清水 隆弘(新日鉄住金かずさマジック)|ドラフト・レポート

清水 隆弘(新日鉄住金かずさマジック)

ここでは、「清水 隆弘(新日鉄住金かずさマジック)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm78kg 右右 捕手 遠投110m 50m6秒3 酒田南→国学院大 4年目
観察眼に長け好リードで初優勝に貢献。2年秋打率.333マーク。遠投110mの強肩。

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   08春: 6 .353  17  6 1 0 0 1          .412 二部
   08秋: 12 .184  38  7 3 0 0 3          .263 二部
   09春: 10 .208  24  5 1 0 0 1 10 0 0  .208  .250 
   09秋: 11 .333  36 12 0 1 1 6 11 4 0  .400  .472(4位)
   10春: 12 .297  37 11 1 0 0 1 8 4 1  .366  .324(8位)
   10秋: 13 .140  43  6 1 0 0 1 10 6 0  .245  .163
   11春: 13 .209  43  9 3 0 1 4 8 4 1  .277  .349
   11秋: 13 .312  48 15 4 0 0 4 8 1 1  .327  .396 二部(9位)
   一部: 59 .235 183 43 6 1 2 13 47 18 2  .303  .311
   二部: 31 .272 103 28 8 0 0 8          .350 

    ※ 09秋:ベストナイン 

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   10神: 1 .000  4 0 0 0 0 0 2 0 0  .000  .000

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   05夏: 1  -  0 0 0 0 0 0 0 0 0  -   -

  最新記事

 ■ 鮮やか!!日大 逆転劇で6季ぶり1部復帰(スポニチ) 11/6/6

 日大が鮮やかな逆転劇で国学院大に連勝して、08年秋以来6季ぶりの1部復帰を決めた。1―3の9回に5連打などで5点を奪った。また、昨秋優勝の国学院大は2部降格となったが、前季優勝校による2部降格は昨春の立正大以来、史上5校目となった。
 3回戦1試合が行われ、国学院大はすでに優勝を決めている東洋大に3―5で敗れた。国学院大は最下位が決まり、入れ替え戦で2部優勝の日大と対戦する。前季優勝校が入れ替え戦に回るのは10年春の立正大以来、史上11度目。まさに、「戦国東都」を象徴するような結果となった。鳥山泰孝監督は「入れ替え戦まで数日間、時間があるのでしっかりと分析して最善の準備をして臨みたい」と、静かに結果を受け入れた。昨季の優勝に貢献した高木、阿部、鷲尾の3本柱が残ったため前評判は高かったが、序盤に接戦を落としたのが響いた。それでも指揮官は「決して力のないチームじゃない。粘り強く、あきらめない気持ちがあれば十分戦える」ときっぱり。清水主将も「シーズンの後半から自分たちの野球ができるようになってきた。雰囲気は悪くない」と6月4日からの日大との入れ替え戦に向けて気持ちを切り替えていた。(スポニチ)

 ■ 国学院大が先勝、東浜をKO(日刊スポーツ) 11/4/5

 開幕戦で昨秋初優勝した国学院大が先勝した。1回に4番庄司輔外野手の右前打で先制するなど、4連打などで3点。3回にも2点を奪い、亜大エースの東浜巨投手(3年)を5回でKO。7回には5番で主将の清水隆弘捕手の左中間二塁打でダメ押しの2点を奪った。

 プロが好む強肩強打の印象はまだ薄いですが守備面で監督・投手陣からの信頼を
 勝ち得ている捕手です。人間力がある選手のようで今年は打力アップに期待ですね。

  プロフィール

 大阪府出身。
 清水 隆弘(しみず たかひろ)捕手。
 中学時代はジュニアホークスに所属し3年時に全国大会4強入り。
 山本斉投手(07年ヤクルト高校3巡)とは当時からのコンビ。

 酒田南高では1年夏に控えとして甲子園を経験。
 3年夏は4番を務め山本斉投手とのバッテリーで勝ち進んだが準決勝で日大山形に
 延長12回0対1でサヨナラ負けとなった。

 国学院大進学後は1年春からリーグ戦に出場。
 秋には正捕手を獲得し1部リーグ昇格に貢献。
 2年秋は5番打者としてリーグ4位打率.333をマーク、
 チームを3位に浮上させ初のベストナインを獲得した。
 3年春も打率.297で2季連続打撃十傑入り。
 秋は1割台の低打率に沈んだがエース高木を故障で欠く投手陣を好リードで支え
 創部80年目初優勝に導いている。
 神宮大会は九産大に2対4で敗れ初戦敗退、榎下の前にノーヒット2三振。
 最終学年は主将を務める。

 178cm78kg、インサイドワークの良い好捕手。
 自ら人間観察を特技に挙げ竹田利秋前監督からは嶋基宏(06年楽天大社3巡)に
 迫ると評された観察眼・洞察力がセールスポイント。
 「他人に厳しく、自分には更に厳しく」をモットーにチームをまとめ監督・投手陣から
 厚い信頼を置かれるリーダーシップも魅力。
 遠投110m、二塁送球タイム2秒を切るまずまずの強肩。
 1部リーグ通算2割台前半と率は低いが勝負強い打撃で5番を務める。
 50m6秒3と脚力もまずまず。
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2011年04月15日(金)|退団・引退・進路不明など | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:退団・引退・進路不明など | 東都大学 コメント(0) Page Top↑