山川 穂高(富士大)|ドラフト・レポート

山川 穂高(富士大)

ここでは、「山川 穂高(富士大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



山川 穂高(富士大)

176cm100kg 右右 一塁・三塁・外野 遠投105m 50m6秒2 中部商
長打力のある右の強打者。日米大学野球で豪快な左越え満塁弾。4年春バックスクリーン140m弾。
2013年西武2位(契約金7000万円、年俸1200万円)

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   10春: 10 .342  38 13 1 0 1 7 4 4 1  .405  .447(9位)
   10秋: 10 .278  36 10 3 0 1 9 11 9 0  .422  .444
   11春: 10 .375  32 12 2 0 2 8 6 11 1  .535  .625(5位)
   11秋: 10 .265  34  9 1 0 0 3 7 9 0  .419  .294
   12春: 10 .306  36 11 2 0 0 8 5 7 0  .419  .361
   12秋: 10 .176  34  6 1 0 2 5 6 10 0  .396  .405
   13春: 10 .351  37 13 2 0 3 8 4 5 1  .429  .649(9位)
   13秋: 8 .231  26  6 1 0 2 7 8 5 0  .355  .500
   通算: 78 .293 273 80 13 0 11 55 51 60 3  .431  .460
    ※ 10秋:打点王 10春12春:ベストナイン(一塁) 11春:ベストナイン(外野)
      13春:ベストナイン(DH)

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   11選: 2 .143  7  1 0 0 0 1 2 3 0  .400  .143
   12神: 2 .143  7  1 0 0 0 0 4 2 0  .333  .143
   13選: 3 .250  8  2 1 0 0 1 4 2 0  .400  .375
   通算: 7 .182 22  4 1 0 0 2 10 7 0  .379  .227 

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   11日米: 5 .056 18 1 0 0 1 4 6 2 0  .150  .222
   12アジア: 5 .357 14 5 3 0 0 1 4 0 0  .357  .571
   13東ア: 7 .360 25 9 5 0 2 11 3 1   .385  .800
   通 算: 17 .263 57 15 8 0 3 16 13 3   .300  .561

  最新記事

 ■ 西武ドラ2山川は怪力握力!おかわり2世(日刊スポーツ) 13/12/14

 西武ドラフト2位の山川穂高内野手(22=富士大)は、球界屈指の「怪力男」だった。13日、埼玉県内の病院でメディカルチェックを受け、右の握力は83キロ(ベストは87キロ)をマーク。07年に放送のテレビ番組では日本人最高記録は西武栗山の80・7キロだったが、優に上回った。「力には多少自信があるんで。腕相撲なら日本人選手に負けたことがないです」とニヤリ。過去に1度だけ、リンゴを握りつぶしたこともあるそうで、飲料のスチール缶は軽々と握りつぶせるという。「おかわり2世」の期待がかかる。身長175センチ、体重102キロの中村に対し、山川は身長176センチ、体重は100キロ。ともに公称だが、山川はこの日の測定で体重が107キロと判明。「自主トレまでにしっかり体を作ってきます」と苦笑いだったが、その重量感がパワーの源にもなる。抜群のキャラクターが先行するが、大学2年時の日米大学野球では場外アーチ。集まったメジャースカウトを驚嘆させた。あこがれの選手に中村を挙げる一方で「将来の目標は西武の4番です」と宣言。真冬が近づいても、ワイシャツ1枚で登場する姿も、また規格外だった。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13秋東北: 3 .444  9  4 1 0 2 8 1 3 0  .583 1.222

 秋はリーグ戦2発、代表決定戦2発、東ア大会2発、イースタン混成戦2発と一発が多く出ましたね。
 上部のリーグ通算成績273打数80安打は、公式サイトの273打数83安打と若干異なりますが、
 プレーオフ2試合分(5打数3安打)を除外し、0打数2安打とされていた試合を5打数2安打にしています。

 ■ 西武2位指名の富士大・山川選手、仮契約 「母にかわいい車を」(毎日jp) 13/11/23

 プロ野球の埼玉西武ライオンズからドラフト2位指名を受けた富士大の山川穂高(ほたか)選手(21)は22日、雫石町内のホテルで入団交渉を行い、契約金7000万円(推定)、年俸1200万円(同)で仮契約を結んだ。球団の水沢英樹スカウトらが来県し、山川選手は青木久典監督とともに約30分間交渉した。交渉後の会見で山川選手は「岩手や(出身の)沖縄の人たちもテレビで見てくれると思うので、1年目から1軍でホームラン打っている姿を見せたい」と意気込みを語った。契約金の使い道を問われると、「一人で育ててくれた母にかわいい車を買ってあげたい」と笑顔を見せた。水沢スカウトは「将来、おかわり君(中村剛也選手)を追い越すぐらいの打者になってもらいたい」と話し、青木監督は「尊敬されるプレーヤーになって」とエールを送った。

 ■ 富士大学・山川選手「気持ちは100%」 西武があいさつに(毎日jp) 13/11/1

 埼玉西武ライオンズの奥薗満編成部長らは31日、花巻市の富士大学を訪れ、新人選手選択会議で2位指名した山川穂高選手に指名のあいさつをした。面談後、記者会見した山川選手は「西武に行きたい気持ちは100%。しっかり結果を出し、ファンに愛される選手になりたい」と語った。体重100キロの強打者の山川選手を初めて見た奥薗部長は「パワーを生かし、中村剛也に続く右打者に成長してほしい」と話した。山川選手は同い年で花巻東高校卒業の菊池雄星投手とチームメートになる。「高校で活躍する姿を見てすごい投手と思っていた。僕が打って勝たせてやりたい」と抱負を語った。東北地方担当の水沢英樹スカウトは「雄星を勝たせたいと言ってくれたことはうれしい。1年目から1軍で活躍してくれると思う」と目を細めた。
 山川は「中村選手を実際に生で見て学んで、最終的には追い越せるように頑張る」と宣言。さらに1年目の目標として「3割30本」という具体的な数字を掲げた。守備は免除? されるほど打力を評価されている。あいさつに訪れた奥薗スカウト部長は、多少難があるとされる一、三塁の守備について笑いながら「目をつぶるよ」と一言。山川も「分かってます」と苦笑いだった。1年時からマークしてきた水沢スカウトは「彼の1発に魅力を感じている。来年から(1軍で)やってくれると思います」と即戦力として太鼓判を押した。意外性あふれるキャラクターでも話題を呼びそうだ。特技はピアノと書道。ピアノのレパートリーは作曲家・久石譲氏の「summer」など。これまでも大学や日本代表のチームメートに聞かせ、場を和ませてきた。この日は書道8段の腕前を披露。毛筆で「夢」としたため、奥薗スカウト部長にプレゼントして喜ばせた。ほかにも1食で米2合以上の大食いぶりに軽くバック転こなす運動神経など、この上ないユニークなキャラの持ち主。「プロはファンあってのもの。愛される選手になりたい」と山川。ソフトバンク秋山監督が西武選手時代に見せたように、ホームランを打ってバック転でホームにかえる山川が見られるかもしれない。(日刊スポーツ)
 富士大では3年ぶり4人目で、野手では初めてのプロ指名。北東北大学リーグでは1年春から4番で、今秋まで78試合に出場。打率3割4厘、11本塁打55打点の成績を残した。国際大会では2年夏の日米大学野球初戦で、日本人2人目になる満塁弾。大学生で唯一、日本代表入りした今月上旬の東アジア競技大会(中国・天津)でも4番を務め、韓国戦で満塁弾を放つなど、金メダル獲得に貢献した。青木監督は「球界を背負っていく大バッターに育ってほしい」とエール。山川は「打球のスピードと飛距離にはこだわりたい」。さらに「ファンに愛され、憧れられる選手になりたい」と夢を広げた。(日刊スポーツ)

過去記事

 ■ 東アジア大会主砲の富士大・山川、11球団が熱視線(スポーツ報知) 13/10/23

 プロ野球・ドラフト会議を24日に控え、プロ注目の富士大・山川穂高内野手(4年)が22日、決意を語った。今月、中国・天津で行われた東アジア競技大会で主砲として金メダル獲得に貢献。明治神宮大会出場がかかる東北地区代表決定戦で有終の美を飾る。「自分自身で、進化していると思うし、すごい成長できたと思えます」。中国・天津で15日まで行われた東アジア競技大会。大学生で唯一日本代表に選ばれ、主に4番打者として金メダルを獲得した。打撃フォームを微修正した。中日GMに就任した落合博満氏の現役時代をほうふつさせる今までの“神主打法”を封印。グリップをトップの位置まで上げて早く始動ができるように変更した。「レベルの高い投手はクイックで投げたり、タイミングが取りにくかったので」。日本代表・小島監督らのアドバイスで変更すると効果てきめん。プロ選手を擁した韓国戦で満塁弾を放つ活躍を見せた。大学2年の日米大学野球で場外弾を放ち、一躍脚光を浴びたが「あのときは、たまたまだった。今は自分の力をしっかり出して打てたと思う」と成長を口にした。ドラフト会議を控え、ヤクルトを除く11球団から調査書が届いている。貴重な右打ちの大砲は「プロは小さい頃からの夢。何位でも行きたい気持ちはある。どこでもいい。行ってから活躍することが大事」と決意を語った。

 ■ 富士大・山川「小学生以来」ヘッドスライディングV打! (スポニチ) 13/6/13

 今秋ドラフト候補の富士大・山川が気迫でチームをけん引した。0―0の6回2死二、三塁から遊前にゴロを放ち、一塁へ頭から滑り込んで決勝の適時内野安打をもぎ取った。試合後は「ヘッドスライディングは小学校以来じゃないですか」と笑顔。1メートル75、90キロの体格を生かし春のリーグ戦では3本塁打を放った4番は「大会中に本塁打を打ちたい」と目標を語った。

 ■ 富士大・山川、落合流神主打法で「目標は全国制覇」(スポーツ報知) 13/6/11

 第62回全日本大学野球選手権大会が11日、神宮球場と東京ドームで開幕する。10日は東京・日本青年館で開会式が行われた。各地の春季リーグ戦、トーナメントを勝ち抜いた26校が出場。2年から大学ジャパンの4番を務める富士大・山川が全国の舞台に臨む。「目標は全国制覇」。昨秋の明治神宮大会準決勝タイブレークで法大に敗れただけにラストイヤーへの意気込みは強い。リーグ戦は満身創痍だった。開幕直前に左膝を打撲した影響で、内転筋を痛め全力疾走が出来ず指名打者として出場。「打つだけでチームを引っ張れなかった」。主将としての責任感に苦しんだが、あと1敗で優勝がなくなる最終週で復調。守備につき、宿敵・八戸学院大にプレーオフを含め3連勝で逆転優勝を飾った。けがの功名もあった。リハビリ中、落合博満氏(前中日監督)の著書を参考に緩いボールを打つ練習を行ってきた。「変化球に崩れないようになった」。構えは落合氏を彷彿させる神主打法の山川が、日本一を狙う。

 ■ 富士大・山川140m弾Vに望み/北東北大学(日刊スポーツ) 13/5/27

 大砲がまた火を吹いた。富士大が八戸学院大を下し、全日本大学野球選手権出場に望みをつないだ。3回、今秋ドラフト候補の4番山川穂高内野手(4年=沖縄・中部商)が推定飛距離140メートルのバックスクリーン直撃弾。前日25日の第1戦に続く2打点の活躍でチームを勝利に導いた。負ければ終わりの2連戦をものにして八戸学院大と8勝2敗で並び、6月1日の1位決定プレーオフに持ち込んだ。衝撃の一撃は、崖っぷちの一戦を制すのに十分だった。3番外崎修汰内野手(3年=弘前実)の左越え3ランで先制した直後だった。4番山川は、カウント3ボールからの外寄りの直球をフルスイング。長距離打者らしい高い放物線を描いた打球は、120メートル先のバックスクリーン中段を直撃した。推定飛距離140メートル-。規格外の1発に「完璧。打った瞬間いくと思った。あれだけきれいにセンターに飛んだのは始めてだと思う」と自画自賛した。工夫と才能がかみ合った一打だった。「外角ばかりで勝負してくる」ライバルのマークに対応するため、今春から87センチの超長尺バットを使用している。3冠王に3度輝いた元中日監督の落合博満氏(59)の著書を読んで取り入れたもので、長距離砲の極意も参考にしている。ただ、バットは長くなればなるほど操作は難しくなる。昨秋まで相棒だった85センチのものも比較的長く、重心が先端寄りにあって扱いが難しい長距離打者向けのタイプ。チームメートが「(87センチの)そのバットは振れない」とお手上げになる代物だが、山川はあっさり使いこなせるようになった。第1打席の前には1500グラムの超重量バットでスイングを確認。大学入学後初の1季3本目という数字が、その成果を物語る。5回には犠飛を放ち、負ければ終わりの2連戦で連日の2打点。この日は今季初めて三塁の守備にも就いた。11年秋、12年秋の八戸学院大とのプレーオフはいずれも制した。「勝てるときの、良いときの雰囲気に近い。このままいきたい」。6月1日のプレーオフも、この男の打棒にかかっている。

 ■ 富士大が開幕戦快勝 北東北大学野球(岩手日報) 13/4/21

 昨秋覇者の富士大は、投打の柱が力を発揮し、リーグ初戦を白星で飾った。主砲山川穂高主将(4年、沖縄・中部商)は先制弾で打線に勢いをつけ、主戦右腕多和田真三郎(2年、沖縄・中部商)は安定した投球で盛岡大を完封。2季連続優勝に向け好スタートを切った。今秋のプロ野球ドラフト候補の山川主将は圧巻の長打力で打線に火を付けた。前打者が併殺打と流れが悪い中、低めのスライダーを片腕だけでスタンドに運んだ。「球場が狭いから」と苦笑いしたが、「良い調子のままリーグを迎えられた」と自信に満ちた表情だった。

 ■ 富士大・山川、全国制覇へ始動!代表V経験生かす(スポーツ報知) 12/12/12

 北東北大学野球リーグ、富士大の山川穂高内野手が日本代表として、台湾で開催された第26回アジア選手権で優勝に貢献した。大学生野手では唯一選出された山川は5試合出場、うち4試合で6番・一塁で先発出場。打率3割3分3厘をマークした。「本当にいい経験をさせてもらった。社会人の人たちとプレーさせてもらって集中力、切り替えの速さを学びました」。大学2年から大学日本代表を経験しているが、日本代表は初選出。そこで大きな財産を手にした。「個々の能力は劣っていても、チームワークが素晴らしければ勝てることが分かりました」。日の丸を背負いプレーする社会人野球の選手たちの意識の高さに影響を受けた。大学に戻れば、新チームのキャプテンを務める。「初めての経験。でもみんなには『すべて捨てよう』と言いました」。今秋には明治神宮大会4強。3年前には大学選手権で準優勝に輝いた実績を忘れてゼロからスタートする覚悟だ。日本代表で主将を務めたHonda・多幡雄一内野手の姿勢から多くを学んだ。「自分の成績よりチーム第一を考えていた。それに『言い訳をするな』と言う言葉は、なるほどと思った」。現在はチームをけん引する立場。「今まではプロのスカウトなど周囲の目を気にしてプレーしてしまった。来年はチームのために、楽しんで野球をすれば結果は付いてくる」。東北大学球界を代表するスラッガーは、全国制覇を目標にひたすらバットを振り込む。
 ◆山川 穂高(やまかわ・ほたか)1991年11月23日、沖縄・那覇市生まれ。21歳。城北小4年から「首里マリナーズ」で野球を始める。城北中で硬式のヤングリーグ「SOLA沖縄」でプレー。うるま市長杯で優勝した。中部商に進学し、2年秋から4番・右翼で高校通算27本塁打。富士大では1年春から4番。リーグ戦6本塁打。2年から大学日本代表に選出された。遠投105メートル、50メートル走6秒0。175センチ、90キロ。右投右打。家族は母。

 ■ 富士大・山川が大学選抜に 10日の復興支援野球(岩手日報) 12/3/7

 東日本大震災復興支援ベースボールマッチ(10日、東京ドーム)に出場する大学選抜に本県から富士大の山川穂高(ほたか)内野手(2年)=沖縄・中部商高出=が選出された。一塁手登録の山川は175センチ、92キロの体格とリストの強さを生かし、鋭い打球を飛ばす右のスラッガー。昨年7月の第38回日米大学選手権でも日本代表に選ばれ、5番DHで出場した初戦で満塁アーチを放つなど中軸として全5戦に出場した。山川は「スイングスピードと飛距離には自信がある。米国遠征では野球技術だけではなく私生活や考え方、日の丸を背負う責任を学んだ。今回の選出も自分なんかでいいのかなと思うが、本当にうれしい」と喜んだ。
 ▼富士大・山川(被災地・岩手の大学から出場し、チーム最多の2安打)明るいニュースを届けられたらと思ってた。2安打して少しは元気づけられたかなと思う。(スポニチ

 ■ 富士大・山川、“ブルーモンスター”越え1号(スポーツ報知) 11/7/5

 3連覇を狙う日本が、開幕戦で痛恨の逆転負けを喫した。1点を追う5回には「5番・DH」の山川穂高(富士大2年)が大会史上9人目となる満塁弾を放つなど一時6―1とリードしたが、実らなかった。日本最巨漢の175センチ、100キロの山川が大仕事をやってのけた。2―1の5回1死満塁。「一振りで決めよう」と初球の149キロの真ん中高めの直球を豪快に振り抜くと、打球は“ブルーモンスター”と呼ばれる約9.5メートルの左翼フェンスを越えた。「あこがれの人」に並んだ。日本人の満塁弾は、79年大会の東海大・原辰徳(現巨人監督)が神宮で打って以来2人目、敵地・米国では初の快挙だった。沖縄・那覇市の出身で中部商を経て、「誘ってくれた」岩手・花巻市の富士大に進学した。「チームメートに東北出身者は多い。(東日本大震災を)被災された方に良いニュースを送れたらうれしい」と満面の笑み。「肉が大好物。米国ではチキンです」という20歳が、国際大会初アーチで“世界の山ちゃん”となった。

 ■ 富士大、みちのく“最後の砦”守った(SANSPO) 11/6/1

 富士大は延長十回一死満塁から四球を選び、サヨナラ勝ち。沸き返るベンチとは対照的に、悠々と投球を見送った山川の表情には笑顔より先に悔しさがにじんでいた。「自分で決めてやろうと思って打席に立ちました。(悔しい表情は)チームが勝つのが一番だけど、打ちたかったな、と思って…」。山川が苦笑いを浮かべた。1メートル75、98キロの恵まれた体格を生かした打撃で、1年春からレギュラーで試合出場。2日発表の日本代表選考合宿メンバーにも選出された。青木監督は「チームで一番信頼できる打者です」とタイブレークの最初の打者に指名した。その期待に応えるためにも、自らのバットで決めたかったのだ。打ってはこの日3打数1安打。3番打者のプライドからも、満足できない結果だった。「厳しい相手が続くけど、どんな投手でも1球でしとめられるような打撃をしたいです」。山川が意気込んだ。全国クラスの好投手も、みちのくを代表する持ち前の強打で打ち崩してみせる。

 ■ 中部商・山川がダメ押し弾/沖縄大会(日刊スポーツ) 09/7/19

 中部商が5-3で沖縄水産を破り3年ぶりの決勝進出を決めた。4番山川穂高(3年)が3安打3打点と大暴れ。3回2死三塁から逆転タイムリーを放ち、8回にはバックスクリーンへ、ダメ押しとなる2ランを放った。「3回は自分たちのペースにもっていきたくて、どうしても逆転したかったんです」と山川は4番の役目を果たし胸を張った。

  プロフィール

 沖縄県那覇市生まれ。
 山川 穂高(やまかわ・ほたか)一塁手。
 小学4年から首里マリナーズで野球を始め、城北中時代はSOLA沖縄に所属。

 中部商高では2年秋から4番ライトとして活躍。
 3年春に2年ぶりの県大会優勝を果たし、決勝・沖水戦で左越え3ラン含む5打点を記録した。
 同年夏は県大会決勝まで勝ち進んだが、興南高に2対4で敗れ惜しくも準優勝。
 準決勝・沖縄水産戦でバックスクリーンへの特大2ラン含む3安打3打点、
 決勝・興南戦で相手2年生エース島袋洋奨(現中央大)から2安打1打点をマークしている。
 県大会優勝が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 富士大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 開幕から4番一塁手の座を獲得し、リーグ4位の13安打、打率.342本1点7の好成績を残す。
 以降中軸(4番57試合、3番16試合)を務め、2年春・3年秋・4年春にリーグVを達成。
 4年春からは主将としてもチームを牽引し、リーグ通算80安打、11本塁打、55打点をマークした。
 1・3年春にファースト、2年春に外野手、4年春に指名打者としてベストナインを獲得。
 1年秋に打点王(9打点)のタイトルを獲得し、2年春に自己最高打率.375(4位)を記録している。
 4年春には左内転筋痛で万全ではない中、開幕戦でレフトへ左腕のみで運ぶ先制ソロ、
 八戸学院大戦で中堅右への推定140m特大弾と、主にDHとして自己最多3発の好結果を残した。
 4年秋も引き続き指名打者中心に起用され、低打率ながらも弘前戦で右越え3ランを連発。
 代表決定戦では東日本国際大戦で2発(左越えに勝越しソロ、グランドスラム)含む3安打を放ち、
 3試合9打数4安打8打点の活躍で敢闘賞に輝いた(八戸学院大に0対1で敗れ準優勝)。

 全国大会には2・4年春の大学選手権(いずれも8強)、3年秋の神宮大会に出場。
 3番レフトとして出場した2年春の大会では、ノーヒッター久保田高弘から1安打2四球を記録。
 外角低め変化球で2三振に倒れながらも、9回裏に同じボールをセンター前に運び、
 10回にはタイブレークの先頭打者に指名され、1死満塁からの押し出し四球でサヨナラ勝ちを決めた。
 九共大戦9回表には一挙4失点の苦しい状況の中、3アウト目を取る本塁好返球を披露。
 4年春の大会では8打数4三振ながら、初戦で先制遊撃内安、2回戦で右中間二塁打を放っている。
 国際大会には2年夏の日米大学野球に出場し、DH・右翼・一塁で全試合先発を経験。
 第1戦で5回表1死満塁から、初球真ん中高め93マイル(≒150㌔)直球を左越えに打ち込み、
 ブルーモンスター(約9.8mのフェンス)を越える豪快な打球で注目を集めた(満塁弾は日本人2人目)。
 その後は5番、4番を任されながらヒットが出ず、5試合打率.056(18打数1安打)に低迷。
 社会人中心の日本代表にも選出され、3年冬にアジアV、4年10月に東アジアVを果たしている。
 東ア大会では香港戦で中越え2ラン、韓国戦で右中間満塁弾を放ち、チーム最多の11打点を挙げた。
 大会前の練習試合でもプロ野球・イースタン混成チーム戦で2試合連続本塁打を記録。
 その他3年夏に行われた3年生以下24名強化合宿、4年夏の日本代表選考合宿を経験した。
 リーグ通算78試合、打率.293、80安打、11本塁打、55打点、3盗塁。

 176cm100kg、どっしりした体格の一塁手。
 鋭く振り切るスイングから放たれる打球の強さが光る右の強打者。リストが強い。
 高校通算27発、リーグ通算11発。上背はそれほど無いものの、飛ばす力のある長距離砲候補。
 スイングスピードは150km/h。落合博満氏の打撃を理想とし、4年春から87cmの長いバットを使用する。
 一時は100kgを超えていた重量級ながら、右打者で一塁到達4.5秒台と脚力は平均的。
 ポジションは一塁手(45試合)。その他に外野手(ライト10、レフト3)、DH(13)、三塁手(7)を務める。
 サードで出場した4年春の選手権では、悪送球で失点を許すなど、スローイングに不安を残した。
 外野守備はまずまず無難。肩も強い部類。遠投105m、50m6秒2。握力右87kg、左78kg。

  スカウトコメント

西武・水沢スカウト|13/11/23
 「将来、おかわり君(中村剛也選手)を追い越すぐらいの打者になってもらいたい」
西武・奥薗部長|13/11/1
 「中村(剛也)、浅村(栄斗)に続く右打者として非常に期待している。パワーを生かし、球界を代表するようなバッターになってほしい」
 「パワーを生かし、中村剛也に続く右打者に成長してほしい。(多少難があるとされる一、三塁の守備について笑いながら)目をつぶるよ(と一言)」
西武・水沢スカウト|13/11/1
 「彼の1発に魅力を感じている。来年から(1軍で)やってくれると思います」
プロスカウト|13/10/2
 「フォームを変えただけで結果を出すのは、力がないとできない」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2013年12月15日(日)|2013年ドラフト指名選手 | 北東北大学 コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
久々に一位で消えそうな大学生スラッガー
これは本物だ
早稲田慶応青学東海とかではなく岩手のしかも花巻の大学でこんな逸材がいたとはね
2位で残っていても早めに指名されちゃうだろうよ
松井ならともかく山川スルーして中継ぎなら即戦力タイプなんて指名している場合じゃない
打線がショボい広島かヤクルトかロッテあたりが獲得してほしいな
| 山ちゃんにほれました | 2013年06月13日(Thu) 02:03 | URL #- [ 編集]
富士大・山川、リンゴダイエット効果で体に切れ
http://hochi.yomiuri.co.jp/tohoku/baseball/news/20120422-OHT1T00125.htm
| 匿名 | 2012年04月29日(Sun) 09:52 | URL #- [ 編集]
全日本も頑張れ
| 匿名 | 2011年06月20日(Mon) 17:25 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2013年ドラフト指名選手 | 北東北大学 コメント(3) Page Top↑