上原 健太(明大)|ドラフト・レポート

上原 健太(明大)

ここでは、「上原 健太(明大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



上原 健太(明大)

190cm86kg 左左 MAX151km スライダー・スクリュー・フォーク・チェンジ・カーブ・シュート 広陵高
長身から角度ある直球とスライダー、スクリュー。2年秋リーグ連覇の原動力。30.2回39奪三振5失点。
2015年日本ハム1位(契約金9000万円、年俸1300万円)

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   12春: 2  0勝0敗   1  0  1  1  0  0.00
   12秋: 8  3勝2敗   28  19  24  7  6  1.93(5位)
   13春: 6  1勝1敗  15.1  25  8  4  6  3.52
   13秋: 11  1勝0敗  30.2  22  39  6  3  0.88(2位)
   14春: 8  1勝2敗  27.1  25  25  12  11  3.62
   14秋: 7  3勝1敗   28  17  19  7  3  0.96(1位)
   15春: 8  3勝2敗  24.2  22  28  13  4  1.46(2位)
   15秋: 7  2勝1敗  34.1  25  28  13  12  3.15(7位)
   通算: 57 14勝9敗 189.1 155 172  63  45  2.14
          被安打率7.37 奪三振率8.18 四死球率2.99  

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率
   先発: 23 8勝7敗 122.1 103  98  47  37  2.72  7.58  7.21  3.46
   救援: 34 6勝2敗   67  52  74  16  8  1.07  6.99  9.94  2.15

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   13選: 2    0.2  1  1  1  1
           0.2  0  1  0  0 148㌔(神宮) 富士大
            0  1  0  1  1 151㌔(神宮) 上武大
   13神: 2     8  5  8  1  1
            1  1  0  0  0        道都大
        先   7  4  8  1  1 147㌔(神宮) 大商大 ○
   14神: 2    4.1  2  4  2  2
           0.1  0  0  0  0 146㌔(神宮) 徳山大
        先   4  2  4  2  2 145㌔(神宮) 創価大
   通算: 6    13  8  13  4  4 防2.77
       被安打率5.54 奪三振率9.00 四死球率2.77

 【 国際大会 】
       試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   15年ユニバ: 2   2  1  1  1  0

投手成績詳細

   12春   回数 被安 奪三 四死 自責
   慶大    0.2  0  0  1  0
   立大    0.1  0  1  0  0
          1  0  1  1  0 防0.00
     被安打率0.00 奪三振率9.00 四死球率9.00

   12秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   立大     1  2  0  0  1
   早大     2  0  2  0  0  146㌔
          2  1  2  0  0 ○
   東大     5  2  7  0  0 ○145㌔
   慶大    1.2  0  2  0  0 
      先  7.1  3  3  4  1 ○144㌔
      先  6.2  6  7  2  1 ●
   法大 先  2.1  5  1  1  3 ●141㌔
         28  19  24  7  6 防1.93
     被安打率6.11 奪三振率7.71 四死球率2.25

   13春   回数 被安 奪三 四死 自責
   立大     1  1  1  2  0  146㌔
   早大     2  3  3  0  1  149㌔
         2.1  4  4  1  0  147㌔
   慶大    0.1  1  0  0  0  145㌔
   法大    3.1  7  0  0  2 ●
      先  6.1  9  0  1  3 ○147㌔
        15.1  25  8  4  6 防3.52
     被安打率14.67 奪三振率4.70 四死球率2.35

   13秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大    0.2  0  1  0  0
          1  1  2  0  0 147㌔
   早大     3  2  3  1  0 146㌔
      先   6  4  7  0  0 148㌔ ○
   立大    0.1  3  0  0  0
         1.1  0  2  0  0
         1.1  4  0  0  1
   慶大    2.2  0  6  0  0 146㌔(7回1死満塁から4連続奪三振)
      先   6  5  4  2  2 144㌔
   法大     2  1  4  1  0 150㌔
         6.1  2  10  2  0 149㌔
        30.2  22  39  6  3 防0.88
     被安打率6.46 奪三振率11.45 四死球率1.76

   14春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大     3  2  5  1  0  147㌔
   慶大     1  0  0  0  0  146㌔
          2  4  1  2  2  145㌔
      先  5.1  7  6  3  4 ●145㌔
   法大 先   6  4  6  2  1
          3  1  3  2  0 ○147㌔
   早大 先   4  2  4  1  0  144㌔(左手甲死球で降板)
   立大 先   3  5  0  1  4 ●147㌔
        27.1  25  25  12  11 防3.62
     被安打率8.23 奪三振率8.23 四死球率3.95

   14秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大     4  3  2  0  0 ○144㌔
   法大    0.2  1  1  0  0  144㌔
          4  3  3  2  0
   慶大     3  1  3  0  0 ○147㌔
      先   3  3  3  2  1 ●
   立大 先   7  5  3  1  2  145㌔
      先  6.1  1  4  2  0 ○148㌔
         28  17  19  7  3 防0.96
     被安打率5.46 奪三振率6.11 四死球率2.25

   15春   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大 先   5  3  8  2  0 ○144㌔
   慶大 先   5  4  4  1  0 ○145㌔
   法大     1  2  0  1  1 ●
      先   4  8  3  1  1
   早大    0.1  0  1  0  0  139㌔
      先  4.1  3  4  7  2 ●
   立大 先   3  1  5  1  0  142㌔
          2  1  3  0  0 ○
        24.2  22  28  13  4 防1.46
     被安打率8.03 奪三振率10.22 四死球率4.74

   15秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   立大 先   7  3  6  1  1 ○144㌔
          2  0  1  0  0  145㌔
   早大 先   9  7  10  2  4 …自己最長の9回(7回まで3安打6K無失点)
   東大 先   8  3  5  4  0 ○
   慶大 先   5  5  4  2  0  145㌔
         0.2  0  1  0  0
   法大 先  2.2  7  1  4  7 ●
        34.1  25  28  13  12 防3.15
     被安打率6.55 奪三振率7.34 四死球率3.41

  最新記事

 ■ 日本ハム1位指名の上原が仮契約(NHKNEWSweb) 15/11/11

 日本ハムからドラフト1位で指名された明治大の上原健太投手が、11日午前、東京・府中市の明治大硬式野球部の合宿所で日本ハムと交渉を行い、いずれも推定で、契約金9000万円、年俸1300万円で仮契約を結びました。上原投手は沖縄県出身の21歳。1メートル90センチの長身から最速151キロの角度のあるストレートを投げ込む左ピッチャーです。大学では3年生の秋のリーグ戦で最優秀防御率に輝いてチームを優勝に導くなどプロから高い評価を受け、左ピッチャーの補強が課題となっている日本ハムから1位指名を受けました。仮契約を終えた上原投手は「気持ちを前面に出す強気なピッチングで先発ローテーションに1年目から入って戦力になり、北海道の人たちに心から応援してもらえるピッチャーになりたい」と意気込みを話しました。日本ハムの木田優夫ゼネラルマネージャー補佐は「体も大きく身体能力も高いので、将来、日本球界を代表する投手になると思う。これから先、何年にもわたってチームの優勝の力になるのは間違いない」と期待を話していました。
 木田GM補佐は「日本球界にあれだけ大きな左投手はなかなかいない先発もリリーフの可能性も秘めている今までにないスケール感でやってくれる」と期待した。(スポーツ報知)

 ■ 日本ハムドラ1上原7失点、明大Vお預け(日刊スポーツ) 15/10/26

 日本ハム1位の上原健太投手が22日のドラフト会議後初先発したが、自己ワーストとなる2回2/3を7失点で降板した。初回から制球が定まらず7安打4四球。法大に敗れた。明大が今日の3回戦で敗れれば、優勝の行方は31日から始まる早慶戦へ持ち越される。「雰囲気とか技術的には変わらなかったと思いますが、気持ちがついてこなくて空回りしてしまいました」と190センチ左腕は声を絞り出した。日本ハムのスカウトもスタンドから見守ったが、期待に応える投球には遠かった。初回から制球が定まらなかった。先頭の法大・大西千に右前へ引っ張られると一ゴロ、四球を挟み2死一、二塁。5番柴田に2-0から左中間へ運ばれ、2点適時三塁打を許した。上原は「初回からバッターが手を出してくるのがみんなスライダーだった。対策してきているのに気付くのが遅かった」と悔やんだ。

 ■ 明大・上原0封!広島統括部長が視察(デイリースポーツ) 15/10/19

 明大は競り勝ち、1勝1敗。先発したドラフト1位候補左腕の上原健太投手が5回無失点で勝利に貢献した。優勝を左右する一戦で、上原が底力を見せた。5安打を浴びながら5回無失点。同点の状況で代打を送られたが、最速145キロを計測した直球で相手主砲の横尾から空振り三振を奪うなど「絶好調ではないけど、相手を抑えるには十分」と、手応えをにじませた。広島・苑田スカウト統括部長は「いい直球はあったけど、まだまだこんなもんじゃない」と、期待の高さを口にした。
 視察に訪れた日本ハムの木田優夫GM補佐は「あらためて能力の高さを感じた」と評していた。(スポニチ)

過去記事

 ■ 明大が延長戦制す 高山は最多安打まであと2本(日刊スポーツ) 15/9/26

 明大が主将の一打で延長戦を制し、春日本一の早大に先勝した。8回に4点を奪われ同点とされた。延長11回1死一、二塁で坂本誠志郎主将が左前適時打を放つと、左翼手が後逸する間にもう1点を追加した。投げてはドラフト1位候補の上原健太投手が8回に4点を失ったものの、大学入学後最長となる9回124球を投げた。善波達也監督は「坂本は勝負強いところを見せてくれた。上原も(8回の)ホームランだけ。もっと良くなる期待はあるが、私やチームの期待に応えてくれている」と話した。

 ■ ドラ1候補明大・上原が2回0封(デイリースポーツ) 15/9/22

 今秋ドラフト1位候補左腕の明大・上原が、好救援を見せた。2点差に迫られた八回無死一、二塁の場面で登板。二ゴロ併殺などでピンチを切り抜けると、九回も三者凡退で試合を締めた。最速145キロの直球は威力十分。フォームが固まらず苦しんでいたが「今年一番のボールじゃないかな」と復調に手応え。善波監督も「上原の復活は大収穫」と喜んだ。
  8イニングを投げた前日の2回戦とは目つきも違い、打者に向かっていく迫力があった。捕手の坂本も「気持ちが入っていた。真っすぐに強さがあった」と絶賛。佐藤拓の三塁側へのバントを捕って迷わず三塁で刺すと、続く寺田は外角いっぱいの直球を空振りさせて追い込み、勝負球はフォーク。抜けた感じだったというが、二ゴロ併殺に仕留めた。9回も3人で打ち取り、最速145キロの表示以上のキレ。スカウト陣も、ドラフト1位候補の復活を確認広島の苑田スカウト部長は「バランスの問題だったが、ちょっとの間ができてよくなったいいときに戻ってきた」と納得の表情で話した。(中日スポーツ)

 ■ 広島が熱視線!明大・上原、7回1失点で今季初勝利(SANSPO) 15/9/21

 今秋、明大にはプロ志望届提出予定者が高山を含め4人いる。この日は1メートル90の左腕で最速151キロを誇る上原が7回3安打1失点で今季初勝利を挙げた。「試合前のブルペンで、フォームと腕の振りの感覚がつかめた」と笑顔。上原は広島・広陵高出身。2年秋の時点で「1位候補」と公言してきた広島・苑田統括スカウト部長は「会議の直前にいい映像が撮れた」と目を細めた。
 最速144キロを計測した直球と鋭い変化球を制球よく投げ込み、7回3安打1失点、6奪三振でまとめた。フォームが固まらず、オープン戦は「ひどかった。コントロール、ボールの力も全然上がってこなかった」という状況だった。それでも、試合を通じてセットポジションで投球するなど工夫し「一応、先発の役目は果たせたので、それは良かった」と、エースの底力を示した。(デイリースポーツ)

 ■ ユニバ代表、明大・上原 2回完全救援 東芝と練習試合(スポニチ) 15/6/21

 夏季ユニバーシアード(7月、韓国・光州)に出場する大学日本代表が20日、相石ひらつかで東芝と練習試合を行った。今秋ドラフト候補左腕、明大・上原が4番手で2回完全と好投。今春リーグ戦は左人さし指のマメによる調整不足に苦しんだが、4球団のスカウトが視察する中で最速143キロを計測し「指は大丈夫。リーグ戦より調子は良かった」と手応え。善波達也監督(明大)から守護神に指名され「後ろは慣れている。しっかり投げて優勝したい」と意気込んだ。

 ■ 9回2死三塁 上原救援でK(日刊スポーツ) 15/5/17

 上原が魂の3球で、今週の早大の胴上げを阻止した。1点リードの9回2死三塁でマウンドへ。左人さし指裂傷の影響が残り、最速139キロながら、直球を続けて追い込むと、最後はスライダーで3球三振。「今日はウチらしい試合。苦しい中で粘れた。一番勢いがつく。いいゲームができた」と胸を張った。広島・苑田スカウト統括部長は「球速表示以上に、球が指にかかっていた」と復調の兆しを感じていた。

 ■ 明大・上原、開幕連勝!巨人スカウト太鼓判「スケールは一番」(スポーツ報知) 15/4/27

 巨人が今秋ドラフト1位候補に挙げる明大・上原健太投手が慶大戦に先発し、5回4奪三振無失点の好投で開幕2連勝。左人さし指裂傷で出遅れていたが、日米12球団のスカウトの前で復活をアピールした。最速145キロの直球にキレのあるフォークを織り交ぜ4奪三振で5回無失点。「状態は良かった。緩急をうまく使えた」。3月12日に負った左人さし指裂傷で出遅れたが、今季一番の投球に表情も晴れやかだった。長身190センチながら31センチの足で駆ける50メートルは驚異の5秒68。西原高監督として中日・又吉らを育てた父・健さん(54)は「スポーツは何でも上手。水泳は通っていたスクールで選手コースに誘われた」と明かす。回転ずしの最高記録は52皿という大食漢。全てが規格外の151キロ左腕に、プロの視線も熱くなっている。ドラフト1位候補に挙げる巨人の山下スカウト部長も「スケールは一番大きいあとは球威が戻れば、完璧でしょう」と太鼓判。「優勝するには今日の勝ちは大きな勝ちになる」という上原が完全復活すれば、V戦線もドラフト戦線もさらに面白くなる。

 ■ 明大・上原リーグ戦10勝目 東大は“米寿”88連敗(スポニチ) 15/4/13

 明大・上原がリーグ戦通算10勝目を手にした。3月に左手人さし指に裂傷を負い、投げ込みが不足する中、最速144キロを計測し5回3安打8奪三振で無失点。「まだ肩自体ができていない感じ。変化球がまとまったのは収穫」と振り返った。打線は5安打ながら中盤の2本塁打で突き放した。6回に左越え満塁弾を放った牛島は「めっちゃ、うれしい」と、オープン戦を含め大学初本塁打を喜んだ。

 ■ ドラ1候補の明大・上原2回2失点(デイリースポーツ) 15/4/5

 社会人と東京六大学リーグの対抗戦が4日、神宮球場で行われ、明大は富士重工に逆転負けした。今秋ドラフト1位候補の最速151キロ左腕・上原健太投手(4年・広陵)は2回3安打2失点。11日に開幕するリーグ戦に、不安を残した。六回から登板すると、初球にいきなり同点ソロを被弾。さらに2二塁打で勝ち越された。最速は142キロにとどまった。3月12日のオープン戦で左手人さし指の皮がむけ、2週間ノースロー。調整が遅れており「投手としてのボールが投げられていない。あと1週間しかない」と、危機感をつのらせた。また、同じくドラ1候補の高山俊外野手(4年・日大三)は「1番・中堅」で先発し、4打数無安打だった。

 ■ 明大・上原、3回0封5K!ドラ1候補6球団視察(スポーツ報知) 15/3/8

 巨人が今秋ドラフトの1位候補に挙げている明大の上原健太投手(新4年)が7日、沖縄遠征2度目のオープン戦(那覇)で先発。東農大北海道を相手に3回4安打無失点、5三振を奪った。習得中のカーブも決まり、ソフトバンクロッテなど、国内6球団の前で好投した。昨秋の明治神宮大会4強の強豪から、3イニングで4者連続を含む5奪三振。すべて空振りだ。「球のキレ、強さ、全体的に前回より良かった」。7回3失点に終わった3日の沖縄電力戦から一変。表情も晴れやかになった。「なかでも大きかった」というのが、今季習得中のカーブだ。2回2死の2球目。ブレーキの利いたボールが打者の膝元に沈んだ。続くフォークで空振りを奪い、3球三振に。「カーブが決まれば気持ちも、体も休憩できる」と笑顔。本格マスターへ手応えも十分だ。ネット裏にはスカウトだけでなく、両親、祖父母が地元・うるま市から駆けつけた。「沖縄でいい感覚をつかめた。これを忘れないで、リーグ戦に向かいたい」。自信をつかんだ故郷での43球だった。
 上原は7回3失点に終わった3日の沖縄電力戦(那覇)から一転した好投。「前回よりもだいぶフォームのバランスも良かった」と復調の手応えをつかんだ。最速は141キロにとどまったが、視察したロッテ・諸積スカウトは「いい仕上がりですね。順調でしょう。暖かくなれば、球速もさらに出てくるのでは」と調整ぶりについて評価した。(スポーツ報知)

 ■ 明大・上原、7回3失点も日米スカウトは大絶賛!(スポーツ報知) 15/3/4

 明大の151キロ左腕・上原健太(新4年)が3日、故郷・沖縄に殺到したスカウト陣の前で、凱旋登板した。今季初のオープン戦・沖縄電力戦(那覇)で先発し、6回まで2安打無失点。だが7回、不運な安打から3失点した。「悪いなりでも試合を作れたらと思ったけど、何の収穫もない」。7回6安打3失点、6Kにも渋い表情だった。それでもネット裏は異常事態となった。5人態勢ソフトバンクなど、沖縄のオープン戦では異例の日米6球団16人が集結。とりわけ熱い視線を送ったのが、4人態勢で視察した巨人だ。山下スカウト部長は「順調にきている」。1月のスカウト会議で県岐阜商・高橋純平投手(新3年)ら最上位のA評価を6人程度に絞ったが、「スケールはその中でも抜けている巨人にもいないタイプ春の結果次第では特Aもある」と評価した。この日、直球の最速は141キロ。「結果より、投げる中で今までと違う部分を見つけたい」と上原。勝負は始まったばかりだ。
DeNA・吉田スカウト部長「いいものを持っていることは間違いないキレのいいカーブを身につけたら(プロでも)すぐ戦力になれるでしょう」
ロッテ・永野チーフスカウト「大型左腕で角度があり、球速もある。それだけで素晴らしい制球が良く、落ちる球を操れるのは巨人・内海みたい
ドジャース・大慈弥スカウト「(7回は)キャンプからずっと投げ込んできた疲れが出たものだから仕方ない。身体能力が高いし、欠点がない投手」

 ■ 明大・上原「富士山カーブ」で世界一狙う(日刊スポーツ) 15/2/20

 今秋ドラフトの目玉左腕、明大・上原健太投手(3年=広陵)が「富士山カーブ」で世界一を目指す。19日、日本一の名峰の裾野、静岡・沼津市で春季キャンプを開始した。オリックス西武DeNAのスカウトの前で、ブルペンで121球の投球。100球を超えると、カーブを12球続けた。最速151キロの直球にフォークなどが武器だが「カーブが決まれば、1試合のスタミナが半分くらいになる。連投もできる」と習得に取り組む。ドラフト上位候補では“日本一”の190センチから投げ下ろす左腕で、「上から落ちていくイメージ」と、落差の大きい決め球を理想に掲げた。今夏のユニバーシアードでは、悲願の世界一へ、大学日本代表エースの期待が掛かる。対外国人にも、緩い変化球は有効になりそうだ。

 ■ 明大・上原健太が日南キャンプ電撃訪問(スポーツ報知) 15/2/3

 広島が今秋のドラフト1位候補にリストアップしている明大・上原健太投手(20)が2日、広島の宮崎・日南キャンプを電撃訪問した。沖縄出身ながら、広陵高で3年間を過ごした“地元”発の151キロ左腕。大学のゼミ合宿とはいえ、思わぬ形で意中の“コイ人”と最接近した。1日のオリックス巨人に続き、この日は「スポーツについて考える」ゼミ生約20人とグラウンドを見つめたが、190センチの長身にベージュのジャケット姿はモデルのよう。時々「ウエケン」と呼ばれるという左腕は、同じ名前の前田のキャッチボールに見入り「一球一球がきれい。スライダーもこれだけキレているのかとびっくりしました」と目を丸くした。広島のキャンプは実は初めてではない。「中学まで毎年のように沖縄キャンプを見に行っていました。ブラウン監督(当時)にサインをもらった時に『ぜひ、カープへ』と言われたことを思い出しました」と懐かしんだ。「早くこういう舞台に行きたい。今まで実績を残せていないので、結果を残したいです」と約束。短い滞在時間だったが、赤い糸を感じさせた。
 商学部のゼミの一環で、1日にオリックスと巨人を回り、この日はソフトバンクにも足を運んだ。(スポニチ)

 ■ 明大・高山、最多安打へエース背番1奪う(日刊スポーツ) 15/1/8

 高山俊外野手が7日、東京・府中市内の自校グラウンドで始動。「日本一、そして首位打者を取れるよう、背番号は1をつけさせてもらいたいと思います」と、頂点を狙う意思表示をした。昨秋の背番号1は、同じくドラフト1位候補で最速151キロ左腕の上原健太投手がつけていた。1番を“奪われた”上原には、オリックス1位の山崎福也投手がつけていたエースナンバーの「11」が進呈される。昨秋、最優秀防御率を獲得した左腕は「(年間で)最低でも10勝以上は絶対にしたい」と、最多勝を狙う。投打のドラフト1位候補に、阪神ソフトバンクなど6球団のスカウトが集まった。

 ■ 明大190センチ左腕・上原0封!優勝は早慶戦次第に(スポーツ報知) 14/10/28

 明大は立大に快勝して勝ち点を4とし、首位に浮上。11月1日から始まる早慶戦の結果次第で、優勝の可能性を残した。明大190センチ左腕・上原健太の快投で優勝に望みをつないだ。最速148キロの直球を軸に6回1/3を1安打無失点。「制球も定まっていた。文句なしの投球だったと思う」。オリックス1位のエース・山崎福也は9回の1イニングを2失点だったが、リーグ最終戦を締めた。チームのVは早慶戦次第。善波達也監督(52)は「早慶戦は公平に応援します。ちょこっと期待も持って」と話していた。

 ■ 明大が勝ち点2 3季連続優勝へ望み(日刊スポーツ) 14/5/5

 明大が2勝1敗で勝ち点2とし3季連続優勝へのぞみをつないだ。1点を追う8回1死一、二塁で4番の植田弘樹内野手(4年=関西)が左前適時打を放ち同点に追いつくと、5番の菅野剛士外野手(3年=東海大相模)の併殺崩れの間に決勝点が入った。投げては7回からリリーフした上原健太投手(3年=広陵)が、9回1死満塁のピンチを抑え今季初勝利を収めた。善波達也監督(51)は「相手も必死、こちらも必死という中で、ようやく本来の姿が出てきた」と話した。

 ■ 東京六大学野球:明大・上原、圧巻のリリーフ(毎日jp) 13/10/28

 圧巻のリリーフだった。1点を追う五回から登板した明大の上原。190センチの長身から140キロ台後半の速球と鋭く滑るスライダーを制球よく投げ下ろしてコーナーを突き、十一回途中までの6イニング余りを2安打無失点。10奪三振で優勝への流れを作り出した33年ぶりの連覇の立役者はこの2年生左腕だ。今季は先発二枚看板の関谷(4年・日大三)と山崎(3年・同)の調子が上がらずチームは苦しんだが、窮地に陥る度に上原が躍動した。先発に、中継ぎに、抑えにと全12試合中11試合に登板し、30回余りを投げて失点はわずかに5。善波監督も「投げる度に成長した。本当に心強かった」とたたえる。上原の成長を促したのは、4年生の存在だった。今年はベンチ入りが少なく、主将の中嶋(4年・桐蔭学園)も法大戦ではベンチから外れた。しかし、誰一人腐らずに練習を支え、夜の自主トレにもつきあった。だから下級生は思う存分練習し、成長でき、戦力が厚みを増した。上原は「泥まみれのユニホームで手伝ってくれる4年生のためなら、体が壊れてもいいと思って投げていた」と言う。

 ■ 明大逆王手!無敗法大止めた/東京6大学(日刊スポーツ) 13/5/28

 明大は、今季初先発の上原健太投手(2年=広陵)が7回途中3失点で粘り、3季ぶり優勝へ逆王手をかけた。前日135球完投のエース山崎福也投手(3年=日大三)が救援し、打線は法大を上回る13安打で総力戦を制した。法大は開幕からの連勝が9でストップ。1勝1敗1分けとなり、今日28日の4回戦で勝利したチームが優勝となる。負ければV逸の大一番。大役を任されたのは、今季初先発の上原だった。190センチ、86キロの大型左腕。再来年のドラフト1位候補だが、今季は救援で5試合登板したのみ。善波達也監督(50)は「彼の持っているボールと、法政と2日間やって、今日は上原の方がいいかなと。気持ちの面もすべて含めて」と言った。土壇場のギャンブルは吉と出る。上原は140キロ台後半の直球を軸に押した。「早く先発したい気持ちが強かった。前向きな気持ちが結果になった」と喜んだ。中嶋啓喜主将(4年=桐蔭学園)、正遊撃手の福田周平内野手(3年=広陵)をケガで欠いた総力戦。最後は今季10試合目の登板の山崎で逃げ切った。全勝だった法大に対し、東京6大学で最も多い15試合をかけて、あと1勝にたどり着いた。負ければ法大の優勝が決まる試合は、この日が4試合目。崖っぷちで、伝統の粘りは健在だ。これで逆王手。前日は試合後に全体練習を行い、この日は午前7時から打ち込んだ。戦いながら体力を磨き、勝負どころの強さにつなげる。善波監督は「みんな粘って、本当の決定戦にこぎ着けた」と言った。他大学は通常月曜日が休日だが、明大は3回戦勝負を見越して、オフ期間から休日は火曜日に設定。長い戦いは大好物だ。

 早大戦では最速149㌔をはじめ、140㌔台後半連発でした。一方で今春は被安打が多かったですね。

 ■ 1年生6人スタメン!明大・上原 新戦力コンビで3勝目(スポニチ) 12/10/15

 2回戦2試合が行われた。1回戦で敗れた明大は1年生6人を先発起用。リーグ戦初先発の上原健太投手が、坂本誠志郎捕手との1年生バッテリーで7回1/3を1失点と好投し、チーム最多の3勝目を挙げた。広陵出身の1メートル90の大型左腕・上原が、最速144キロの直球を武器に慶大打線を3安打に封じて、7回1/3を1失点と好投。過去の2勝は中継ぎでの白星だっただけに「先発の勝ちの方がうれしいです」と喜んだ。バッテリーを組んだ同じ1年生の坂本と話し合い「データにない配球をした」と初球からフォークを投じるなど、1年生らしからぬ冷静な投球が光った。昨春センバツで履正社の主将として4強に導いた坂本も「1球、1イニングを大事にいった」と満足げ。1年生を6人もスタメン起用したことについて善波達也監督は「調子のいい選手を並べた結果。1年生バッテリーがよくやってくれた」と満足そうだった。

 ■ 明大・上原、嫌なムード振り払う/東京六大学(SANSPO) 12/10/6

 明大は先発関谷が序盤につかまる嫌なムードを2番手の1年生、上原が振り払った。「流れを変えることを考えた」という言葉通り、三回から登板し、5回を2安打に抑えて無失点。好調の東大打線に対し「気を抜くと打たれる。集中力を切らさず投げることを意識した」という。夏場に精力的に投げ込んだ成果もあり、無四球と安定感が光った。善波監督は早大戦に続く2勝目を挙げた左腕を「素晴らしい投球。力を十分に発揮してくれた」とたたえた。

 ■ 広陵散る…大砲・丸子は早大進学目指す(デイリースポーツ) 11/7/21

 広島大会3回戦で、春夏通算42度の甲子園出場を誇る広陵が近大福山に敗れる波乱があった。夏の広島大会で3回戦を突破できなかったのは、98年の2回戦敗退以来、13年ぶり。三塁ベンチ裏に嗚咽(おえつ)が響く。肩を抱き合い、涙を流す選手たち。広陵が短すぎる夏を終えた。名門らしからぬ試合展開だった。先発は好調な背番号11の松村遼投手(2年)を起用したが、三回に失策をきっかけに失点。1点リードの七回は同点に追いつかれた後、遊撃の失策で勝ち越しを許した。打線も変則サイドの近大福山・小園を攻略しきれず、6安打に抑え込まれた。中井哲之監督もぼう然としていた。「負けるとしたらこういう展開だとは思っていたけど…。相手の向かってくる気持ちも強かった」。プロ注目の2選手も最後の夏を終えた。4打数3安打だった4番・丸子達也内野手は涙は見せず「監督やコーチ、OB、チームメートたちに感謝したい」とき然としていた。高校通算45本塁打の大砲は今後、プロ志望届を提出せずに早大への進学を目指す。同じくプロ注目の上原健太投手もプロ志望届は提出せず、明大への進学を目指す
 7回に同点とされ、なおも1死一、三塁のピンチではプロ注目左腕の上原健太を投入したが、エラーと適時打で2点を追加され万事休す。(スポーツ報知)

 ■ 丸子徹底マークも広陵コールド発進(デイリースポーツ) 11/7/17

 今夏初戦となった昨夏広島代表の広陵は庄原実を七回コールドで下して3回戦に進出した。エースが不調で、主砲は徹底マークされた。それでも底力が違う。最速143キロの背番号1・上原健太投手は、直球が136キロ止まりで3回1失点。高校通算45本塁打の4番・丸子達也内野手は、第1打席から2打席連続で死球を受けるなど、ほとんど打撃をさせてもらえなかった。プロ注目の2選手には大リーグ・メッツロッテ巨人のスカウトも視線を送っていた。しかし、躍動したのは2人以外の選手だった。一回は佐野恵太内野手(2年)の先制右越え適時三塁打を含む5安打を集めて5点先取。三回も本郷貴彦外野手(3年)の右越え2点三塁打などで3点を奪った。投手陣は4人のリレーで、庄原実を1点に抑えた。

   11夏        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:庄 原 実 先  3  3       1 136㌔
   3回戦:近大福山   2.2  1       0
              5.2  4       1 防1.59(失点から計算)

 ■ 広陵野球部、創部100周年 大阪桐蔭招き記念試合(毎日jp) 11/6/20

 創部100周年を迎えた甲子園の常連校、広陵高野球部は19日、同校野球場に大阪府の強豪・大阪桐蔭高を招いて記念試合を行った。試合は9-5で敗れたが、選手の奮闘と野球部のこれまでの歩みにスタンドからは大きな拍手が送られた。大阪桐蔭は広陵の先発・上原健太投手の立ち上がりを攻めて序盤に4点。四回表は、4本の長打などでさらに4点を追加し、試合を決めた。広陵は四回裏、蔵桝孝宏選手が2点本塁打を放つなど追い上げ、上原投手も五回以降好投したが、及ばなかった。

 決め球不足など課題がありまだ被安打も多めのようですが140㌔超の真っすぐを
 持つ大型左腕として将来性をプロから注目されているようです。

 ■ 広陵、ベンチ入りメンバー決定 最後の1人、上原選手に(毎日jp) 10/2/20

 中井監督は、ベンチ入り最後の背番号18の選手を、2年生のベンチ入り選考対象外の選手17人に投票で選ばせた。2年生は同級生を選ぶことなく、気持ちの強さで上原健太選手(1年)を推した。中井監督は「僕も想定していなかった。せっかくの甲子園に自分たちの学年じゃなく、後輩を選ぶというのはよほどのことだ」と驚く。沖縄県出身。寮生活では、入浴や食事、洗濯が遅くて点呼時間にギリギリなことが多い。のんびり屋だが、食べるスピードを上げている。良さは「ピンチの時に直球で空振り三振を取れること」という強心臓。「今はまだ調子に波がある。安定感もないのに選んでもらえた。先輩たちへ感謝の気持ちを込めて精いっぱいやる」と誓う。

      試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率
   09秋練: 21 78.2  76  67  28  19  2.17  8.69  7.67  3.20

  プロフィール

 沖縄県うるま市出身。
 上原 健太(うえはら・けんた)投手。
 天願小学校4年時から軟式野球を始め、あげな中ではオールうるまボーイズに所属。
 1学年上に真栄平大輝(JR東日本)が在籍していた。

 広陵高では1年夏から控えとしてベンチ入り。
 左手指の怪我で2年春選抜ベンチ登録を外れ、夏甲子園を初戦敗退で登板機会無く終える。
 2年秋の新チームで背番号1を獲得するも、県3位決定戦で総合技術に敗戦。
 V候補の一角に挙げられた3年夏も目立てず、近大福山に4対5で敗れ県3回戦に留まった。
 最速136㌔にとどまるなど本調子でなく、計5.2回で4安打1失点を許している。
 143㌔左腕として巨人などプロから注目されたが、志望届は提出せず明大への進学を選択した。
 当時1学年上に有原航平、同期に丸子達也内野手ら。

 明大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 先発救援で1年秋のリーグ戦8試合に起用され、チーム最多3勝、防1.93の活躍で頭角を現す。
 救援した早大1回戦で146㌔を計測し、慶大戦で先発初勝利(7.1回1失点)。
 2年春にリリーフ投手として逆転優勝を経験し、早大1回戦で自己最速の149㌔をマークした。
 先発した最終週・法大3回戦で逆王手に貢献する6.1回3失点の粘投を披露。
 2年秋のリーグ戦11試合、計30.2回をこなし、39奪三振5失点の活躍で連覇を果たしている。
 慶大相手に2.2回6K(4連続)完全リリーフ、法大戦で6.1回2安打10K無失点。
 3年春は8試合27.1回12四死球、防3.62と安定感を欠き、チームも防御率4位でV逸となった。
 3年秋に28回3失点(自責3)、防御率0.96で最優秀防御率のタイトルを獲得。
 最終戦・立大4回戦で優勝に希望をつなげる7回途中1安打無失点の好投を披露している。
 指裂傷で出遅れた4年春は先発2番手、救援を務めるも24.2回9失点と不振。
 本来の球威を欠くなど本調子ではないながらも、スケールの大きさで日米プロから評価された。
 全国大会には3大会6試合に起用され、計13回で13奪三振、防2.77をマーク。
 7回1死2塁から登板した2年春準決(右安・四球・同点野選でKO)で151㌔を計測している。
 7回までを4安打8三振1失点に抑えた2年秋の大商大戦で全国大会初勝利。
 3年6月に代表候補紅白戦(2回3三振無失点)、4年6月にユニバ(2回1K無失点)を経験した。
 通算57試合、14勝(0完投)9敗、189.1回、172奪三振、防御率2.14。

 190cm86kg、手足の長い長身の151㌔本格派左腕。
 ワインドアップから足を高く上げてタメを作り、重心を下げ、着地早めに肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速151㌔、140㌔前後から140㌔台後半の直球と120㌔台のスライダー、
 120㌔台のスクリュー、130㌔前後のフォークボール、120㌔台のチェンジアップ、110㌔前後のカーブ。
 大型左腕ながら柔らかさ、バランスに良さがあり、まずまずのコントロールで投げ分ける。
 角度ある直球で押し、スライダー、スクリュー、フォークで三振奪取。2年秋に30.2回39Kを記録した。
 遠投120mの強肩、50m5秒7の俊足。身体能力が高い。

  スカウトコメント

日本ハム・木田優夫ゼネラルマネージャー補佐|15/11/11
 「体も大きく身体能力も高いので、将来、日本球界を代表する投手になると思う。これから先、何年にもわたってチームの優勝の力になるのは間違いない」
 「日本球界にあれだけ大きな左投手はなかなかいない。先発もリリーフの可能性も秘めている。今までにないスケール感でやってくれる」
広島・苑田スカウト統括部長|15/10/19
 「いい直球はあったけど、まだまだこんなもんじゃない」
日本ハム・木田優夫GM補佐|15/10/19
 「あらためて能力の高さを感じた」
広島・苑田スカウト部長|15/9/23
 「バランスの問題だったが、ちょっとの間ができてよくなった。いいときに戻ってきた」
広島・苑田統括スカウト部長|15/9/21
 「会議の直前にいい映像が撮れた」
広島・苑田スカウト統括部長|15/5/17
 「球速表示以上に、球が指にかかっていた」
巨人・山下スカウト部長|15/4/27
 「スケールは一番大きい。あとは球威が戻れば、完璧でしょう」
オリックス・牧田勝吾スカウト|15/3/18
 「去年の山崎福也とはまた違ったタイプの左で、ボールに強さがあります。注目度という点では、上原と今永の左二枚が、今年の大学生の目玉になってくるでしょう」
ロッテ・諸積スカウト|15/3/7
 「いい仕上がりですね。順調でしょう。暖かくなれば、球速もさらに出てくるのでは」
巨人・山下スカウト部長|15/3/4
 「順調にきている。(1月のスカウト会議で最上位のA評価を6人程度に絞ったが)スケールはその中でも抜けている。巨人にもいないタイプ。春の結果次第では特Aもある」
DeNA・吉田スカウト部長|15/3/4
 「いいものを持っていることは間違いない。キレのいいカーブを身につけたら(プロでも)すぐ戦力になれるでしょう」
ロッテ・永野チーフスカウト|15/3/4
 「大型左腕で角度があり、球速もある。それだけで素晴らしい。制球が良く、落ちる球を操れるのは巨人・内海みたい」
ドジャース・大慈弥スカウト|15/3/4
 「(7回は)キャンプからずっと投げ込んできた疲れが出たものだから仕方ない。身体能力が高いし、欠点がない投手」
中日・佐藤スカウト|14/10/6
 「大型であれだけのボールを意識して細かくコントロールできるのは素晴らしいです」
オリックス・由田スカウト|14/10/6
 「大きな左投手で球に角度があり、将来性がある素材ですね。左の先発として一本立ちしてほしいです」
ソフトバンク・田口スカウト|14/10/6
 「(駒大・今永くんは)明大・上原くんを含め左投手の好素材ですし、結果もコンスタントに出しています」
巨人・山下哲治スカウト部長|11/6/22
 「187センチの大型左腕。スライダーにキレがあっていいです。角度があるストレートは141キロぐらいですが、147キロ~148キロになれば使えます。沖縄から広島へ、広陵の門を自ら叩いたという、その気持ちもいいですね」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2015年11月11日(水)|2015年ドラフト指名選手 | 東京六大学 コメント(9) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
しかし、プロの洗礼をさっそく浴びてしまいましたね
| aaa | 2016年02月20日(Sat) 17:50 | URL #- [ 編集]
日ハムおめでとう!!
| ozu | 2015年10月22日(Thu) 17:56 | URL #- [ 編集]
怪我さえなければ安定して投げてもらえる
イニングイーターとしてなら即戦力
制球しだいで中日大野になるか河内の再来になるか
十分1位候補でしょ
現状リリーフにはちょっとこわい
| 通りすがりの日本人 | 2015年10月16日(Fri) 04:58 | URL #- [ 編集]
阪神とれよ
| ぴぴ | 2015年07月27日(Mon) 15:34 | URL #- [ 編集]
今のところ、ドラ1だなぁ
| ぴぴ | 2015年07月27日(Mon) 01:32 | URL #- [ 編集]
今日のオープン戦でもロッテ諸積スカウトが視察したようです
http://www.hochi.co.jp/baseball/ama/20150307-OHT1T50163.html
| 鴎 | 2015年03月07日(Sat) 21:15 | URL #- [ 編集]
今のところスペックが評価されているが
まだ大学では本当の意味で実績を残していない。
先発より中継ぎの方が成績が良いのは不満である。
この春、秋はエースとして1回戦に先発して
最低でも春、秋あわせて8勝はしてほしい。
| HERO | 2015年02月21日(Sat) 18:43 | URL #GCA3nAmE [ 編集]
広陵のエースです!台頭してきましたよ
!夏が楽しみです!
| 野球好き | 2011年07月06日(Wed) 13:49 | URL #- [ 編集]
出てきましたね。大阪桐蔭戦は残念でしたが、この夏成長してほしいです。
| ナッキー | 2011年06月22日(Wed) 11:55 | URL #h6Qp6S0k [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2015年ドラフト指名選手 | 東京六大学 コメント(9) Page Top↑