝利を収めている。

 近大進学後は2年春からリーグ戦に出場。
 3年秋に先発2番手として3勝を挙げ、防御率0.73(1位)の好成績で最優秀投手賞を受賞した。
 リーグ戦後は大学日本代表候補に選出され、12月に行われた強化合宿に参加。
 4年時は左肘痛の影響で出遅れ、春秋のリーグともに未勝利に終わった。
 全国大会には2大会3試合に起用され、4年春の準々決勝で145㌔(神宮)を記録している。
 当時のチームメイトに巽真悟(ソフトバンク08年1位)、安部建輝(DeNA12年5位)ら。
 リーグ通算21試合、4勝2敗、58回2/3、40奪三振、防御率2.15。

 日本新薬入社後は1年目から公式戦に出場。
 OBC高島を5安打完封するなど、2試合14回を無失点に抑え、都市対抗2次予選MVPに輝く。
 本戦では初戦・三菱長崎戦の先発を任され、5回途中4奪三振2失点投球を見せた。
 以降二大大会6試合(先発2、救援4)に登板し、合計17回で防御率4.76マーク。
 2年目の日本選手権で5回無失点の粘投、4年目の日本選手権で4回1失点の好リリーフを演じている。
 5年目はスポニチ・Honda戦で7.1回1失点、静岡大会・東海REX戦で7安打完封の好投を披露。
 走者を出しながらも粘り強い投球で試合を作り、 阪神などプロスカウトから再び注目された。

 175cm75kg、全国経験豊富な実戦派左腕。
 セットポジションから重心を下げて早めに着地し、深めのテイクバックを取り、肘を使った腕の振りから
 繰り出す最速148㌔、常時130㌔台中盤から後半のストレートと120㌔台から130㌔前後のスライダー、
 120㌔前後のチェンジアップ、120㌔台のスクリュー、110㌔前後のカーブ。
 真っ直ぐにスライダー、チェンジアップを織り交ぜ、まずまずのコントロールで投げ分ける。
 打者との駆け引きに長け、粘り強い投球で試合を作る技巧派左腕。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2013年05月17日(金)|2015年社会人投手 | 関西学生 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
今日の試合は非常によいピッチングでした。
| DHA | 2010年08月30日(Mon) 21:05 | URL #- [ 編集]
全国の舞台で145キロの直球を披露。
左ヒジ痛というのが問題無しとなればある程度高い順位で消えるかもしれないですね。
| gogo126 | 2008年06月14日(Sat) 23:58 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
4巡目に残れば即ゲットですがね。
無理ですね。
| 広鯉! | 2008年06月14日(Sat) 21:14 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年社会人投手 | 関西学生 コメント(3) Page Top↑